Stereo 2017年8月号
今月号

Stereo 2017年8月号

自作でGO! 前人未到の音に向かって オーディオクラフト2017

【特別定価】¥1,080 (税込)
【判型】B5
【発行】2017年7月
【商品コード】051708
購入する

【Stereo 2017年8月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

増大特集

 

自作でGO! 前人未到の音に向かって
オーディオクラフト2017

カラーグラフ・工作人間大集合2017!
クラフトマンの地力を蓄える〜“音”を知り、スピーカーを知り、その先の構想へ(佐藤勇治[ワイエス クラフト])
オーディオ用品&身近な物で大実験! 吸音処理の達人になる(小澤隆久)
ネジの素材、ユニットの留め方で最終的な音を仕上げる(キヨトマモル)
バッファーが世界を救う!? CDをアナログの音にするためのバッファーアンプ製作(峰尾昌男)
気持ちいい響きがする樹種を探せ!〜無垢材の聴き比べ〜(田中伊佐資、岸邦明、編集部)
真空管ミニパワーアンプ・キットの製作(遠藤正奥)
ムック付録ユニット採用 〜自作スピーカー作例一斉試聴会
第8回 自作スピーカーコンテスト開催のお知らせ
特別企画「バクーンのKUMAMOTOサウンドと復興への支援」(村井裕弥)
【短期連載】PM-10の可能性を極める
PM10でロック、ジャズ向けスピーカーを聴く(岩井 喬)
【短期連載】音響イベント・レポート
「防音工事をすると音が良くなる 〜防音が音の満足度を上げる」(炭山アキラ)
本誌評論家が選ぶ「ハイCPコンポグランプリ」修正版(岩井 喬/田中伊佐資)

 

stereo試聴室★話題の新製品を聴く

 

(石田善之/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[プリ・メインアンプ]ラックスマン L-507uX
[オーディア・フライト]FL THREE S
[モノーラル・パワーアンプ] PSオーディオ M700
[スピーカーシステム]KEF Q550/フォステクス GX100BJ/ソナス・ファベール Serafino Tradition

 

アクセサリーファイル

 

ゾノトーン Silver Granster HD-1 ZJP-RS1(井上千岳)
タオック TITE-33S(村井裕弥)
オルトフォン SPU#1S(福田雅光)
アクロリンク 7N-S2000 Anniversario、他(林 正儀)

 

注目製品ファイル

 

.皀縫拭璽ーディオタオック SILVERシリーズ(井上千岳)
TIEN AUDIO TT3(林 正儀)
アキュフェーズ C-2450(井上千岳)
ぅ┘愁謄螢奪F-03A+K-03X(林 正儀)
Pro-Ject The Classic(小林 貢)
新製品ニュース(峰尾昌男/遠藤正奥)

 

連載

 

ザ・グレートコンポーネント「CSポート発進」(石田善之)
家庭音楽再生装置へ誘い イクリプス「CDR1 307 PACK/CDR1 508 PACK」(岩井 喬)
いい音いい場所いいお店「オーディオコア」(上田高志)
MJGミュージック・ジャケット・ギャラリー(植村和紀)
クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
使い方を知る〜オーディオの新常識〜(福田雅光)
オーディオ・エクスプローラー 新たな音世界を求めて(生形三郎)
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
この音を聴け!変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
音溝に刻まれた昭和流行歌史(篠田寛一)
「コロムビアがビクターに出した助け船」
ポップ・ロック再生イワタ塾「ライブ録音の名匠達」(岩田由記夫)
編集部へのお客様「ジェフ・ティエン」(林 正儀)

 

ステレオ・ディスク・コレクション

 

今月の優秀録音(峰尾昌男)
今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
今月の話題盤
[クラシック](浅里公三)/[ジャズ](岡崎正通)/[ロック・ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](富澤一誠)

 

STEREO TOPIC

 

ミュージックバード導入記(生形三郎)
次号予告/インフォメーション
SACD〜復刻盤編(岩間哲男)
私の特選!ミュージックファイル 今月の選者:上谷直子
BOOKS
TOWN

 8月号は恒例のオーディオクラフトの大特集だ。しかしこのところのいつもの8月号と違って、スピーカーユニットの付録は付かない。ということで特価号ではあるが、通常号に近い定価とさせていただいた。
スピーカーユニットの付録については、ありがたいことに読者の皆様の熱い支持をいただいていた。しかしここで一休みとさせていただいたことをお詫びしたい。その理由としていくつかあるのでご報告したい。まず、付録として、企画が一巡してしまったこと。5cm、6.5cm、8cm、10cmといった口径の提案、2ウエイやアルミコーンなどの新機軸を実施したが、残る新企画としては、さらなる大型化も視野にれたが、雑誌の付録としては価格や、外形上の制約で限界を超える事情があった。もう一つの理由が、読者の方が、以前の付録号を毎回買っているのだが、作りきれていないという声を、多く聴くようになったこと。以前から、付録は不要なので値段を安くという声も多くあり、ここでいったんお休みとさせていただいた次第だ。
オーディオクラフトは、今後も地道な楽しみとして進展していくと思われる。それは人間が、ファンが身体的にオーディオを楽しむ要素に満ちているからだ。ご存知のように世の中の新世代オーディオは、ハイレゾプレーヤーにヘッドフォンという究極のマイクロハイファイの世界を確立している。音源も配信かストリーミングでブラックボックスが完成された感がある。現在のアナログレコードブームはこの動きと対極にあるのが面白い点だ。だからオーディオは一筋縄ではいかない。
オーディオの楽しみは「見て、聴いて、触って、動かして、そして作る」ことも大きな要素である。一次「完成品がこれだけ安くいい音で入手できるのに、クラフトなんて無意味」という声が多かったが、ここにきて、趣味の一ジャンルとしてその地位を確立してきた。子供でも楽しめるもの、女性もチャレンジできるものとしても注目を集めている。
時はまさに夏、自分で作るマイサウンドに挑戦してはいかがか。
HOME