stereo 2019年10月号
今月号

stereo 2019年10月号

魅惑の真空管アンプ大特集

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年9月
【商品コード】051910
購入する

【stereo 2019年10月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

魅惑の真空管アンプ大特集

球を知る〜知って得する真空管の歴史と現在(長島勝)
ハイブランド管球アンプの世界を聴く(林 正儀)
ちゃんこ試聴 俺の真空管アンプはコレだ!(今津 甲×岩井 喬)
stereo編集部的、気になる真空管コンポ
付録付きMOOK「電波を受信せよ!真空管FMチューナー」好評発売中

[特別企画]デノン・サウンドマネージャー山内慎一・大いに語る〜私がSX1
LIMITED開発に至るまで(土方久明)
コラボ企画 ステレオ時代@stereo試聴室 〜高音質レアカセットの世界&ひとりGS名盤コレクション
(藤木TDC・澤村信[ステレオ時代編集長]・加藤邦裕(「懐かしのカセットテープ博物館」館長)&編集部)
筆者も読者も丁々発止!
競作スピーカー大試聴会(石田善之/生形三郎/小澤隆久/キヨトマモル/佐藤勇治/海老澤
正[「自作スピーカーコンテスト」テクニカルマスター])
パラダイムのサウンド哲学(鈴木 裕)
[臨時企画]アンプを飛ばすな! アキュフェーズ渋谷 清氏に聞く

 

stereo試聴室★話題の新製品を聴く

 

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[カートリッジ]オーディオテクニカ AT-OC9XEN
[レコードプレーヤー]テクニクス SL-1500C
[プリ・メインアンプ]トライオード MUSASHI
[ステレオ・パワーアンプ]ティアック AP-505/CSポート GM70PA
[スピーカーシステム]クリプトン KX-0.5P

 

注目製品ファイル

 

.▲ュフェーズA-48(小林 貢)
▲┘愁謄螢奪Brandioso K1X(鈴木 裕)
ファーストワット SIT3(井上千岳)
ぅ愁Ε螢紂璽轡腑311 (林正儀)
ゥΕーンアコースティクスHaydn Jubilee(生形三郎)
Ε僖薀瀬ぅ Persona3F(小林 貢)
Д侫.ぅ鵐ーディオ F500PG(林 正儀)
┘┘薀奪 Carinaシリーズ(潮 晴男)

アクセサリーファイル
フルテックNCF BOOSTER BRACE(林 正儀)
マインド・ポップ・レボリューションPress Lift(炭山アキラ)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)

 

連載

 

音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:吉本洋介さん(田中伊佐資)
いい音いい場所いいお店「Km BLUE」(上田高志)
ザ・グレートコンポーネント イタリアの音とデザインChario
カートリッジ物語「中電」(井上千岳)
藤岡 誠の組み合わせの世界「B&W603をベースにした組み合わせ」
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
使い方を知る〜オーディオの新常識〜(福田雅光)
自宅ロングランレポートァM2TECH JOPLIN MK掘癖埆孤堯
ロック・ポップイワタ塾(岩田由記夫)
今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
ヴィニジャン〜アナログの壺〜(田中伊佐資)
クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
火の鳥電機(峰尾昌男)
俺流スピーカー!邪道を往く(アクロージュファニチャー岸 邦明×編集部 吉野)

 

ステレオ・ディスク・コレクション

 

今月の優秀録音(福田雅光)
今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
[クラシック](浅里公三)[ジャズ](岡崎正道)[ロック/ポピュラー](宇田和弘)[日本のポピュラー](富澤一誠)
今月のSACD〜復刻盤編(岩間哲男)
オーディオを科学する「管球アンプ話題の技術」(柴崎 功)
音の余白(岩出和美)
次号予告/訂正とお詫び
BOOKS
TOWNS
編集後記

滅茶苦茶に暑かった夏も終わりが近づき、夜はようやく秋の訪れを感じられホッとしています。毎年、なぜか秋になり、気温も下がってくると、真空管アンプで音楽を聴きたくなるんですよね。というわけでstereo10月号は真空管アンプ特集です。奥深すぎる真空管の世界を感じながら音楽を聴くのはオーディオ趣味の醍醐味です。
HOME