Stereo 2017年9月号
今月号

Stereo 2017年9月号

スピーカーセッティングで音質改善

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2017年8月
【商品コード】051709
購入する

【Stereo 2017年9月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

スピーカーセッティングで音質改善

オーディオ再生の最大の難関へのアドバイス
スピーカーの設置場所による音質変化を探る(林正儀)
攻めのセッティング!〜私の場合(鈴木 裕/村井裕弥/貝崎静雄[カイザーサウンド])
最新インシュレーター学 実践から学ぶピンポイント・チューン(生形三郎)
音楽ファンの普通のお宅でオーディオボードの効果を試す(Iさんと編集部)
読者の6畳間セッティング苦闘の巻(永井 靖)
フォレストセイバー・ボード/コーリアンを試聴
「8cmクラブ」イベントへの誘い
短期連載PM-10の可能性を極める〜新鋭プリ・メインはセパレートアンプに匹敵するか(石田善之)
短期連載 音音響イベント・レポート 「防音が音の満足度を上げる」(炭山アキラ)
アキュフェーズ新チャンネルデバイダーDF-65を解説する(鈴木 裕)

 

stereo試聴室★話題の新製品を聴く

 

(石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[フォノイコライザー] エソテリック E-02
[コントロールアンプ] アキュフェーズ C-2450
[スピーカーシステム] KEF Q750
モニターオーディオ Silver300
ディナウディオ Special Forty
[スピーカーケーブル]アクロリンク 7N-S4000 Anniversario

 

連載

 

The Great Component ソナス・ファベール アマティ・トラディッション(山之内 正)
藤岡 誠のオーディオコンポーネンツ
音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:石田善之さん(田中伊佐資)
いい音いい場所いいお店「玉彦」(上田高志)
MJGミュージック・ジャケット・ギャラリー (植村和紀)
原色版〜家庭音楽再生機への招待・コード「Hugo2」(土方久明)
連載・カートリッジ物語「マイソニックラボ」(井上千岳)

 

注目製品ファイル

 

.團┘新T Microシリーズ(小林 貢)
▲薀奪スマン L-505uX供蔑詭 裕)
モニターオーディオ Silver50(井上千岳)
ぅ泪献魁S3Mk2(石田善之)
ゥ魯鵐后T-20SE+HA-UNV2 Matrix Tone Arm(井上千岳)

 

アクセサリーファイル

 

Telos GNR(林 正儀)
アコースティックリヴァイブ RCA Absolute(岩井 喬)
オルトフォン EQA-444(小林 貢)
フルテック AG-16(岩井 喬)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)

 

連載

 

音溝に刻まれた昭和流行歌史(篠田寛一)
ロック・ポップイワタ塾(岩田由記夫)
今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
第8回自作スピーカーコンテスト開催のお知らせ
オーディオを科学する「仮想アース動向」(柴崎)
使い方を知る〜オーディオの新常識〜 (福田雅光)
オーディオ・エクスプローラー 新たな音世界を求めて(生形三郎)
ヴィニジャン〜アナログの壺〜 (田中伊佐資)
クラフト・ヴィンテージ (キヨトマモル)

 

STEREO TOPIC

 

KEFミュージック・ギャラリーが有楽町にオープン(編集部)
オントモ・ヴィレッジ「無垢オーディオボード」を聴く(田中伊佐資)
オーディオクラフト 話題のPLUVIA7を使ったシンプルスピーカー(炭山アキラ)
火の鳥電機 〜オーディオ機材再生の記録〜(峰尾昌男)
音の余白に「レコードのピュアセンター」(岩出和美)
共立電子産業特別試聴会(炭山アキラ)
編集部へのお客様 TELOSオーディオ/ジェフ・リン

 

ステレオ・ディスク・コレクション

 

今月の優秀録音(山之内正)
今月の特選盤 (石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥/広瀬大介)
今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/[ジャズ](市川正二)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー] (増渕英紀)
今月のSACD〜復刻盤編(岩間哲男)

私の特選!ミュージックファイル 今月の選者:村井裕弥
次号予告/訂正とお詫び
LP新譜情報 ゲスト:小林貢
BOOKS
TOWNS

1950年代後半ステレオ時代が始まり、オーディオの楽しみが一層大きくなった。音が立体的に聞こえるようになったからだ。音場と音像が楽しめるようになったともいえる。ただし、大きな問題が2つ出現した。それまではモノラルで、スピーカー1本で良かったわけだ。置き場所も多くは部屋のコーナーに置けば、豊かなサウンドが楽しめるわけで、定位とか音場といった面倒くさい問題はなかった。
 ところがステレオ時代になって、スピーカーが2本必要になった。当時を振り返ってオーディオ評論家の菅野沖彦氏はこう語っている。
 「努力に努力を重ねてスピーカーを完成させたのに、それがもう1セット、同じものが必要になったわけだ」と。やりなおしである。その時のやるせなさは相当だったと思われる。さらに2本のスピーカーの位置関係が大きな問題となった。特性を揃えるのは当然のこと、ルームアコースティックを含めた音質の同一性を図らなければならない。さらに前述の定位、音場が楽しめるステレオ感をどう創出するか勘案する必要がある。オルソン博士が理想のセッティングを提案してから、様々な提案が成され、現在に至っているわけだ。とかくステレオは面倒で悩ましく楽しいものである。
 本号の特集はそのステレオスピーカーのセッティングである。部屋のどの場所に置いたら良いか、高さはどうか、壁との距離はどれだけとれば良いか、さらには置き台やチューニング法による変化はどうかを、多角的に取り上げている。それぞれの部屋の状況により決定的なセオリーはないのだろうが、一応一般的に応用できる実例を挙げたつもりである。
 スピーカーのセッティングものが重いだけに大変だ。特に多くの形は、広い部屋で理想の置き方をしているだけに、その取り回しも大問題。無駄な動きはしたくない。そんなときに重要なのが戦略とプランだ。そのソリューションの一助に、今回の特集を利用いただければ幸いである。
HOME