音楽の友 2017年8月号
今月号

音楽の友 2017年8月号

再考・古今東西のカリスマ指揮者

新世代・新次元の俊英たち

【定価】¥998 (税込)
【判型】A4変
【発行】2017年7月
【商品コード】031708
購入する

【音楽の友 2017年8月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集Ⅰ

 

再考・古今東西のカリスマ指揮者

(佐伯茂樹/岡部真一郎/大野和士/テオドール・クルレンツィス/中東生/ミルガ・グラジニーテ=ティーラ/秋島百合子//相場ひろ/青澤隆明/青澤唯夫/池田卓夫/奥田佳道/國土潤一/佐々木喜久/嶋田邦彦/高山直也/寺西基之/寺西肇/東条碩夫/戸部亮/那須田務/野平多美/舩木篤也/平野昭/真嶋雄大/満津岡信育/山崎浩太郎/山田真一/山田治生)
過去・現代の音楽界において爛リスマ瓩噺討个譴觧愆者たちを俯瞰。彼らの芸風、レパートリーなどを紹介するとともに、狄Χ箸箸靴討了愆者瓩竜源にまでさかのぼり、爛リスマ指揮者瓩砲弔い突諭垢奮囘戮ら考える。

 

特集Ⅱ

 

新世代・新次元の俊英たち

(真嶋雄大/青澤隆明/山崎浩太郎/相場ひろ/那須田 務/野平多美)
過去と現代のレパートリー、演奏スタイルを自由に往来し、自らの個性を強烈にアピールしていく「アンファン・テリブル」たち。その最前線のアーティストたちの魅力、傾向、今後の展望をご紹介します。

 

カラー

 

●[Interview]ゲヴァントハウス管を率いて来日するヘルベルト・ブロムシュテット(岩下眞好)
●[Report]追跡!小澤征爾(佐々木喜久)
●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(8)(篠崎史紀)
●[連載]音楽とねこ(8)〜杉谷昭子(ごん太)
●[連載]世界音楽家巡礼記(5)(カジポン)
●[連載]大谷康子音楽交差点(8)〈お客様〉林英哲
●[連載]私的音楽論考―指揮台から見えること(32)(山田和樹)
●[連載]R’s Art Spirit〜宮谷理香の「美」の散歩道(プロムナード)(4)〜抽き出しのあるミロのヴィーナス(宮谷理香)
●[連載]ウィーン日々のうつろい(41)(野村三郎)
●[Report]ハイティンクと内田光子がフィルハーモニー・ド・パリで共演!(三光洋)
●[連載]モナ=飛鳥・オットのスウィーツなピアノの部屋(8)(モナ=飛鳥・オット)
●[連載]マインドフルネス紀行(5)(吉井瑞穂)
●[Report]バッティストーニがバイエルン州立歌劇場を席巻!〜《椿姫》(加藤浩子)
●[Report]ユリシーズ弦楽四重奏団アメイジング・ストリングス(堀江昭朗)
●[Report]移転50周年を迎えたオールドバラ音楽祭(秋島百合子)
●[Report]喝采!池辺晋一郎「交響曲第10番」、ターネイジ「ピアノ協奏曲」(伊藤制子)
●[Report]爛曠蹈凜ッツが愛したピアノたち瓩紀尾井ホールに響いた日(上田弘子)
●[Report]日生劇場《ボエーム》(野村三郎)
●[Interview]オンドマルトノの第一人者、原田節に会う
●[Report & Interview]バッハフェスト・ライプツィヒ2017(中村真人)/ブロムシュテット、バッハを語る(宮本直樹)
●[Report]パリ・セガン島の新・音楽専用ホールを訪ねて(恒川洋子)
●[Report]パレルモ・マッシモ劇場来日公演(山崎浩太郎)
●[Interview]ロシアの魂ここにあり〜アレクサンドル・ラザレフ(山田治生)
●[Report]アートの街・神楽坂(堀江昭朗)
●[Interview]デビュー20周年を迎えた森麻季(山田真一)
●[Report]パーヴォ・ヤルヴィが東京音大を熱血指導!(山田真一)
●[Report]ヨーロッパに名ピアニストたちを聴く(青澤隆明)

 

特別記事

 

●山田和樹&日フィル、怒涛の「マーラー・ツィクルス」完結(佐野光司)
●調布に桐朋学園新校舎を訪ねて
●世界の歌劇場・オーケストラ新シーズン・プログラム(イギリス、フランス、イタリア、他)(後藤菜穂子/三光洋/野田和哉/山田治生/来住千保美)

 

連載

 

●教えて! 音楽大学最前線(4)〜東邦音楽大学(長井進之介)
●マエストロを友とした日々(15)〜ベルリン・ドイツ・オペラ《ニーベルングの指環》(広渡 勲/上坂 樹)
●世界のコンサートマスターに聞く(28)〜フレデリック・ラロック(パリ国立オペラ)(三光 洋)
●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(5)(平野 昭/小山実稚恵)
●メンデルスゾーンの音符たち(17)〜クラリネット・ソナタ(池辺晋一郎)
●名物楽団員(オケマン)を訪ねて―オーケストラの楽屋裏(8)(堀江昭朗)〜蓮池 仁(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コントラバス奏者)
●80歳の屋根裏部屋(最終回)(舘野 泉)
●読むオペラ―聴く前に、聴いた後で(61) 〜ヘンデル《アリオダンテ》(堀内 修)
●音楽草枕(16)(樋口隆一)
●名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(20)(平野 昭)
● 繋がり瓩猫狡阿甓山效桔(32)(山田真一)

 

People

 

●フィリップ・ジョルダン(中村真人)
●ホセ・アントニオ・エスコバル(小倉多美子)
●松田華音(上田弘子)
●小山実稚恵(道下京子)
●レオナルド・ブラーボ(小倉多美子)
●アルカス・クァルテット
●小山莉絵(堀江昭朗)/ヘルムート・ライヒェル・シルヴァ(堀江昭朗)
●キム・ヒョンジュン(上田弘子)/上森祥平(山田治生)
●白石光隆(道下京子)/浅野真弓(真嶋雄大)

 

Reviews&Reports

 

●[イヴェント・レポート]熱戦!エリーザベト・コンクール(恒川洋子)
●[Concert Reviews]2017年6月の演奏会批評
●[海外レポート](秋島百合子/吉田真澄+前田炎/野田和哉/野村三郎/城所孝吉+来住千保美/浅松啓介/有賀太一)
●[イヴェント・レポート]リゾナーレ音楽祭2017室内楽フェスティヴァル(二宮早紀)

 

Rondo

 

●向山佳絵子演奏活動30周年記念公演《ミラクル・チェロ・アンサンブル〜12人のチェロ・アンサンブル》(堀江昭朗)
●メシアン《エローに棲まうムシクイたち》発見と再構成をめぐるシンポジウム(白石美雪)
●歌劇場全体がウィーンの富豪の館に!ロレーヌ国立歌劇場(三光洋)
●三浦文彰がウィグモアホールでロンドン・デビュー(久保歩)
●山ちゃんの祝宴
●芸術選奨受賞「小山実稚恵さんをお祝いする会」
●ネマニャ・ラドゥロヴィチ、ファンクラブ限定ミーティング
●開館20周年記念「Kitaraのバースデー」(本堂知彦)

 

News & Information

 

●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか
●ディスク・セレクション
●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
●BOOKS
●TVクラシック音楽番組8月の予定
●読者のページ
●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

付録

●「カリスマ」という言葉に皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか? 古くはフルトヴェングラー、カラヤン……。カリスマ指揮者特集、いかがでしたでしょうか。そしていままた新たな才能にあふれたカリスマ指揮者が生まれているようです。
●特集兇任蓮嵜契ぢ紂新次元の俊英たち」というタイトルのもと、これまでにない個性的演奏を展開する若きアーティスト13名を紹介しています。6月末に来日した奇才フランチェスコ・トリスターノの独占インタヴューも掲載していますので、お楽しみください。
●毎年開催され大好評を博している「バッハフェスト・ライプツィヒ」。今年の音楽祭の模様をカラーグラヴィア記事でお届けします。閉幕公演の指揮を担った名匠、ヘルベルト・ブロムシュテットがJ.S. バッハについて語ったスペシャル・インタヴューもお楽しみください。
●音楽之友社の所在地であり、最近人気スポットとして活況を呈している神楽坂のホール、ライヴハウス、書店などをまとめて取り上げる記事をグラビアで掲載しています。音楽の友ホール、The GLEE、la kagu など、人気スポットの数々をその魅力と合わせて紹介していますので、神楽坂巡りの御供にお使いください。
●今月のMARO ことN 響第1コンサートマスターの篠崎史紀さんの連載の話題は、SP レコードと蓄音機のことでした。MARO さんが本文中に書いてあるように、蓄音機は音の増幅のメカニズムが楽器と同じということで、自然なあたたかみのある音がいま見直されてきています。SP は1枚1枚ごとに針も変えるそうですが、そういった「手間」といえるものも楽しむものなのでしょう。
●特集気撚くインタヴューに応じていただいた、ミルガ・グラジニーテ=ティーラさん、なんと日本のメディアとしては初インタヴューです。インタヴュアーはちょうどオールドバラ音楽祭の取材で同地を訪れていた秋島百合子さんでしたが、本誌の連載「海外レポート」でミルガさんのバーミンガム市響のシェフ決定発表の第1報を書いただけあって、このインタヴューはとても興味深かったとのことでした。
HOME