音楽の友 2020年6月号
今月号

音楽の友 2020年6月号

ベートーヴェン生誕250周年記念特集第3弾

16の小ミクロコスモス宇宙― ベートーヴェン弦楽四重奏曲 全曲完全読本

【定価】¥1,016 (税込)
【判型】A4変
【発行】2020年5月
【商品コード】032006
購入する

【音楽の友 2020年6月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

ベートーヴェン生誕250周年記念特集第3弾
16の小ミクロコスモス宇宙― ベートーヴェン弦楽四重奏曲 全曲完全読本

(クァルテット・エクセルシオ/ストリング・クヮルテットARCO/古典四重奏団/平野 昭/相場ひろ/片桐卓也/寺西 肇/山田治生/小石かつら/増田良介/越懸澤麻衣/満津岡信育/山崎浩太郎)
ベートーヴェン作品の屋台骨となる三大ジャンルの一つである弦楽四重奏曲。交響曲やピアノ・ソナタと並ぶ、ベートーヴェンのエッセンスが隅から隅まで盛り込まれた傑作群です。弦楽四重奏曲の歴史を塗り替え、現在もこのジャンルの頂点に君臨する全16曲の全貌とその魅力を考察しながら、後世への影響、演奏史を紹介します。

 

特別企画

 

●クラシック音楽×ウェブ活用術〜世界と日本のオーケストラ&歌劇場のデジタルサーヴィスをまとめて紹介
(上田弘子/山田真一/山田治生/池田卓夫)
●いま音楽家にできること
(アンネ=ゾフィー・ムター/小林伸太郎/札幌交響楽団/須田祥子/日本センチュリー交響楽団/藤田真央/ミッシャ・マイスキー、他)

 

カラー

 

●[Interview]ジャン=ギアン・ケラス(vc)、バッハ「無伴奏」を語る(片桐卓也)
●[Interview]反田恭平(p)&務川慧悟(p)〜「Q & A」から読み解くピアノ・デュオの世界(長井進之介)
●[Interview]朝岡 聡 meets 藤木大地(C-T)〜熱き心と前進力(朝岡 聡)
●[Interview]江口 玲(p)&川口成彦(fp) with 睫 裕〜3台のヴィンテージ・ピアノ(上田弘子)
●[新連載]名曲レシピはお好き?(1)(マリアージュなこの1本・番外編)(伊熊よし子)
●[連載]林家三平の古クラシック典音楽でど〜も・すいません!(9)( 林家三平)
●[新連載]リレー連載・舞台カメラマンの回想―私が出会ったアーティストたち(林 喜代種)
●[連載]コバケンのタクト(3)(千葉 望)
●[連載]ベートーヴェン的な、余りにベートーヴェン的な(9)〜〈ゲスト〉クァルテット ベルリン-トウキョウ(越懸澤麻衣)
●[連載]IL DEVUの重量級・歌道(11)(河野典子)
●[連載]大谷康子 音楽交差点(42)〈お客様〉鈴木優人(指揮者、チェンバロ奏者)(大谷康子)
●[連載]誌上名曲喫茶「まろ亭」―亭主のメモ帳から(18)〜 NHK交響楽団第一コンサートマスター 篠崎史紀の偏愛案内
アレンスキー「ピアノ三重奏曲第1番」(篠崎史紀)
●[連載]和音の本音(34)(清水和音/青澤隆明)

 

特別記事

 

●[Interview] 沼尻竜典(指揮)―「びわ湖リング」完結とオペラ《竹取物語》上演(高坂はる香)
●[対談]田中カレン(作曲)& 仲道祐子(p)〜ピアノ曲集《愛は風にのって》への想いを語る(高坂はる香)
●[Interview]作曲家としても活躍〜ニコラス・ナモラーゼ(p)(上田弘子)
●[Report] バルコニーで歌う《第九》―ベートーヴェン by フラッシュモブ on バルコニー(来住千保美)

 

新連載

 

●現代作曲家・望月京の「現場からお伝えします」(1)(望月 京)
●音楽から元気をもらおう! Stay with Music (1)19世紀のピアノ協奏曲―不運の傑作たち(真嶋雄大)
●オペラで知るヨーロッパ史(1)(加藤浩子)

 

連載

 

●ミサ曲を通してみた音楽史(33)―神と向かい合った近代の作曲家(西原 稔)
●池辺晋一郎エッセイ 先人の影を踏みなおす(3)―黛 敏郎さん(2)(池辺晋一郎)
●平野昭・対談シリーズ 樂興のすゝめ from research to practice, from practice to research 第1章:ハイドン/ゲスト:鈴木秀美 第2回/神に愛された創造性―交響曲の魅力(平野 昭/鈴木秀美/長井進之介)
●読むオペラ―聴く前に、聴いた後で(95)〜ブリテン《ヴェニスに死す》(堀内 修)
●巨匠たちの「技」と「心」―神は細部に宿る(29)〜ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ/ゲスト:藤原真理(vc)(征矢健之介)
●ハイクポホヤの光りと風(34)(舘野 泉)
●現地で観た、聴いた ショパン国際ピアノ・コンクール(4)(萩谷由喜子)
●デジタル・クラシックへの誘い(29)(山田真一)

 

Reviews & Reports

 

●〈海外レポート特別編〉記憶によみがえるあの公演
イギリス(秋島百合子)/フランス(三光 洋)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(中村伸子)/ドイツ 蔽翅漆真諭法織疋ぅ牒◆瞥莉酸虔殀)/スイス(中 東生)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(有賀太一)
●フレッシュ・アーティスト・ファイル Vol.12 角野隼斗(p)
●スクランブル・ショット
●音楽の友ホールだより
●ディスク・スペース(諸石幸生/真嶋雄大)
●アート・スペース( 映画:河原晶子/舞台:横溝幸子/展覧会:花田志織/書籍:小沼純一、野平多美)
●クラシック音楽番組表
●読者のページ
●編集部だより(次号予告/編集後記/広告案内)

 

表紙の人

 
 ●ジャン=ギアン・ケラス(チェリスト)(c)ヒダキトモコ

1967年生まれ、カナダ・モントリオール出身。リヨン国立高等音楽院、フライブルク音楽大学、ジュリアード音楽院でチェロを学ぶ。レパートリーはバロックから現代まで多岐にわたり、ウィーン楽友協会、コンセルトヘボウ、シャンゼリゼ劇場等、欧米の権威あるコンサートホールの多くでリサイタルを行い、世界の名門オーケストラと共演を重ねる。これまでに、グレン・グールド国際プロテジェ賞(2002)受賞など数々の賞を受賞している。ドイツ・フライブルク音楽大学教授。

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

観どころ聴きどころ(戸部 亮&室田尚子)

※ 新型コロナウイルスの影響で、公演やイヴェントの延期・中止が相次いでおります。本誌および別冊付録「コンサート・ガイド」に掲載された公演の最新情報は、各主催者のホームページなどでご確認ください。

付録

お客様へのお知らせ〜オンラインショップ「ONTOMO Shop」での雑誌購入について

 新型コロナウイルスによる書店、楽器店等が休業している中で、当社のオンラインショッ「ONTOMO Shop」にて緊急時限的に雑誌の販売を行ないます。書店、楽器店及び一般のオンラインにて雑誌をお求めいただいている方で、休業等で購入が難しい方は、ぜひご利用ください(数に限りがございます)。

【取り扱い雑誌】
 音楽の友/レコード芸術/stereo/バンドジャーナル/教育音楽(小学版)/教育音楽(中学・高校版)/ムジカノーヴァ
【対象月号】2020年6月号・7月号
【販売サイト】 オンラインショップ「ONTOMO Shop」 https://ontomo-shop.com/?mode=cate&cbid=2612569&csid=0
【購入方法】クレジットカード決済、Amazon Pay、代金引換(代引き)※代金引換(代引き)には別途手数料がかかります。
【郵送費】お客様負担でお願いします。(全国一律385円(税込)、ネコポスで配送)

編集後記

 
●アーティストのかたがたが昨今の情勢下、普段とは違うかたちでさまざまな発信をしています。「音楽の友」の今月号でも、そのようなアーティストからのコメントを紹介しました。対面取材の自粛により、オンラインを活用した取材が増えた今月号。新たな連載も4本スタートです。「People」、「Concert Reviews」、「RONDO」は休載させていただき、連載「マリアージュなこの1本」と「海外レポート」は、特別編でお届けしています。緊急事態の一日でも早い終息を願いつつ、今できることを模索し続けてまいります。(荒井)
●ルスランとリュドミラと言えばグリンカが作曲したオペラであり、序曲が特に有名だが、アランとジャミラと言えば特撮テレビドラマ『ウルトラマン』第23話「故郷は地球」であり、そのテーマと後味の悪さが特に有名だ。棲星怪獣ジャミラはもともと地球人の宇宙飛行士。母国の人工衛星に乗って秘密裏に打ち上げられたが、その事故と顛末の批判を恐れた国から存在をなきものに(その隠蔽にかかわるのがアラン)。弱点の水をヒーローから浴びせられたあの悶え苦しむ姿、断末魔の叫びのやるせない悲しみ。危険を顧みず世界のために感染症と日々向き合う人とその家族に対してイジメや差別をたくらむような輩は、ジャミラを見て出直せ。(岩永)
●ベルリンの壁崩壊以来でしょうか、3月にドイツ全土で一斉にベートーヴェン《第九》が歌われたそうです(p144参照)。外出禁止のため、ドイツ全土でバルコニーやテラスで歌ったり、楽器を演奏したりしたそうです。これを日本人がやるならなんだろうと思いました。ドイツは《第九》、イタリアは国家統一時のテーマであるヴェルディ《ナブッコ》の〈金色の翼に乗って〉だったそうですが、さて日本は。《君が代》?《荒城の月》? 抒情的な曲ばかりが頭に浮かびます。で、ここでアイディアです。いま放送中のNHK連続ドラマ小説でモデルとなった古関裕而が作曲した《栄冠は君に輝く》なんてどうでしょう。そう、夏の甲子園のテーマです。これやった日にゃ、おじさんノリノリになって歌っちゃうよー。(真田)
●ニュースを見れば新型コロナウイルスに関する話題が大半を占め、テレビドラマは再放送祭り(新作も見たいけれど、これはこれで懐かしい)、スーパーなどの床に記された立ち位置の基準線など、ウイルスの存在を意識しながらの生活が日常と化しています。弊誌も、通常の内容とはちょっと違っているかもしれませんが、今なにがお届けできるだろう?? と、アーティスト・関係各所の皆様にもご協力いただきつつ、試行錯誤しています。弊誌片手に一息ついて、音楽の世界に浸っていただければと思います。「STAY HOME」の良き相棒となりますように!(熊野)
●スマホからZoomやFaceTimeを使用して取材を行った6月号。ビデオ通話の使用は初めてでしたが、海外でも映像や音声の時差はほとんどなく、その機能性の高さに驚きました。とても便利だったので、今後も引き続き利用していきたいと思います。そして、テレワークも導入されて数週間。最初のうちは作業スペースの確保(掃除)に追われていましたが、今では随分と快適になってきました。ただ、通勤時間と体力が必要なくなるぶんの余裕はいまだに感じられず……。いったいどこに消えているのか、謎は深まるばかりです。(掛川)

HOME