音楽の友 2017年7月号
今月号

音楽の友 2017年7月号

2010年代の「ショパン・スタイル」

全国夏の音楽祭ガイド2017

【特別定価】¥1,099 (税込)
【判型】A4変
【発行】2017年6月
【商品コード】031707
購入する

【音楽の友 2017年7月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集Ⅰ

 

2010年代の「ショパン・スタイル」

(濱田滋郎/上田弘子/長井進之介/青澤唯夫/道下京子/伊熊よし子/下田幸二/原明美/真嶋雄大/海老彰子/高橋多佳子)
Monthly July 2017 No.7ショパンはその生前から、多彩なスタイルで愛奏されてきた。19世紀末〜20世紀初頭のヴィルトゥオーゾ時代、その後の新即物主義、20世紀後半の精密な演奏などさまざまだ。演奏を楽譜や楽器から見直す動きの始まった1990年代を経て、ショパンは現在、どのようなスタイルで演奏されているのであろうか。いまのショパン演奏スタイルを追ってみた。

 

特集Ⅱ

 

全国夏の音楽祭ガイド2017

(山崎浩太郎/奥田佳道/萩谷由喜子/堀江昭朗/山田治生)
毎年恒例、「夏の音楽祭ガイド」です。7月から9月にかけて全国各地で行われる、国内外のトップ・アーティストたちによる公演やマスタークラスは日本のクラシック界の風物詩と言っていいでしょう。その個性的な魅力の数々をご紹介します。

 

カラー

 

●[Interview]ウラディーミル・アシュケナージピアノ・デュオとショパンについて語る(山田真一)
●[Report]密着取材〜颯爽!アンドレア・バッティストーニ(萩谷由喜子)
●[連載]音楽とねこ(7)〜長谷川陽子(長谷川陽子)
●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(7)(篠崎史紀)
●[連載]世界音楽家巡礼記(4)(カジボン)
●[連載]大谷康子音楽交差点(7)〈お客様〉カテリーナ
●[連載]私的音楽論考―指揮台から見えること.(山田和樹)
●[連載]ウィーン日々のうつろい(40)(野村三郎)
●[連載]R’s Art Spirit〜宮谷理香の「美」の散歩道(プロムナード)(3)〜鈴木大拙館(宮谷理香)
●[連載]モナ=飛鳥・オットのスウィーツなピアノの部屋(7)(モナ=飛鳥・オット)
●[海外取材]サーリアホの新作オペラ《形は消え声は残って》(岡部真一郎)
●[Report&Interview]新国立劇場《ジークフリート》が初日/飯守泰次郎は語る(岸純信/渡辺和)
●[Report]第22回宮崎国際音楽祭豪華アーティストたちによる響宴(萩谷由喜子)
●[Report]バイエルン州立歌劇場新演出《タンホイザー》(来日演目)(中東生/堀内修)
●[Interview]爛團▲里僚王畊瀘廖「別府アルゲリッチ音楽祭2017」(青澤隆明)
●[Report]諏訪内晶子の第5回国際音楽祭NIPPON(小沢優子/片桐卓也)
●[Interview]野島稔、久しぶりのリサイタルを語る(道下京子)
●[連載]マインドフルネス紀行(4)(吉井瑞穂)
●[Report]コンチェルトにソロも!チョ・ソンジン(上田弘子)
●[対談]鈴木雅明×鈴木優人、450年目のモンテヴェルディを語る(那須田務)
●[Interview]幸田浩子、CDデビュー10年!(小倉多美子)
●[Report]シェーンブルンでウィーン・フィル恒例のサマーナイト・コンサート(野村三郎)
●[Interview]エリソ・ヴィルサラーゼロシア・ピアニズムの神髄を現代に伝える(青澤隆明)
●[Report]対決!二人の名匠がタクトをとったブルックナー「第5」(舩木篤也)
●[告知]本誌創刊75周年記念&イヴェント「石井克典トーク&ライヴ」

 

特別記事

 

●[Interview]リナルド・アレッサンドリーニ、古楽を語る(堀江昭朗)
●世界の歌劇場・オーケストラ新シーズン・プログラム(ドイツ&アメリカ)(来住千保美/小林伸太郎)

 

連載

 

●マエストロを友とした日々(14)〜ダニエル・バレンボイム(広渡勲/上坂樹)
●世界のコンサートマスターに聞く(27)〜石田泰尚(神奈川フィルハーモニー管弦楽団)(小倉多美子)
●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(4)(平野 昭/小山実稚恵)
●犒劼り瓩猫狡阿甓山效桔(31)(山田真一)
●音楽草枕(15)(樋口隆一)
●メンデルスゾーンの音符たち(16)〜幻想曲《スコットランド風ソナタ》(池辺晋一郎)
●名物楽団員(オケマン)を訪ねて―オーケストラの楽屋裏(7)(堀江昭朗)〜伊藤寛隆(日本フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者)
●80歳の屋根裏部屋(23)(舘野泉)
●読むオペラ―聴く前に、聴いた後で(60)(堀内修)
●名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(19)(平野 昭)
●オーケストラをもっと楽しく!楽器ものしり講座[最終回]〜フルート(佐伯茂樹)

 

People

 

●ボリス・ベレゾフスキー(高山直也)
●ディナ・ジルベール(高山直也)
●ミシェル・ダルベルト(真嶋雄大)
●西澤誠司(高山直也)
●アヴィ・アヴィタル(小倉多美子)
●永野英樹(船越清佳)
●前田朋子(野村三郎)/北村陽子(小倉多美子)
●大須賀恵里(真嶋雄大)/萩原貴子(真嶋雄大)

 

Reviews&Reports

 

●〈イヴェント・レポート〉いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭(響 敏也)
●〈イヴェント・レポート〉大阪国際室内楽コンクールフェスタ2017(渡辺 和)
●〈Concert Reviews〉2017年5月の演奏会批評
●〈海外レポート〉(秋島百合子/吉田真澄+前田炎/野田和哉/野村三郎/城所孝吉+来住千保美/浅松啓介/有賀太一)
●〈イヴェント・レポート〉武満徹作曲賞、受賞者決定!
●〈イヴェント・レポート〉ショパン・フェスティバル2017in表参道(上田弘子)

 

Rondo

 

バッティストーニ、「爆クラ!(爆音クラシック)」初参戦!/La Seine Musicale「オープニングコンサート」(恒川洋子・船越清佳)/サビーヌ・ドゥヴィエルがマルセイユ市立歌劇場のドリーブ《ラクメ》を歌う(三光 洋)/大阪国際室内楽コンクール披露演奏会(片桐卓也)/三河市民オペラの《トロヴァトーレ》(奥田佳道)/スタインウェイ・コンサート2017/第17回世界歌唱コンクール in YOKOSUKA

 

News & Information

 

●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)
●ディスク・セレクション
●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
●BOOKS
●TVクラシック音楽番組7月の予定
●読者のページ
●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

付録

●特集気蓮▲轡腑僖鵑痢岷藾侫好織ぅ襦廚望播世鯏てたものに仕上げました。ショパン演奏は時代とともに、大きく移り変わってきたことが多少なりとも掴めると思っております。この特集を今後の鑑賞の参考にしていただければ幸いです。
●特集兇蓮∨菁恒例の「全国夏の音楽祭ガイド」です。今夏も全国で様々に個性をもった音楽祭が開かれます。本ガイドを手に、この夏は高原やリゾートで音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。
●4月28日から5月14日まで開催された宮崎国際音楽祭。約2万人の観客が足を運び、大成功をおさめた豪華アーティストたちによる夢の饗宴。カラーグラヴィア記事でその模様を掲載しています。
●ロシア・ピアニズムを今日に伝える名ピアニスト、エリソ・ヴィルサラーゼさん。霧島国際音楽祭でのリサイタルとマスタークラス、秋の東京での演奏会をひかえた近況をふまえ、インタヴューに応えていただきました。カラーインタヴューで掲載しています。
●今月の「音楽とねこ」は長谷川陽子さん。本文中にもあるように、練習のあとのクールダウン、リラックスには欠かせない存在だそうです。2匹ともとても人懐こいねこたちで、取材に同行したカメラマンともども毛まみれに。取材中に帰宅された息子さんも含めて「3人の息子」とおっしゃっておられたのが印象的でした。
●今月は増ページのため、特別定価となっております。
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267