音楽の友 2017年6月号
今月号

音楽の友 2017年6月号

魅惑のコンチェルト

世界の主要歌劇場・オーケストラ「2017/18新シーズン・プログラム ―(1)オーストリア」

【定価】¥998 (税込)
【判型】A4変
【発行】2017年5月
【商品コード】031706
購入する

【音楽の友 2017年6月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集Ⅰ

 

魅惑のコンチェルト

(小川典子/ニコライ・ズナイダー/木嶋真優/ジャン=ギアン・ケラス/高関健/小倉多美子/山田治生/上田弘子/山田真一/西原稔/真嶋雄大)
「交響曲」と並ぶ人気ジャンルである「協奏曲」。本特集では、その歴史をひも解きながら、ソリスト、指揮者、評論家、それぞれの立場から「協奏曲」そのもの魅力や難しさ、アンサンブル作りの醍醐味などついて様々な角度から考えます。コンサート会場で、改めて「協奏曲」という深遠な世界を味わって下さい。

 

カラー

 

●[Interview]諏訪内晶子、「音楽祭NIPPON」を語る
●[Report]創刊75周年読者招待イヴェント@音楽の友ホール「名曲タイムトラヴェル」開催(上田弘子)
●[Report]佐渡裕&反田恭平&東京シティ・フィル全国ツアー!(石川浩)
●[連載]音楽とねこ(6)〜フジ子・ヘミング(堀江昭朗)
●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(6)(篠崎史紀)
●[連載]モナ=飛鳥・オットのスウィーツなピアノの部屋(6)(モナ=飛鳥・オット)
●[連載]大谷康子音楽交差点Α劼客様〉村治佳織
●[連載]私的音楽論考―指揮台から見えること(30)(山田和樹)
●[連載]ウィーン日々のうつろい(39)(野村三郎)
●[連載]R’s Art Spirit〜宮谷理香の「美」の散歩道(プロムナード) (2)〜ミュシャ(宮谷理香)
●[連載]世界音楽家巡礼記(3)(カジポン)
●[連載]マインドフルネス紀行(3)(吉井瑞穂)
●[Interview & Report]マルティン・ハーゼルベック&ウィーン・アカデミー管のベートーヴェン・ツィクルス(山田治生)
●[Interview]ルネ・フレミング〜ニューヨークの自宅をたずねて(山田治生)
●[海外取材]創立50周年!ザルツブルク復活際音楽祭の《ワルキューレ》(中東生)
●[Report & Interview]山田和樹&横浜シンフォニエッタのモスクワ公演(野村三郎)
●[Interview]サンクトペテルブルク・フィル定期に再登場した高関健(山田真一)

 

特別記事

 

●“魂のヴァイオリニスト”若林暢を偲んで(ワルター・アウアー)
●[対談]山本貴志&佐藤卓史、狆弖發離妊絅瓠碧拗松赦)
●世界の主要歌劇場・オーケストラ「2017/18新シーズン・プログラム ―(1)オーストリア」(野村三郎)
●山田和樹&日本フィル、世界の国歌を録音(渡辺 和)
●パリに新しい「音楽の殿堂」LA SEINE MUSICALEが誕生(恒川洋子)

 

連載

 

●マエストロを友とした日々 ―あるプロデューサーの伝記(13)(広渡勲/上坂樹)
●世界のコンサートマスターに聞く(26)〜ジン・ワン(香港フィルハーモニー管弦楽団)(下田季美子)
●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(3)(平野 昭/小山実稚恵)
●メンデルスゾーンの音符たち(15)〜オラトリオ《エリヤ》その2(池辺晋一郎)
●名物楽団員(オケマン)を訪ねて ―オーケストラの楽屋裏(6)(堀江昭朗)〜相澤政宏(東京交響楽団首席フルート奏者)
●80歳の屋根裏部屋.(舘野泉)
●読むオペラ―聴く前に、聴いた後で(58)〜モンテヴェルディ《ウリッセの帰還》(堀内修)
●名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(18)(平野 昭)
●オーケストラをもっと楽しく!楽器ものしり講座(30)〜バスクラリネット(佐伯茂樹)
●音楽草枕(14)(樋口隆一)
●犒劼り瓩猫狡阿甓山效桔(30)(山田真一)

 

People & UNA VOICE

 

●石井克典(小倉多美子)
●吉川隆弘(長井進之介)
●イノン・バルタナン(高山直也)
●橘高昌男(堀江昭朗)/中村あんり(堀江昭朗)
●小林 響/花村恵理香(堀江昭朗)
●プラハ・グァルネリ・トリオ

 

Reviews&Reports

 

●〈イヴェント・レポート〉ファビオ・ルイージが昭和音大でマスタークラス(高山直也)
●〈イヴェント・レポート〉イサン・ユン音楽祭(渡辺 和)
●〈Concert Reviews〉2017年4月の演奏会批評
●〈海外レポート〉(秋島百合子/吉田真澄+前田炎/野田和哉/野村三郎/城所孝吉+来住千保美/浅松啓介/有賀太一)

 

Rondo

 

●ラモー「エベの祭典」、247年ぶりに上演
●第22回宮崎国際音楽祭徳永二男 魅惑のタンゴ
●児玉麻里&桃@アプリコ
●《樹原涼子》を弾きたいシリーズトーク&コンサート第1回ゲストに宮谷理香
●熊本地震からの復興を祈念!「マーラー交響曲第2番《復活》」を演奏
●奥田佳道のFM TOKYO「ミュージック・バード」の新番組
●上田克己、退官記念「大麦の会」

 

News & Information

 

●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか
●ディスク・セレクション
●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
●BOOKS
●TVクラシック音楽番組6月の予定
●読者のページ
●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

付録

●特集「魅惑のコンチェルト」、いかがでしたでしょうか。演奏家の方々のお話をうかがうと、皆さんが細心の注意を払い、大変な集中力をもってそのアンサンブル作りをしているのかがわかります。お話をうかがうと、私たちの音楽の聴き方も変わってきますね。
●今月の「音楽とねこ」はフジコ・ヘミングさん。取材はご自宅の練習室を兼ねた2階で行われましたが、昔の建物だけあって、天井は高く、ねこたちものびのびと暮らしていました。フジコさんが、ねこのケンカの仲裁で水鉄砲を使うとか、ねこがくわえてきたねずみを飼った話とか、ほんとうに優しい人なのだなあ、と思いました。それがいつまでもお若く、みずみずしい音楽を奏でるエネルギーなのかも知れませんね。
●去る3月に音楽之友社75周年イヴェントにご登場いただいた反田恭平さん。佐渡裕さん&東京シティ・フィルとの全国ツアーが大成功を収めました。最終公演の模様をレポートしています。7月からはリサイタルの全国縦断ツアーが始まります。こちらも楽しみですね。
●その生前の活動について「知る人ぞ知る」存在であった名ヴァイオリニスト若林暢さん。追悼コンサート、録音と書籍のリリースなど、今日再評価の機運が高まっています。今月号では特別記事として、その業績を振り返ります。
●7月23日に開催する本誌創刊75周年記念イヴェント、今度は狠里訖佑消里詭昭雖瓠▲團▲縫好箸寮舒羚酖気気鵑繁椹錣任發馴染みの音楽評論家、奥田佳道さんをお迎えして「スペシャル・ライヴ&トーク」を開催致します。52ページの応募要項をお読み頂き、ご応募下さい。お待ちしております!
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267