音楽の友 2018年7月号
今月号

音楽の友 2018年7月号

新次元・ヴァイオリン主義(イズム)

全国夏の音楽祭ガイド 2018 with 世界の音楽祭 Pick up Guide

【特別定価】¥1,099 (税込)
【判型】A4変
【発行】2018年6月
【商品コード】031807
購入する

【音楽の友 2018年7月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集Ⅰ

 

新次元・ヴァイオリン主義(イズム)

(山崎浩太郎/渡辺和彦/山田治生/満津岡信育/片桐卓也/増田良介/野平多美/那須田務/相場ひろ/寺西基之/青澤隆明/長井進之介/山本友重/川田知子)20世紀の「巨匠時代」を経て、一時代前のスターダムを築くソリストの在り様は変化した。奏法、流派、レパートリー、そのすべてにおいてヴィルトゥオジティの在り様が多様を極める現代のヴァイオリニストたち。そんな「最前線」で活躍する名手たちと、その時代的背景を考察していく。

 

特集Ⅱ

 

全国夏の音楽祭ガイド 2018 with 世界の音楽祭 Pick up Guide

(奥田佳道/山崎浩太郎/山田治生/青澤隆明)毎年恒例、「全国夏の音楽祭ガイド」。今年も国内で行われる夏の音楽祭をご紹介する。また、海外の8つの人気音楽祭をピックアップして、その魅力やデータなども併せて掲載した。

 

カラー

 

●[Interview]徳永二男×ピエール・アモイヤル×三浦文彰×宮田大 ストラディヴァリウス ―時代を超越する名器たち/「東京ストラディヴァリウスフェスティバル 2018」実行委員長・中澤創太さんインタヴュー(長井進之介)
●[連載]ふかわりょうの「クラシックの友」(7)〜〈ゲスト〉藤井和世気鵝奮式会社龍角散代表取締役社長)(ふかわりょう)
●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター 篠崎史紀の音楽雑記(19)(篠崎史紀)
●[連載]大谷康子音楽交差点(19)〈お客様〉藤井一興(p)(大谷康子)
●[連載]和音の本音(11)(清水和音/青澤隆明)
●[連載]ウィーン日々のうつろい(52) (野村三郎)
●[連載]音楽家の休日(7)〜田中祐子(指揮者)
●[連載]モナ・飛鳥のスウィーツなピアノの部屋(19)(モナ・飛鳥)
●[連載]世界音楽家巡礼記(16)(カジポン・マルコ・残月)
●[連載]マインドフルネス紀行(16)(吉井瑞穂)
●[連載]音楽草枕(26)(樋口楼譟
●[Interview]フルート界の至宝、エマニュエル・パユ(西村祐)
●[Report]東京、水戸、大分、別府を駆け抜けたアルゲリッチ旋風! ―別府アルゲリッチ音楽祭(長谷川京介)
●[Report]「アジアの音、アジアの心」をテーマに開催 ―宮崎国際音楽祭(萩谷由喜子)
●[Report]近江の春びわ湖クラシック音楽祭2018(渡辺和)

 

特別記事

 

●[Interview]小澤を継ぐか? ラデク・バボラーク(佐々木喜久)
●[Report]ムジークフェストなら2018(渡辺 和)
●[Interview]ボローニャ・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者に聞く!(堀江昭朗)
●[Interview & Report]カタリーナ・ワーグナー演出 新国立劇場・新制作《フィデリオ》(三善清達/岡本和子)
●[Interview]イモラ音楽院理事長&副学長に聞く、“生徒を中心に据える”イモラ音楽院スピリット(堀江昭朗)
●回想・音楽夢物語 ―ピアニスト高野耀子の時代(後編)(神保夏子/上田泰史)
●世界の主要歌劇場&オーケストラ「新シーズン・プログラム 2018/19」(1)ドイツ&アメリカ編(来住千保美/小林伸太郎)

 

連載

 

●マエストロを友とした日々(26)カルロス・クライバー、最後のオペラ(広渡勲/上坂 樹)
●世界のコンサートマスターに聞く(39)〜イリアン・ガルネッツ(バンベルク交響楽団)(中田千穂子)
●ミサ曲を通してみた音楽史(10)―神と向かい合った近代の作曲家(西原稔)
●デジタル・クラシックへの誘い(7)(山田真一)
●池辺晋一郎の大作曲家の音符たち ―傑作ア・ラ・カルト(4) リスト「交響詩《前奏曲(レ・プレリュード)》」(池辺晋一郎)
●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(16)(平野 昭/小山実稚恵)
●ハイクポホヤの光りと風(11)(舘野泉)
●巨匠たちの「技」と「心」 ―神は細部に宿る(7)〜江藤俊哉/ゲスト:加藤知子(征矢健之介)
●オーケストラとともに53年(7)(田邉稔)
●読むオペラ ―聴く前に、聴いた後で(72) 〜プッチーニ《外套》(堀内修)
●名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(31)(平野 昭)
●新名曲解体新書(7)(佐伯茂樹)

 

People & UNA VOCE

 

●桐五重奏団(堀江昭朗)
●高田泰治(寺西肇)
●岡原慎也(上田弘子)
●笹沼 樹(堀江昭朗)/プリムローズ・マジック〔石岡久乃・安宅 薫〕(堀江昭朗)
●八木大輔(道下京子)/寺倉 寛/TOKI弦楽四重奏団

 

Reviews & Reports

 

●[イヴェント・レポート]ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018(山田治生)
●Concert Reviews演奏会批評
●[海外レポート]イギリス/フランス/イタリア/オーストリア/ドイツ/ロシア/アメリカ(秋島百合子/吉田真澄+前田 炎/野田和哉/野村三郎/中村真人+来住千保美/有賀太一)
●[イヴェント・レポート]第7回野島稔・よこすかピアノコンクール(上田弘子)
●[イヴェント・レポート]2018年度武満徹作曲賞本選演奏会(伊藤制子)

 

Rondo

 

●「武満徹作曲賞」授賞式終了後の1コマ
●辻井&三浦がロイヤル・リヴァプール・フィルと共演!(山崎浩太郎)
●MAROオケ、船橋に上陸!(堀江昭朗)
●バッティストーニ、《メフィストーフェレ》を語る
●国際文化フェスティヴァル(吉田真澄)
●奏楽堂日本歌曲コンクール
●名古屋で第1回オーボエ・コンクール開催!(小沢優子)
●小林愛実がパリの日本大使館でリサイタル(船越清佳)

 

News & Information

 

●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか
●ディスク・セレクション
●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
●BOOKS
●TVクラシック音楽番組7月の予定
●読者のページ
●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

付録

●今月号の表紙と巻頭カラーは名器ストラディヴァリウスを演奏する4人の名手、徳永二男、ピエール・アモイヤル、三浦文彰、宮田大の各氏。話題のイヴェント「東京ストラディヴァリウス フェスティバル 2018」の開催を前に、楽器の個性と素晴らしさをそれぞれがたっぷりと語られた豪華座談会を掲載しています。また特集気癲現在世界各地で活躍するヴァイオリニストたちのヴィルトゥオジティを掘り下げ、その多岐にわたる魅力を紹介する内容となりました。ヴァイオリン・ファン必読です!
●特集兇蓮恒例企画「全国夏の音楽祭ガイド2018」に、初めての試みとして、欧州で行われる人気の音楽祭8つのご紹介を入れました。みなさまはどの音楽祭に出かけられますか。今年の夏は国内外とも楽しみですね。今年も(今年こそは?)“ 音楽祭を聴きにちょっと遠出” の夏休みはいかがでしょうか?
●フルート界の至宝、エマニュエル・パユさん。全曲が無伴奏曲という話題の新譜への想いから最前線を突き進む演奏家としての信念まで、グラビア・インタヴューで紹介しています。
●野島稔よこすかピアノコンクール本選は、出場者8人8色の渾身の演奏! 本選終了後、審査員の先生方と出場者たちが真剣に話す姿も印象的でした。
●山田和樹氏の連載「私的音楽論考」は、今回も休載とさせていただきます。
HOME