音楽の友 2017年1月号
今月号

音楽の友 2017年1月号

本格始動! ニューウェイヴの指揮者たち

創刊75周年記念特別付録:「マエストロ・ハローキティ」トートバッグ

【特別定価】¥1,480 (税込)
【判型】A4変
【発行】2016年12月
【商品コード】931701
購入する

【音楽の友 2017年1月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

本格始動! ニューウェイヴの指揮者たち

(グスターボ・ドゥダメル/アンドリス・ネルソンス/小林伸太郎/奥田佳道/寺西基之/山田治生/小倉多美子/スペランツァ・スカップッチ/野村三郎/秋島百合子/城所孝吉/山田和樹/吉田真澄)

 2017年元旦、ウィーンの格式あるニューイヤーコンサートの指揮を担うのはベネズエラ出身35歳の俊英、グスターボ・ドゥダメルだ。いま、世界の指揮界は、その中心が、メータ、小澤、ムーティ、バレンボイムらの戦後世代の巨匠から、主に30歳代.50歳代の指揮者へ入れ替わろうとしている。2017年幕開けの特集では、ドゥダメル、ネルソンス、キリル・ペトレンコ、ガッティ、ハーディングなど、新しい指揮者たちの動き、新しい世界的な「波」を探る。

 

創刊75周年記念特別付録

 

「マエストロ・ハローキティ」トートバッグ

 

カラー

 

[告知]「音楽の友」創刊75周年記念! 名古屋フィルハーモニー交響楽団×マエストロ・ハローキティ
[新連載]音楽とねこ(1)〜小川典子(小川典子)
[新連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(1)(篠崎史紀)
[新連載]モナ=飛鳥・オット スウィーツなピアノの部屋(1)(飛鳥・モナ・オット)
[Interview]チョ・ソンジン、ドイツ・グラモフォンと契約!(下田幸二)
[Interview]井上道義、わが音楽人生を語る
[Report]成熟した味わいと気品 ―新境著しい神尾真由子(那須田務)
[新連載]大谷康子 音楽交差点〈お客様〉(1)山下洋介(ジャズ・ピアニスト)
[Report]舘野泉傘寿 一晩でコンチェルト4曲を弾く快挙を達成!(萩谷由喜子)
[Interview]デビュー25周年を迎えた横山幸雄(小倉多美子)
[Report]リトルピアニスト〜ピアニスト高橋多佳子さんの体験レポート(上田弘子)
[連載]私的音楽論考 ―指揮台から見えること(25)(山田和樹)
[Report]サントリーホールフェスティバル2016〜内田光子の弾き振り(萩谷由喜子)
[Report]キュッヒル&シュトロイスニックが登場「第191回蘭島閣ギャラリーコンサート」
[告知]創刊75周年記念読者招待イヴェント「佐伯茂樹の楽器ものしり講座」第2弾開催〜斎藤秀範氏を迎えて
[告知]創刊75周年記念読者招待イヴェント「反田恭平トーク&ライヴ in音楽の友ホール」、再び!
[Interview]村治佳織「ふるさと」に託した想い(長井進之介)
[Report]ウィーン国立歌劇場日本公演〜3人の名匠が登場、ヤノフスキ、フィッシャー、ムーティ(舩木篤也/三善清達/岸純信)
[Report]名匠ティーレマンが見せた、圧倒的な統率力!ザルツブルク・イースター音楽祭 in JAPAN(山田治生/中村孝義)
[Interview] カイヤ・サーリアホ、《遥かなる愛》について語る(山田治生)
[Report]台中・臺中國家歌劇院、《ラインの黄金》でオープン(岡部真一郎)

 

特別記事

 

2016年度第54回レコード・アカデミー賞、決定!(諸石幸生)
音大生「0」からの手作りコンサート

 

新連載

 

名物楽団員(オケマン)を訪ねて ―オーケストラの楽屋裏(1)(堀江昭朗) 〜須田祥子(東京フィルハーモニー交響楽団首席ヴィオラ奏者)

 

連載

 

上田晴子のライヴ・レッスン! 弾いて、聴いて愉しむ室内楽(アンサンブル)(10)(西尾 洋)
世界のコンサートマスターに聞く(21)〜バート・ヴァンデンボーガルデ(バンベルク交響楽団)(山田真一)
マエストロを友とした日々 ―あるプロデューサーの伝記(8)(広渡 勲/上坂 樹)
犒劼り瓩猫狡阿甓山效桔(25)(山田真一)
メンデルスゾーンの音符たち(10)〜八重奏曲(池辺晋一郎)
オーケストラをもっと楽しく! 楽器ものしり講座(25)〜ハープ(佐伯茂樹)
80歳の屋根裏部屋(17)(舘野 泉)
読むオペラ―聴く前に、聴いた後で(54)(堀内 修)
名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(13)(平野 昭)
音楽草枕(9)(樋口隆一)
楽聖の遺言 ベートーヴェン後期の世界―過去から未来へ(9)(越懸澤麻衣)
ウィーン 日々のうつろい(34)(野村三郎)
調律師から見たピアノと音楽(37)(高木 裕)

 

People

 

寺田悦子&渡邉規久雄(堀江昭朗)
ラデク・バボラーク(山崎浩太郎)
アリサ・ワイラースタイン(山田真一)
高橋 望(上田弘子)
伊藤悠希
アヌ・タリ/原田英代(堀江昭朗)
佐野隆哉(上田弘子)/中木健二(長井進之介)

 

Reviews&Reports

 

〈Concert Reviews〉2016年11月の演奏会批評
[海外レポート]
イギリス(秋島百合子)/フランス(吉田真澄+前田 炎)/イタリア(野田和哉)/オーストリア(野村三郎)/ドイツ(城所孝吉+来住千保美)/ロシア(浅松啓介)/アメリカ(有賀太一)
[イヴェント・レポート]
マーク=アンソニー・ターネジ×大野和士×岡部真一郎〜同時代のオペラを考える(小倉多美子)
[イヴェント・レポート]
高木綾子、公開マスタークラス(高山直也)

 

Rondo

 

イザベル・カラヤンの一人芝居(山田治生)/山田和樹による「柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会」(奥田佳道)/澤和樹&蓼沼恵美子、デュオ結成40周年(渡辺和彦)/キュッヒル&シュロイスニックが広島県・呉市下蒲刈に!(日比野章彦)/長岡リリックホール開館20周年記念事業 池辺晋一郎オペラ《てかがみ》(堀江昭朗)/ハッピー・サックス/カプースチン(小倉多美子)/福田進一 meets ライナー・キュッヒル デュオ・コンチェルタンテ(那須田務)/日本セヴラック協会 in フランス

 

News & Information

 

スクランブル・ショット&ミニ・ニュース
今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか
ディスク・セレクション
音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報
BOOKS
TVクラシック音楽番組1月の予定
読者のページ
次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内

 

別冊付録

 

コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション

付録

●創刊75周年記念・特大号第2弾の本号では日本を代表する世界的キャラクター、「ハローキティ」と本誌のコラボレーションが実現しました! コンサートやレッスンなどには是非「マエストロ・ハローキティトートバッグ」を連れて行ってあげて下さい。「ソナタ・アルバム」などの厚い楽譜でも数冊、軽量な管楽器や譜面台も楽々入る音楽ファンのためのトートバッグです。名古屋フィルの皆さん、最高の笑顔でトートバッグと記念撮影して頂き、ありがとうございました!
●2017年最初の特集は、世界の指揮者の新しい動きをご紹介する「本格始動! ニューウェイヴの指揮者たち」。巻頭のドゥダメルとネルソンスは本誌独占取材です。ニューヨーク在住のジャーナリスト小林伸太郎さんに西海岸のロサンゼルスまで飛んで頂き、その後再びニューヨークから列車でボストンへ。今後の指揮界を占う象徴的な二人の独占インタヴュー、いかがでしたでしょうか。
●これまでの本誌にはなかった新連載「音楽とねこ」はいかがだったでしょうか。初回はピアニストの小川典子さんに愛猫のソックスくんをご紹介。ソックスくんはロンドン生まれ。ソックスくんのかわいくて、ひょうきんな仕草が伝わってきて、癒されますね。
● “まろ” ことN 響第1コンサートマスター、篠崎史紀さんの連載が今号からスタートしました。「ヨーロッパのエレガンス」を目指している篠崎さんの、演奏活動を通して体験したことやN 響でのことなど、オーケストラ・ファン垂涎のお話(!)を披露して頂く予定です。
●ピアニストの飛鳥=モナ・オットさんのエッセイ、「スウィーツなピアノの部屋」いかがでしたでしょうか。アリス= 紗良・オットさんの妹、ケーキ作りが大好きなモナさんが日々の出来事などとともに素敵なエッセイを綴って下さいました。
●ヴァイオリニストの大谷康子さんの新連載

「音楽・・交差点 ヴァイオリンの小径で」いかがでしたでしょうか。BS ジャパン

「おんがく・・・・交差点」とのタイアップ。毎回2人ずつ、大谷さんのウィットの効いたショート・トークをお届け致します。ご期待下さい!
●新連載「名物楽オケマン団員を訪ねて―オーケストラの楽屋裏」がスタートしました! 膨大なレパートリーと様々な演奏形態に適応する「職人」オケマンたちにスポットを当て、その醍醐味、印象に残った共演者たち、「現場」ならではの臨場感溢れるエピソードなどをご紹介していきます。
●5年ぶりの新譜をリリースし、活動を本格的に再開した人気ギタリストの村治佳織さん。弟・村治奏一さんとともに、今回の共演、レコーディングにまつわるエピソードやこれまでのお互いの関係性などを語ってくれました。
●広渡勲さんの「マエストロを友とした日々」、いよいよ「有名歌劇場/オペラ編」に突入! バイエルン州立歌劇場、ロイヤル・オペラ、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場などの「初来日」のドキュメントをお送りします。
●本誌創刊75周年読者招待イヴェント「佐伯茂樹の『楽器ものしり講座』第2弾」(2月19日)とピアニストの反田恭平さんをトーク&プレイ(3月1日)をそれぞれ開催致します。『楽器ものしり講座』の詳細は35ページを、反田さんのイヴェントの詳細は本誌関連サイト「オントモ・ヴィレッジ」、フェイスブック、編集長twitter で1月1日に詳細をお知らせ致します。どうぞお楽しみに!
●11月に発売されましたONTOMO MOOK「『音楽の友』編 新編 バッハのすべて」、本誌編集部ならではの取材記事多数、読み応えがあります。是非お読み下さい。

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267