近刊だより

Ongakunotomo

近々発売される音楽之友社の書籍・ムック・楽譜・DVDをこちらでいち早くご紹介いたします。

〔ONTOMO MOOK〕ホームシアター&オーディオ入門
いい画といい音のある部屋を作る

ホームシアター&オーディオ入門

stereo 編2月26日発売予定
今後は余暇の質を高める上で、音と映像の楽しみが一層重要になる、という視点で、これまでオーディオとビジュアルに入りきれなかった層を対象とする入門MOOK。各AV誌やホームシアター誌が高級化し、どんどん難解になっていく中で、より入りやすい記事を心がけ、リタイアエイジのかつてのファンや上質な生活を目指す女性にも優しいガイドブックとする。単にシアターを志すだけではなく、2チャンネルとの仲のいい構築プランも重視する。
詳しく見る

〔ONTOMO MOOK〕音の館 2020
参加して努力するオーディオ

音の館 2020

stereo 編2月26日発売予定
1981年からおよそ30年間続いた「stereo」誌の名物記事「音の館」をMOOK化。「音の館」は編集スタッフが技術的なことは考えずに音が良くなる(なった)方法を実験していった連載。この全内容を振り返るほか、この連載の精神を受け継ぎ、著名なオーディオショップとの「音質向上」ノウハウ対決したり、とんでもなく高い楽器と一般向け楽器の音の違いが聴き分けられるかブラインドテストを行ったり、オーディオ業界に多大な功績を残した江川三郎・金子英男・長岡鉄男の三氏が「音の館」のために公開した作品やアイデア、ノウハウを振り返ったり、パソコンをピュアオーディオに近づける方法を探したり、巷で大流行のスマートスピーカーを「音の館」のノウハウで徹底高音質化してみたり、音楽の業界地図を塗り替えつつある「サブスクリプション」を「音の館」流に楽しんだり、「音の館」の大発見・大予言集などを掲載する。
詳しく見る

〔ミニチュア・スコア〕 OGT-0310吹奏楽のための交響詩 ぐるりよざ

吹奏楽のための交響詩 ぐるりよざ

伊藤康英 作曲2月上旬発売予定
隠れキリシタンたちが歌い継いでいった聖歌は、厳しい禁教の中で旋律は次第に歪曲し、歌詞も転訛してしまった。たとえば「グロリオーザ(Gloriosa)」というラテン語は、「ぐるりよざ」というように…。第1楽章「祈り」は、グレゴリオ聖歌をテーマに、シャコンヌの形式による13の変奏からなっている。「唄」と題された第2楽章は、キリシタンにいつからともなく歌い継がれてきた「さんじゅあん様のうた」。第3楽章「祭り」は、変形された「長崎ぶらぶら節」が基本となっている。初演から30周年を記念し、ミニチュア・スコアとして生まれ変わる。楽譜は新たに浄書し、今まで不明瞭だった箇所や、細かなテンポの指示を追加。さらに、ネットでは見られない、曲の詳細な解説を作曲者の伊藤康英が執筆。持っておきたい、演奏する際に必ず役立つ情報満載のミニチュア・スコア。
詳しく見る

女声合唱とピアノのための風の解釈

風の解釈

久谷雉 詩/信長貴富 作曲2月上旬発売予定
演奏時間6分ほどの単一楽章の女声合唱曲。教員をしながら詩作を続けている久谷雉が音楽(合唱)部に所属していた高校生の時に書いた詩を題材にしている。その詩が所収されている詩集『昼も夜も』(ミッドナイト・プレス)は2004年の第9回中原中也賞を受賞している。様々に解釈されるわたしを巡りながら、「おはよう」という言葉が印象的に詩や音楽を繋いでいく爽やかで瑞々しい作品となった。様々な世代がそれぞれの人生に新鮮さを感じながら歌える、力を持った曲であり、コンクールの自由曲としてだけでなく、演奏会など様々な場面で演奏効果を発揮するだろう。
詳しく見る

クラス合唱曲集レッツ・コーラス! 第二版

レッツ・コーラス! 第二版

横田純子 監修/音楽之友社 編2月上旬発売予定
子どもたちの歌声を全国トップレベルに導き、中学生に合唱の喜びを伝える伝道師・横田純子(東京都府中市立府中第四中学校主幹教諭)と、70年以上続く音楽教師向け専門誌「教育音楽」編集部が自信をもってお届けするクラス合唱曲集。5年ぶりとなる本改訂では、月刊誌「教育音楽」の授業・部活取材、合唱コンクールの選曲アンケート等で集めた学校現場の声を反映し7曲の入れ替えを行った。
詳しく見る

人生をより美しく
シーモアさんとの対話―音楽、家族、友情、そして創造

人生をより美しく

シーモア・バーンスタイン、アンドリュー・ハーヴェイ 著/小野山弘子 訳3月上旬発売予定
各界で絶賛され、異例のロングヒットとなった米俳優イーサン・ホーク監督のドキュメンタリー映画『シーモアさんと、大人のための人生相談』に出演。多くの音楽ファン、映画ファンを魅了した「NYで最も人気のあるピアノ教師」シーモア・バーンスタインと、同映画にも出演していた詩人で精神学教授のアンドリュー・ハーヴェイとの対談集。
詳しく見る

HOME