近刊だより

Ongakunotomo

近々発売される音楽之友社の書籍・ムック・楽譜・DVDをこちらでいち早くご紹介いたします。

メンデルスゾーンの音符たち
池辺晋一郎の「新メンデルスゾーン考」

メンデルスゾーンの音符たち

池辺晋一郎 著9月27日発売予定
大人気“音符たち”シリーズの第10弾。人気作曲家・池辺晋一郎が子ども時代から惹かれつづけてきたというメンデルスゾーンで掉尾を飾る。小難しそうな分析(アナリーゼ)や学者的なアプローチは一切なし!著者いわく、「間違いなく、天才。音楽史上五指に入る大天才」ながら「やや不当な評価を受けてきている」メンデルスゾーンの天才性や抜群の作曲センスを、TVやFMでおなじみの語り口そのままの軽妙洒脱な筆致で初心者にもわかりやすく、しかも面白く説き明かす。
詳しく見る

東欧音楽綺譚
クルレンツィス・跛行の来訪神・ペトルーシュカ

東欧音楽綺譚

伊東信宏 著9月27日発売予定
『レコード芸術』誌の人気連載が単行本化! 吉田秀和賞、サントリー学芸賞受賞の著者が、専門分野である東欧の民俗音楽にとどまらず、新鋭指揮者のクルレンツィス、ヴァイオリニストのコパチンスカヤといった旬の話題まで、音楽・芸術・文化を縦横無尽に語り尽くす。2016、2017年2年分の連載24回分に加え、ONTOMO MOOK『吉田秀和――音楽を心の友と』収載の「断想」を収載。毎回、CD、演奏会、書籍、映画、楽器、民間伝承、指揮者、作曲家、演奏家などのテーマを取り上げる。
詳しく見る

混声合唱組曲みんなを好きに

みんなを好きに

金子みすゞ 詩/大田桜子 作曲9月27日発売予定
童謡詩人・金子みすゞの詩による混声合唱組曲。つい見過ごしてしまいがちな事象や小さな命に、奥深くて優しいまなざしが向けられたみすゞの詩。難しい言葉も使われていないので、黙読しても、朗読しても、すうーっと心に入ってくる。「星とたんぽぽ」「不思議」「足ぶみ」「こだまでしょうか」「みんなをすきに」の五編の詩によるこの組曲の音楽も、詩の言葉に寄り添って、歌う人・聴く人の心に入ってくる。
詳しく見る

〔ONTOMO MOOK〕ドビュッシー ピアノ曲の秘密
DVD付

ドビュッシー  ピアノ曲の秘密

音楽之友社 編/青柳いづみこ 監修10月25日発売予定
ドビュッシーのピアノ曲への理解を深めるために、作曲家の魅力に多方面からアプローチする一冊。ピアニスト・ドビュッシー研究者・文筆家の青柳いづみこを監修者とし、ドビュッシーの生涯に沿って全ピアノ曲を紹介するほか、青柳いづみこによる、さまざまな分野の著名人との対談を掲載。付録DVDでは、ドビュッシーのピアノ曲をおしゃれに弾きこなすための技法を青柳がレクチャー。
詳しく見る

音が変わる! 演奏がラクになる!ピアノ骨体操

ピアノ骨体操

矢野龍彦、須関裕子 共著10月中旬発売予定
「筋肉を無理に使わず、骨をたたむ」という日本古来の所作や古武術に由来した動きを習得することにより、疲れにくく感覚に優れた身体を作り上げるナンバ術。これをピアノ演奏に応用することで、身体を楽に使って演奏できるようになり、またそれによって自分の出す音自体も理想の音に近づいていく、という桐朋学園秘伝のメソッドをご紹介。
詳しく見る

ドメニコ・スカルラッティ

ドメニコ・スカルラッティ

ラルフ・カークパトリック 著/原田宏司 監訳/門野良典 訳10月中旬発売予定
原著者が亡くなる直前の1983年の最終改訂版に依拠した全面新訳であり、原書では巻末にまとめられていた追加と訂正も、本文の該当箇所に挿入した。ドメニコ・スカルラッティは、近代的な鍵盤奏法の確立者としてその名を知られているが、その生涯は多くの謎に包まれていた。本書では、空前の研究調査でその謎に迫るとともに、残された全555曲のチェンバロソナタの分析を通して、その全体像を初めて明らかにしている。ドメニコ・スカルラッティはバッハ、ヘンデルと同じ1685年生まれであり、今年は生誕333年の記念祭も行われている。
詳しく見る

HOME