近刊だより

Ongakunotomo

近々発売される音楽之友社の書籍・ムック・楽譜・DVDをこちらでいち早くご紹介いたします。

〔ONTOMO MOOK〕クラシック平成ディスク史
日本から見たクラシック音楽情勢

クラシック平成ディスク史

レコード芸術 編5月20日発売予定
平成元年(1989年)にベルリンの壁が崩れて冷戦が終結、やがて東欧ではソ連が崩壊し国境が大きく書き換えられた。そしてこの時期、カラヤンやバーンスタイン、ホロヴィッツらが相次いで逝去、20世紀を支えた巨匠たちを失ったクラシック音楽界も一気に再編されていく。『レコード芸術』では2018年の8月号および12月号の2回にわたって「平成ディスク史」を特集したが、本ムックはこれをまとめて再編したものを中心に、新規読みものを加え、併せて、平成元年〜30年(1989〜2018)の「レコード・アカデミー賞」の全記録も掲載。クラシック・ファン、レコード・コレクター必携のムックである。
詳しく見る

〔ONTOMO MOOK〕ジャズと喫茶とオーディオ

ジャズと喫茶とオーディオ

田中伊佐資 著/Stereo 編5月25日発売予定
「ジャズ批評」誌に2011年から田中伊佐資氏が連載している「アナログ・オーディオ ふらふらめぐり」がついにMOOK!レコードを愛し、レコードをかけ続けているジャズ喫茶(カフェ、バー)にスポットを当てた探訪記。店主が歩んできたこれまでの音楽人生、開店の動機や経緯、店のポリシー、オーディオやレコード・サウンドに対するこだわりを田中氏がリポートする。1店につき4ページで構成し、ジャズ、オーディオ、レコードなどが入り交じった立体的な展開は、まさにファンの心をジャストミートでくすぐる。
詳しく見る

現代日本の音楽時のかけら
マリンバとピアノのための

時のかけら

木下牧子 作曲5月中旬発売予定
CD『もうひとつの世界』のために書き下ろされた作品。その後、「木下牧子作品展4 ピアノ・プラス」において再演されるに際し改訂された。この出版譜はその改訂版。「マリンバとピアノのデュオは、ありそうで意外に少ない。この曲ではピアノを打楽器的に扱い、音色の異なる2台の打楽器デュオという発想で作曲してみた。よってペダルはほとんど使用しない(プログラムノートより)」
詳しく見る

ホロヴィッツ・ピアノの秘密
調律師がピアノをプロデュースする

ホロヴィッツ・ピアノの秘密

睫斃 著5月下旬発売予定
生涯に数えられるほどの数のピアノしか弾かなかった神格的存在のピアニスト、ホロヴィッツ。彼が最も愛したピアノと言われるのがスタインウェイ〈CD75〉と1887年製の〈ローズウッド〉である。この2台を所有する著者の『音楽の友』誌連載記事を再構成し、書き下ろし原稿を追加。書籍化にあたり、その〈CD75〉と、大手レコード会社のスタジオで数多くの録音に使用されていたハンブルグ・スタインウェイの“音響比較”を初めて実施し、結果を可視化データとして公表するほか、〈CD75〉のアクション調整値をも公開。ベールに包まれていたホロヴィッツのピアノの詳細を明らかにする。ニューヨーク・スタインウェイを追い続けた調律師の記録。
詳しく見る

〔音楽指導ブック〕こなっしーの 低学年だからできる! 楽しい音楽!

こなっしーの 低学年だからできる! 楽しい音楽!

小梨貴弘 著5月下旬発売予定
『教育音楽 小学版』2017年4月号〜2019年3月号にて連載の「こなっしーの 低学年だからできる! 楽しい音楽」を書籍化。本連載は小学校低学年の音楽の授業や音楽会の指導に特化し、音楽の指導に苦手意識を持つ学級担任の先生も自信を持って指導ができ、子どもが音楽の授業が楽しい!と思えるノウハウや、音楽会などの行事の取り組み方を紹介。また、低学年(1・2年)の音楽の授業で、どこまで技能面を教授するのが望ましいのか、音楽専科との連携の仕方などについても取り上げている。
詳しく見る

さくらももこの詩による無伴奏混声合唱曲集ぜんぶ ここに 2

ぜんぶ ここに 2

さくらももこ 詩/相澤直人 作曲5月下旬発売予定
大人気の合唱曲集《ぜんぶ ここに⦆(混声版(2011年8月)の続編。この曲集のための書き下ろされた3曲と男声版《ぜんぶ ここに⦆から編曲された4曲、そこに既存の〈ぜんぶ〉を加えた全8曲。一作目に続いて、さくらももこの詩の魅力が生かされるように、新たに構想された曲集。テキストは詩集『まるむし帳』(講談社)による。多くの人に愛されるさくらももこの詩をもとに、老若男女問わず歌える曲集となった。
詳しく見る

名曲理解のための実用楽典

名曲理解のための実用楽典

久保田慶一 編著/神部智、木下大輔 著6月中旬発売予定
本書は一般の方を対象として、楽典の知識を学ぶことで、クラシック音楽の名曲をより深く理解し、音楽をさらに楽しむためのガイドブック。第吃堯岾敕気隆霑叩廚任蓮∩竿姪な説明する。ごく一般的な事柄は簡潔な説明にとどめ、楽典をこれまでに学んだことのない人にハードルになると思われる、音程、音階、調、和音などについては、平易にていねいに解説。第局瑤任蓮▲丱奪呂らウェーベルンまでの作曲家の作品から、「運命」「モルダウ」「フィンランディア」などの有名曲を中心に、15曲を選定した。分析では問題に挑戦し、解説や解答例を読み進めることで、楽曲の理解はより一層深くなることだろう。
詳しく見る

HOME