近刊だより

Ongakunotomo

近々発売される音楽之友社の書籍・ムック・楽譜・DVDをこちらでいち早くご紹介いたします。

〔ニュー・スタンダード・ピアノ曲集〕バルトーク ピアノ作品集 4

バルトーク ピアノ作品集 4

バルトーク 作曲/パップ晶子 編集・運指3月23日発売予定
気鋭のバルトーク研究家・ピアニストのパップ晶子編集による好評のバルトーク作品集、第4集。ブダペスト・バルトーク資料館収蔵の貴重な自筆譜など多くの資料を綿密に比較検討した校訂版。最初期の作品である幻想的な《ラプソディ》は、バルトーク自身によるショートバージョンを収載。躍動的な《2つのルーマニア舞曲》では、第2曲に晩年のバルトークが音型等を変更した修正版を採用している。全曲に運指をつけ、資料的な正確さと実用性を兼ね備えた版となっている。
詳しく見る

〔現代日本の音楽〕ピアノ三重奏曲 第1番

ピアノ三重奏曲 第1番

鈴木輝昭 作曲3月23日発売予定
合唱をはじめ器楽作品でも人気の高い作曲家、鈴木輝昭による初のピアノ・トリオ。単一楽章で、演奏時間約14分。ヨーロッパ伝統音楽における極めて古典的な編成であり、普遍性を持つ器楽作品の典型として多くの作曲家が歴史的な作品を残してきたこのピアノ三重奏という対象に、正面から向き合える時期がようやく来たのかもしれないと本人が自負する逸品。緊密なアンサンブル、瞬間の鋭利さ、積極的な音の放出が行われ、個々の楽器が対比と合一を繰り返しながら、めまぐるしく展開する。
詳しく見る

混声合唱とピアノのためのアプローズ

アプローズ

覚和歌子 詩/横山潤子 作曲3月23日発売予定
1957年創立の歴史と伝統ある混声合唱団“京都木曜会”創立60周年記念の委嘱作品。覚和歌子の詩「アプローズ」(拍手喝采の意)に横山潤子が作曲した新作で、折々の充実感をユーモラスに綴った詩とお洒落なハーモニーによる人生肯定の賛歌。味わい深く歌い応えのある混声合唱曲に仕上がっている。
詳しく見る

〔小学生のための音楽会用合唱曲集〕未来へ
範唱+カラピアノCD付き

未来へ

音楽之友社 編3月23日発売予定
同声2部合唱を中心に、音楽会におすすめの作品を集めた「小学生のための音楽会用合唱曲集」シリーズ。全員で楽しく歌える易しい作品から、音楽の内容を考えながら深めていく本格的な作品まで、色とりどりの作品を収める。付属CDには範唱だけでなくカラピアノの音源も収録しており、音楽会、学芸会、演奏会へ向けての練習に最適。『ハッピー・メロディー』『ありがとう』『未来へ』など全9曲を収録。
詳しく見る

〔小学生のための音楽会用合唱曲集〕わたしと小鳥とすずと
範唱+カラピアノCD付き

わたしと小鳥とすずと

音楽之友社 編3月23日発売予定
同声2部合唱を中心に、音楽会におすすめの作品を集めた「小学生のための音楽会用合唱曲集」シリーズ。全員で楽しく歌える易しい作品から、音楽の内容を考えながら深めていく本格的な作品まで、色とりどりの作品を収める。付属CDには範唱だけでなくカラピアノの音源も収録しており、音楽会、学芸会、演奏会へ向けての練習に最適。『モグモグ モグラ』『ゆりいす』『わたしと小鳥とすずと』など全8曲を収録。
詳しく見る

〔小学生のための音楽会用合唱曲集〕きみのかわりはいないから
範唱+カラピアノCD付き

きみのかわりはいないから

音楽之友社 編3月23日発売予定
同声2部合唱を中心に、音楽会におすすめの作品を集めた「小学生のための音楽会用合唱曲集」シリーズ。全員で楽しく歌える易しい作品から、音楽の内容を考えながら深めていく本格的な作品まで、色とりどりの作品を収める。付属CDには範唱だけでなくカラピアノの音源も収録しており、音楽会、学芸会、演奏会へ向けての練習に最適。『世界の子どものマーチ』『遠い空の下で』『きみのかわりはいないから』など全8曲を収録。
詳しく見る

〔小学生のための音楽会用合唱曲集〕風のマーチ
範唱+カラピアノCD付き

風のマーチ

音楽之友社 編3月24日発売予定
同声2部合唱を中心に、音楽会におすすめの作品を集めた「小学生のための音楽会用合唱曲集」シリーズ。全員で楽しく歌える易しい作品から、音楽の内容を考えながら深めていく本格的な作品まで、色とりどりの作品を収める。付属CDには範唱だけでなくカラピアノの音源も収録しており、音楽会、学芸会、演奏会へ向けての練習に最適。『地球星歌〜笑顔のために〜』『きみはおしえてくれる』『風のマーチ』など全8曲を収録。
詳しく見る

もっと音楽が好きになる上達の基本 ユーフォニアム

上達の基本 ユーフォニアム

齋藤充 著3月27日発売予定
毎日の練習が「上達」の繰り返しに!第一線の奏者が大切にする「基本」は入門に役立ち、中上級者には新たな世界を拓く。著者オリジナル基礎練シートは上達への最良の道。ユーフォニアムは、従来ほかの金管楽器のメソッドで勉強することが多かった楽器だが、本書では「ユーフォニアムならでは」の基本と応用、秘訣を数多く紹介。
詳しく見る

〔音楽指導ブック〕唱歌で学ぶ日本音楽
(DVD付き)

唱歌で学ぶ日本音楽

日本音楽の教育と研究をつなぐ会 編著/徳丸吉彦 監修3月下旬発売予定
本書およびDVDは、日本音楽の教育と研究をつなぐ会が「伝統音楽普及促進支援事業(平成27・28年度)」ならびに「教材作成事業(平成29年度)」の対象として文化庁から委託を受け、雅楽・能・箏曲・長唄・祭囃子の5種目の伝統音楽それぞれの唱歌の魅力を伝えるために制作したものを、〔音楽指導ブック〕シリーズとして出版。専門家の演奏だけでなく、実際の子どもたちの学習の場面も取り入れた映像と、詳しい解説書からなる、学校現場において日本音楽を指導する際に必ず役立つ一冊。
詳しく見る

〔ミニチュア・スコア〕 OGT-0263ベートーヴェン 《レオノーレ》序曲第3番作品72a/《フィデリオ》序曲作品72b

ベートーヴェン 《レオノーレ》序曲第3番作品72a/《フィデリオ》序曲作品72b

ベートーヴェン 作曲/平野昭 解説3月下旬発売予定
歌劇『フィデリオ』に関連して作曲された4曲の序曲のうち、演奏される機会の多い2曲、《レオノーレ》第3番と《フィデリオ》を収載。解説は、《フィデリオ》作曲に至る経緯、上演と序曲作曲をめぐる諸事情を丹念にたどったうえで、各曲の楽曲解説を展開する。両曲とも充実したソナタ形式で書かれているが、形式各部分のバランスは大きく異なる。歌劇中の主要素材を用いて一種の交響詩的性格が窺われる《レオノーレ》第3番に対し、《フィデリオ》序曲には歌劇本体からの直接的な素材利用はない。
詳しく見る

言葉で味わうリズム唱入門
抑揚をつけて唱えよう

言葉で味わうリズム唱入門

高橋千佳子 著4月上旬発売予定
本書ではタイトル通り、リズムを“読む”のではなく“唱える”ことで、そのリズムらしさの表現を目指します。一単元見開き2ページの課題のほとんどが、各々のリズムを言葉に置き換えて発音することからスタートします。次にリズムを擬音で読んだ後、リズムの持つイントネーションを大事にしながら音程をつけずにドレミ読みをし、さらに、そのリズムを実際の曲の中で味わいます。この流れを経ることで、音符の長短に留まることなく、リズムが持つ表情まで読み取ることができるようになり、演奏表現が豊かになっていきます。小学校中学年から音高・音大受験生まで、必要に応じて繰り返し使える1冊。問題集と著者秘伝の便利な「リズム表」付き。
詳しく見る

〔ウィーン原典版 404〕シンディング 6つの小品 作品32

シンディング 6つの小品 作品32

シンディング 作曲/ミヒャエル・クーベ 校訂/ペーター・ロッゲンカンプ 運指・解説/神部智 訳4月上旬発売予定
グリーグ以降の重要なノルウェーの作曲家、シンディング(1856〜1941)の作品。1896年に初版が出版された『6つの小品』作品32の中でも、「春のささやき」は世界的に有名で、日本でも人気のある1曲として知られている。作品32の6つの曲は、それぞれ異なる性格・難易度となっており、さまざまなテクニックが要求される。学習にもコンサートにも、19世紀後半のピアノ・レパートリーとして歓迎される作品。
詳しく見る

HOME