教育音楽 中学・高校版 2019年10月号
今月号

教育音楽 中学・高校版 2019年10月号

実技テスト/技能の評価

とじこみ付録CD:カラピアノ付き合唱パート練習CD

【特別定価】¥1,491 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年9月
【商品コード】171910
購入する

【教育音楽 中学・高校版 2019年10月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

実技テスト/技能の評価

[対談]技能評価はどう在るべきか 清水宏美・和田 崇
全てを学びにつなげる実技発表 小作典子
歌唱共通教材に親しむためにも 北添郁朗
実技テストは把握・支援の場 小村 聡
実技テストで個々と向き合う 五十嵐優子

 

巻頭カラー まるごとWATCH!

 

神奈川県民ホール巡回事業 出張公演 in 南足柄 みんなでたのしむオペラ《ヘンゼルとグレーテル》

 

グラビア

 

「私が教師になった理由」7 古宮真美子
「授業ライヴ・リポート」神奈川県横浜市立大綱中学校1年2組&小池和子教諭
「We love ミュージック!」横浜国立大学教育学部附属鎌倉中学校合唱団&茂野 学教諭、武藤美佐子講師
「トピックス」平成31年度筑波大学公開講座 子どもたちの表現を育む音楽/第9回 音楽之友社・音楽療法セミナー「主体的・対話的で深い音楽活動」への試み〜新学習指導要領をふまえ「音楽」の創造的活動を目ざして/第15回 ドラムサークルforティーチャーズ

 
 

連載

 

「ミマスの歌づくりの旅」7 歌 架け橋 成人式 ミマス
「キーワードから読み解く! 学習指導要領」19 間 伊野義博
「教師の悩み相談室」115 同業の保護者からの指摘にプレッシャーを感じる 諸富祥彦
「レッツ・コーラス!〜心から歌える授業づくり〜」6 9月の立ち上げはめちゃ大事 横田純子
「生徒と先生のドラマを築く! 大妻中野流合唱指導メソッド」13 生徒の心を引き付け、やる気にさせるあれこれ 宮澤雅子
新連載「郷土の音楽ってこんなに面白い! 江戸・東京編」1 郷土の音楽の魅力と現地探訪の楽しさ 清水宏美
「私のイチオシ◎創作の授業」19 さらしの音型にのせて平調子を生かした音楽をつくろう 今井由喜
「楽譜に書ききれなかったこと」17 『この地球のどこかで』 若松 歓
「折々の美景〜合唱指揮者から見た世界〜」7 作品と生きる 清水敬一
授業にそのまま活用! 学習プリント」7 声部の役割と全体の響きを理解して歌おう! 阿部みどり
「特別支援学校・学級 指導事例」1 口を開き、大きく声を出そう!〜体と声の関係を理解して〜 松元大樹

 

校種別・学年別●わたしの教材料理法

 

中学校第1学年●『ぜんぶ』(歌唱)さくらももこ詩/相澤直人作曲 山本枝里
中学校第2学年●『予感』(歌唱)片岡 輝作詞/大熊崇子作曲 齊藤厚子
中学校第3学年●『青葉の歌』(歌唱)小森香子作詞/熊谷賢一作曲 中村麻里
高等学校 音楽●ショパンのピアノ曲(鑑賞) 中内悠介

 

教音ジャーナル

 

ネットワーク/おすすめの一冊 広瀬由美子/新刊案内/著者に聞く 弓削田健介&古川敏子/全日音研ニュース/音楽・子ども・生き生き!マイ・スクール[岩手]/バックナンバーのお知らせ

 

別冊付録●楽譜資料

 

『クラス合唱曲集』
ふたつの海(混声三部合唱)ミマス作詞・作曲|富澤 裕編曲
寒桜(百年樹)(混声三部合唱)吉岡ひとみ作詞・作曲|松井孝夫編曲
指導のために

 

とじこみ付録

 

カラピアノ付き合唱パート練習CD『みんなで歌おう!』

ひらり、(混声三部合唱) 山崎朋子作詞・作曲
つないで歌おう(混声三部合唱) ミマス作詞・作曲|富澤 裕編曲

■特集
授業に評価は付き物ですが、「音楽」や「表現」を正しく(?)評価するのはそもそも非常に難しいです。もしも、自分の好きなものを評価すればよいのなら簡単ですがそうもいきません。今回は中学校音楽科における「技能」をどう捉えるか……そこを起点に(今回は歌唱を中心に)実技テストの実例を交えながら「技能の評価」の「本質」と「実際」に迫ります。
※現行の評価規準に基づいています。

■付録楽譜
ミマス作詞・作曲『ふたつの海』は兵庫県児童合唱連盟の委嘱によりつくられた二部合唱曲ですが、このたび混声三部にアレンジされました。歌詞では、海が人の「心」を意味しています。人の心も海のように千変万化……その大きく広く深い世界をだれもが胸の中に持っている。そのすごさに気付いてほしいというミマスさんの願いが込められています。吉岡ひとみ作詞・作曲『寒桜(百年樹)』は、山口県防府市立向島小学校の校庭に立つ寒桜(百年樹)がテーマになっています(もとは二部合唱曲)。その木は百年以上同じ場所で咲き続け、子どもたちを見守る学校のシンボルになっています。山口県から生まれたこの歌に、それぞれの学校の自慢の木を当てはめて、ぜひ歌ってください。
HOME