教育音楽 中学・高校版 2019年2月号
今月号

教育音楽 中学・高校版 2019年2月号

最高の歌で締めくくる! 卒業式歌 指導のスケジュール&工夫

付録楽譜:クラス合唱曲集

【定価】¥905 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年1月
【商品コード】171902
購入する

【教育音楽 中学・高校版 2019年2月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集

 

最高の歌で締めくくる! 卒業式歌 指導のスケジュール&工夫

[Chapter1 指導のスケジュール]
 母壁奈穂子、小田美樹、山田泰子、安部文江
[Chapter2 指導のポイント]
 授業編:感動の卒業式へ向けて 母壁菜穂子
 授業編:思い出に残る卒業式をバックアップするために 小田美樹
 学年・全体編:生徒がつくり上げる卒業式 山田泰子
 学年・全体編:年間の愛唱歌を通して 安部文江

 
 

特集

 

箏の授業に「唱歌 」を取り入れよう

[対談] 唱歌って? どんな良さがあるの? 深海さとみ、山内雅子
[実践例] 唱歌で深める箏曲《六段の調》の授業 山内雅子

 

まるごとWATCH!

 

エル・システマ・フェスティバル2018 ガラコンサート

 

グラビア

 

「授業ライヴ・リポート」東京都府中市立府中第四中学校 2年2組&横田純子教諭
「We love ミュージック!」埼玉県さいたま市立宮原中学校合唱部&津田茂彦教諭
「トピックス」音ってすごい!〜音の技術最先端〜/栃木県高等学校文化連盟実技講習会/第1回 学びを深めるICT活用―音楽科教育の未来を考える―/ケンハモparty 2018 Winter“ケンハモがサンタクロース”

 

連載

 

「巨匠たちの舞台裏」23 イ・ムジチ合奏団 長岡 英
「キーワードから読み解く! 学習指導要領」11 協働性 伊野義博
「教師の悩み相談室」107 いじめた側の子どもに自覚がないときはどう対応しますか 諸富祥彦
「フルティ&ゆげちゃんのほっと一息音楽室」19 卒業生に贈る歌と卒業生を送る歌 古川敏子・弓削田健介
「音楽っていいな! 新実徳英の音・人・出会い」23 80年代の合唱作品◆/啓惰善
「折々の美景〜音楽を巡る随想〜」35 ジャンルを超えて 清水敬一
「がんばれ! 音楽教師」11 行事で育てる! 石田浩紀
「生徒と先生のドラマを築く!
大妻中野流合唱指導メソッド」5 数は力! 入部希望者で行列になるクラブへ 宮澤雅子
「私のイチオシ◎創作の授業」11 宮崎のCMソングをつくろう ゞ睨椹崕
「楽譜に書ききれなかったこと」9 『たましいのスケジュール』 横山潤子
授業にそのまま活用! 学習プリント」71 ギターの音色を味わって演奏しよう 佐藤太一
「特別支援学校・学級 指導事例」5 沖縄民謡に親しみ楽しもう!〜沖縄の楽器を用いた合奏の工夫〜 謀掴柁

 

校種別・学年別●わたしの教材料理法

 

中学校第1学年●《四季》より『春』第1楽章(鑑賞)ヴィヴァルディ作曲 今井由喜
中学校第2学年●『童神』(鑑賞)古謝美佐子作詞/佐原一哉作曲 仲地綾子
中学校第3学年●八王子車人形《三番叟》(鑑賞) 眛四美子
高等学校 音楽●『ブラジル』(器楽)バホーゾ作曲 菅 龍之介

 

教音ジャーナル

 

ネットワーク/おすすめの一冊 弓削田健介/新刊案内/著者に聞く ミマス/全日音研ニュース/音楽・子ども・生き生き!マイ・スクール[徳島]/バックナンバーのお知らせ

 

別冊付録●楽譜資料

 

『クラス合唱曲集』
明日という未来(混声三部合唱)つるたやよい作詞|西下航平作曲
忘れない(混声三部合唱)弓削田健介作詞・作曲
指導のために

■特集
あっという間に卒業の季節が近付いてきました。生徒たちだけでなく、学校全体が「卒業式ムード」に包まれるこの時期、逸る気持ちの中で指導を試行錯誤されている方も多いのではないでしょうか。今回は4名の先生に、卒業式歌の決定から当日までのスケジュール、そして授業・学年・全体それぞれの場面での指導のポイントを紹介します。

■特集
新学習指導要領では、和楽器の指導において「適宜、口唱歌を用いること」という一文が盛り込まれました。そもそも日本の伝統音楽は、おなじみの五線譜とは全く異なる「唱歌」によって伝承されてきた音楽であり、唱歌を抜きには語れないのです。日本の伝統音楽の本質である「唱歌」を、これからの授業にぜひ取り入れてみてください!

■付録楽譜
誰にだって明日がどうなるかは分からない。西下航平さん作曲の『明日という未来』(つるたやよい作詞)は、何かにワクワクする気持ちや未知なるものに遭遇するときの胸のすくような感覚が音楽の中で鮮やかに表現されています。弓削田健介さん作詞・作曲の『忘れない』は、彼が大学を卒業するときに、卒業演奏会で仲間とともに歌った歌。「たとえ遠く離れてしまっても」という歌詞が示す通り、遠く離れても変わらないものは何か、互いにエールを交わし合うように歌い上げます。
HOME