教育音楽 中学・高校版 2018年10月号
今月号

教育音楽 中学・高校版 2018年10月号

校内合唱コンクール直前対策!

私のテッパン指導ネタ【歌唱編】

【定価】¥905 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年9月
【商品コード】171810
購入する

【教育音楽 中学・高校版 2018年10月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

 

特集Ⅰ

 

校内合唱コンクール直前対策!

[Part1 お伝えします! 我が校の合唱コンクール]
 どのクラスにもそれぞれの思いがあり、それぞれのドラマがある 皆川久美子
[Part2 コンクール直前対策! 残り2週間でどう指導する?]
 限られた時間で、クラス全員でよりよい合唱を追究するには 金本志秀
 音楽的基礎に基づいた合唱活動のススメ 佐藤圭佑
 生徒たち自身の力で創意工夫しながら深める合唱 阿部みどり
 子どもたちの成長につながる合唱コンクールにするために 森川優子

  
 

特集Ⅱ

 

私のテッパン指導ネタ【歌唱編】

高い声をのどに力を入れないで出す/子音をたてる 母音をまわす 水本孝子
発声の基礎を学ぶ/自分の音域で歌う 油原真智子
体ほぐし体操・雰囲気づくり・響きチェック/発声練習で一石二鳥 笠原洋平
ア・カペラによる移動ド階名唱/わらべうたでカノン 稲村直輝

 

まるごとWATCH!

 

三ツ橋敬子の新?夏休みオーケストラ♪みんなでラブラブ!編in横須賀

 

グラビア

 

「授業ライヴ・リポート」埼玉大学教育学部附属中学校 1年B組&辻浦拓人教諭
「We love ミュージック!」茨城県筑西市立下館西中学校管弦楽部&飯泉 廉教諭
「トピックス」第14回ドラムサークルforティーチャーズ/ケンハモParty 2018 Summer“真夏の夜の夢”/第23回 あなたの声を良くするスペシャルレクチャーコンサート 声のサイエンス/第62回夏期音楽研究会のつどい全国大会

 

連載

 

「巨匠たちの舞台裏」19 モーリス・アンドレ 長岡 英
「キーワードから読み解く! 学習指導要領」7 音楽科の特質に応じた言語活動 伊野義博
「教師の悩み相談室」103 クラスの雰囲気をよくして教師のイメージを挽回したい 諸富祥彦
「フルティ&ゆげちゃんのほっと一息音楽室」15 みんなが歌える愛唱歌をつくろう! 古川敏子・弓削田健介
「音楽っていいな! 新実徳英の音・人・出会い」19 社会人一年生◆/啓惰善
「折々の美景〜音楽を巡る随想〜」目標は長生き 清水敬一
「がんばれ! 音楽教師」7 授業虎の巻・中級編〜器楽・鑑賞指導について〜 石田浩紀
「生徒と先生のドラマを築く! 大妻中野流合唱指導メソッド」新連載1 教師の仕事は「情熱こそすべて!」 宮澤雅子
「私のイチオシ◎創作の授業」7 じゃんけんから生まれるリズム創作 森下円佳
「楽譜に書き入れなかったこと」6 『IN TERRA PAX 地に平和を』 荻久保和明
授業にそのまま活用! 学習プリント」67 ジャズ音楽を味わいアド・リブにチャレンジしよう 佐藤太一
「特別支援学校・学級 指導事例」1 「ふうせんラッパ」を鳴らそう!〜誰でも音が出せるラッパの音〜 謀掴柁

 

校種別・学年別●わたしの教材料理法

 

中学校第1学年●『クラッピング ラプソディ 第1番』(器楽)長谷部匡俊作曲 今井由喜
中学校第2学年●地元をPRする音楽をつくろう 〜リズムアンサンブルを通して〜(創作) 仲地綾子
中学校第3学年●『虹』(歌唱)森山直太朗、御徒町 凧作詞・作曲/信長貴富編曲 眛四美子
高等学校 音楽●『小さな空』(歌唱)武満 徹作詞・作曲/三宅悠太編曲 菅 龍之介

 

教音ジャーナル

 

ネットワーク/おすすめの一冊 菊本和仁/新刊案内/著者に聞く 古宮真美子/全日音研ニュース/音楽・子ども・生き生き!マイ・スクール[北海道]/バックナンバーのお知らせ

 

別冊付録●楽譜資料

 

クラス合唱曲集
わたしのうた(混声三部合唱)北方寛丈作詞・作曲
クラス合唱曲集春の日に(混声三部合唱)つるたやよい作詞|西下航平作曲

■特集
音楽科にとって一大行事の校内合唱コンクール! 本番に向けて、練習に熱が入る時期になってきました。ここではある程度仕上げの段階で、よりよい合唱にするために音楽科としてどう指導をするか……に焦点を当て、その具体的な指導法をご紹介します。

■特集
日々の授業のふとした場面で輝く小さな「指導ネタ」。あのときどんなひと工夫をしていたら、どんな伝え方をしていたら、生徒たちはどのようになっていただろうか、と思うことも多いのではないでしょうか。今回は4人の先生方に、歌唱を扱うときに役立つ「指導ネタ」を教えていただきました!

■付録楽譜
久々の登場となる北方寛丈さん作詞・作曲の『わたしのうた』は、作者いわく「校内合唱コンクールに新しい風を吹き込みたい!」という意欲作。ミュージカルのようにドラマチックに場面が変わり、音楽が展開していきます。「他の誰でもない、『わたし』に気づき、『命の響き』を奏でる」……力強いメッセージのこもった作品です。西下航平さんは本誌初登場。『春の日に』は、旅立ちに寄せる歌です。1番ではどこか受動的な歌詞が、2番では能動的に変わっていることに気づきます。そして、最後は「うけとめよう」という言葉で締めくくられる……旅立ちを前に、少し大人になった中学生の姿と重なります。
HOME