音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

〔音楽指導ブック〕
●音楽科教育とICT

  • 【定価】 2,200 円 ( 本体2,000 円)
  • 【判型・頁数】 B5・96頁
  • 【発行年月】 2019年10月
  • 【ISBNコード】 9784276321724
  • 【商品コード】 321720
購入する

【音楽科教育とICT】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介学校教育において、さまざまな授業場面でコンピュータや情報通信ネットワークなどのICT活用を図ることが求められているが、全教科の中でICTを活用した実践例が最も少ないのが音楽科である。
 これまでの音楽科教育を尊重しつつ、これから授業や行事などでICTをどのように活用すればいよいのか、具体的な事例を挙げて分かりやすい文章で、かつ、段階的にその方法を紹介する。また、ICTの環境整備の現状と今後の展望や、小学校のプログラミング教育と音楽科教育の展望についても取り上げる。
目次巻頭言
はじめに
序章 ICTとは?
 ICTは何の略?
 学校とICT
 情報活用能力
 こ惺擦砲けるICT環境の整備
 コ惱者用デジタル教科書とデジタル教材
 Σ山攫爾砲けるICT

第1章 音楽の授業で使えるICT機器〜21世紀型の音楽室を創造する〜
[1]大型モニター
 々板の代替物としての「大型モニター」の可能性
 大型モニターの活用方法
 B膩織皀縫拭爾筏ヾ錣鮴楝海垢
 ぢ膩織皀縫拭爾魍萢僂垢觝櫃領碓嫖
[2]教師用パソコン
 ゞ技嬪僖僖愁灰鵑粒萢冓法
 教師用パソコンを活用する際の留意点 
[3]タブレット端末
 .織屮譽奪斑舎の大いなるポテンシャル
 ⊆臑療・対話的で深い学びを促す、新しい「教具」
 タブレット端末の活用方法
 ぅ織屮譽奪斑舎を活用する際の留意点
 ゥ織屮譽奪斑舎アプリケーションのジレンマと未来
[4]書画カメラ(実物投影装置)
 ―餡茱メラ(実物投影装置)の活用方法
 ⊇餡茱メラを活用する際の留意点
[5]その他の機器
  屮妊献織襯ーディオプレーヤー」「ICレコーダー」の活用方法
 ◆Bluetoothスピーカー」の活用方法
 「ドキュメントスキャナー」の活用方法
□コラム1 音楽科におけるICT活用の歴史

第2章 ICT活用の提案〜教科を変革する新たな取り組み〜
[1]ICTで授業が変わる〜授業を支える新たな「教具」の可能性〜
 ー業全体におけるICT活用
 ◆峅両А彿野におけるICT活用
 「器楽」分野におけるICT活用
 ぁ峅山擇鼎り」分野におけるICT活用
 ァ峇嫋沺彿野におけるICT活用
□コラム2 ICTを活用した実践紹介
[2]ICTで音楽行事が変わる〜子どもたちの音楽にICTが花を添える〜
  峅山擴顱廚任ICT活用
 ◆峅山攴顕顱廚任ICT活用
 「ミニコンサート」でのICT活用
[3]ICTで教科の仕事が変わる〜ICTを活用した効率的な教科事務〜  
 _山擴覆濃箸書類・楽譜の電子化
 ⊇駑燹Τ敝茱侫.ぅ襪慮率的なデータ管理方法
 I床舛ICT機器を活用する

第3章 ICT活用の課題と展望〜21世紀型の音楽科教育〜
[1]音楽室のICT環境を改善するために
 ー治体や学校によって格差が大きいICTの環境整備
 後回しにされがちな音楽室のICT環境整備
 ICT環境の整備が動き出した
 げ山擇寮萓犬發泙紺貶發鯑Г濬个修
 BYODへの理解を求めよう
[2]プログラミング教育と音楽科
 .廛蹈哀薀潺鵐斡軌蘰各のねらい
 ▲廛蹈哀薀潺鵐斡軌蕕箸
 プログラミング教育における音楽科の位置付け
 げ山擇肇廛蹈哀薀潺鵐阿箸凌届太
 ゲ山擴覆任亮茲蠢箸瀘
 Σ山擴覆砲けるプログラミング教育を進めるために
[3]これからの音楽科教育とICT活用
 ICTの特性や強みを生かす時代へ
 他教科の動き
 ICT活用のメリット
 ざ技佞亮業技術としてICT活用を位置付ける
 ゥ織屮譽奪斑舎の教具としての可能性
 先生方に期待すること
おわりに
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267