フリーで浄書や楽譜制作の仕事をするには?

楽譜に興味があり、大学院に通いながら(専攻は音楽教育)趣味で楽譜制作をしています。楽譜出版社や浄書・楽譜制作会社からフリーで仕事をもらえるようになるには、どのようなスキルが必要になりますか? 「finale」や「InDesign」は一通り使いこなせます。

(大学院1年:poco)

まずは業界での評価を高め、人脈作りを

 これは何も音楽関連の業界に限ったことではありませんが、強力なコネがあったり、自分にしかできない技術があるなど、よほどのことがない限り、大学(院)卒業後すぐにフリーで仕事がもらえるほど世の中は甘くありません。少ない仕事を多くのフリーで奪い合っているのが実情です。
 「finale」やAdobe「InDesign」が一通り使いこなせるとのことですが、その程度の人はいくらでもいると思ってください。おそらく、楽譜出版社や浄書・楽譜制作会社からフリーで仕事をもらえ、それで“自立”できている人はほんの僅かです。特に「出版不況」といわれて久しくなっており、よりその傾向は強まっていると考えられます。

 フリーランスを目指して卒業すると、同じフリーでもフリー(無収入)になってしまう恐れが大きいと思います。可能であれば、まずは楽譜出版社や浄書・楽譜制作会社に関連する企業に新卒あるいは転職で勤務して、その業界での評価を高め、人脈も築いてからでも遅くないのではないでしょうか。
 ただ新卒採用は少ないので、他の業界に勤務して社会経験を積んだり営業力や企画力を磨いたりした後に転職するのもひとつの考え方です。

(2017.7.28)

【 閉じる】