「リクルーター」が気になる

就活準備中の大学3年生です。「リクルーター」について教えてください。リクルーターのいる企業を受ける場合、リクルーターから連絡がなければ採用される可能性は低いのでしょうか。また、リクルーターから連絡がきたとして、その人に気に入られなければその先はないのでしょうか。採用枠のどの程度が、リクルーターから接触された人なのでしょうか。

(音楽学部3年:ゆりり)

気にせず積極的に就活を

 最近は「リクルーター」も多様化しているようです。
従来は、就活時期に採用担当として社内で任命され、学生と非公式に面談して、さらに上のリクルーターにつなぐか不採用とするかを判断するのが主な仕事でしたが、売り手市場(学生にとって有利な市場環境にあること)を反映し、内々定した学生の内定辞退防止のためのフォローや自社に応募してもらうためのPR要員としてのリクルーターもいるようです。ここでは採用を担当するリクルーターについてお話ししたいと思います。

 最近、確かに大企業の総合職採用などではリクルーターを通じた採用活動を行う企業も現れているようです。特に、銀行などの金融や商社、一部メーカーなどがそのようなシステムを採用しているという話は、聞いたことがあるかもしれませんね。
 ただ、リクルーターはそもそもが新卒採用ルールの抜け駆けに近い存在です。本来は採用活動解禁の6月まで企業は学生と接触してはいけないのですが、他社に先駆けていい人材に6月解禁後速やかに内定出しができるよう、ゼミやサークル単位などで開催する非公式な会社説明会を通じてリクルーターが学生と接触し、実質的な採否を決めることが多くなっています。
 ただ、どの企業がリクルーター制を採っているかは、噂でしかわからないのが一般的です。ですからリクルーターから連絡がくるかどうか、あれこれ考えて待つよりも、積極的に就活サイトからエントリーしてチャレンジするのが先決です。就活では「待ち」よりも「攻め」の方がはるかに重要です。

 また、リクルーター枠が採用枠のどれくらいかとのご質問ですが、一概には言えません。リクルーターは例年の採用数が多い大学に重点的に投入されることが多いようですので、採用数の多い大学ほどリクルーター経由での採用が多くなる傾向はあると思います。

 なお、リクルーターは「気に入る」「気に入らない」の判断はまずしません。「採用レベル」「ボーダー」「採用不可」など、3段階から5段階くらいで採用レベルかどうかの判断をするのが一般的です。

(2017.6.22)

【 閉じる】