グループ・ディスカッションでの役割

先日、企業の説明会に行ったら、グループ・ディスカッション(GD)がありました。説明を聞くだけだと思っていたところに突然でしたので、十分な対応ができませんでした。司会、書記、タイムキーパーという役割を決めたのですが、私は何もやりませんでした。GDでは、役割に立候補すべきだったのでしょうか?

(教育学部4年:マロ)

円滑な議論に協力できたかが重要

 立候補すべきだったどうかは一概に言えません。問題は議論に積極的に参加できたかどうか、です。
 企業はバランスを重視しますので、みんなが立候補すれば相手に譲る、誰も立候補がいなければ自ら志願する、というスタンスで、円滑にGDがスタートできる態勢に協力できているかどうかを見ている場合が多いと思います。そして議論が始まったら、積極的に参加することです。「積極的に参加する」とは必ずしも「積極的に意見を言う」ことではありません。相手の話をよく聞く、発言の数は少なくてもポイントとなる場面で「なるほど!」とうなずかれるような発言ができる、時間が迫ってきたら全体を取りまとめる方向での発言ができる、というのが重要なポイントです。よく見かけるのが、そもそも積極的な参加姿勢が見受けられない、人の話を聞かず口数ばかり多い、時間が迫っているのに議論を拡散する方向で発言する、といった学生ですが、いずれも企業側の評価は低くなりがちです。
 人の話を聞いている時の目や姿勢、発言する際の的確でポイントを押さえた内容、周囲への気配り、などが評価を決める際に大きなポイントとなると思います。

 また面接でもそうですが、話し方は重要です。
 結論から話す、前置きは必要最小限にして簡潔で的確に伝える。演技がかっていたり無理に元気を出しているのが丸わかりなのはマイナスです。周りの人の話をよく聞き、誠実な態度で自然体で話す、といったことに留意するといいと思います。

(2017.4.7)

【 閉じる】