バイト代わりに音楽講師はできる?

卒業後、ピアノの勉強をしながら演奏活動ができればよいと思っています。しかし、一人暮らしを続ける予定なので、生活費を稼がなければなりません。バイト代わりに音楽教室の講師はできるものでしょうか?

(音大3年:悩める子猫)

バイト感覚の講師で一人暮らしは難しい

 まず、音楽教室の講師はそう甘い仕事ではありません。教育者としての側面がありますから、「バイト代わり」という考え方では決して生徒やその保護者とうまくやっていくことはできません。もし音楽教室の講師をするのであれば、生徒や保護者の気持ちに寄り添っていこうという、強い思いを持って音楽教室講師になってくださいね。
 さて、悩める子猫さんのように考える学生はとても多くいます。大学の4年間では学びきれないのでもっと勉強したい、とのお気持ちはよくわかります。でも、世間はあなたのペースに合わせてはくれませんし、経済的に成り立つ道を考えないと長続きしません。演奏活動で生きていこうと思うならば、大学3年であればコンクールでの入賞など、ある程度の実績がついていなければ見通しは厳しいと思います。音大卒業生では音楽教室の講師になる人は多いですが、地方の学生の場合、経済的に立ち行かなくなるケースが目立ちます。
 というのも、個人で生徒を集めようとしてもなかなか集まりませんし、音楽教室に所属する場合は月謝の半分以下しかもらえないことが多いからです。ですから、卒業後に楽器店系の音楽教室の講師になっても、最初は10万にも満たないケースが多いです。
 これでは生活が成り立たず、外食などでアルバイトもすることになります。自宅であれば、それでも何とかなりますが、一人暮らしなどで生活費がかかる場合は、講師とアルバイトで疲れて体を壊したり、実家からの仕送りが打ち切られたり。実家からのよほどの支援か、結婚相手に恵まれないと、かなりの苦難が予想されます。

(2017.1.11)

【 閉じる】