“音大生ならではの強み”を生かしたい

企業への就職を考えていますが、せっかく音大に入ったのだから、できれば“音大生ならではの強み”を生かした仕事をしたいと思っています。就職先にはどのようなものがあるのでしょうか。

(音大1年:ぱゆ)

むしろ一般企業で強み発揮する例多い

 “音大生ならではの強み”をどう考えるかですね。
 「音楽性や演奏能力が高い」と考えれば、自衛隊や警察の音楽隊のような演奏団体ですし、「音楽や楽器の知識レベルが高い」のであれば楽器店もいいと思います。その他、音楽事務所、コンサートホールや管弦楽団事務局、楽譜や音楽書の出版会社などは“音大生ならではの強み”を発揮しやすいと考える学生は多く、人気の職種となっています。
 ただ、これらの会社が音大生を求めているかというと、必ずしもそうではないようです。毎年10人〜20人採用するある楽器店で音大生はゼロだったことがあると聞いています。音大生に人気の会社は、案外音大生であるかどうかを問題にはしていない場合が多いようです。
 音楽に関係する企業であっても、売り上げが上がってはじめて会社として成り立ちます。そのため楽器・楽譜の販売では多少“音大生ならではの強み”があるかもしれませんが、他の仕事では残念ながら、“音大生ならではの強み”はあまり関係ない気がします。

 一方、“音大生ならではの強み”をマンツーマンレッスンで鍛えたコミュニケーション力、すぐにめげない精神力や忍耐力、正確・丁寧さ、などの“社会人基礎力”と考えると、こういう素養を備えた人を求めている企業は数多くあります。そして、一般大学の学生よりははるかに優位性が高いようです。音楽業界に限らず、幅広くチャレンジしてみてはいかがでしょう。
 私の大学では、銀行、商社、生命保険会社、航空会社、IT関連企業などに勤務する学生が多くいますが、比較的離職率は低く、学園祭などで就職課にやってくると、いきいきと活躍している様子を話してくれます。

(2017.1.11)

【 閉じる】