オペラ歌手になるには?

オペラ歌手に憧れていて、音大の声楽科を目指しています。主役級でなくてもいいので、オペラの舞台に立って活躍できるようになるには、どうすればいいのでしょうか?

(高校1年:JKカルメン)

音大で上位成績を収め、コンクール出場を

 まだ高校生なので、これからどんどん才能が花開く可能性があります。「主役級でなくてもいい」などと言わず、「最初は出番が少ない役でも、将来的には大きな役をやってみたい」、と夢は大きく持ちましょう。
 さて、ではその主役のなり方です。
 各音楽大学ではオープンキャンパスや声楽クリニックなどのイベントが開催されていますから、そこでのレッスンを申し込み、「自分はオペラ歌手になって主役を張りたい」という意欲をぶつけてみましょう。その気持ちに最も積極的に応えてくれた先生に習ってみてはいかがでしょうか? なるべく早くから専門的に習う、出場できるコンクールにはできるだけ出場して成果を挙げ早くから注目される、ということが主役の道への近道ではないかと思います。
 私は音楽を専門に習ったことはありませんので専門的なアドバイスはできませんが、オペラ歌手の経歴を見ていると、ほとんどは音楽大学、大学院を出て海外留学して研鑽を積んでいます。また、国際的なコンクールでの上位実績がない主役級のオペラ歌手はほとんどいません。
 今はまだ高1なので、留学までは考えなくてもいいでしょうが、ゴールイメージとして主役級のオペラ歌手を思い描きつつも、まずはその登竜門である音楽大学入学、そこでの上位成績を狙うことが大切だと思います。
 なお、音大に入学し、プロになるにはやはりある程度のおカネが掛かります。保護者の方に自分の気持ちをしっかり伝え、経済的な支援をお願いすることも大切です。

(2016.11.15)

【 閉じる】