「長所・短所」欄の「短所」には何を書けばいい?

履歴書の「長所・短所」欄には、正直に「短所」を書いていいものでしょうか? またどのような「短所」を書けばウケがいいのか、悪いのか、教えてください。

(芸術学部3年:YT)

仕事上差しさわりのないものを

 基本的には正直に、自分に当てはまると思われる短所を書いたほうがいいでしょう。
ただ、「人と接するのが苦手」「落ち着きがない」「深く考えるのが苦手」のように仕事を行ううえで支障があるようなもの、あるいは改善が困難と思われることを書くのはお勧めできません。
 「心配性である」「細かなことが気になる」「正確さを大切にするあまりひとつのことに時間がかかってしまう」など、場合によっては必ずしも短所とまで言い切れないものや、年齢や仕事の習熟により改善可能なものの中で自分が当てはまると感じるものを挙げておくのが無難だと思います。

(2016.9.02)

【 閉じる】