目からウロコの就活術・キャリアQ&A
大内孝夫
就活に関するQ&A厳選は本書に収載!
Q.インターンシップには行ったほうがいいですか?
Q.外資系ってどうですか?
Q.OB訪問はしたほうがいいですか?
Q.就活に資格は必要ですか?
Q.業界(業種)はどうやって絞ればいいですか?
Q.就活サイトはどこを使えばいいですか? その他のおすすめサイトは?
Q.初任給より重要な30代、40代のお給料。どうやって調べればいいですか?
Q.財務データは重要ですか? どのように見ればいいですか?
Q.学業やアルバイトで忙しくて就活準備する時間がない。優先順位は?
Q.他の学生がやっていない就活準備でお勧めなのは?
Q.人気企業に採用されるコツは?
Q.不採用となる学生の特徴は?
Q.学歴や容姿に自信がない場合は?
Q.面接やグループディスカッションでは、何が重視されますか?
Q.面接で「最後に質問は?」と言われたら何か聞いたほうがいいですか?
Q.企業に入ったら出世を目指さなければなりませんか?
Q.やっぱり先生は本音では大企業が良いと思っているのですか?
Q.希望企業に採用されなかった場合、どうすればいいですか?
Q.希望企業で不採用。就職浪人や就職留年も考えたいのですが……
Q.複数の企業から「内定」! どのような基準で行き先を決めればいいですか?


グループ・ディスカッションでの役割

先日、企業の説明会に行ったら、グループ・ディスカッション(GD)がありました。説明を聞くだけだと思っていたところに突然でしたので、十分な対応ができませんでした。司会、書記、タイムキーパーという役割を決めたのですが、私は何もやりませんでした。GDでは、役割に立候補すべきだったのでしょうか?

(教育学部4年:マロ)

円滑な議論に協力できたかが重要

 立候補すべきだったどうかは一概に言えません。問題は議論に積極的に参加できたかどうか、です。
 企業はバランスを重視しますので、みんなが立候補すれば相手に譲る、誰も立候補がいなければ自ら志願する、というスタンスで、円滑にGDがスタートできる態勢に協力できているかどうかを見ている場合が多いと思います。そして議論が始まったら、積極的に参加することです。「積極的に参加する」とは必ずしも「積極的に意見を言う」ことではありません。相手の話をよく聞く、発言の数は少なくてもポイントとなる場面で「なるほど!」とうなずかれるような発言ができる、時間が迫ってきたら全体を取りまとめる方向での発言ができる、というのが重要なポイントです。よく見かけるのが、そもそも積極的な参加姿勢が見受けられない、人の話を聞かず口数ばかり多い、時間が迫っているのに議論を拡散する方向で発言する、といった学生ですが、いずれも企業側の評価は低くなりがちです。
 人の話を聞いている時の目や姿勢、発言する際の的確でポイントを押さえた内容、周囲への気配り、などが評価を決める際に大きなポイントとなると思います。

 また面接でもそうですが、話し方は重要です。
 結論から話す、前置きは必要最小限にして簡潔で的確に伝える。演技がかっていたり無理に元気を出しているのが丸わかりなのはマイナスです。周りの人の話をよく聞き、誠実な態度で自然体で話す、といったことに留意するといいと思います。

(2017.4.7)



地方の公共ホールで働くには?

音大2年生男子です。卒業後は地元に帰って仕事をしたいと思っているので、できれば公共のホール(地方なのでクラシック専用ではありません)で働きたいと思っています。こんな基本的な質問で申し訳ないのですが、採用されるにはまず地方公務員になる必要があるのでしょうか。

(音大2年:カモネギー)

3つの道があります

 いえいえ、申し訳ないなんてことないですよ。大学を出て社会人になるというのは何かと不安があるものです。ご遠慮なくご質問ください。
 公務員として安定した職場や収入を確保したいか、公共ホールで働くこと自体を重視するかによって答えは違ってきます。

 まず、安定して自治体の公共ホールに勤務したいのであれば、地方公務員試験に合格して公務員になる必要があります。
 また、公共ホールが自治体ではなく、地域の「芸術振興協会」のような第三セクターなどが運営している場合はそこの採用試験を受け、合格する必要があります。留意点としては、地方の公共ホールの職員数は契約職員も含め、10人以下のところが多く、毎年採用があるとは限らないことです。また即戦力が求められることから、応募条件は既卒可が一般的で、その方が有利な場合が多いと思います。
 なお、最近は自治体や第三セクターが直接運営せず、運営を民間に委託している場合も多くあります。公共のホールで働くこと自体を重視するのであれば、このような企業に勤めるのもひとつです。ただ、民間委託は入札制ですので、ひとつの民間会社が特定のホールを長期にわたって委託できるとは限りませんので、この場合は地元のホールから離れなくてはならなくなる可能性もありますのでご留意ください。

(2017.4.7)

一般就職後ピアノの先生に。おすすめ就職先は?

音大生なのですが、一般企業に就職をして、仕事をしながらピアノは習い続け、将来結婚して子育てが一段落したらピアノ教室を開くのもいいなぁと思っています。その場合、就職先にはどのような企業を選べばいいのでしょうか。もし、おすすめがあったら教えてください。

(音大3年:PPAPP)

将来の教室経営に役立つ仕事は多い

 仕事をしながらピアノを習い続ける、というのはすごくいいですね。最近は大人の音楽教室が増えてきており、習っている人は多くいます。卒業生の中には一般の企業で働きながらコンクールに出たり、習っている教室の発表会に出たり、という方は大勢いますので、がんばっていただきたいと思います。

 4月下旬発売予定の『「音楽教室の経営」塾』(1巻:導入編、2巻:実践入門編)では、まさにご質問いただいた音大卒業後、音楽教室を開業するまでの道のりについて詳しく解説していますが、一般企業を経て音楽教室を開くというのは、開業のための資金を貯めやすいこと、保護者対応や生徒集めなどのピアノ指導以外に必要なスキルを磨くうえでも推奨できるルートだと考えられます。拙著で紹介しているそのほかのルートとも比較のうえ、納得感のある進路をお選びいただければと思います。
 一般企業で働いた後に開業する場合に適した企業ですが、せっかく一般の企業で働くのであれば、将来の音楽教室経営に役立つ職種がいいと思います。音楽教室経営で苦労するのは生徒集めと親御さんとのコミュニケーション、確定申告などのようですから、航空会社のキャビンアテンダント(CA)のような接客業、経理関係の仕事、あるいはネットを駆使する仕事は音楽教室で役立つスキルが身に付きやすいのではないでしょうか。

 また、習っている教室の発表会などは土日に開催されることが多いようですから、銀行や保険会社、電機や機械などのメーカーの事務職など土日が休みの企業がいいと思います。CAのように曜日固定ではない職業も発表会の日は予めわかっているので対応できるようです。

(2017.4.7)

オーケストラ団員になるには?

ヴァイオリンで音大入学を目指しています。将来は、オーケストラに入団していろんな作曲家の曲を演奏したいと思っています。今のところ留学などは考えていないのですが、音大に入ったあと、どのような活動をすればいいですか。教えてください。

(高校2年:カッシー)

パートごとに募集→オーディション

 ぜひ音大に入学してオケマン(ウーマン?)になってください。オーケストラであれば、いろいろな作曲家の曲を演奏できると思いますよ。ただ、このご質問は、音大卒ではない私にとっては難問です(笑)。詳しくは、音大入学後に師事する先生などに聞いたほうがいいと思いますが、オケのオーディションに合格したと報告に来てくれる卒業生からのお話や、大学に送られてくるオケの楽団員募集要項などからわかる範囲でのお答えとなる旨ご了承ください。

 さて、プロのオーケストラには、ごく一部スカウトや紹介で入る人もいますが、ほとんどはオーディションを受け合格しなければなりません。音楽大学には毎日のようにオーケストラ・パートの募集が来ています。ほとんどがパートごとで、「フルート2番奏者」「トランペット(首席)奏者」といった具合です。ヴァイオリンは、コンサートマスター、第一ヴァイオリン、第二ヴァイオリンなどの募集がありますが、第一、第二を区別せず、「ヴァイオリン奏者(tutti)で募集することもあります。手元に某有名交響楽団の募集要項がありますが、「ヴァイオリン(tutti)奏者募集 若干名」となっています。書類選考、第一次審査、第二次審査が行われるようです。
 このクラスの楽団になると、他のプロのオケの楽団員が応募してくることもあるようですし、都内のオケは競争率が高いので、地方のオケを積極的に応募する人も多くいます。もちろん交通費は自費ですので、経済的には結構大変です。それでも地方のオケに入れれば、そこで活動している中で実力をつけ東京の有名オケへの道も近づきます。このように厳しい世界ですから、音大を出てすぐ希望の楽団に入るには、かなりの実力が必要になります。

(2017.4.7)

調律師になるには?

2016年本屋大賞の『羊と鋼の森』を読んで、調律師という職業に興味を持ちました。現在ピアノ科1年生なのですが、うちの音大には調律師になるためのコースがありません。どうすればなれるのでしょうか。

(音大1年:さまよい人)

資格は絶対条件ではありません

 私は『羊と鋼の森』はまだ読んでいませんが、『ピアノのムシ』という漫画は愛読しています(笑)。同じ調律師でも実力の差は大きいようで、まさに実力の世界、といった感じですね。さすがに主人公・蛭田敦士のように、昼からお酒を飲みながら調律をする人はいないかもしれませんが、調律師の方から話を聞く限り、実力がないと生きていくのが難しい世界であることは間違いないようです。
 また、必ずしもピアノ専攻が有利、というわけではありませんので、その点は注意が必要です。私の中学時代の後輩に、ショパンコンクールで調律を行っている凄腕の調律師がいますが、音大での専攻はトロンボーンでした。調律師は演奏家ではなく、あくまで技術者です。時々就職課に来る学生で、調律師になって「いろいろなピアノを弾きたい」という学生がいますが、そのような意識で調律師になると後で大きな誤解に気付くことになりそうです。
 なお、調律師には国家検定であるピアノ調律技能士試験がありますが、医師や弁護士資格とは異なり資格がなくても調律師にはなれます。ですから極端に言えば音大卒業後、個人ですぐ調律師となることができます。ただそれでは技術もなく、お客が付くとは思えませんので、一般的には音大卒業後に調律学校に通い、ピアノ調律技能士(1〜3級)資格を取得して楽器店やピアノ製造会社(メーカー)に調律師として入社する場合が多いようです。
 楽器店やメーカーで働いた後、実力と自信がある人は、独立して自分で調律の会社をつくる道もあるようですが、最近はピアノよりは電子ピアノの方が売れている時代ですから、よほど技術や営業力に自信がないと難しそうです。

(2017.4.7)


<Profile>
大内孝夫
1960年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。証券部次長、仙台営業部副部長、いわき支店長などを歴任。2013年より武蔵野音楽大学に勤務し、現在、就職課主任兼会計学/(平成29年度より)キャリアデザイン講師。日本証券アナリスト協会検定会員。宅建士(資格取得)。 著作に『「音大卒=武器」にした元メガバンク支店長が贈る!大学就職課発!!目からウロコの就活術』(弊社刊)のほか、『「音大卒」は武器になる』『「音大卒」の戦い方』(ともにヤマハミュージックメディア)、『金融証券用語辞典』(銀行研修社、共同執筆人)、『3日でわかる<銀行>業界』(日経HR、執筆協力スタッフ)など。現在、日経HR社「キャリアと就活 日経HR Labo」にて就活のトピックスを題材にコラムを連載執筆中。


就職・キャリアに関するみんなの疑問や悩みを募集中!

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267