目からウロコの就活術・キャリアQ&A
大内孝夫
就活に関するQ&A厳選は本書に収載!
Q.インターンシップには行ったほうがいいですか?
Q.外資系ってどうですか?
Q.OB訪問はしたほうがいいですか?
Q.就活に資格は必要ですか?
Q.業界(業種)はどうやって絞ればいいですか?
Q.就活サイトはどこを使えばいいですか? その他のおすすめサイトは?
Q.初任給より重要な30代、40代のお給料。どうやって調べればいいですか?
Q.財務データは重要ですか? どのように見ればいいですか?
Q.学業やアルバイトで忙しくて就活準備する時間がない。優先順位は?
Q.他の学生がやっていない就活準備でお勧めなのは?
Q.人気企業に採用されるコツは?
Q.不採用となる学生の特徴は?
Q.学歴や容姿に自信がない場合は?
Q.面接やグループディスカッションでは、何が重視されますか?
Q.面接で「最後に質問は?」と言われたら何か聞いたほうがいいですか?
Q.企業に入ったら出世を目指さなければなりませんか?
Q.やっぱり先生は本音では大企業が良いと思っているのですか?
Q.希望企業に採用されなかった場合、どうすればいいですか?
Q.希望企業で不採用。就職浪人や就職留年も考えたいのですが……
Q.複数の企業から「内定」! どのような基準で行き先を決めればいいですか?

音楽教室の先生になりたい方、 「生徒が集まらない…」とお悩みの先生は
最新刊「音楽教室の経営」塾 敍各編】◆攫汰入門編】を!



内々定辞退する際の留意点

ある企業から内々定をいただいたのですが、その後いろいろと調べていたら相当なブラック企業であることがわかり、とても就職する気にはなりません。内定を辞退する際にはどうすればいいでしょうか。また、気を付けたほうがいいことなどを教えてください。

(音楽学部4年:猫足)

ある程度礼をつくし辞退理由を伝えて

 ブラック企業であるかどうかは別として、「内々定辞退」についてです。
 就職活動(企業にとっては採用活動)のルールは、大学等(就職問題懇談会)の「申合せ」と日本経済団体連合会(経団連)の「指針」で定められています。その中で正式な内定日は「卒業・終了年度の10月1日以降」と定められており、「9月30日以前の内々定は学生を拘束しないもの」とされています。ですから、基本的には電話で内々定を辞退したい旨を伝えればいいと思います。
 ただ、企業側も内々定を出すまでには何度も面接を行うなど体力を掛けていますから簡単に諦められないのは理解できますし、学生側も「第一志望」などと言って内定を獲得していることが多くありますので、そのような場合はある程度礼をつくす必要があると思います。具体的には、辞退する理由をきちんと伝える、先方が来社を要請する場合は一度赴く、などです。あなたの対応が先方の感情を害するものであると、同じ大学の後輩に影響が出ることも考えられますので、社会常識に反するような態度を取らないよう注意してください。
 辞退理由ですが、「ブラック企業だから」というストレートな表現では先方の感情を逆なでする恐れがありますし、定義が曖昧なので本当にブラック企業かどうかは見方次第のところもあります。ですから、「他の企業にチャレンジしたい」「ほかの業種により興味が湧いてきた」など、就活の過程で自分の企業を見る目に変化が起きたことを伝えるといいと思います。
 なお、先方の会社に行って、しつこく慰留された場合には、「これ以上お話ししても私の意思は変わりません」と伝えて話を打ち切っていいと思います。
 以上はあくまで一般論ですので、対応に迷う場合は大学の就職課などのキャリアセンターで相談することをお勧めします。

(2017.7.28)

インターンの実態について

就活はインターンがカギとか、インターンは2年からとか、いろんな話がありますが、実際はどうなんでしょうか?

(人文学部3年:某4段)

「=選抜試験」という認識で臨んで

 最近の就活動向を見ていると、もはや「インターン」という言葉が本来の意味である「就業体験」とはかけ離れ、企業の採用活動の一環になっている感じです。
 特に、実施企業が前年同期比7割増加したとの報道がある「1日インターン」は、「短期間に多くの企業を知るきっかけになる」と好意的な見方もありますが、実態としては企業の採用活動(=選抜試験)そのものになっています。みなさんにすれば1日で人物評価ができるものか、と思うかもしれませんが、従来30〜40分の面接3、4回で評価しているのですから人物評価には十分過ぎる時間と言えます。
 ですから1日インターンなどに参加する場合は、「企業を知ろう」などと軽い気持ちでエントリーしては、まずその企業への内定は勝ち取れません。十分な企業研究を行ったうえでインターン生選考に臨むようにしましょう。表向きは学生の評価は行わない、就活とは切り離している、と説明する企業もありますが、企業はそんな甘いものではありません。インターン生選考用のESや面接は本番そのものと考えましょう。
 また、1、2年時に行けるインターンがあるのであれば、積極的に行ってみるとよいと思います。というのも、1年間で大学生は大きく成長する可能性がありますので、1、2年生時に採用可否を判断するのは企業にとっても危険なことだからです。
 インターンに行った方がいいかどうかという質問には、『目からウロコの就活術』P.182でもお答えしていますので、合わせてご参照ください。

(2017.7.28)



教育実習は就活に不利?

両親から中学・高校の教員免許を取得することを条件に音大受験の許しをもらい、音大に入りました。ただ、教員になる気はなく一般企業就職を考えています。教育実習は6月の予定なのですが、教育実習は「就活に不利」という話と、「企業は配慮してくれるので大丈夫」、という話がありますが、実際のところはどうなんでしょうか?

(音楽学部3年:EN)

日程調整が難しく「不利」となることが多い

 現在の就活スケジュールは、特に大企業や人気企業志望の教員免許取得希望者にとっては非常に不利な状況にあり、とても問題だと思っていますが、残念ながら「就活に不利」となることが多いのが実情です。
 私の大学でも、現在4年生の就活で「教育実習の日程ともモロ被りで、メガバンクの面接を辞退せざるを得なかった」という事例が報告されています。特に大企業、人気企業ではその傾向が強く、例えば6月1日からの10日間で採用の大方を決めてしまうなど短期決戦となりがちです。
 その日程は企業や職種で異なりますが、6月1日の内々定解禁に照準を合わせた日程ですので教育実習と重なる場合は、たとえエントリーシートなどでの書類審査が通っていても、面接を受けられないことになります。

 一方、企業はまったく配慮していないかというとそういうわけではありません。ただ、短期決戦ですので、例えば面接日を6月3日と指定してきて、その日都合がつかない場合は前後の数日に変更する配慮はしてくれることもありますが、教育実習期間は通常2〜3週間という長丁場。土日も含めて就活をしないよう指導している大学もあり、この程度の企業側の配慮では面接が受けられなくなることが多いのが実情のようです。
 さらに悪いことに、教育実習は近年特に5、6月に集中する傾向が強まっているようです。

 以上はあくまで大企業や人気企業に就職したい場合に特に顕著な傾向です。幸い今は“売り手市場”で人材集めに苦労している企業も多くあり、そのような企業では教育実習期間中も待ってくれたり、7月以降も採用活動を行ったりしています。ですから、大企業や人気企業にこだわらない場合は大きな不利になることはないと思います。
 もしあなたが人気企業や大企業に入りたいという希望を強く持っているのであれば、教育実習は大きな足かせになる可能性があります。ご両親に私のこの回答をお見せするなどして、ご理解をいただいたうえで教員免許取得は断念し、就活に専念することを検討してはいかがでしょう。

(2017.7.28)

フリーで浄書や楽譜制作の仕事をするには?

楽譜に興味があり、大学院に通いながら(専攻は音楽教育)趣味で楽譜制作をしています。楽譜出版社や浄書・楽譜制作会社からフリーで仕事をもらえるようになるには、どのようなスキルが必要になりますか? 「finale」や「InDesign」は一通り使いこなせます。

(大学院1年:poco)

まずは業界での評価を高め、人脈作りを

 これは何も音楽関連の業界に限ったことではありませんが、強力なコネがあったり、自分にしかできない技術があるなど、よほどのことがない限り、大学(院)卒業後すぐにフリーで仕事がもらえるほど世の中は甘くありません。少ない仕事を多くのフリーで奪い合っているのが実情です。
 「finale」やAdobe「InDesign」が一通り使いこなせるとのことですが、その程度の人はいくらでもいると思ってください。おそらく、楽譜出版社や浄書・楽譜制作会社からフリーで仕事をもらえ、それで“自立”できている人はほんの僅かです。特に「出版不況」といわれて久しくなっており、よりその傾向は強まっていると考えられます。

 フリーランスを目指して卒業すると、同じフリーでもフリー(無収入)になってしまう恐れが大きいと思います。可能であれば、まずは楽譜出版社や浄書・楽譜制作会社に関連する企業に新卒あるいは転職で勤務して、その業界での評価を高め、人脈も築いてからでも遅くないのではないでしょうか。
 ただ新卒採用は少ないので、他の業界に勤務して社会経験を積んだり営業力や企画力を磨いたりした後に転職するのもひとつの考え方です。

(2017.7.28)


<Profile>
大内孝夫
1960年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。証券部次長、仙台営業部副部長、いわき支店長などを歴任。2013年より武蔵野音楽大学に勤務し、現在、就職課主任兼会計学/キャリアデザイン講師。日本証券アナリスト協会検定会員。宅建士(資格取得)。 著作に『「音楽教室の経営」塾』´◆◆悄峅斬臑粥疉雋錙廚砲靴晋汽瓮バンク支店長が贈る!大学就職課発!!目からウロコの就活術』(ともに弊社刊)のほか、『「音大卒」は武器になる』『「音大卒」の戦い方』(ともにヤマハミュージックメディア)、『金融証券用語辞典』(銀行研修社、共同執筆人)、『3日でわかる<銀行>業界』(日経HR、執筆協力スタッフ)など。現在、日経HR社「キャリアと就活 日経HR Labo」にて就活のトピックスを題材にコラムを連載執筆中。


就職・キャリアに関するみんなの疑問や悩みを募集中!

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267