目からウロコの就活術・キャリアQ&A
大内孝夫
就活に関するQ&A厳選は本書に収載!
Q.インターンシップには行ったほうがいいですか?
Q.外資系ってどうですか?
Q.OB訪問はしたほうがいいですか?
Q.就活に資格は必要ですか?
Q.業界(業種)はどうやって絞ればいいですか?
Q.就活サイトはどこを使えばいいですか? その他のおすすめサイトは?
Q.初任給より重要な30代、40代のお給料。どうやって調べればいいですか?
Q.財務データは重要ですか? どのように見ればいいですか?
Q.学業やアルバイトで忙しくて就活準備する時間がない。優先順位は?
Q.他の学生がやっていない就活準備でお勧めなのは?
Q.人気企業に採用されるコツは?
Q.不採用となる学生の特徴は?
Q.学歴や容姿に自信がない場合は?
Q.面接やグループディスカッションでは、何が重視されますか?
Q.面接で「最後に質問は?」と言われたら何か聞いたほうがいいですか?
Q.企業に入ったら出世を目指さなければなりませんか?
Q.やっぱり先生は本音では大企業が良いと思っているのですか?
Q.希望企業に採用されなかった場合、どうすればいいですか?
Q.希望企業で不採用。就職浪人や就職留年も考えたいのですが……
Q.複数の企業から「内定」! どのような基準で行き先を決めればいいですか?


自分に合ったB to B企業を探すには?

自分が入りたいと思っていた企業が、競争率の高い企業ばかりだということがわかりました。「B to B企業にも目を向けるとよい」と聞き、改めて企業探しをしてみたのですが、志望業界や企業がなかなか絞れません。自分に合ったB to B企業はどのようにして探せばよいのでしょうか。

(芸術学部3年:豆ぞう)

意外と日常生活で目にしているはず。書籍も参考に

 私も自分が経験ありますが、自分で身近に感じていた企業が、調べてみるととんでもない競争率だということがあります。音大生ですと音楽事務所やCDレーベルのような企業、一般大学ですと航空会社、総合商社、旅行会社、メガバンクなどが該当するでしょうか。
 また競争率が高く、仮にそれに受かったとしても最近某大手広告会社で明らかになった厳しい労働実態がないとも言えず、改めて就活の難しさを感じます。同社は厚生労働省が選ぶホワイト企業にも選ばれていました。
 その意味で「B to B企業にも目を向けるとよい」というのは耳を傾けるべきアドバイスだと思います。

 「B to B企業」というのは、企業を顧客とするため私たちが知らない企業が多いのですが、じつは業界では超有名企業とか、有力企業という場合が多くあります。
調べ方としては、大きく3つあります。ひとつは『業界地図』『就職四季報』などの書籍をあたることです。『就職四季報』などは分厚いので全社読むのは大変ですが、気になる業界や企業には目を通しておきましょう。『業界地図』には付録で主要品目のシェアなどが付いている場合があり、参考になると思います。

 次に日常生活でいろいろなものに興味を持つことです。例えば回転寿司店に行った時。私の家の近くの回転寿司店では、壁に掛かっている寿司ネタのメニュー札と並んで「鈴茂器工」というプレートが掛かっています。この会社は寿司握りロボットの1企業です。また、冷蔵ケースをみるとペンギンマークか「HOSHIZAKI」というロゴが入っている場合が多いです。ホシザキは業務用冷蔵庫やビールサーバーで約7割のシェアがあるとされる企業です。あるいは寿司を運ぶコンベア。石野製作所が6割のシェアを誇ります。
 このように、日常の何気ないところに企業は強みを発揮しています。自動車も、トヨタや日産という完成品メーカーばかりではなく、バックミラー、シート、ガラスなど、調べてみるといろいろなB to B企業が関わっています。

 その他にはやはり大学のキャリアセンター、就職部(課)の活用ですね。その大学で人気のあるB to B企業や、採用担当者の訪問を受けたB to B企業なども紹介してもらえると思います。あと、B to B企業に限らず、辞める卒業生の多い企業や勤務がきつくて相談が多い企業の情報などもあると思います。

(2017.2.21)

ESは何社に? ES不要企業への応募方法は?

3月からエントリーシート(ES)受付が始まりますが、何社くらいに送ればいいでしょうか。また、エントリーシートが必要ない企業への応募は、どのようにすればよいのでしょうか。

(音楽学部3年:中バッハ)

ESは興味のある業界ごとに複数社ずつ

 一概に何社エントリーすればいいという基準はありません。学生を見ていると、志望先が決まっていて、その業種ばかり3、4社という学生もいれば、リクナビなどのオープンESを利用して100社くらいにESを提出する強者(つわもの)もいます。
 ただ、志望する業界や企業に入れる保証はありませんし、ES提出企業が多すぎると、企業研究がおろそかになりがちなうえ、面接が始まった際に日程調整で苦労する場合が多いようです。ESはみなさんが考えている以上に企業は参考にしていますので、おざなりなESなら出さない方がましだと考えてください。
 まずは、いくつか興味のある業界に分けて複数社ずつ、合計20社前後(10社では少ない気がします)エントリーしてみてはいかがでしょうか。それであれば複数の業界を見比べることができますし、面接が始まっても複数社が重なり日程調整で苦労することもないと思います。これくらいの数なら企業研究もしっかりできそうですね。

 なお、ESが必要ない企業への応募ですが、その企業のHPの求人欄や求人票などを見てみましょう。応募条件、応募に必要な書類などが記載されていると思います。また企業の(合同)説明会に参加するのもひとつです。留意点としては、説明会も選考を兼ねている場合が多いので、面接と同じ心づもりで臨むことです。

(2017.2.21)



ESで足切りされることはある?

エントリーシート(ES)は大学名で足切りするためのもののようですが、「音大生」だからといって落とされることはあるのでしょうか。

(音楽学部3年:文文)

「音大生」だからという理由はまずありません

 企業にもよるかもしれませんが、基本的にはESは大学名で足切りするためのものではありません。
 企業が知りたいのは就活生の本来の姿。その学生が何に興味があり、どのように考え、何をしたいのか、見極めようとします。その際、何かとっかかりがないと限られた面接時間でその学生を評価するのは困難です。志望動機、学生時代に力を入れたこと、社会人になってどのような仕事をしたいか、自分の強み・弱みをどのように考えているか、などをあらかじめ記入してもらうことで、面接時にそれらを深堀りすることができるのです。
 ですから、ESは絶対に手を抜かずに書いていただきたいですし、コピーを取っておいて、面接前に何を書いたのかしっかり確認して臨んでいただきたいと思います。
 なお、「音大生」だからといって落とされることは、まずないと思います。私が指導する中で、少なくてもメガバンク、生命保険会社、航空会社、総合商社などの人気企業には音大生が入っていますし、そこで大活躍しています。もし、音大生であることを理由に採用しない企業があるとすれば、せっかくの人材獲得のチャンスを見逃している残念な企業です。そんな企業は相手にする必要ありません。

(2017.2.21)

短大卒の40代。音大入学を目指したい

40代の専業主婦です。高3までピアノを習い音大を目指そうと考えた時期もあったのですが、家計の事情で一般の短大に通い、就職して25歳で結婚退社。以来、専業主婦として暮らしてきましたが、子育てが一段落したのでこれから勉強しなおし、音大入学を目指そうと思っています。短大を卒業しているので、3年次編入試験(?)で入学できるものなのでしょうか。音楽を学びたい場合は1年生から入るべきなのでしょうか。

(40代主婦:YK)

3年次編入可能な大学も。個人的には…

 3年次編入試験は個別性が強いので、志望する大学に確認することをお勧めします。短大卒資格があれば3年次に編入できる場合もありますし、出身の短大が音楽短大やそれに準じる大学であることを求める大学もあるようです。
 あと、音大はピアノさえできればいいかというとそうではありません。語学や音楽史、音楽理論など、1、2年で学んだ基礎がないとかえって苦労することにもなりかねません。その点も併せて大学でアドバイスを受けてはいかがでしょう。
 個人的にはせっかく音大で学ぶのであれば、4年間みっちり音楽を学んだ方が実りは大きい気がします。ただ四大卒の肩書きが欲しい、学費が2年分しかない、というのであれば2年で卒業できる大学を探すといいでしょう。
 最近は、年配の大学(院)生を数多く見かけます。30代、40代の学生は普通にいますし、中には70代の方も! 私の大学では全員に進路希望の面談を行っていますが、私より年上の大学(院)生の希望進路をうかがう際は、こちらの方が緊張してしまうことがあります。

(2017.2.21)


<Profile>
大内孝夫
1960年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。証券部次長、仙台営業部副部長、いわき支店長などを歴任。2013年より武蔵野音楽大学に勤務し、現在、就職課主任兼会計学/(平成29年度より)キャリアデザイン講師。日本証券アナリスト協会検定会員。宅建士(資格取得)。 著作に『「音大卒=武器」にした元メガバンク支店長が贈る!大学就職課発!!目からウロコの就活術』(弊社刊)のほか、『「音大卒」は武器になる』『「音大卒」の戦い方』(ともにヤマハミュージックメディア)、『金融証券用語辞典』(銀行研修社、共同執筆人)、『3日でわかる<銀行>業界』(日経HR、執筆協力スタッフ)など。現在、日経HR社「キャリアと就活 日経HR Labo」にて就活のトピックスを題材にコラムを連載執筆中。


就職・キャリアに関するみんなの疑問や悩みを募集中!

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267