『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第20回
死後も作曲したバイエル

◆ メロディーブック第2巻、第3巻の売れ行き

 前回までの3回の連載で、『バイエル・ピアノ教則本』とほぼ同時に出版された付録、メロディーブック第1巻について詳しく見た。それは全100曲からなるお愉しみ(原語表記ではErholungen、Recreation)曲集で、その内訳はオペラからの抜粋と民謡の編曲からなり、両者はほぼ同じ割合であった。とりわけ民謡はバイエルのいたドイツ語圏だけではなく、広くヨーロッパ各地のものが収録されていたことがわかった。当時のお愉しみ曲(ポップス)と言えば、こういうものだったのだと想像させるものだ。今回からは、第1巻から10年以上たってから出版された第2巻、第3巻についてみてみることにしよう。
 第17回の連載であらかじめ紹介をしたように、この第2、3巻は以下のタイトルでショット社から出版された。

 『メロディーブック第2巻』。人気のモチーフに基づく教育的で段階的な小さなレッスンでの気晴らし曲。作品番号148.作品番号101bisの続編。
 『メロディーブック第3巻』。人気のモチーフに基づく教育的で段階的な小さなレッスンでの気晴らし曲。作品番号148bis.作品番号101bisの続編。

 本連載ではおなじみになった刊行台帳から、まず第2巻の出版の詳細が分かる。

[第2巻 刊行台帳]

完全版   分冊版
月日 部数   月日 分冊 部数
1864 6月18日 200   1864 6月18日 1 400
1867 1月12日 50   1864 6月18日 2 400
1868 11月26日 50   1864 6月18日 3 400
1871 11月16日 50   1864 6月18日 4 400
1876 2月14日 50   1868 10月20日 1 50
1881 4月15日 25   1868 11月10日 1 50
        1868 11月10日 2 50
        1870 8月25日 3 50
        1872 5月23日 3 100
        1872 8月2日 1 100
        1872 11月15日 4 50
        1873 5月28日 2,4 50
        1874 11月21日 1 100
        1880 7月8日 4 50
        1880 9月3日 2 50
        1882 7月21日 1 50
        1884 3月26日 1,2,3 50
        1895 10月16日 1,2,3 25

 これによると第2巻の初版は1864年6月に出版されたことがわかる。出版形態は、4つの分冊版とそれらを一体型とした完全版の2パターンで販売されたようだ。これは、第1巻と同じだった。
 第2巻の最後の出版年に注目してみよう。分冊版の方がより長く出版されたようで、第1、2、3分冊が最後に出版されたのは1895年である。

◆ 第1巻との比較

 ここで思い起こしたいのはよく売れた第1巻のことである。以下の表は第1巻の刊行台帳である。前回までに見てきたように第2巻よりも先に出版されていたにもかかわらず、より後の1909年まで出版されており、しかもこちらはそこまでそれほど大きく落ち込まずにコンスタントに部数が出ていることがわかる。つまり、第2巻は先行する第1巻に比べれば商品としてはもう一つ売れ行きが伸びなかったことがわかる。第1巻の刊行台帳はやや長くて標準フォーマットの1枚目を飛び越えて、2枚目の付け足し部分にまで至っており、長くて見にくいが、逆にこの見づらさがいかに売れたかということの歴然とした証拠となっている。

[第1巻 刊行台帳]

1枚目
部数 分冊など 部数 分冊など
1850 11 19 400 完全版 1856 9 10 100 4
1851 3 4 200 完全版 1856 12 12 400 4
1851 9 10 100 完全版 1856 12 17 50 完全版
1852 6 5 100 1 1857 10 9 50 完全版
1852 6 5 100 2 1857 2 4 400 1
1852 6 18 100 3 1857 3 18 400 3
1852 9 29 100 1 1857 7 27 400 2
1852 11 4 100 2 1858 1 11 400 1
1852 11 4 100 3 1858 12 21 400 1
1852 11 11 100 1 1858 1 7 50 完全版
1853 1 12 100 4 1858 7 15 50 完全版
1853 2 7 400 1 1858 9 14 50 完全版
1853 2 7 400 2 1859 9 15 50 完全版
1853 2 21 400 3 1859 8 19 50 完全版
1853 2 21 400 4 1859 1 19 400 2
1853 2 21 200 完全版 1859 3 4 400 4
1854 9 7 100 1 1859 9 22 400 1
1854 12 14 50 1 1859 10 13 400 2
1854 12 29 300 1 1860 5 21 400 2
1855 1 11 300 2 1860 6 25 400 1
1855 1 11 300 3 1860 11 21 400 4
1855 1 11 300 4 1861 1 28 400 1
1855 5 25 50 完全版 1861 4 10 400 2,3
1855 10 31 50 完全版 1862 4 9 400 1
1855 12 31 100 完全版 1862 8 8 400 2
1855 12 27 50 1 1862 10 7 400 4
1856 1 22 400 1 1862 12 9 400 1
1856 5 27 400 2 1863 5 18 400 3
1856 9 2 300 3          
2枚目(完全版)
部数 部数
1860 1 10 50 1867 10 11 100
1860 8 22 50 1875 4 16 50
1860 11 10 100 1876 8 25 100
1861 7 20 100 1879 12 9 100
1862 8 28 100 1881 10 26 100
1864 1 26 75 1881 10 20 100
1864 8 7 100 1885 2 24 100
1864 11 26 100 1887 10 8 300
1865 8 19 100 1906 11 26 50
1867 1 10 100 1908 7 18 100
2枚目(4分冊各巻)
部数 分冊 部数 分冊
1863 12 19 500 1 1876 2 20 400 2
1864 6 6 400 2 1876 12 10 400 1
1865 1 14 500 1 1877 2 28 400 4
1865 2 8 400 4 1877 11 1 400 3
1865 7 21 100 2 1877 12 1 300 1
1865 11 25 400 2 1878 1 9 400 2
1866 1 10 500 3 1878 11 10 400 1
1866 2 21 500 1 1879 11 3 300 1
1866 12 28 400 1 1880 3 12 400 2
1871 6 6 400 1 1880 4 6 400 4
1871 6 6 400 4 1880 8 29 400 1
1872 4 4 400 2 1880 11 26 400 3
1872 7 12 400 3 1882 2 14 400 1
1872 10 16 400 1 1882 11 17 50 2
1872 12 12 400 2 1883 1 27 400 2
1873 1 20 400 4 1883 12 6 400 1
1873 6 30 400 1 1884 4 28 400 4
1873 8 12 400 3 1885 4 29 300 3
1874 1 30 400 1 1885 12 9 400 1
1874 2 12 400 2 1887 5 11 400 2
1874 7 8 400 4 1888 7 2 400 1
1874 11 26 500 1 1893 6 10 400 3
1874 11 24 400 4 1894 11 30 150 4
1875 3 16 100 3 1904 1 9 100 2
1875 6 10 400 3 1904 3 18 100 1
1875 11 10 500 1 1909 7 30 100 1

 残念な売れ行きを示しているのが第3巻である。以下に示すのは第3巻の刊行台帳である。

[第3巻 刊行台帳]

完全版   分冊版
月日 部数   月日 分冊 部数
1865 1月2日 200   1865 1月2日 1,2 400
1878 11月14日 50   1865 1月2日 3,4 500
        1895 9月26日 1 50

◆ 第3巻は?

 以上の第1巻、第2巻の部分、さらに言えば本家の『バイエル・ピアノ教則本』を知る我々としては、この第3巻の刊行台帳は拍子抜け以外のなにものでもない。第2巻と同様に初版の時点(1865年)では完全版200部、分冊版は第1、2分冊は400部、第3、4分冊は500部印刷されており、いかにも「売れっ子バイエル満を持しての出版」という感じであるが、結局完全版も分冊版(第1分冊だけ)も一度刷られただけでそれ以上は増刷されていない。しかもたった一度の増刷がなされたのは、完全版では13年後、分冊版に至っては30年後である。その間在庫がはけなかったことを想像させる。それでも、これだけ年月を経ても50部とはいえ増刷しているのは、良く言えば息の長い出版物であったとも想像される。しかし、『バイエル・ピアノ教則本』の売れ行きなどと比べると、ひたすら残念な感じがする。バイエルが飽きられたのか、いや、人々が「ポピュラー音楽」に求める趣味が変化したのである。

◆ 売れ筋の部数とは

 本とか楽譜とか、そもそも人々が思うほどそんなに売れるものではない。本だと万単位で売れる本はほんのわずかだろう。楽譜だと最盛期でも1万前後だったという話もある。発行部数というのは企業秘密のようなところがあって、正確な数字を知ることは難しい。百年以上も前の話だとしても、ショット社の発行部数台帳は貴重な資料で、そこからいろいろなことが見えてくる。バイエルが活躍したのは明治維新前の江戸時代末期である。ピアノの楽譜の需要対象は貴族やブルジョアのお嬢様がた。したがって、はける部数は限られていることは分かっても、バイエルの400部とか500部という点数がどれくらいのものか少し掴みにくい。試しにベートーヴェンで比べて見る。

[ベートーヴェンのバガテル]

月日 部数
1870 7月6日 50
1876 1月29日 50
1900 12月21日 25
1910 1月21日 25

 発行部数はバイエルの十分の一かそれ以下で、増刷されるまでの期間もはるかに長い。モーツァルトの連弾曲でも、年に2回か3回に50部の発行である。第3巻で陰りを見せているとはいえ、バイエルがいかに人気作曲家で、出版社にとってはドル箱であったかが、発行部数が端的に示している。

◆ 小さなミステリー

 ここで『バイエルの謎』から本連載をここまで興味をもって見ていただいている読者には、出版年に関してお気づきのことがないだろうか? そう、実は上記表にはちょっとしたミステリーがある。第2巻が出版されたのは1864年の6月、第3巻が出版されたのは翌65年の1月。バイエルが亡くなったのは1863年5月である。バイエルの死後、出版されているのだ。遺作を遺言か何かによってショット社が出版したのだろうか。それとも、バイエルが亡くなった後も『ピアノ教則本』が相変わらずよく売れ続けていたので、ショット社の販売戦略で、勝手に出版してしまったのか、はたまた、売れっ子の名をかたったゴーストライターの手によるものだったのだろうか。
 かつて音楽学者ヘルマン・ゴチェフスキ氏は、『ムジカノーヴァ』誌(音楽之友社、2006年9月号)で、「死後も作曲し続ける?」として、「バイエルの死後半世紀近くたった1907年、日本の国歌の編曲も、バイエルの名前で出版された」事実を紹介している。いわゆるベストセラー・シリーズ「愛国歌」をそうまでして継続したのである。なぜバイエルは死後も作曲したのか、次回はこのちょっとしたミステリーを解いてみたい。

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267