『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第30回
書籍業回覧文書

●音楽研究でのインターネットの力

 V.バイエルがヒットした「Musik und Musiker am Mittelrhein 2(ライン川中流域の音楽と音楽家)」というサイトは、非常に貴重な情報を我々に与えてくれた。V.バイエル、バイエル兄弟社、F.バイエルなどと同じように、地域限定ではあるがほかにも知られざる音楽家のことが書かれている。かつて私が音楽史研究の基礎を大学で習った時には、まず基礎情報は大きな音楽事典から当たって、そこから手を付けていくという方法を習った。日本語で書かれた事典もあるが、西洋音楽史系のものであれば、英語で書かれたニューグローブ世界音楽大事典とドイツ語で書かれたMGG(エム・ゲー・ゲー)の2大事典が真っ先に挙げられていた。MGGの一巻の厚さは5〜6僂如△修譴世韻任盻淑大きな事典という感じだが、なんとそれが全29冊で一揃いになる巨大な事典なのだ。それにもかかわらず、V.バイエルはおろかF.バイエルですらなぜか掲載されていない(実はニューグローブには書かれているのだけど)。
 このサイトを運営しているのは、ライン川中流域音楽史協会(Arbeitsgemeinschaft für Mittelrheinische Musikgeschichte)という団体で、その代表がアクセル・ベーアさん。彼は、V.バイエルなどバイエル関係の項目を執筆している。ベーアさんは単に趣味でサイトを書いているわけではなく、マインツ大学の音楽学(音楽史)の教授であり、まさにこのような執筆が本職である人だと言ってよい。これまでの連載には登場していないが、本連載を書くにあたって調べている文献には彼の名がよく出てきている。特にこの連載のキーワードでもある音楽出版の分野では、彼の名前を見ないことはないくらいだ。先に紹介したMGGの「音楽出版」の項目の一部も彼が執筆している。なので、このサイトの記述を見ると、もちろん一般的にも手軽に情報にアクセスできるのだが、その情報の質は学術的な手続きがしっかりしていて情報源として非常に信頼できる。その信頼性を担保するものの一つは出典元だ。さらに言えば、誰かが後世になって書いたものを参考にした二番煎じではなく、しっかりとV.バイエルのことならV.バイエルの生きていた当時に直接関係する資料にまでさかのぼって書かれている。こういった質の高い情報が手軽にアクセスできる時代になったことも、本連載のバイエルの謎のようなテーマに取り掛かれる大きな条件と言っていいだろう。

●書籍業回覧文書

 さて、ベーアさんが書いたバイエル兄弟社の項目の出典元もそうした当時の資料だ。その一つとして、書籍業回覧文書Geschäftsrundschreibenが含まれており、筆者は、ライプツィヒのドイツ国立図書館(Deutsche National Bibliothek)所蔵のものを複写することができた。左下の署名の欄には、順に活字で二人の兄弟の名前J.F. BeyerとVictor Beyerの名前が確認できる。
 この書籍業回覧文書は、出版業に関連する業者(出版社、書店をはじめ、印刷業者なども含まれる)がその設立はもちろん、所有者、所在地などの変更や廃業などが起きた際に、出版業界の各社・団体に知らしめるための文書である。このバイエル兄弟社に関する回覧文書の冒頭部分には次のように書かれている。

1865年10月1日マインツ
 本日当地において、登記されたバイエル兄弟社Gebruder Beyerの名において楽譜・楽器商を開業いたしましたことを、この文書をもって皆様にお示しする栄に浴することとなりました。

 つまり、今回入手した回覧文書は、バイエルの次男と三男が共同してバイエル兄弟社を設立したことを、業界内に知らせるものであった。  

 さて、バイエル兄弟社のゴム印が押されていた『ボレロ』の印刷譜は、V.バイエルも設立者、経営者の一人であったバイエル兄弟社で販売されたとみてよいだろう。このことは、バイエル兄弟社とショット社との間に取引があったことを示していよう。V.バイエルは、アレンジをしてその楽譜を出版社であるショット社に売り、ショット社で作成された印刷譜を自分の経営する店で販売した、という取引上の構図も見えてくる。バイエル兄弟社のゴム印はこの楽譜にしか今のところ見つかっていないが、このほかにもおそらくはあったとみてよいだろう。
 このようにV.バイエルは戸籍簿のとおり音楽教師であったのだろうが、父のようにアレンジャーでもあり、そして決してうまくいっていたわけではないようだが、実業家でもあったようだ。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267