『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐
新着記事

第15回
大バッハからバイエルに至るドイツオルガン演奏の伝統

 バイエルのライプツイヒ時代をめぐる人物群像として、前回はバイエルと直接的なかかわりがあった音楽家としてライシガーを取りあげた。今では無名な彼ではあるが、当時の価値観からすれば王道を行き、ワーグナーとほぼ同じ地位まで上り詰め、大成功を収めたといってもよい音楽家であった。
 前回に引き続きバイエルと直接の関わりがあった人物としてあと二人、フリードリヒ・シュナイダー(Friedrich Schneider 1786-1853) とアウグスト・ ポーレンツ(August Pohlenz 1790-1747)を取り上げてみよう。

◆音楽史の生活通り

 これらの人物も、音楽史の研究者ならともかく、CDなどにその楽曲が収録されることも、現代版の楽譜が出版されることもほとんどないため、一般的には知られざる音楽家である。ポーレンツに至っては、西洋音楽史研究者がしばしば手にするドイツ語の大音楽事典MGGにも項目がないほどだ。しかしながら、少なくとも両者はバイエルのいた時代のライプツィヒの音楽シーンにとっては欠かせない人物であり、ポーレンツは同地を代表するゲヴァントハウス管弦楽団の楽長をつとめ、シュナイダーはオラトリオ作曲家として大成し、ライプツィヒからそう遠くない、今では現代建築に大きな影響を与えたバウハウスで知られるデッサウという街で宮廷楽長として活躍した人物である。


デッサウの城(1900年当時)

 こうして見ると両者とも当時としては成功をおさめた音楽家であったが、ライシガーとはまた少しタイプの異なる二人を今回は見てゆくことで、今日演奏される作曲家のショーウィンドウのような音楽史からは見えてこない、言うなれば飾られたウィンドウの派手さはないものの、当時の生活感溢れる、一つ奥まった通りとしての音楽史の機微をつまびらかにしたてみよう。
 まず、二人とバイエルとの関係を確認しておこう。『バイエルの謎』で紹介されたバイエルの「故人略伝」において両者の名前は二度現れた。
「(トーマス教会聖歌隊時代に)バイエルは、鍵盤楽器演奏の完成度をより高めたのちに、時折シュナイダーやポーレンツの代わりにオルガンを弾くチャンスに恵まれた。」
「(大学に入学して、一度職を得た後に)バイエルはポーレンツの推薦Empfehlungを 得て、スイスに職を得た。」
 前者の文からは、シュナイダーとポーレンツの代わりにバイエルがオルガンを演奏したということがわかる。前回のライシガーもそうだったが、バイエルを指導したかどうかということは直接的にはわからないが、少なくとも十分に面識があり、音楽的に親しい一面があったことをうかがわせる。ポーレンツに至っては仕事の世話をまでしている。しかも、シュナイダーもポーレンツも共にオルガン弾きであったのだ。ここで3人の関係を整理するために、まずは少しさかのぼってフリードリヒ・シュナイダーの出自からライプツィヒ時代までの状況を追うことから始めよう。


フリードリヒ・シュナイダー

 フリードリヒ・シュナイダーはバイエルが生まれる20年前の1786年に、街ツィッタウ近郊の村で、織物職人の一族に生まれた。ちなみに現在このあたりは、ライプツィヒがあるザクセン州東部にあたり、チェコとポーランドの国境が交わる地域である。


1744年頃のツィッタウ

  ◆大バッハの曾孫弟子

 フリードリヒの父親は家業を継がずに学校教師兼オルガニストをしていた。父が教えを受けたのは、地域のオルガニストで、大バッハの直弟子のランゲとトリアーだった。つまり父は大バッハの孫弟子ということになり、当のフリードリヒはその曾孫弟子であったことになる。ドイツのオルガン演奏の伝統からいえば、大バッハ、その直弟子のランゲとトリアー、彼らから指導を受けフリードリヒの父、そして子のフリードリヒからバイエル、ということになる。
 フリードリヒは大バッハの孫弟子である父からオルガンだけでなく読み書き、弦楽 器、管楽器のレッスンを受けた。特に鍵盤楽器については、モーツァルトのソナタを教材に使っていたらしい。 10歳になったフリードリヒは近郊の都市ツィッタウのギムナジウム(大学進学のための中等・高等学校)に進学する。当時はヨハネウムという名前で有名な学校だった。父親は息子が自分と同じ学校教師を兼ねるオルガニストか、牧師になってほしいと考えて地域の名門校に送り出したらしい。『バイエルの謎』によれば、バイエルがライプツィヒのトーマス学校(校種としてはヨハネウムと同じギムナジウム)に入学するために遠くクヴェアフルトからライプツィヒに来たのも、元を言えば父が牧師にさせとうとしたことによるのだから、フリードリヒもバイエルとよく似た境遇にあった。
 バイエルが在学したトーマス学校のような充実した音楽教育を受けることはなかったが、フリードリヒは当時のツィッタウにおける環境を最大限に生かして積極的に音楽に関わっていったらしい。街のオーケストラに参加し、また音楽に造詣の深い市民からアレンジの依頼を受けたり、町楽師とのかかわりの中で、酒場や祝祭に際しての音楽を経験したようだ。そうする中でソナタや小さなシンフォニーを書いて、実力をつけていった。

◆ドイツにおける音楽家養成

 フリードリヒ・シュナイダーの青春時代を追ってゆくと、当時のドイツで音楽家になるためにはどのような経路を辿ったのか、バイエルとも多く共通する典型的なキャリアが見えてくる。1804年、18歳になったシュナイダーはライプツィヒ大学に入学する。バイエルと同様であるが、牧師や教師になるには大学に通うことは必須だったのだ。当時ライプツィヒのトーマスカントールだったのは大バッハから数えて4代後のアウグスト・エーベルハルト・ミュラーである。ミュラーは本連載第4回、第6回で「静かな手」と日本で一番初めに入ってきた、バイエルの次に練習するものとされたピアノ教本の作者として登場した。ミュラーはシュナイダーをたいそうかわいがり、シュナイダーの作品の出版の労をとったり、自ら指導するトーマス教会聖歌隊での演奏の機会を与えるなどした。前回紹介したが、ライシガーも同じく時のトーマスカントール、シヒトにたいそうかわいがられ、それが次へのステップへとつながっていった。トーマスカントールという地位は、単なる学校の音楽教師という以上にドイツの職業音楽家を育てる役割を担っていたことが分かるだろう。大バッハも個人的に育てた大学生の弟子は何十人もいた。
 我々は何かを「教える・習う」ということを、すぐに学校的なものを想定しがちだが、そうではない教育の仕組みがかつてはあった。バイエルも学校の生徒ではあったが、卒業後もカントールに指導を受けていることからも見えるように、大バッハ以来連綿と受け継がれていた教会のカントールを中心とした音楽環境の中で 育っている。

◆ライプツィヒでキャリアを積む

 すでにオルガンもピアノも巧に弾きこなすことができたシュナイダーは、大学に通うためにライプツィヒに来てから、とんとん拍子に仕事が決まってゆく。ライプツィヒにやってきた2年後にはすでに市立学校の音楽教師となり、それを皮切りに、さらに2年後の1808年には大学教会のオルガニストとなった。ライプツィヒの老舗音楽出版社ブライトコプフから彼の作品が多く出版されたのもそのころだった。ライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会に出演し、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番の初演でソロピアニストを務めるほど、その実力が高く評価されていた。その後、芝居一座の座付き音楽家として一時期ライプツィヒを離れたものの、のちにその経験を活かしてライプツィヒの市立劇場の音楽監督となる。そして、1815年にはトーマス教会のオルガニストとなるのである。ライプツィヒにやってきてから11年後、シュナイダーは30歳に手が届こうとしていた。
 シュナイダーは、1820年にライプツィヒを後にする。宮廷都市デッサウで宮廷楽長に就任するためであった。シュナイダーの後を受けてトーマス教会のオルガニストに就いたのが、その頃、トーマス学校生徒であったバイエルに深く関わることになるポーレンツであった。次回は、ポーレンツについてみてゆこう。

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫しています。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをします。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなりました。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲しています。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267