『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐
新着記事

第14回
成功した音楽家と落ちぶれた音楽家

 前回、バイエルがライプツィヒのトーマス教会聖歌隊時代に演奏した作曲家を概観してみた。これまで日本で知られている音楽史では描かれることのなかった、生の、手で触れるような19世紀音楽シーンの一断面を切り取って、まざまざと見たかったからだ。今回も続いてバイエルの時代のライプツィヒの音楽家についてみてゆきたいが、その中でも特にバイエルに直接的なかかわりのあった人物について詳しくみてゆこう。
 バイエルと直接的に関わりがあった人物については、すでに『バイエルの謎』にも紹介された、バイエルの「故人略伝」にかなり具体的に書かれている。この「故人略伝」は後半生バイエルが密接にかかわった音楽出版社、ショット社から出版されていた『南ドイツ音楽新聞』の1863年7月1日付の紙面に掲載されたものである。そこでバイエルに関わった人物の代表として挙げられるのは、シヒトとヴァインリッヒである。この二人は以前にも紹介したが、バイエルが所属していたトーマス教会聖歌隊のトーマスカントール(指導者)であったので、バイエルの直接の師にあたる。次には、シュナイダーとポーレンツなる人物の名前が挙がっている。この二人は聖歌隊の本拠地トーマス教会のオルガニストであり、バイエルはこの二人の代理でオルガンを弾いたらしいことが記事に記されている。ポーレンツはのちに大学生となったバイエルに就職の斡旋をしていることから、特に関わりが深かったと思われる。さらにバイエルのライプツィヒ時代にかかわった人物としてもう一人挙げられるのが、ライシガーである。「個人略伝」によると、バイエルの作曲した「11声のミサ曲」をヴァインリッヒと共に評価しただけでなく、詳しくは後述するがベルリンの音楽学校への入学を支援した節がある(結局、金銭的な問題で入学しなかったが)。
 連載のテーマをさらに掘り下げてゆくために、今回の連載から数回にわたって、前回扱ったシヒト以外の、ヴァインリッヒ、ポーレンツ、シュナイダー、ライシガーを取り上げることで、バイエル・ピアノ教則本を育んだ環境と考えてもいいライプツィヒを視点とした19世紀音楽史を見てみたい。今回はまず、日本でこれまで紹介されたことのないライシガーの生涯を見ることにしよう。

◆ライシガーの出自とトーマス教会聖歌隊時代

 ライシガーことカール・ゴットロープ・ライシガー(Carl Gottlob Reissiger)は、ハイドンの『天地創造』が初演された年、あの『ソナチネ・アルバム』にも収められているクレメンティが作品36の6つのソナチネを出版した年である1798年にブランデンブルク州の都市Belzig(ベルツィヒ)に生まれた。バイエルの8つ年上ということになろうか。1797年生まれのシューベルトと同世代ということになる。
 現在ではバート・ベルツィヒに改名されているベルツィヒという都市は、ライシガーがライプツィヒに出てくるときはバイエルの生地と同じザクセン王国領だったのだが、その4年後に戦争で隣のプロイセン王国領となった。いち王国にすぎなかったプロイセンが、時代はまさにドイツの覇権を勝ち取ろうとしているときであった。いわゆる旧東ドイツの地域にあり、現在ではベルリンからローカル電車に乗って1時間で来られるような温泉保養地となっている。ライシガーの家族は音楽一家である。父は同地のカントール(教会音楽の指導者で学校の教師)であり、11歳違いの弟フリードリヒ・アウグストも音楽の道を歩み、後にノルウェー・オスロの新設劇場の音楽監督になっている。ちなみにこの弟は、のちに兄と同じライプツィヒのトーマス教会聖歌隊に入団しており、寄宿舎でバイエルと寝食を共にしたことが入手した学籍簿からも明らかである。このようにライシガーが育った環境とバイエルが育った環境とはよく似ている。
 話をカール・ゴットロープの方に戻そう。彼はベルツィヒで生まれてから主に父から音楽の手ほどきを受けていたのだが、1811年(13歳)にライプツィヒにやってくる。バイエルと同じトーマス学校に寄宿生として入学し、トーマス教会聖歌隊に入るためだ。すでに父から教育を受けていたライシガーは、聖歌隊員としての音楽の実力も、また進学校の生徒としての学力も十分あったらしい。聖歌隊には奇しくもバイエルが入学・入団した1818年まで在籍していた。二人は聖歌隊員としてはほぼ入れ替わりであり、一緒に歌った仲というわけではなさそうだ。
 当時のトーマス・カントールだったシヒトは、ライシガーを随分とかわいがったようである。聖歌隊を退団してからも、作曲などの手ほどきをしたばかりでなく、自宅の蔵書を利用させたりしていた。当時のカントールの自宅はトーマス学校兼寄宿舎と同じ建物にあったし、バイエルも寄宿生の聖歌隊員としてシヒトから教えを受けていたので、そのようなところで二人が出会う機会があったと想像される。作曲や将来の夢について共に語り合ったのではないだろうか。

◆ライプツィヒ大学神学部へ進学

 首尾よくトーマス学校での学業を終え聖歌隊を退団したライシガーは、続けて父の勧めによりライプツィヒ大学の神学部に進む。進んだ大学・学部・動機までもがバイエルとまったく同じなのは、ただの偶然の一致ではないだろう。神学をおさめるとは牧師になることだった。しかし、当時、牧師はいわゆる公務員に準じる職種であり、安定した職業であった。また、すぐに牧師になれなくとも、学校の教師や良家の家庭教師など、大学に行っていたというだけで教職で糊口をしのぐことができた。おそらく二人とも神学的・宗教的な動機(父の奨め)があったというよりも、当時の大学進学後のキャリアを考えるにあたって極めて自然かつ切実な進路選択だったのではないかと思われる。
 しかしライシガーは、バイエルと同じように、神学の勉強はそこそこにして音楽にのめりこんだ。現在、ドイツを代表するオーケストラの一つ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の前身のオーケストラに弦楽器奏者、歌手として活躍したし、自ら演奏会を企画して自らピアノ独奏を引き受けて協奏曲を演奏したりしている。すでに、学生時代からめきめきと頭角を現し、力をつけていったようだ。そんなライシガーにはトントン拍子で次の転機がやってくる。

◆ウィーン、ミュンヘン留学

 大学入学から2年、早くもライシガーに留学のチャンスがめぐってくる。彼は1821〜23年にわたってウィーンとミュンヘンへ音楽留学した。この留学も、やはり師シヒトの助力によるもので、彼の親戚の商人やベルリンの知人から集めた原資によるものという。今でいう民間の留学奨学金のはしりのようなものだろう。
 留学資金を得たライシガーは、まずウィーンを訪れた。ウィーンへの留学といって思い出されるのが、ベートーヴェンだ。彼はボンの宮廷楽師としてその腕に磨きをかけて帰ってくることを期待されての留学だった。この連載ではあえて、ウィーン偏重の近代音楽史に異を唱えた音楽史を編み出そうとしているが、やはりウィーンは若き音楽家を引き付ける求心力のあった都市の一つだったことに違いはない。肝心なのはウィーンやライプツィヒを含む、それぞれ独自の豊かな音楽文化を成していた諸都市が互いにリンクして、そのリンクをたどることでドイツの音楽家が養成されていったことを認識することではないだろうか。ライシガーの生涯をたどるとまさにそのことが見えてくる。
 ライシガーはウィーンで晩年のサリエリに師事している。前述のベートーヴェンはハイドンに師事することが当初の目的だったものの、のちにやはりサリエリに師事している。サリエリというと日本の音楽ファンに強烈なインパクトでもって印象を焼き付けた、ブロードウエイの舞台を映画化した『アマデウス』がまず思い浮かぶ。どうやっても乗り越えられない才能を持つ後輩モーツァルトに嫉妬し、狂気にいたる、そんなサリエリ像だった。このサリエリ像は、当時のスキャンダルに基づく空想でしかなく史実とは関係ない。当時は、イタリアの音楽家でなければ出世できなかっただけのことである。サリエリは、ウィーンの音楽界の最高の地位まで上り詰めた優れた音楽家であったし、モーツァルトの方こそ嫉妬してもいい対象だったであろう。教師として何人もの有名な音楽家を育てており、ライシガーの同時代人のシューベルトもその一人だ。外にも、リスト、チェルニー、フンメル、マイアベーアなど当時の蒼々たる音楽家が薫陶を受けている。サリエリをはじめ、有力な音楽教育者がいたこともウィーンの魅力だったのだ。
 ライシガーのウィーン滞在中、ベートーヴェンはもちろん存命していたが、出会いはなかったようだ。その弟子のチェルニーには知己を得て、ピアノを習ったとも考えられている。
 ライシガーが次に向かったのはミュンヘンである。この時代のミュンヘンの音楽シーンといっても、あまり有名な音楽家も思い起こされず、ピンとこない。しかし、ミュンヘンの宮廷楽団は、その名をヨーロッパに轟かしていたマンハイムの宮廷音楽家が宮廷の移転と共に移ってできたもので、その実力や環境はやはり有数のものだったことを思い出す必要がある。移転前は音楽史の教科書で必ず紹介され、マンハイム楽派と称された前古典派・古典派にかけての代表的な宮廷楽団だった。かのモーツァルトもザルツブルクを出て就職口探しのためにモーションをかけたほど、魅力的な宮廷楽団、音楽家集団だったのだ。
 ミュンヘンでライシガーが師事したのは、ヴィンターというサリエリやモーツァルトなどと同じ世代の音楽家であった。彼もやはりもともとはマンハイム楽派出身の音楽家で、頂点の時期のマンハイム楽派で育った人物である。
 ライシガーはそのほかにも当時有力だったウィーン、ミュンヘンの音楽家と知己を得て、その実力と彼らに師事したことを示す証明書を得ることができた。私見だが、これは単なる留学と言うよりも、各地の音楽の中心地において有力者と知己を得てネットワークを作ったり、実力の証明をしてもらうこともこの留学の目的だったのではないだろうか。このような動きは、若干時代はさかのぼるがモーツァルトが父や母を伴ってしょっちゅう各地に旅行しては、音楽家と出会って時には就職口を探していたこととの類似点を見るべきだろう。ドイツの職人は一人前の親方になるために、ドイツの諸都市を遍歴した。少し以前のドイツの大学にもその習慣が残っており、ゼメスターごとに大学を移ったという。音楽家も一人前になるためにやはり諸都市を遍歴したのである。ゲーテの代表作の一つである『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』の世界がここにある。

◆恩師の死とベルリンでの就職

 留学中に師のシヒトが亡くなった。後任のトーマス・カントール探しがライプツィヒ市当局によりはじめられた。白羽の矢が立った人物の一人がライシガーだった。しかし、結局はうまくいかず、ヴァインリッヒが就任する。以前の連載にも書いたが、ヴァインリッヒはバイエルに作曲を教えた人物でもあったし、後にドレスデンでライシガーの同僚ともなるヴァーグナーの師でもあった。
 ライシガーは留学を終えて足がライプツィヒにつくかつかないうちに、ベルリンに向かった。その理由は、ベルリンの有力者の娘の音楽教師になったからだった。これも以前からシヒトに推薦されてのことである。こうしてようやく就職したのだが、このベルリンでの出会いがさらなる転機をライシガーに与える。この有力者はシュトープヴァッサーという人物で、ベルリンの工場経営者だった。イギリスに遅れてドイツにも産業革命の時代が到来しており、いわば飛ぶ鳥落とす勢いの事業主でもあったのだろう。ライシガーが幸運だったのはシュトープヴァッサーが音楽愛好家で、当時のベルリンの有力な音楽組織ジングアカデミーの会員だったことだ。当時のジングアカデミーはメンデルスゾーンの師であるツェルターが取り仕切っていた。後にメンデルスゾーンが、バッハ再評価のきっかけとされる、バッハの『マタイ受難曲』を復活上演するのは、バッハを敬愛していたツェルターの影響であると言われている。彼はジングアカデミーの図書室に、バッハの自筆稿を収集していた。1829年3月11日、『マタイ受難曲』が上演されたのはジングアカデミーであった。


旧ジングアカデミー(現マキシム・ゴーリキ劇場):玄関前の胸像は創設者ファッシュ

 さて、ツェルターとシュトープヴァッサーを通じてライシガーはジングアカデミーに紹介され、その存在はメンバーの間に瞬く間に知られるところとなった。自作品の演奏の機会を得るなどしてライシガーの名はたちまちベルリンの聴衆の知るところとなり、まもなく時のプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム三世に目にもとまったのだったのだった。

◆ベルリンの音楽学校の設立へ

 ライシガーはジングアカデミー通じて、当時設立がなったばかりのプロイセン王国文部省の役人とも知り合った。このつながりで、プロイセンはライシガーをプロイセンの音楽教育の役に立てようとしたらしい。ちょうどプロイセンが音楽教育の刷新へ力を入れ始め、各国へ調査を行っているところだった。これよりも遅れて日本でも同じような事が起こるのであるが、プロイセンと日本の音楽教育とには多くの共通点が見いだされることについては『仰げば尊し』(東京堂出版)を参照してほしい。
 こうしてライシガーはベルリン政府の事業として1824年から26年にかけてベルギー、フランス、イタリアへと音楽教育の調査を含めて見聞を広め勉強することになったのだった。その詳細は省くが、ベルリンに帰ったライシガーは、ベルリンに新たな音楽学校設立の構想を打ち立てる。その構想は、設立者・初代校長ツェルター、オルガニストA.W.バッハ(大バッハとは親戚関係はない)とともに音楽学校を設立するに至り、ライシガーは作曲の教員となった。ちなみにこれは、後に教会音楽学校となり、その後王立高等音楽学校への改組を経て、現在のベルリン芸術大学の音楽学部となるのである。
 ここで、本連載の冒頭で述べたバイエルの訃報記事に戻ると、そこにはライシガーがバイエルの作品を評価しただけでなく、ベルリンの音楽院へ作曲の学生として推薦したと記されていた。ここでようやくその意味が分かってくる。ライシガーは自分が設立にかかわった新構想の音楽学校にバイエルを推薦したのだ。ちなみにライプツィヒにメンデルスゾーンによって音楽学校が創設されるのは、さらに20年ほど遅れて1843年のことだった。

◆ドレスデンの宮廷楽長へ

 ライシガーは今となってはほとんど忘れられた人物であるが、知られているとすればこのドレスデンの宮廷楽長としてだろう。これは、ライシガーの人生では最後のポジションとなる。
 1826年、ライシガーはドレスデンでマーシュナーの後任として宮廷歌劇場の音楽監督、28年には、ドイツ語による本格的オペラで、ワーグナーにも強い影響を与える《魔弾の射手》の作曲者ヴェーバーの後任としてドレスデンの宮廷楽長となる。この頃、大きな宮廷では役割別に楽長が何人かいたケースがある。ドレスデンではライシガーのほかに、イタリアオペラの楽長としてモルラッキがいた。これは、先に述べたウィーンのイタリア人音楽家サリエリのように、バロック時代以来のオペラがイタリア至上主義だったのだが、正にそれを体現していたのがモルラッキだった。ちなみに、モルラッキがこのポジションの最後の人物となる。また、ライシガー着任後に第2楽長になったのが、かのワーグナーである。方や堅実なライシガーに対し、独創的でヤンチャだったワーグナーは、1849年の5月蜂起(いわゆるドイツ3月革命の一つで、王政復古したウィーン体制の崩壊を招いた)に参加したかどでお尋ね者となってしまい、以来ヨーロッパ各地を転々としたことはよく知られている。そんなワーグナーも、実は生まれはライプツィヒであり、幼年期をドレスデンで過ごしたものの、1828年には戻ってライプツィヒ大学に入り、シヒトの後任トーマス・カントール、ヴァインリッヒに作曲を習ったのであった。バイエルが大学に入ったのが1825年であるから、おそらく共通の師であるヴァインリッヒを通じて面識を持っていたのではないだろうか。


ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー):建物は違うが、ライシガーやワーグナーはここでオペラを上演していた

 そんなキャラクターの異なる、第1、第2楽長が共に尽力したのがドレスデンでの管弦楽団の演奏会の開催である。それは、第一義的にオペラの伴奏に過ぎなかったオーケストラを、現在ではごく当たり前の公開演奏会の主役とし、さらにそこで収入を見込むといったものだった。ライシガーはそのために尽力し続けたようで、亡くなる1年前にいわゆる予約制の定期演奏会を確立させた。現在でもドレスデンの歌劇場の管弦楽団は、シュターツカペレ(国立管弦楽団)として定期演奏会を行っている。当時のドレスデンはオーケストラの人員も減らされて団員の負担が大きいなど、端的に言って音楽家にとっては危機の時期であった。我々にとって、19世紀初頭前後の音楽界はベートーヴェンをはじめいわゆる大物が活躍したクラシック音楽の黄金時代だとしか見えないが、実際はそうではなかった。18世紀末のフランス革命を頂点に社会構造が大転換し、それまで音楽家の大きな勤め口であった貴族社会が斜陽を迎え、それに伴って楽団の廃止・解散、現代で言えばリストラ、倒産が相次いだのだ。当時の音楽家にとってはとんでもなく冬の時代だったのだ。つまり、先に述べたドレスデンの状況はドレスデンだけの問題ではなく、当時のヨーロッパ全体の問題であり、また流れだったのだ。そこで、音楽家も王侯貴族を頼るだけではなく、自主的な演奏組織を打ち立てることが必要とされた(ウィーン・フィルもこうした時代状況の中で設立された)。自主的な管弦楽だけの定期演奏会は、何もライシガーの考案したシステムではないが、当時の大きな潮流の一つを作ったのがライシガーであることは間違いないだろう。そして、そのような時代を乗り越え、現代に連なる「クラシック音楽」の制度の礎を築いた一人だったといってもよいだろう。

◆ライシガーとバイエル

 8歳違いという歳の違いはあっても、同じような出自と同じような環境で過ごしたバイエルとライシガーはどこで道が異なったのであろうか。ライプツィヒ時代のバイエルに直接的なかかわりを持っていたライシガーの生涯をその周辺事情を含めながら見てくると、当然のようにこんな疑問が浮かび上がってくる。
 ライシガーは生まれながらの音楽家で、トーマス教会聖歌隊の音楽教育を受け、師に見込まれて、周囲の経済援助もあって留学、ベルリンでピアノ教師をしながら恵まれた人脈を活用しながらめきめきと頭角を現し、ベルリンの音楽学校の設立、そして最後には当時の有力な音楽の中心地ドレスデンの宮廷楽長に20代のうちに上り詰めた。まさに、王道をとんとん拍子で駆け上がってゆく、堅実で幸運な音楽エリートというところだろう。作品の話をほとんどしていなかったが、その領域は幅広く、伝統的なミサ曲から、オペラ、ドイツリート、交響曲、各種協奏曲、そしてとりわけ多いのがピアノ三重奏曲(27曲)である。王道的な作品が多いが、特にオペラは早くからウェーバーに評価されていたことは注目していい。
 一方バイエルの作品は、すでに以前の連載で折に触れて述べてきているが、その全貌についてはまだ分からないところはあるものの、われわれが手に入れた資料からは、ほとんどがオペラの流行の一節をピアノ編曲したいわゆる「オペラ・パラフレーズ」である。家庭で楽しむ娯楽音楽のためのアレンジャーだったといってもよい。貴族が没落し、新しく台頭してきたブルジョワジーの令嬢を対象とした新しい音楽市場が開拓されようとしていた。
 『バイエルの謎』の復習となるが、くだんのバイエルの「故人略伝」には、大学進学の後バルメンという町で音楽教師と音楽監督をつとめたし、その後スイス、さらには具体的には書いていないが、ひとしきり演奏旅行をしていたようである。ライシガーが留学をし、また仕事でどこか別の都市に赴任しているのとよく似た、当時の修行中の音楽家に共通する遍歴のあり方であろう。そして、ライシガーがドレスデンの楽長につくのとほぼ同時に、バイエルも後半生を送ることになったマインツにたどり着き、そこでアレンジャーとして生涯を終える。おそらく、バイエルもそれなりにライシガーのように音楽家の王道を目指したのだろうが、めぐりあわせの問題か、はたまた才能の問題か、そこに行きつくことはなかった。その代わりに娯楽音楽のアレンジャーとして過ごすことになった。
 ライシガーが前から敷かれていた道を歩んだのに対して、バイエルはようやく整ってきた新しい道を歩みはじめた最初の音楽家であった、と言ってもいいだろう。簡単に言えば、クラシック音楽の対立軸として、百年後にはクラシックをしのぐ隆盛を誇ることになるポピュラー音楽の道をバイエルは歩きはじめたのである。当時、それは、金銭的には保証されても、真面目な音楽家として評価されることはない道だった。今日で言えば、ヘンリー・マンシーニとか坂本龍一のような音楽家に当たる。彼らを二流の音楽家だと見る価値観は現代にはそぐわない。しかし、バイエルの時代ではまだそうではなかった。文学に喩えれば、純文学を捨てて、金のため通俗的大衆娯楽小説に身を落とした作家のようなものだった。
 われわれの教則本『バイエル』は、こうしたマインツの通俗的大衆娯楽音楽のアレンジャーの手から生まれたことはまぎれもない事実なのだ。しかしそんな王道ではない道を歩んだ人が作ったからこそ、真面目な教育的意図がありながらも無味乾燥にはならず、広く人々にキャッチーな練習曲がかけたのに相違ない。バイエルを弾くことは、今日で言えば、子どもたちが嬉々として〈となりのトトロ〉や〈さんぽ〉を口ずさむようなものであったろう。作曲した久石譲は、若いころはミニマル・ミュージックという純現代音楽に没頭していた。
 『バイエル原典探訪』(音楽之友社)で述べたように、バイエル・ピアノ教則本がグローバルなベストセラーにしてロングセラーとして、世界中に人気を博した秘密は、こうした歴史的背景の細かい襞の奥に隠されているのである。音楽家の王道から見れば、ライシガーの人生は成功であり、バイエルのそれは失敗である。バイエルは落ちぶれた音楽家であった。音楽出版社の経営のために安価な編曲を書き飛ばす囲い込まれた編曲者だった、というのは真実であろう。しかし少なくとも日本でライシガーを知る人はいない。バイエルは誰でも知っている。およそ200年の時間によって醸成されたまた別の真実がそこにある。より多くの人に楽しみを与えるということの普遍的価値である。

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫しています。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをします。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなりました。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲しています。

『バイエル』原典探訪

『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相
安田寛 監修/小野亮祐、多田純一、長尾智絵 著

ピアノ楽譜の中で日本で最も有名なのは、間違いなく『バイエル ピアノ教則本』です。しかしこの楽譜のオリジナルの姿は、全く知られていません。初心者用ピアノ教本の中で最多の売上と影響力を誇り、出版各社から数多くの同工異曲版が発行されているにもかかわらず、実はそれらはオリジナルの姿と異なり、イラストや併用曲が加えられ、楽典が書き換えられ、肝心の楽譜も「初版」ではない資料にもとづいて作られて、スラーやアーティキュレーションが変更されています。
本書は1850年に発行された『バイエル』の〈初版〉を日本で初めて明らかにするものです。それとともに取材過程で発見された自筆譜をはじめとする様々な情報──初版の発行部数や海外版の発行年、さらには自筆譜との差異を紹介し、日本のピアノ教育界が最も強く深く影響を受けてきた『バイエル』の本来の姿を探ります。
『バイエル』は本国で刊行後ベストセラーとなり、すぐさま各国語に翻訳されて国際的に広まりました。こうしたグローバルな流れの中で日本にもたらされたのです。ですからオリジナルの姿を知ることは、私達の先祖がどのように西洋音楽を受け入れたかを考える重要な手がかりとなるはずです。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267