『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第23回
バイエルはブランド名だった?!

◆バイエル架空人物説

 「バイエルは実在しない架空の人物である」というのがバイエル架空人物説である。前著『バイエルの謎』では、次のように書いた。

 「ピアノ教則本があるのだからそれを書いた誰かがいたことは間違いない。でも偽名を臨っていた可能性だって考えられる。偽名とまでいわなくても匿名でもペンネームでも書ける。本名を出したくない何か理由があって、偽名とかペンネームとかを使ったと考えても、バイエルについて現在分かっている事実と少しも矛盾しない。生没年月日を適当に創作し、誕生地とか生没地とかを適当に創作して、フェルディナント・バイエルという架空の名前を賑ったと仮定しても、今知られているわずかな事実にちっとも反しない。むしろバイエルは実在した人物ではないと考えた方が、なぜバイエルについてこれほど情報が少ないのか、よく説明がつくのではないだろうか。」

◆偽名説の鍵を握る人物

 架空人物説とよく似た偽名説を唱えたのが、第21回で紹介したように19世紀の有名な音楽評論家フェティスであった。バイエルの死後も、名前のイニシャルだけをFからVへ変えてV. Beyer と名乗った作曲家の作品が次々に刊行されるのを、フェティスは不思議に思ったのだ。そして、バイエルの作品があまりに売れたため、よく似た名前を騙って売り出したのだろう、と想像した。名前を騙って刊行された作品の多くが、よく売れたシリーズ物の続きとして刊行されたことも、フェティスの推理をあと押ししたに違いない。言うなれば、作者が死んだ後も連載が続けられているようなものである。
 フェルディナント・バイエルはもちろん実在した人物であるが、彼の作品が死後も次々に刊行されたのは事実だ。遺作であるという可能性はもちろんあるが、問題は、バイエルが生前には知り得ない作品の編曲がそこに含まれていることである。明らかにバイエルが編曲できるはずのない作品が、彼の名前で刊行されているのだ。
 偽名説の真相を解く鍵を握る人物が、V. Beyer である。第21回で述べたように、V. Beyer は音楽教師になったバイエルの次男アドルフ フェリックス ヴィクトール(Adolph Felix Viktor) ではなかったか、という推理が成り立つ。バイエルの次男が父の跡を継いで、シリーズ物を続けたのだ、と考えれば辻褄が合う。

◆作品番号とプレート(版下番号)の乖離

 作品番号とは、言うまでもなく作曲した順番に作品につけられた通し番号のことである。大体作曲した順に出版されたと考えるならば、作品番号の並びと版下番号の並びとはほぼ一致していると考えられる。しかし、バイエルの場合、これが当てはまらない。特に、シリーズ物がそうである。
 作品番号42という比較的若い番号は、オペラのアリアのピアノ用編曲を集めたものだ。全部で95曲あり、それらにも番号が振られている。判明しているプレート番号は以下の表の通りである。

作品42の小分け番号とプレート番号
1 7211 21 10340 41 14143 61 15347 81 16928
2 8295 22 10372 42 14144 62 15348 82 17714
3 8299 23 10439 43 14145 63 15468 83 17940
4 8518 24 10674 44 14317 64 15469 84 18208
5 8595 25 10771 45 14386 65 15470 85 18466
6 8615 26 11028 46 14387 66 15471 86 19249
7 8687 27 11190 47 14516 67 15726 87 19264
8 8692 28 12523 48 14659 68 15537 88 19780
9 8752 29 12522 49 14699 69 15538 89 21352
10 8753 30 12339 50 14856 70 15735 90 21289
11 8841 31 12636 51 14887 71 15734 91 21794
12 9103 32 12699 52 14926 72 15737 92  
13 9104 33 12700 53 14927 73 15970 93  
14 9173 34 12813 54 15086 74 15995 94  
15 9130 35 12861 55 14976 75 16129 95  
16 9131 36 12862 56 14977 76 16297    
17 10002 37 13410 57 15085 77 16306    
18 10248 38 13493 58 14937 78 16419    
19 10336 39 13818 59 15327 79 16611    
20 10339 40 14068 60 15328 80 16865    

 前回、プレート番号について疑問を呈しておいた。
 「プレート番号も疑問だらけだ。バイエルの出版された最後の作品のプレート番号は小さい順に、16542、16928、16929 である。そうなると、このプレート番号より大きい番号を持つプレートはバイエルの死後作成されたプレート、版下だということになる。不思議なのは、バイエルの作品のプレート番号には、16929 よりも大きい番号が多数あることである。」
 作品42もこの疑問を裏書きしている。小分け番号82が前回紹介した、『ピアノ名曲集』作品番号42、No. 81、〈クロイツァーのオペラ:グラナダの夜警〉1862年6月18日付初版(プレートナンバー:16928)である。この作品の後、小分け番号82からのプレート番号は、明らかにバイエルの死後刊行されたことを示している。このように、バイエルの作品番号は、小さい番号は若いときの作品、大きい番号は歳をとってからの作品という普通の考えが当てはまらない。
 作品番号の並びとプレート番号の並びとの乱れ、このこともバイエル架空人物説あるいは偽名説にからんで何やら不可解である。

◆バイエルブランド名説

 架空人物説や偽名説はそれ自体面白いのだが、そこには別の重要な問題が含まれている。それがブランド名説だ。グッチ、プラダ、シャネルなどなど、現在ではブランド名が巷に溢れている。似たようなものとして、日本には千疋屋とか木村屋といった暖簾や暖簾分けというものがある。財閥名も似たような働きをする。三井、三菱、住友。これらの名前は金融業から製造業、小売業からサービス業に渡って幅広く使用される。
 ブランド名がついていると信用され、商品であれば人々は安心して買う。作品が飛ぶように売れたのでバイエルは作曲者名というよりブランド名になったのではないか。ブランドというコンセプトが出来上がる以前の自然発生的なブランド名である。生きて書いたバイエル個人はどうでもよく、バイエルはそれから離れて一定の品質を保証するブランド名、弾きやすく、親しみやすく、楽しく弾けるピアノ編曲を保証するブランド名だったと考えられないだろうか。
 日本でも、バイエルを人の名前だと思っている人は案外少なく、老舗ピアノ教則本のブランド名として流通している。バイエルというブランド名で類似したおびただしい教則本が長年に渡って出版されているのは周知の通りだ。

◆愛国歌シリーズ

 バイエルの晩年に人気だったのは愛国歌シリーズである。これは主に当時の世界の国歌をピアノ用にアレンジしたシリーズで、全部で1番から70番まで刊行されている。後ろの方の番号を見ると、作曲者はフェルディナント・バイエルのままになっているが、実際はV. Beyer が書いたことが、編曲(bearbeitet、 arrengiert)や継続fortgesetzt)という言葉を用いて示してあることが、有名なホフマイスター音楽図書月刊目録を検索するとわかる。


図 「ホフマイスター音楽図書月刊目録の検索結果」

 作曲者名のバイエルは実はブランド名で、実際に書いたのはV. Beyer である。そのV. Beyer の情報と言えば、他には、ショット社の刊行目録にBeyer, V. として、ピアノ用編曲小品が3曲ほど掲載されていることくらいだ。
 バイエル架空人物説、偽名説、ブランド名説、これらの謎を推理する鍵となる人物が V. Beyer である。V. Beyer はバイエルの次男のアドルフ フェリックス ヴィクトールに違いない、という前回の推理はますます重要度を増してくる。では、どうすれば証明できるのか。最も確実な方法は、V. Beyer が編曲したとされるバイエルの作品の自筆譜を見ることであろう。バイエルの自筆譜と比べるなどして、そこに何か手がかりが見つけられるに違いない。
 バイエルの自筆譜は、現在ショット社からミュンヘンの国立図書館に寄贈され、現在、整理が続いている段階である。ネットで閲覧できるのは、整理が済んでアップされているものだけだ。残念ながらV. Beyer が編曲したバイエルの自筆譜は整理が済んでいないようである。となると、ミュンヘンに出かけて、見せてもらうしかないだろう。
 ということで、次回はミュンヘンでの取材を報告することになりそうである。

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267