『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第26回
疑惑解明への準備

 バイエル・ゴーストライター説の発端は、『バイエル初級40番連弾練習曲』とメロディーブック第2、3巻にあった。この説の真偽を確かめるには、まず発端となった疑惑を片付ける必要がある。

◆疑惑 『バイエル初級40番連弾練習曲』は本当にF.バイエルの作品か

 プレート番号16542が付された「40 Lektionen für Elementarunterricht」は、連載第22回で紹介した『バイエル初級40番連弾練習曲』である。初版は1862年8月9日、F.バイエルが亡くなる(1863年没)1年前に出版されている。自筆譜と印刷譜の両方が出てきたので、その場で実物を比較することが可能になった。これはありがたい。いわゆる『バイエル・ピアノ教則本op.101』と比べて明らかに見劣りのする『バイエル初級40番連弾練習曲』が、はたしてF.バイエル本人によって書かれたのかどうか、ようやく確かめることができそうだ。
 まず、表紙に注目する。自筆譜と印刷譜を見比べると、両者ともタイトルとほぼ同じ文言が記されている。なかの楽譜も、自筆譜のほうには小節数や段数を指示する番号などがあとから書き加えられており、印刷譜と比較すると、その指示と一致している。つまり、この自筆譜はいわゆる版下原稿なのだ。これは、6年前のマインツでの調査で見た『バイエル・ピアノ教則本』の自筆譜と同じ書きぶりだった。その時楽譜部分はコピーさせてもらえなかったが、はっきりと記憶のなかにある。
 もう一つ、6年前の記憶がよみがえる記述を見つけた。バイエル自身のサインと、あて名書き、日付、自著の書き込みである。これは6年前に見たものと本当にそっくりだった。なぜはっきり覚えているかというと、それ以外の書き込みがすべて横書きで書かれているなか、唯一紙の右上にほぼ垂直と言ってよい角度で書かれていたからだ。これについては幸運にも、表には出さない約束で『バイエル・ピアノ教則本』の表紙だけ6年前にコピーをさせてもらえていた。持参したパソコンに入っているその画像データとその場で見比べて、一致していることを確認。そこには次のように書かれていたのだった。

 Herrn B. Schott und Soehne in Mainz / 18.10.60.Ferd.Beyer(マインツ、ショット社へ、1860年10月18日フェルディナンド・バイエル)。

 今回の調査史料は事前のメールでコピーは絶対に不可という約束であったし、6年前のマインツでもらったコピーについても公開不可という約束だったので、こうして映像抜きで説明するのは実にまどろっこしい。しかし、「あて名書き、日付、自著」が『バイエル・ピアノ教則本』の自筆譜とまったく同じと言ってよい箇所にまったく同じ書式で書かれていることは重要だ。同じ書式で書かれ続けているということは、同じ書きぶりをする人物によって書かれている。つまり、人物が同一であることを強く示唆する。そしてこの場合にもっとも可能性の高い人物は、ほかでもない作曲者たるF.バイエルだ。特徴的なバイエルのサインもある。だから、これは自筆譜であるか、もしそうでなかったとしても、F.バイエルが目を通していることは間違いのない手稿譜だとほぼ断定できる。
 さらに、興味深いのが日付だ。刊行台帳には、初版第1刷の印刷日が1862年8月9日と記されている。つまりこの版下ともいえる自筆譜(1860年10月18日)が完成してショット社に届けられてから2年近くを経ている。今でもある程度当てはまることかとは思うが、バイエルがこの楽譜を書いてすぐ出版されたわけではないということだ。おそらくは、校正をし、版、レイアウトを考え(先に指摘したように、何段目にするかなどが詳細に書き込まれていることからも分かる)、作成するという作業も含めてそれだけの時間が必要だったのだろう。これで、『バイエル初級40番連弾練習曲』がはたしてF.バイエル本人が書いたものかどうか、という疑念は払拭された。そうなると、世界的ベストセラーとなった『バイエル・ピアノ教則本』に比べて『バイエル初級40番連弾練習曲』が見劣りする理由は、ほかに考えなければならない。自筆譜を完成させた1860年10月18日といえば、亡くなる3年弱前である。バイエルは体力気力の衰えを感じていたのかもしれないと、自筆譜と印刷譜を見比べながら想像した。

◆メロディーブック第2巻(Op.148)、第3巻(Op.148bis.)はなぜバイエルの死後に出版されたのか

 もう一つの教本類であるメロディーブック第2、3巻を見てみよう。これは、我々の知る『バイエル・ピアノ教則本op.101』の付録の続編である。この付録には、謎が残されていた。というのも、バイエル作曲だというのに、出版されたのはバイエルの死後だったからである。ここに、ゴーストライター疑惑のもう一つの原点があった。
 しかし、もう一つ謎があることをここで述べておこう。以前から私は刊行台帳と出版譜を見て不思議に思っていた。今回見た第2巻(Op.148)、第3巻(Op.148bis.)は別の出版物であるのにもかかわらず、刊行台帳の上では同じプレート番号17066を付されているからだ。印刷譜を見るともっと不可思議だ。第2巻は17066.2、第3巻は17066.3と第2、3巻を区別する数字が取ってつけたように書かれている。これはどうしたことだろうか。こういう時は初版を見るしかない。
というわけで、ベルリン国立図書館で第2巻、第3巻の初版のプレート番号部分をコピーさせてもらった。以下の画像を見ると、「取ってつけた感」が一目瞭然だ。

⇐第2巻 ⇐第3巻

 しかし、今回ミュンヘンで自筆譜を見たことで、さらにその先が分かった。自筆譜を見てみると、そもそも分巻にするつもりはなかったのだ。つまり1冊ものとして出版するつもりだったということである。ミュンヘンで自筆譜を手に取ると、表紙が一つしかなかったことからも明らかだ。第2巻と第3巻とはもともと1冊のもので、後から分冊にしたのである。それで、第2巻は17066.2、第3巻は17066.3と第2、3巻を区別する数字が取ってつけたように書かれたという次第である。
 この経緯については、自筆譜の表紙を一目見てわかった。タイトルが書き直されていた。消すといっても、当時はいわゆる羽ペンのインクなので、訂正したい部分に横線を引き、すぐそばに訂正後の文言を書き込むという書き直しのスタイルである。書き直しからいろいろなことが分かるので、詳しく見てみよう。

 まず、表紙の上半分に以下の通りにタイトルの書き直しがされていたのが目に入った。

 Melodienbuch(メロディーブック)
  100 50100曲 50曲の
 Erholungen für Jugend若者のための気晴らし曲集)

 このMelodienbuchと書かれたすぐ下に、小さな文字で無理やり挿入するようにして、2r Band(第2巻)と記されていた。つまり、はじめは「メロディーブック100曲の若者のための気晴らし」と言うタイトルで1巻ものとして出版しようとしていたのだ。その後2巻に分けて出版することになり、第2巻という文言を付け加えたのである。そのダメ押しの証拠がまだあった。縦長の紙の真ん中やや下より右の方に、上記のタイトルの大きさに比してずいぶんつつましやかな文字の大きさで、以下のように書かれている。

 Melodienbuch(メロディーブック)
 3er Band (第3巻)
 50 Erholungen(50曲の気晴らし曲集)
 Op.148.bis

 つつましやかな書きぶりは、大きく堂々とはじめから書かれていたのではなく、あとから2巻に分かれることになって追加的(補足的)に書かれたからだろう。しかも両方とも「50曲の」というくだりも、横線で消されている。おそらく、2巻に分けることを決めた時点で50曲ずつにすることにしたのだろうが、それも消去されているという風に読み取れる。
 以上のことをまとめると、こう断定して間違いないだろう。そもそもは100曲を1巻もので出版としようとしていたのだが、何らかの理由で2巻に分けて出版することになった。曲数は半々の50曲ずつとしようとしたが、またもや変更になった。出版譜も自筆譜と一緒に同じく出してもらえていたので、すぐさまその場で確認してみると、第2巻は63曲、第3巻は37曲であり、やはり50曲ではない。しかし、両方を合わせると100曲。つまり収録曲は当初から変更しなかったのだ。
 上記以外のタイトルには「難易度順の教育的な小さなレッスン併用の、人気のモチーフに基づく気晴らし曲」とあるので、難易度順に第2⇒3巻と曲が並んでいるのだろう。1巻ものとすれば、レッスンの進度に合わせて1冊で難易度順に曲を楽しむことができる。では、分冊にした事情とは何か?
 この「分巻作戦」は、教育的な意図とは別のところにあるように思える。それはずばり、売れ行きだった。

◆出版社の販売戦力に振り回される作曲家

 本連載第20回で、刊行台帳から第2、3巻の売れ行きをつぶさに見たことを思い出したい。両巻とも、1冊丸ごとの完全版と、さらに小分けにした4つの分冊版も販売されている。印刷数をすべて合計すると、完全版よりも分冊版のほうが多かった。つまり1冊にたくさんの曲数が入っているよりも、小分けにした方が売れ行きは良かったのだ。これはバイエルの意図というよりも、ショット社ができるだけ小分けで販売をして売り上げをあげたかったことで、このような「分巻」という結果に落ち着いたのだろう、というのが筆者の見立てである。
 ここで思い起こされるのは、第2、3巻だけでなく、第1巻も分冊で販売されていたことだ。この小分け作戦はバイエルの楽曲だけではなく、ショット社全体、もしくは当時の楽譜業界全体の販売戦略の常套手段だったのだろう。こう考えると、前回の連載でも紹介した大規模シリーズものも、1曲ずつのいわゆるピース売りという同じ小分け戦略ともとらえられる。
 また、出版譜の楽曲の割り振りが各巻63曲、37曲と、一見ずいぶんいびつである。しかしこのいびつさは、各巻のページ数を見れば合点がいく。というのも、両方ともおおむね全ページ数は45、47ページとほぼ同じなのだ。つまり、第3巻のほうが1曲当たりのボリュームが大きいことがわかる。これを仮に50曲ずつとすれば、難易度順で並べている以上順番は変えられないので、第3巻がずいぶんなページ数となることがすぐにわかる。もちろんページ数が多くなれば、コストがかかり価格に転嫁せねばならない。第3巻がずいぶん高くなって、売れ行きに差が出てしまうだろう。おそらく、両方とも同じように売れてほしい出版社としては、曲数ではなくページ数を平均化して消費者側にそのような意識を持たせないようにしたのではないか。自筆譜の書き直しからは、このような販売上の戦略も見え隠れする。
 はじめのタイトルの書き直しに戻ると、「若者のための」という、対象者を限定する言葉の削除にも注目すべきだ。なぜならば、『バイエル・ピアノ教則本』でも、「4歳から7歳の子供のため」という対象者を絞り込むタイトル書きが消されていたからである。対象者を狭く限定するのも、おそらく出版戦略上広く売れてほしい立場としては好ましくなかったのだろう。
 そして、もう一つの謎にかかわるさらに大事な情報が書かれていることに気づいた。それは、先の『バイエル初級40番連弾練習曲』と同じように、バイエルの署名、日付、ショット社へのあて名が表紙の右斜め上のほうに書かれていることである。これらのメロディーブックが出版されたのはF.バイエルの死後である1864年6月18日(第2巻)、1865年1月2日(第3巻)であった。ではこの自筆譜に書かれていた日付に目をやると……「1861年12月23日」とあった。繰り返しになるが、バイエルが亡くなったのは1863年5月のこと。連載第20回で残した謎、「ショット社の販売戦略で、勝手に出版してしまったのか、はたまた、売れっ子の名をかたったゴーストライターの手によるものか!?」の結論がここで出せる。

◆バイエル・ゴーストライター説の原点を晴らす

 『バイエル初級40番連弾練習曲』は、自筆譜が1860年10月18日に完成して、ショット社に届けられてから2年近く経た1862年8月9日に初版が出版された。つまりF.バイエルが亡くなる(1863年5月没)1年弱前のことだ。自筆譜と初版との比較によって、この練習曲はバイエル本人が書いたもので間違いない。けっしてゴーストライターが書いたのではない。
 次に、メロディーブック第2、3巻自体も、まぎれもなくF.バイエルが生前に書いたものだ。自体といったのは、バイエルは2巻ものとして書いたのではなく、1巻ものとして書いた。しかし、出版社の販売戦略によって、後から2巻に分けられた。こうした経緯もあって、出版自体はバイエルの死後となってしまった。ショパンのような大作曲家風に言えば「遺作posth.Op.」となったということだ。大作曲家でも有名曲でもないから、そうは呼ばれないけれども……。
それにしても、はじめから出版することを目的としておきながら、自筆譜の完成から4年以上たっての出版とはちょっと長いような気もする。それは、分巻にするなどの実際に出版される段になってからさまざまと事情が当初と変わったことが、こうした年月に反映されているのかもしれない。こうして、調べれば調べるほど謎が深まるのが研究の醍醐味だ。
 さて、これでバイエル・ゴーストライター説の原点となった疑惑は晴れた。しかし、これでバイエル・ゴーストライター説が完全に払拭されたわけではない。いよいよ次は、疑惑の中心であるシリーズものの楽譜の調査報告である。明らかにバイエルの生前、または死後に出版されたものや、刊行台帳の上では生前最後に印刷出版されたものの自筆譜も見ることができた。バイエルの死後に出版された楽曲の自筆譜の調査報告をしつつ、V.バイエルの存在、ゴーストライター説の真相に迫ることとしよう。自筆譜を見ることで、ゴーストライター説は晴れるのか、それとも……。

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267