『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐
新着記事

第16回
19世紀前半のライプツィヒに見る芸術音楽の台頭

 前回、シュナイダーが1820年にライプツィヒを後にしたのち、トーマス教会の後任オルガニストとなったのが,今回の連載のもうひとりの主役であるポーレンツであった。シュナイダー、ポーレンツは,トーマス教会オルガニストの前任−後任の関係である。

 二人が交代した1820〜21年(離任から着任の間には若干の空白の時間がある)は、ちょうどバイエルがトーマス学校の生徒、そして聖歌隊員として在籍して3年目となった年でもあった(1818年に入学している)。つまり『故人略伝』によれば、バイエルはライプツィヒに来て遅くとも3年後には、大バッハゆかりのトーマス教会のオルガニストの代理をしていたということになる。

◆ ポーレンツ

 そこで、ポーレンツについてもここで少し詳しく見ていくことにしよう。前回の冒頭で述べたように、ポーレンツの伝記についてはあまりまとまったものがない。ライプツィヒの音楽史やゲヴァントハウスの研究から拾い読みしていくことも重要な情報原なのだが、ここでは、少々古いがドイツでADBと呼ばれている1875年から出版された『ドイツ人名総覧』を手掛かりにみてみたい。ポーレンツは1790年にザールガストという現在のドイツでいえば東部にあたる小さな街で生まれている。幼少期をどう過ごしたかはわからないのだが、1814年にバイエルやシュナイダーと同じようにライプツィヒ大学に入学している。大学では法学部に入ったようだが、音楽のほうにのめりこんだらしい(のちのシューマンと同じだ)。幼少期については前述の通り不明なのだが、大学に入学しているところを見ると、バイエルやシュナイダーのように大学進学のための学校(ギムナジウム)に通ったことは間違いないだろう。この後ポーレンツは終生ライプツィヒを出ることはなかった。


クリスティアン・アウグスト・ポーレンツ

◆ ポーレンツとバイエル

 ポーレンツのキャリアは、まず1817年にシュナイダーと同じ大学教会のオルガニストに就任したところから始まる。そして先にも述べたように1821年にはシュナイダーの後任としてトーマス教会のオルガニストになっている。これだけでもトーマス教会で聖歌隊をしていたバイエルとの関係は十分に伺えるところなのだが、もう一つバイエルとの密な関係をうかがわせるエピソードがある。

1823年に聖歌隊の指導者であったトーマスカントールのシヒトが亡くなったとき、次のカントールが決まるまでのいわば「つなぎ」のカントール代理をポーレンツは務めているのだ。バイエルは1825年の大学に入る直前まで聖歌隊にいたことが分かっているので、短い間ではあるがポーレンツから直接の指導を受けていたことがこれではっきりする。しかも、すでにバイエルはその前にポーレンツの代理をしていたと考えられるので、のちに就職の世話をするほどの関係性があったことはこれらの点から十分裏付けられるし、またポーレンツ自身バイエルの音楽能力を十分知っていて評価していたことと思われる。

◆ ゲヴァントハウス管弦楽団の楽長とは

 ポーレンツは、このトーマス教会のオルガニストと大学教会のオルガニストの職を亡くなるまで務めることとなるのだが、その傍らで1827年から35年まで、ドイツの名門オーケストラの一つであるゲヴァントハウス管弦楽団の楽長を引き受けている。楽長といっても、現代とは少し様子が違っている。当時の楽長が指揮・指導をするのは声楽付き作品の場合だけで、器楽コンサート、つまり現代的な意味でのシンフォニー・コンサートにおいてオーケストラを率いていたのはコンサートマスターだった。現代もそうだが、当時からこの管弦楽団は自前のコンサートだけではなく、オペラやトーマス教会の教会音楽なども担当しており、楽長はその中での声楽を伴う演奏に責任を持っていたようである。ただ着任当初は前任者の報酬よりも少ないなどの冷遇を受けたようで、運営側はポーレンツの芸術的な能力や仕事に満足していなかったのかもしれない。

◆ ゲヴァントハウス管弦楽団小史

 ゲヴァントハウス管弦楽団は、当初はプロ集団というより、市民の愛好家が資金を出し合って開催していた管弦楽団だった。専属の楽団員という存在はおらず、カントール、オルガニストや街楽師といったライプツィヒの様々なところで雇われている音楽家と、音楽を嗜む大学生、市民などからなる管弦楽団だったのである。実はポーレンツは冷遇を受けたのみならず職の途中で楽長を解任されている。この解任という出来事は先に述べたような成立以来より芸術的な要求の高まるなかで、もはや旧来のようにいち教会音楽家の兼任では太刀打ちできないような、よりシンフォニックな意味での高い次元のものへと脱皮するタイミングだったのではないかと考えられる。

 その証左に、ポーレンツをいわばクビにしてでも運営側が楽長に据えたかったのは、教会音楽家ではなく、近代的な意味での管弦楽の経験の豊富なメンデルスゾーンだったことが挙げられる。実際、次の楽長はメンデルスゾーンとなり、ゲヴァントハウスの歴史ではこれを機にオーケストラとしての質が飛躍的に高まったと言われている。また、運営体系についても整備され、まさに職業音楽家集団としての姿へと変身していったのだった。

◆ 音楽都市ライプツィヒの歴史的瞬間に立ち会ったポーレンツ

 ある意味音楽史的な運が悪かったともいうべきポーレンツだが、その在任中には、後世の目から見てだが、実はエポックメイキングな場面に楽長として遭遇している。まず挙げられるのは地元出身のピアニストで、のちにシューマンの妻となるクララ・ヴィークのデビューコンサートが1828年ゲヴァントハウスで行われたことだ。クララについては本連載の第2回目に「静かな手」で登場したが、父フリードリヒの英才教育によってまさに「静かな手」から育て上げられた少女だった。そんなクララはわずか9歳で協奏曲を演奏し、華々しいデビューを飾ったのがポーレンツ在任時だった。

 そして、その夫となるシューマンの作曲家デビューもポーレンツの在任時の1833年で、交響曲第1番の第1楽章が入念な事前のリハーサルを経て演奏された。そしてさらにもう一人のライプツィヒ出身の作曲家であるワーグナーもその一人で、1832年19歳の時に演奏会用序曲第1番がゲヴァントハウス管弦楽団によって演奏されている。その序曲は、バイエルとの共通の師であるヴァインリヒの指導の下で書かれたいわば習作であった。 ヴァーグナーの回顧録『わが生涯』では、ポーレンツ時代のゲヴァントハウスのことに触れられている。管弦楽団のレベルの高さについては評価している節があるが、ポーレンツの音楽能力については実に生々しくその指揮の混乱ぶりが描かれており、確かに運営が在任中の解任に至るほどその職に見合っていなかったことがわかる。

 しかし、ワーグナーも自著に述べているがポーレンツはライプツィヒ市民からは大変愛されたようで、オルガニストの職を亡くなるまで全うし、1843年、まさに開設される年にあったライプツィヒ音楽院(現在のライプツィヒ音楽演劇大学)の教員への就任を目前にこの世を去っている。ポーレンツは楽長の解任に象徴されるように、まさに変革の時に立ち会った人であり、それを証明するようにロマン派の頂点を極める人物たちのまさにデビューの瞬間に立ち会っていた。これはとりもなおさず、ほぼ同時に同じ地にいたバイエルもそんな時代の空気の中にあったといいだろう。いわば出版社のお抱え編曲者になる以前のバイエルの夢は,クララのようにまたワーグナーのように,ピアニストとして作曲家として活躍することであった。

◆ シュナイダーの音楽史的位置づけ

 最後にシュナイダーについて少し補足しておこう。ライプツィヒでまさにとんとん拍子に駆け上がっていったシュナイダーであったが、ライプツィヒ在任中の最後に書いた一つの作品により、まさにライプツィヒという一地域を越えた音楽家となる。それは、オラトリオ『最後の審判』である。もちろん今や無名の作曲家の作品なのでそう知られてはいない。今ではYouTubeなどに若干アップされているくらいだ。しかし当時は初演以降ひろく流行し、当時の音楽雑誌においても大変高く評価された。時折しも音楽祭や合唱熱が高まっていたことも幸運だったようで、そのような場で演奏効果も高く、合唱の出番が多く比較的容易に歌えるということも成功の要員だったようである。当時は同様にしてヘンデルやハイドンのオラトリオが演奏されており、シュナイダーは「現代のヘンデル」(といっても当時の現代だが)とさえ言われた。その後メンデルスゾーンのオラトリオが人気を博すまでの代表的なオラトリオとなった。

 『最後の審判』で成功したシュナイダーはその初演直後に、前回述べた通り,ライプツィヒからそう遠くない街の宮廷都市デッサウに移動する。そこの宮廷楽長として引きがあったのだった。デッサウと聞いて何かを思い起こす日本人はほぼいないだろう。現代音楽のファンであれば、クルト・ヴァイルの出身地であるというところくらいだろうか。確かにドレスデンやベルリン、ウィーンなどに比べればそれほど大きな宮廷都市ではなかったが、かつては文化の豊かな地であったようである。教育に明るい人であれば、汎愛派の教育学者バゼドウが学院を開いたところとして耳にしたことがあるかもしれないし、美術に明るい人であれば、20世紀初めのバウハウスの所在地であったことを知っているに違いない。このようないくつかの文化的なムーブメントがあった街である。

◆ デッサウの音楽学校

 シュナイダーは宮廷楽長としての職を全うしただけではなく、合唱活動や、デッサウのギムナジウムの音楽活動など様々な音楽活動を行った。その中で代表的なものは1829年に同地で音楽学校を開校したことであった。この学校は残念ながら短命で、1844年に閉校してしまう。その理由は、先にも述べたがメンデルスゾーンが中心になって作られたライプツィヒ音楽院が1843年に開校したことで、生徒が集まらなくなったことも要因だったようだ。しかし、延べで120を超える生徒を集め、卒業生は各地に職業音楽家として就職をしていった。その生徒も、当初はローカルな周辺地域の出身だったが、のちにはオランダ、ベルギー、ロシア、ポーランド、そしてアメリカからもやってきた。まさに国際的な音楽学校であったのだ。カリキュラムも体系的に編まれており、現在でもデッサウの資料館に残されたシュナイダー文庫には、この時の講義ノートが手稿で残されている。またこの学校で使われていたテキストは、閉校後のシュナイダーの晩年に出版された。当時は、フランスのコンセルヴァトワールを皮切りに様々なところで音楽学校が新たな音楽教育のスタイルの試みとして、広まっては消えていった。ライプツィヒのそれは結果として現代まで残ることになり、ドイツで最古の現存する音楽の高等教育機関となっているが、デッサウもそういった試みのひとつであったのだ。前回紹介したように、このころバイエルはベルリンの音楽学校にライシガーの推薦を得て入学する予定であった。結局は断念したのだが、このことも同じような時流での出来事である。

◆ 芸術音楽の普遍性対『バイエル』の普遍性

 前回と今回はバイエルが代理を務めた、二人のオルガニストの群像を追ってきた。バイエルと、シュナイダーとポーレンツの二人は確かにライプツィヒの一時期を近くで共にし、また指導を受けたということが分かったが、それ以上に改めてバイエルを取り巻く当時の音楽の状況を少し詳しく紹介してみた。

 前々回の連載でも指摘したことであるが、通俗的大衆的な音楽の担い手と、まじめな高級文化としての芸術音楽との分化が起こっていたことが注目される。ポーレンツの解任の例がまさにそれを象徴していて、芸術音楽としてのシンフォニックな音楽の高まりを如実に表している事件であったといってよいだろう。シンフォニック=交響曲的な音楽とはドイツの独壇場だった。そういったドイツの器楽の独壇場という状況下では,ポーレンツは一教会音楽家として,そしてバイエルは通俗音楽家として、高く評価されることはなかった。バイエルに至っては,器楽優位の芸術の普遍的価値の信奉者からは酷評された。

 そのバイエルが書いた教本『バイエル』は、ドイツ、中欧を越えて、遠くはアメリカ、ロシア、ポーランドまでの広がりを見せた。これは、本稿で見てきたシュナイダーの音楽学校がやはりそれらの国から生徒を集めたということと一致するのは、単なる偶然ではない。当時の音楽教育の高まりと、ドイツにおける音楽教育の質の高さは国際的に評価されており、その結果がデッサウの音楽学校であり、教材『バイエル』であった、という関係を見るべきであろう。

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫しています。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをします。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなりました。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲しています。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267