『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第19回
メロディーブックと日本人の洋楽学習

 さて再び第18回で見た『メロディーブック』Op.101bis所収の楽曲についての表に戻って、今度は全4分冊の内訳をみてみよう。そうすると、第1分冊だけ民謡が多く占めていることがわかる。そして第4分冊では民謡の占め割る割合はかなり少ない。1ページ当たりの曲数は第4分冊の方が少なく、第1分冊の方が多い。つまり、1曲の長さが第4分冊はかなり長くなっているのだ。その傾向は第2、3分冊と追うごとに強まっている。また、第1分冊第1曲(譜例)を見ると、『バイエル』の前半第1部の手のポジション移動の少ない、いわゆる「静かな手」でほぼ演奏できるようになっている。このことは、おそらく第1分冊よりは第4分冊の方が難易度を上げて編集しているものと思われる。つまり導入は短くて比較的容易な民謡で始まり、最後にはオペラのメロディをたっぷりと弾いて味わうというような、そういう趣向で構想されていると考えられる。


譜例(第1曲)

 次にオペラの内訳をみてみよう。作曲家ごとにメロディーブックに含まれる曲の出典元となったオペラのタイトルをまとめたのが以下の表である。

作曲者名 曲数 出典元のオペラのタイトル 備考
アダン 2 ロンジュモーの馬車、 プレストンのビール屋 
オベール 8 雪、フラ・ディアヴォロ、宮廷コンサート、銅の馬(2)、悪魔の分け前、黒いドミノ、ポルティチのおし娘 リトルフ版で7曲が差し替え
ベッリーニ 5 夢遊病の女(2)、ノルマ、清教徒(2) 
クロイツァー 1 グラナダの野営  
コッポラ 1 恋に狂う女  
ドニゼッティ 12 ランメルモアのルチア(3)、愛の妙薬、ベルジーのジェンマ、ベリサリオ(2)、ルクレツィア・ボルジア、連隊の娘(3)、ラ・ファヴォリート  
フロトー 1 アレッサンドロ・ストラデルラ リトルフ版でベッリーニの楽曲に差し替え
ヘロルド 1 ザンパ  
マイヤーベーヤー 1 ユグノー リトルフ版でアダンの楽曲に差し替え
モーツァルト 4 魔笛(2)、ドン・ジョヴァンニ  
パチーニ 1 サッフォー  
ロッシーニ 5 オテロ、湖上の美人(2)、ウィリアム・テル、泥棒かささぎ リトルフ版で3曲が差し替え
ヴェルディ 4 ナブッコ、十字軍のロンバルディア人、エルナーニ、マクベス リトルフ版ではすべて別の曲に差し替え
ヴァイグレ 1 スイスの家族 
ウェーバー 1 魔弾の射手  
ヴィンター 1 中断された生贄祭り  

*()内の数字は、そのオペラから2曲以上含まれている場合の曲数

 作曲家を見てみると、オペラの作曲家について言えば、ほとんどが今でも有名な人物である。その出どころについても比較的良く知られたオペラからとられていることがわかる。もっとも多いのがドニゼッティ、その次にオベール、ベッリーニ、モーツァルト、ロッシーニである。前回連載の初めに掲載した一覧表には原曲となったオペラの初演の年も記してあるが、18世紀後半のモーツァルトを例外として、そのほとんどが1820〜40年代のものである。出版された1850年当時は、この年代のオペラの旋律が愛好されていたことがわかる。
 ここで注目されるのが、リトルフ版で削除された楽曲の傾向である。前回掲載した表で網掛けをした楽曲が差し替えられた楽曲であり、上記の表の備考にもまとめて記したが、オベールがほぼカットされ、1曲しかなかったフロトウもカットされてベッリーニの曲に変更、ヴェルディに至っては全曲カットされ入れ替えられている。この差し替えには、おそらく時代による嗜好の変化が反映されているものと思うが、このリトルフ版の出版年が明らかになれば、この曲目の変化が時代が進むごとの嗜好の変化を反映していることが読み取れよう。
 また、民謡に注目してみれば、我々にも唱歌としてなじみ深いものが含まれている。例えば17曲目のドイツ民謡と59曲目のアイルランド民謡である。


譜例:17曲目


譜例:59曲目

 譜例2、3を見ると明らかだが、日本語題名で言えば17曲目は前回でも登場した《ローレライ》、59曲目は『庭の千草』である。『ローレライ』は、現在良く知られる近藤朔風による訳詩のものが明治42年(1909年)の『女声唱歌』に掲載されている。《庭の千草》については、日本の学校唱歌の最初期のものである明治17年の音楽取調掛編纂『小学唱歌集第三篇』に、「菊」と言う名前で掲載されている。特に後者の『小学唱歌集』は日本の洋楽式音楽教育の黎明期において、外国曲を多く取り入れて編纂された学校唱歌集であることが近年の研究で明らかになっている。ベートーヴェンも先に述べた『ピアノとリコーダーのための民謡に基づく変奏曲集』作品105(1819年)の1曲としてこの曲を編曲している。
 トーマス・ムーアの作で良く知られるこのThe Last Rose of Summerの歌詞だが、その旋律は歌詞が発表された1805年以前から知られていたという。つまりおそらくは以前から西洋では良く親しまれていて、それがバイエルの『メロディーブック』にも含まれ、また欧米を範として開始した初期の日本の唱歌教育にもいち早く取り入れられたものと思われる。つまり、単にバイエルが知っている曲がたまたま日本でも知られていたということではなく、これらの音楽が同じ欧米のなかで、そしてそれを飛び越えて日本にやって来るようなグローバルな動きで伝播していくその中に『庭の千草』があり、この『メロディーブック』があるというほうが妥当だろう。
 『バイエル原点探訪』でも我々は述べたのだが、『バイエル』それ自体も、ドイツを飛び越えてイギリス、ロシア、ポーランド、そしてアメリカと出版されている。メロディーブックの楽曲を見ると、我々が手にするのは楽譜と言う紙でしかないかもしれないが、鳴り響く音楽はこういうダイナミックな動きをするまさに生き物のようなものなのである。
 《ローレライ》も《庭の千草》も日本人がそれまで知らなかった3拍子、6拍子という新しいリズムである。バイエルの副読本としてこのリズムを学ぶことはなかったが、唱歌として日本人はこの目新しいリズムを学んだ。バイエルを弾くことで唱歌への理解が深まる、逆に、唱歌を歌うことがバイエルを弾くことに役立ったに違いない。振り返ってみれば、唱歌をアメリカから運んできたメーソンの日本着任がきっかけで、日本にはじめてバイエルがもたらされた。唱歌の学習とピアノの学習は一見、別々のことのように見えるが、実は両輪として日本人は西洋の新しいリズムに親しむようになり、やがて女学生が愛唱するまでになった。
 その学び方も通常考えられているように、西洋音楽を西洋人より遅れて学んだというよりも、当時の西洋人と同じ音楽をほぼ同時期に学んでいたと言えよう。洋楽、という視点で見ると、どうしても西洋から取り入れたと考えるのだが、それよりも、西洋音楽文化圏に日本が接続したのだというのが実際だったのではないだろうか。19世紀後半の西洋音楽と日本音楽とは案外同時進行であったのである。  そんなことが図らずもバイエルのメロディーブックに収録された曲の数々から見えてくるのである。

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。

『バイエル』原典探訪

『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相
安田寛 監修/小野亮祐、多田純一、長尾智絵 著

ピアノ楽譜の中で日本で最も有名とも言われる『バイエル ピアノ教則本』だが、この楽譜のオリジナルの姿は、全く知られていない。初心者用ピアノ教本の中で最多の売上と影響力を誇り、出版各社から数多くの同工異曲版が発行されているにもかかわらず、実はそれらはオリジナルの姿と異なり、イラストや併用曲が加えられ、楽典が書き換えられ、肝心の楽譜も「初版」ではない資料にもとづいて作られて、スラーやアーティキュレーションが変更されている。
本書は1850年に発行された『バイエル』の〈初版〉を日本で初めて明らかにするとともに、取材過程で発見された自筆譜をはじめとする様々な情報──初版の発行部数や海外版の発行年、さらには自筆譜との差異を紹介し、日本のピアノ教育界が最も強く深く影響を受けてきた『バイエル』の本来の姿を探る。
『バイエル』は本国で刊行後ベストセラーとなり、すぐさま各国語に翻訳されて国際的に広まり日本にももたらされた。そのオリジナルの姿を知ることは、私達の先祖がどのように西洋音楽を受け入れたかを考える重要な手がかりとなるはずである。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267