『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第22回
幻の教則本が語ること

◆幻の教則本

 チェルニーには複数の教則本があるから、「チェルニー教則本」とは言えず、チェルニー30番とか40番とかいって区別している。しかし、バイエルには1冊しかないので、「バイエル教則本」といえばことたりる。
 そのバイエルはいわゆる「バイエル教則本」の序文で、この後中級用の教則本を書くつもりだ、と気になる予告をしているが、今、知られている「バイエル教則本」は1冊だけである。予告は予告に終わってしまった。
 ところが、調べてみると、バイエルには知られていない2冊目の“幻の教則本”が存在したのである。作品番号で言うと145番で、バイエルが亡くなるおよそ10か月前に出版されている。4冊の分冊からなる教則本で、課題は全部で40ほど、そのすべてが連弾で弾くようになっている。表題は、チェルニー風に翻訳すると『バイエル初級40番連弾練習曲』(40 Lectionen fur den Elementarunterricht auf dem Pianoforte zu 4 Handen)である。


図 「40 Lectionen の表紙」

◆2匹目のドジョウ

 この幻の教則本は今日ではあまり保存されていないようで、筆者の知る限りウィーン楽友協会の図書館とベルリン国立図書館に所蔵されている。所蔵が少ないとはいえ、バイエルの2冊目の教則本は、これまでどうして知られることがなかったのであろうか。世界中で大成功したバイエル教則本の次の教則本なのに、なぜこれほどまでに埋もれてしまったのだろうか。その理由はこの連載ですっかりおなじみになった台帳を見れば一目瞭然である。
 初版は1862年8月9日の日付で出版されている。部数は200部。この200部という数字は、当時としては大きな発行部数だ。今日では有名なモーツァルトの作品でも20部とか30部とかが普通であった。ショット社はバイエルの最初の教則本と同じように、こちらも売れるものとして見込んでいたと思われる。
 ほかには同じ日付で第1分冊から第4分冊までの4分冊本が400部ほど出版されている。それを合わせると初版は600部という大量部数が刷られた、ということになる。
 果たしてショット社の見込み通りになったのか。完全版のほうはその後一度も刷られてない。分冊だけは、20年後の1882年7月25日付で第4分冊が50部ほど刷られている。さらにおよそ16年後に第2分冊と第3分冊とが25部ほど刷られ、その4年後の1902年3月22日に第1分冊が25部ほど刷られて終わっている。
 バイエルの幻の第2教則本は、初版が出版されてから40年間に分冊が合計200部刷られただけで終わっている。出版された全ての部数を合わせるとざっと800部。これでは正に稀覯本である。2匹目のドジョウを狙ったに違いない出版社のあては完全に外れ、最初の教則本の発行部数とは比べるべくもない、営業からいえば失敗作であった。世界的なベストセラーとなった最初の教則本に比べて、2番目の教則本はまさに二番煎じという言葉そのままに、売れなかった。なぜなのだろう。そこでベルリン国立図書館が所蔵しているこの第2の教則本を調べてみた。

 すでに述べた通り、最初の教則本の序文で、バイエルは中級用のものを出す予定だと言っている。この2番目の教則本がそれにあたるのだろうか。しかし意外なことに、中級用ではなく最初の教則本と同じ初級者用のものだったのだ。それは最初の数曲の課題曲を見ただけで一目瞭然である。


図「第1分冊の最初の課題」

◆幻の教則本はなぜ売れなかったのか

 そうなるとまた別の疑問が湧いてくる。なぜバイエルは最初の教則本と変わらないものを再び書いたのだろうか。明らかに最初の教則本の大成功によって2匹目のドジョウを狙ったものとしか思われない。結果は二番煎じにもならない出がらしのような作品になってしまった。40番のどの練習曲を見ても才気といったものが全く感じられない。最初の教則本は初級者用と言う制約の中で、可能な限りインスピレーションに溢れた曲が準備されている。ピアノを始めたばかりの幼児が弾くという制約の中で、あれほどの楽しい曲をたくさん書くことは難しいことではなかっただろうか。それに比べて第2の教則本は、洗練された運指を養うなどとそれらしく謳ってはいるものの、その音の動きは全く機械的で少しも面白みが感じられない。そんな曲がほとんどを占めている。同じ作曲家が書いたとはとても思えないほど退屈なのだった。


図「第4分冊から36番と37番」

 第2の教則本の売れ行きが不振だったのは、明らかに内容に問題があったせいだと考えられる。想像に過ぎないが60歳にもならない若さで亡くなったバイエルを考えると、第2の教則本が出版されたのは最晩年である。亡くなる10か月前のバイエルの状態は、どうだったのか。大量の編曲で気力も体力も限界に達していたのかもしれない。第2の教則本は、まるで第1の教則本の前半の下書きのような作品である。そうでないとしたら、同じ作曲者が書いたとは思えない内容の違いである。大きな需要があっただけに、次々と編曲をして出版しなければならなかったバイエルは、相当消耗していたに違いないのである。消耗しきったバイエルが書いた最後の作品は何だったのだろうか。

◆バイエルの最後の作品

 バイエルの晩年にはまだ謎が多い。すでに紹介したように、バイエルの死後、作品を管理していた妻が、折に触れて出版社に持ち込み出版していたらしいこともそうである。バイエルが書いた最後の作品がどれかもよく分からない。1900年のショット社のカタログで見ると、作品番号では156番が最後のもので、ロッシーニの「スターバト・マーテル」を4手のピアノのために編曲した作品である。作品番号は一応作曲順に付けられているとすれば、これがバイエルの最後の作品であると考えられる。しかし、そこには疑問が残る。というのは、カタログには、その後にも、作品番号の無い作品が多く掲載され、なかでも、営業面ではバイエルの最も成功したシリーズ「愛国歌」が1番から70番まで掲載されているからである。
 その64番「ヤンキー・ドゥードゥル」の」プレート(版下)番号は22912で、バイエル作品のプレート番号のなかでは最も大きな番号だ。バイエルでは作品番号、出版年月日、プレート番号の関係がかなり複雑である。作品番号の順番と出版年月日の順番が一致していない。同じ作品番号でも数曲含まれる場合、例えば作品126には23曲が含まれていて、最初の1番のプレート番号は、12549で、最後の23番のそれは18559で、ずいぶん開きがある。つまり同じ126という作品番号でも、第1番と第23番とでは、出版年月日にずいぶん開きがあるということになる。出版社の方で順次、出版していったと考えることも出来るが、バイエルの場合、作品番号は作曲順を判断するのに当てにならない可能性の方が大きい、と言わざるをえない。

◆バイエルのプレート番号の謎

 そこで、逆にバイエルの亡くなった前後の日付のあたりの刊行台帳を見てみることにした。すると、最晩年に出版されたものは以下の同日付の2作品と幻の教則本とであった。

『ピアノ名曲集』作品番号42、No. 81、〈クロイツァーのオペラ:グラナダの夜警〉1862年6月18日付初版(プレートナンバー:16928)

『航海の思い出』作品番号126、No、20、〈ヴェルデイのオペラ:イル・トロヴァローレの有名なミゼレーレ〉1862年6月18日付初版(プレートナンバー:16929)

『バイエル初級40番連弾練習曲』作品番号145、1862年8月9日付初版(プレートナンバー:16542)

 作品126と作品145はともかく、作品42といえば、1850年に出版された教則本の作品番号110よりもずっと若い番号である。それがバイエルの最晩年の1862年に出版されている。これは一体どういうことだろうか。作品番号からいえば、ずっと前に書いた作品であるはずである。若い時に書いた作品がずっと後になって出版されたのだろうか。それとも最晩年の作品が作品42に編入されたのだろうか。どうやら、バイエルの作品番号は常識に当てはまらないようだ。
 プレート番号も疑問だらけだ。バイエルの出版された最後の作品のプレート番号は小さい順に、16542、16928、16929 である。そうなると、このプレート番号より大きい番号を持つプレートはバイエルの死後作成されたプレート、版下だということになる。不思議なのは、バイエルの作品のプレート番号には、16929 よりも大きい番号が多数あることである。ちなみに、すでに紹介したバイエルの死後出版された『メロディーブック第2巻』と『メロディーブック第3巻』もそうである。プレート番号はいずれも17066 である。これは一応、バイエルの遺稿を妻が管理していたからだ、という理由で納得した。
 しかし、この理由では納得出来ないものがある。op.112、 No.57 はワーグナーの〈ラインの黄金〉を編曲したファンタジーである。そのプレート番号は20827である。この楽劇の初演は1870年なので、バイエルが聴いたはずがない。作曲は1854年なので、バイエルは初演以前に印刷前の自筆譜を見て編曲したのだろうか。ショット社はワーグナーの楽劇を出版したので、それも全くあり得ないというわけではないが。
 しかし、No.67 の〈神々の黄昏〉、No.71 の〈パルジファル〉が作曲されたのはバイエルの死後なので、草稿を見て編曲することは不可能である。これらはバイエルのop.112 とされているが、明らかにバイエルが書いたものではない。

◆バイエル・ゴーストライター説が暗示するもの

 バイエルが書いた最後の作品は何かという疑問を追求すると、図らずもゴチェフスキが提起した問題、バイエルにはゴーストライターがいたのではないか、という問題が再燃してくる。バイエルの早過ぎた死で最も痛手を被ったのは出版社だったのである。
 バイエルは今日でいうなら、人気作家や人気漫画家のような存在で、彼らといえばとかく優雅な高額印税生活を想像してしまうが、出版社の奴隷のように酷使されるという面を見逃せない。グローヴ音楽事典では、バイエルのことを出版社のハンガーにぶら下げられた洋服のように比喩している。19世紀にはバイエルのような作曲家は多数存在したに違いない。大作曲家と違って、彼らが注目されることはない。もちろん作品全集が編まれることもない。とにもかくにも、バイエルが1冊の教則本によって注目されるのは異例中の異例なのである。教則本が無かったら、バイエルは他の同類の作曲家と同じように歴史のなかに埋没するしかない存在であった。しかし歴史のなかに埋没した彼らを見ることも音楽史の重要な側面である。光が当たらない彼らに光を当てることこそが、評論ではなく、研究という使命からは必要なことなのではないか。そのことをバイエルのゴーストライター説が教えてくれる。バイエルにはゴーストライターがいたのか、バイエルの第2の教則本のあまりに薄い内容とも絡み合ったこのミステリーは追って行かなければならない。

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267