『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐
新着記事

第13回
1819年のライプツィヒ音楽界の定点観測

前回は、1819年にバイエルが演奏した楽曲の作曲家を、演奏回数の多い順に並べた表を掲載した。

最も多いのはやはり当時のトーマスカントール(トーマス教会聖歌隊の指導者)であった、シヒトである。次いで多いのは当時ライプツィヒ大学の学生として音楽活動をしていたライシガーで15回、以下ハイドンが6回、ミューリンクとツェルナーが5回、シュナイダーが4回、バッハとモーツァルトが3回、残りの19人は2回か1回というところである。実際は1日で同一作曲家による曲が2つ以上演奏されているときもあるが、平均してみるとおおむねシヒトについては2回に1度(ほぼ隔週)、ライシガーは4回に一度(ほぼ1か月に1度)、ハイドンが10回に1回(2、3か月に1度)ほど、のペースというところだろうか。かつて大バッハもトーマスカントール着任からの5年間、教会カンタータを毎週作曲して聖歌隊に指導し、演奏したとされているが、それから100年たった当時もカントールが作曲、指導、演奏をするという伝統は当時も変わらず続いていた。

この表に登場するライプツィヒとは直接関連がないサルティ、ヒンメル、ビーエライの3人の作曲家をまず取り上げてみよう。 

ジュゼッペ・サルティ(1729-1802)

2曲取り上げられているイタリア出身のサルティは、オペラやジングシュピールの作曲で著名になった音楽家であった。若いころのことはあまりよくわかっていないようだが、コペンハーゲンで宮廷楽長となったのを皮切りに、最終的にはエカテリーナ二世に招聘されてロシアの宮廷楽長としてオペラを精力的に作曲した。また、後にパリの音楽院院長まで上りつめたケルビーニの教師でもあった。さらにモーツァルトはサルティに会えたことに感激し、また楽曲の一節をドン・ジョヴァンニのなかで引用するなど、その名声はオペラを中心に轟いていたようだ。

フリードリヒ・ハインリヒ・ヒンメル(1765-1814) ベルリン宮廷楽長

同様にオペラで著名だったのが、ヒンメルである。彼は独学でピアノを学び才能が認められて、奨学金をもらってドレスデンで専門的な勉強を続け、ピアニストとしてデビューした。奨学金を出したベルリンの宮廷に戻り、今度は歌曲やジングシュピール、オペラなどで活躍、イタリアなどでもオペラ上演で成功をおさめ、最終的にはベルリンの宮廷楽長となった。1819年3月と11月に演奏されたVater Unserは1811年ごろに作曲され、1860年ごろまでは聖歌隊のレパートリーとして歌い継がれていた。

ヒンメル モテット≪Vater unser≫(1815年ごろ)

ゴットロープ・ビーエライ(1772-1840) ブレスラウ劇場音楽監督

1曲しか演奏されていないが、ビーエライも当時の重要音楽家である。サルティ、ヒンメルはすでにこの世を去っている旧世代の音楽家だが、ビーエライは存命中でちょうどベートーヴェンと同世代となる。彼は、当時のトーマスカントールのシヒトの後任であるヴァインリッヒに音楽を習っており、いわばバイエルと同じ先生に習った関係にある。最終的にブレスラウの劇場の監督となるが、やはりオペラで有名となり、当時の音楽新聞『一般音楽新聞』では「ドイツで愛される音楽家」の一人として挙げられるほどであった。

以上取り上げた3名の音楽家は、たしかに現在音楽史上では無名ではあるが、バイエルが親しんだ作曲家であり、当時の売れっ子作曲家の作品として、憧れを持って演奏をしたものとおもわれる。

表に出てくるライプツィヒとの関連のある音楽家は、まずはなんといっても大バッハをはじめとする元トーマスカントール達であろう。バッハ以降シヒトまでの6名のうち、5名(バッハ、ドーレス、ヒラー、ミュラー、シヒト)の楽曲が取り上げられている。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-175)

バッハに関しては、この1819年に演奏されている3つのモテット『主に向かって新しい歌をうたおう』 BWV225、モテット『御霊は我らの弱きを助けたもう』BWV226、モテット『イエスはわが喜び』BWV227は当時から非常に人気が高かったようで、決してバッハの楽曲自体の演奏頻度が高いとは言えないものの、これらの作品だけは必ずと言っていいほど毎年のように演奏されている。

1829年のメンデルスゾーンによる「マタイ受難曲」の復活上演をきっかけにバッハが一気に注目されるようになったことは有名な話だが、それがあまりにもクローズアップされて、それに至るまでにはこのように細々だったかもしれないが受容がなされていたことが、バッハ復活蘇演へとつながったことが見過ごされている。

ヨハン・フリードリヒ・ドーレス(1715-179)

大バッハの二代後のカントールがドーレスである。大バッハの弟子でもあるドーレスは、30年以上の長きにわたってカントールを務めた。1819年には1回しか登場していないように、それほど頻繁に演奏されていたわけではないが、前回紹介したトーマス教会聖歌隊の演奏データベースを見ると、おおむね1830年代までは根強く演奏され続けていたことがわかる。

ヨハン・アダム・ヒラー(1728-1804)

ドーレスの次のカントールのヒラーは、非常に多岐にわたって業績を残した音楽家で、トーマスカントールとしての仕事は実はその一部でしかない。教育活動に尽力し、本格的な音楽大学が成立する半世紀以上前から、ライプツィヒに歌唱学校を設立して音楽家を輩出していた。またドイツ語によるジングシュピールを確立したのも彼と言われ、その一部は聖歌隊たちも演奏したようである。そしてなんといっても最大の業績は、現在もドイツを代表するオーケストラの一つであるゲヴァントハウス管弦楽団の初代楽長となりその礎を築いたことである。これ以降このオーケストラはライプツィヒの音楽文化の屋台骨となってその求心力を高め、メンデルスゾーン、シューマンをはじめとする音楽家を引き寄せて活躍の場を提供した。おそらくバイエルもそれに大いに魅了されて、ライプツィヒにあこがれをもった一人であろう。

アウグスト・エバーハルト・ミュラー(1767-1817)

ヒラーの次を継いだのがミュラーだが、人間関係の折り合いの悪さから、わずか5年ほどでヴァイマールの宮廷楽長となってしまう。実はすでにミュラーは本連載の第7回で『バイエル・ピアノ教則本』の番外曲の謎を解く練習曲の作者として登場している。しかも、その練習曲は『バイエル・ピアノ教則本』と共に、明治期に日本に最初に入ってきたピアノ練習曲で、ピアノ教育が始まったばかりの当時は『バイエル』の次にミュラーの練習曲を使用していたふしがある。短期間の在任ではあったがこの両者は、奇しくも時代を超えてライプツィヒのトーマス教会聖歌隊でつながっており、しかもそのミュラーの作品を確かに少年バイエルは歌っていたのだ。さらにかつてのトーマス学校の音楽図書館のカタログによれば、まさに『バイエル』と共に日本に初めに入ってきたミュラーの練習曲Instruktiv üebungsstücke für das Pianoforteが所蔵されており、バイエルもこれを見たり弾いたりしたのかもしれない。

ヨハン・ゴットフリート・シヒト(1753-1823)とその弟子

バイエルが聖歌隊に入隊した時のトーマスカントールがシヒトだ。世代的にはちょうどモーツァルトと同じくらいで、大学時代をライプツィヒで過ごしたシヒトは、当時トーマスカントールだったヒラーに勧められ音楽の道と進む。同時に、ゲヴァントハウス管弦楽団の一員として活躍をし、のちにヒラーの後任楽長に着任するなど、すでにトーマスカントールになる前からライプツィヒの音楽シーンには欠かせない人物となっていた。1819年にバイエルが歌ったシヒトのモテット”Nach einer Prüfung kürzer Tage”や” jesu meine zuversicht”は、しばらく聖歌隊の定番レパートリーとして1860年代まで歌い継がれていたようだ。
 このように作曲・演奏活動で活躍したシヒトは、教育活動にも非常に力を注いだ人物であった。その点は、何十人と弟子のいた大バッハ、歌唱学校を開いたヒラー、教則本を数多く著したミュラーと先代カントールにも同じような傾向にあったのだが、シヒトは鍵盤楽器、歌唱、和声の教則本、ないしは教育的配慮をもって編纂した曲集を出版した。少年バイエルもまずはシヒトのそうした教育活動の中から、音楽家への道を歩み始めたといってよいだろう。

シヒト モテット≪Nach einer Prüfung kürzer Tage≫(1818年)
シヒト モテット≪Jesu meine zuversicht≫(1819年)
シヒト 『和声の基本原則』(1798年・自筆)
シヒト『教会、学校、合唱団、オルガン奏者、ピアノ奏者のためのコラール集』(1819年)より
(Youtubeへのリンク:https://www.youtube.com/watch?v=xjWWYWgIhuk

実は、この1819年の演奏曲一覧表には聖歌隊員としてシヒトの教えをうけた作曲家がいる。それは、1回演奏されたアイネルトと5回演奏されたツェルナーである。二人とも生年を見てわかる通りバイエルと比較的近い世代である。また、3人の聖歌隊入隊時期を見ると、少なくともバイエルが聖歌隊入隊当初は同じ寄宿生として起居を共にしていたと考えられる。つまり、バイエルの先輩というわけだ。

カール・フリードリヒ・アイネルト(1798-183) ワルシャワ・オルガニスト

アイネルトはちょうどこのころポーランドへ移り、その後ワルシャワでオルガニストとして活躍することになる。そして若くして亡くなるのだがその葬儀にはエルスナー(エルスネル)という当地の音楽家も参列していたという。エルスナーといえばワルシャワ時代のショパンの教師だった人物で、ちょうど師弟関係にあったのもこの時期である。バイエルの同窓の先輩が実はショパンに近いところにいたとも想像すると非常に興味深い。

カール・フリードリヒ・ツェルナー(1800-1860)

ツェルナーはおそらくこの時はライプツィヒ大学の学生となっていたのだが、神学の勉強をする傍らで歌唱指導の教授所を設立する。その後は特に男声合唱の指導やレパートリーづくりに尽力した。作曲活動においては民謡調の楽曲も多く、今でもドイツで民謡として大変親しまれて歌われている「さすらいDas Wandern」が有名である。

ツェルナーDas Wandern
(Youtubeへのリンク:https://www.youtube.com/watch?v=0DR7YfO8r04

この曲の詩はシューベルトの「美しき水車小屋の娘」の第1曲の「さすらい」と同じものである。シューベルトの曲のほうは一義的に芸術歌曲と決めてかかって我々は見るが、当時としてはまだ大衆の歌と芸術歌曲としてのドイツ歌曲との間には明確な境界線はなかったのではないだろうか?

今回は1819年にバイエルが聖歌隊で歌ったレパートリーの作曲者を見ていくことで、ライプツィヒから定点観測した音楽史を見てみた。現在われわれが良く知る作曲家も当然当時受容されていたが、受容のされ方が現在とは少し違っていたり、またわれわれのまったく知らない音楽家であっても、当時の一世を風靡したような作曲家であったりした。これこそ、ウィーン古典派―ロマン派、という一般的な音楽史記述では見えてこない、本連載の副題にある「無自覚な音楽史」の一端であるともいえよう。飛躍を承知で言えば、バイエル教則本を通して、われわれの感覚はこれら今では無名の音楽家につながっているのではないだろうか。

次回は、今回扱えなかったライシガーなどのさらに聖歌隊員バイエルに近い存在の人物と、演奏レパートリー以外にバイエルの訃報に掲載されたライプツィヒゆかりの人物を取り上げ、さらにライプツィヒからの音楽史的定点観測を進めることにしたい。

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫しています。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをします。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなりました。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲しています。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267