『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第28回
出版社とバイエル家

◆ワーグナー編曲はいったい誰が書いたのか?

 今回検討する資料は、2つのシリーズものから選んだ。一つは、Souvenier de Voyage pour Piano Op.126(『旅の土産』作品番号126)のシリーズ。このシリーズの第21番 ” Le Sorelle par muzio”(ムツィオ『姉妹』)と第22番 ”Borelo de L. Arditi”(アルディーティ『ボレロ』)の自筆譜から、ゴーストライターとおぼしき名前が浮かび上がってきた。V.Beyer である。
 もう一つは、Répertoire des jounes Pianistes、 petites Fantasies instructivs sur des motifs d’opéra favoris pour Piano Op.36(『若きピアニストのレパートリー、ポピュラーなオペラのモチーフに基づく教育的な小幻想曲』)と題された、オペラ編曲に特化したシリーズ。このシリーズからは、F.バイエルの手によることが明らかな、シリーズの一番はじめの楽譜と、ワーグナー作品編曲を含む、明らかにバイエルの死後に書かれたであろうと思われるものをお願いしていて、希望通りに出してもらえていた。
 シリーズはじめの作品、プレート番号8016〜8019の資料は、すべてベッリーニのオペラからの編曲だ。しかもこれらの4曲の手稿譜は、一つの表紙だけをつけてまとめて綴じられていた。そこで刊行台帳を確認してみると、この4曲は1845年1月29日に同時に出版されている。やはり、自筆譜の在り方と出版の在り方はリンクしている。
 しかも、この4曲は売れに売れたようだ。例えば第1曲ははじめに200部印刷したのち、同じ年に8回、そのうち3回は4月だけで増刷している。その増刷の仕方も興味深い。一番はじめは200部、その後6回は50部ずつ、7回目は100部、そして8回目は400部。「売れるか? 売れるか?」と少しずつ増刷しては売れ行きを推し量りながら、売れるとわかれば最後は400部と大きく出たようだ。その後毎年のように400部かそれ以上の部数で増刷され続ける。あまりにも売れ続けたので、標準フォーマットを飛び出して刊行台帳に追加で張り付けられた予備ページにおよび、最後は1918年まで印刷され続けた記録が残っている。『バイエルピアノ教本』でも見た、まさに売れっ子バイエルの面目躍如。
 さて、その手稿譜の表紙には、以下のような記述がある。

Petite fantasies instruktife(教育的な小幻想曲)
Ferd: Beyer op. 36 No1 bis 4 Herrn B. Schotts Söhne(F.バイエル作品36第1〜4番 ショット社宛て)
in Mainz F. Beyer(マインツにて、F.バイエル)

 日付はないが、しっかりとF.バイエルの名前を含む「宛先、署名」が書かれていた。
 次に、比較のため、バイエルの死後に出版されたものを見てみよう。気になるのはバイエルが聞いていないはずのワーグナー作品の編曲だ。まずプレート番号19779の第109曲目、ワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』を見てみる。マイスタージンガーの初演は1868年、すなわちバイエルの死後5年後。バイエルはその音を聞いているはずがない。

 手稿譜を見てみよう。表紙の表には以下の記述があった。

Repertoire des jeunes Pianisten(『若きピアニストのレパートリー』)
Par Ferd. Beyer(F.バイエル作)
Op.36(作品36)
No109 Die Meistersinger von Nürnberg von Richard Wagner(第109番『ニュルンベルクのマイスタージンガー』)

 前に見た作品36のシリーズのように、F.バイエルの作品であることを示す、そっけない表紙だ。しかしこのそっけなさは、先に見た表紙の裏にV.バイエルの名前が現れる手稿譜に類似していた。これにピンと来きて、裏を見るとやはり同じように以下の記述があった。

Répertoire de jeunes Pianistes(『若きピアニストのレパートリー』)
Par Ferd. Beyer. (F.バイエル作)
No109 Die Meistersinger von R. Wagner (第109番『マイスタージンガー』)
Continué V.Beyer.(V.バイエルにより継続)

 やはり「V.バイエルにより継続」とある。しかもレイアウトも同じだ。これでますますワーグナー編曲も含め、V.バイエル、ゴーストライター説が色濃くなってきた。というより、V.バイエルというゴーストライターがいたことはほぼ確実だろう。

◆出版社とバイエル家

 はじめに見たように、バイエルの死後すぐは、バイエルのいわば遺稿があったので、遺作が出版された。前回検討したメロディーブックもその一つだ。だからここにはゴーストライターは現れなかった。死期が近くなって筆が遅くなっても、売れっ子バイエルは書き続けた、いや、書き続けさせられたのだろう。そしてバイエルがいよいよ亡くなると、ショット社はさぞかし困ったことだろう。売れる「ブランド名」をここで終わらせたくなかったはずだ。しばらくは遺稿がある。しかしその遺稿が尽きたその後は、ゴーストライターV.バイエルによってひっそりと引き継がれたのだ。引き継がされた、というほうが妥当なのかもしれないが。ショット社としては、いわゆるドル箱であるシリーズものを、バイエルが死んでも打ち切ることが出来なかった。しかし、これは出版社側の事情。では残されたバイエル家はどうしていたのか。
 第21回で紹介した妻カロリーネの手紙にあるように、妻は遺稿をしっかり管理し、出版交渉も行っていた。彼女は管理していたバイエルの遺稿を出版社に売り、その代金を受け取っていた。当時は今日のように印税制度はなく、買い取り制度だった。印税制度ならバイエル家には死後も多額の印税が入ってきて潤っただろうが、買い取り制度だったことで、ゴーストライター説にはある疑問が生まれる。
 バイエルの遺稿も尽きた後、出版社がドル箱を失いたくないためにゴーストライターを用意したのであれば、当然、バイエル家と問題を起こしたはずである。買い取り金額の一部はバイエル家に支払われたのか。ゴーストライターとバイエル家とはどのような関係だったのか。問題はなかったのか。いくらか受け取ることでゴーストライターを容認したのだろうか。
 V.Beyer というゴーストライターがいたことがほぼ確実になった今、また新たな疑問が湧いてきた。

 ……V.Beyer とは何者なのか?

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267