『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐
新着記事

第18回
ピアノ初学者の併用曲集の原型はポップスだった

 前回は『バイエルop.101』、いわゆるバイエルピアノ教則本の付録であり、併用曲集であり、元来ならバイエルと同時に日本に輸入されてしかるべきであった3巻の『メロディーブック』op.101bis、同op.148、同op148bis.の概要を紹介した。表紙に書かれた情報から、これらの3巻はアメとして一種の気晴らしであり、ムチである教則本『バイエル』との連携を意識して編纂されたことが分かった。生徒にはムチであるバイエルはアメである併用曲集と一体になってはじめて教育的効果が発揮されるものであったとしたら、日本にはアメ無しのムチしか取り入れられず、ピアノ教育に期待されていたのが、禁欲的なリゴリズムで肉体と精神の厳しい訓練であったということが、あらためて浮かび上がって来るのである。

 公開されたショット社の刊行台帳によって、最初の巻op.101bisは本体の『バイエル』とほぼ同時に出版されたことが確かめられる。しかも、これまた奇しくも日本人にはなじみ深い楽曲(前回取り上げたのは《ローレライ》だった)が含まれている、そんな曲集であったことがわかった。さて、今回は、もともとは『バイエル』と一緒に弾くはずだった第1巻に、はたしてどんな楽曲が含まれているのか、そこから見えて来ることは何か、について探ってみよう。

◆ 『メロディーブック』Op.101bis所収の楽曲について

 第1巻に含まれている全100曲のタイトルを収録順に、原曲がある場合はその初演年と作曲者、そして楽曲の調性を一覧にして眺めてみる。

分冊 番号 タイトル 原曲初演 作曲者 調 分冊 番号 タイトル 原曲初演 作曲者 調
1 1 ドイツの歌     C 2 51 ドイツの歌   ネーゲリ F C F
2 ドイツの歌     G 52 ルクレツィア・ボルジア 1833 ドニゼッティ B
3 ドイツの歌     C 53 ウィリアム・テル 1829 ロッシーニ F
4 ドイツの歌     F 54 イングランドの歌     C
5 オテロ 1816 ロッシーニ C 55 十字軍のロンバルディア人 1843 ヴェルディ D, G
6 ドイツの歌     F 56 スペインの歌   ゴミス C
7 ドイツの歌   ポーレンツ C 57 狂おしき愛 1835 コッポラ F
8 ランメルモアのルチア 1835 ドニゼッティ G 3 58 夢遊病の女 1831 ベッリーニ B
9 愛の妙薬 1832 ドニゼッティ C 59 アイルランドの歌     F
10 ドイツの歌   モーツァルト G 60 べリザリオ 1836 ドニゼッティ C
11 ヴェルジーのジェンマ 1834 ドニゼッティ C 61 イタリアの歌     G
12 ドイツの歌     F 62 青銅の馬 1835 オベール C
13 ロシアの歌     G, C 63 チロルの歌     C
14 イタリアの歌   カラッファ D, G 64 ノルマ 1831 ベッリーニ F
15 ボヘミアの歌     C 65 ロシアの歌    
16 スイスの家族 1809 ヴァイグル F 66 ヴェネツィアの歌     F
17 ドイツの歌   ジルヒャー C 67 チロルの歌     C
18 ポーランドの歌     G 68 魔笛 1791 モーツァルト G
19 イングランドの歌   ケーリー C 69 湖上の美人 1819 ロッシーニ C
20 フラマン地方の歌     G 70 清教徒 1834 ベッリーニ G D
21 ナブッコ 1842 ヴェルディ C 71 連隊の娘 1839 ドニゼッティ C G
22 ドイツの歌     F 72 スイスの歌     G
23 ドイツの歌     C 73 サッフォー 1840 パチーニ C
24 ロシアの歌     G 74 チロルの歌     F
25 スペインの歌     D 75 清教徒 1834 ベッリーニ C
26 ベリサリオ 1836 ドニゼッティ G 76 オーストリアの歌    
27 スイスの歌     G 77 悪魔の分け前 1843 オベール C
28 ドイツの歌     C 78 スコットランドの歌     F
29 ドイツの歌     F 79 ドイツの歌     C
30 スコットランドの歌     B 80 プレストンのビール屋 1838 アダム F
31 ネジェ 1823 オベール F 81 連隊の娘 1839 ドニゼッティ C
32 ドイツの歌   シュルツ C 82 魔笛 1791 モーツァルト G
2 33 アレッサンドロ・ストラデッラ 1844 フロトー F 83 アイルランドの歌     C
34 ポーランドの歌     G 84 ドイツの歌     F
35 イタリアの歌   パイジェッロ G 85 エルナーニ 1844 ヴェルディ C
36 フランスの歌     D 4 86 ドイツの歌     G
37 ドイツの歌     A 87 連隊の娘 1839 ドニゼッティ C
38 ポーランドの歌     a 88 スイスの歌     G
39 ドイツの歌     F 89 ラ・ファヴォリート 1840 ドニゼッティ D
40 ロンジュモーのポスティオン 1836 アダム F, C, F 90 泥棒かささぎ 1817 ロッシーニ G
41 ロベルト・ブルーチェ 1846 ロッシーニ G 91 ザンパ 1831 エロルド D
42 オーストリアの歌     D 92 黒いドミノ 1837 オベール G
43 ランメルモアのルチア 1835 ドニゼッティ G 93 ランメルモアのルチア 1835 ドニゼッティ D
44 青銅の馬 1835 オベール C 94 ポルティチの唖娘 1828 オベール G
45 ドイツの歌   ケラー F 95 グラナダの野営 1834 クロイツァー c, C
46 夢遊病の女 1831 ベッリーニ C 96 中断された生贄の祭り 1796 ヴィンター G
47 フラ・ディアヴォロ 1830 オベール G 97 魔弾の射手 1821 ヴィンター C
48 宮廷演奏会 1824 オベール C 98 ユグノー 1836 マイヤーベーア F
49 スイスの歌     G 99 ドン・ジョヴァンニ 1791 モーツァルト B
50 フランスの歌     C 100 マクベス 1847 ヴェルディ F

 一覧にしてまず気づくことは、タイトルが《〜〜の歌》となっているものとそうでないものとに分かれていることである。そうでないものはすべてオペラの曲である。オペラのアリアか曲の編曲である。

 オペラのアリアというと日本ではオペラ歌手が朗々と歌う高尚な歌としてとらえがちであるが、当時の感覚で言えば、今日の日本のニューミュージックやJ-POPといった流行歌に近いものであったようである。モーツアルトのオペラを最初に熱狂的に歓迎したのはウィーンではなくチェコのプラハの人々であった。彼らは街のいたる所でフィガロの結婚のアリア〈もう飛ぶまいぞこの蝶々〉を口ずさんでいたという。オペラのアリアとは、今日の映画主題歌とかミュージカルの歌に相当しよう。もっと身近な例ではテレビの連続ドラマの主題歌のようなものに当たるだろう。

 では、もう一方の《〜〜の歌》とは何であろうか。《〜〜の歌》は、もとはフランス語で《Air de・・》と記されており、ここでは民謡など各地域で親しまれている歌の事を指しているようである。「ようである」と言ったのは、実はバイエルがこれはいったい何の曲なのかを明らかにしていないからである。だが、これについては、興味深い後続版を我々は入手することができた。出版年は特定できていないものの、フランツ・レリング(Franz Relling:詳細不明)なる人物によって編集しなおされ、リトルフ社から出版されたものなのだが、そこには丁寧にバイエルが書かなかった楽曲名をドイツ語ですべて追記してあるのだ。これにより、我々はこの《Air de・・》については民謡であることがわかる。詳細は後述するが、実はこのレリンクの手による後続版では、楽曲の入れ替えがなされている(表で網掛けをしたもの)。つまり、勝手に手を加えた節があるのだが、しかしこれがあるおかげで、もともとの物が何であるかがわかったりするのだから、後続版と言っても決して馬鹿にはできない。

 ここでは「民謡」という言葉を使ったが、当時は民謡という学術用語はまだ無く、ただ「Air」とだけ呼ばれていた。日本語で言えば、唄とか節とかであろうか。そのほとんどはいつとはなしに口承されてきた歌であった。長い年月自然に伝承されてきたということは、そのまま長く多くの人に親しまれている歌を意味していた。文字通りポップスなのである。

◆ オペラ対民謡

 それでは民謡とオペラの両者はどのくらいの割合で掲載されているのだろうか。それらを(民謡はさらに地域別に)集計したものが以下の表である。また、『メロディーブック』は4冊に分けた分冊版でも出版されているので、次の表では分冊ごとの集計も行っている。

民謡・オペラ別集計    
ドイツ民謡・Air Allemand 21    
イギリス民謡・Air Anglais 2    
オーストリア民謡・Air Autrichien 2    
ボヘミア民謡・Air Bohemien 1    
スコットランド民謡・Air Ecosais 2    
スペイン民謡・Air Espagnol 2   各別冊ごとのジャンル集計
フランドル民謡・Air Flamand 1   第1分冊(民謡数) 24
フランス民謡・Air Francais 2   第2分冊(民謡数) 13
アイルランド民謡・Air Irlandais 2   第3分冊(民謡数) 13
イタリア民謡・Air Italien 3   第4分冊(民謡数) 2
ポーランド民謡・Air Polonais 3   全民謡数 52
ロシア民謡・Air Russe 3   第1分冊(オペラ数) 8
スイス民謡・Air Suisse 4   第2分冊(オペラ数) 12
チロル民謡・Air Tyrolien 3   第3分冊(オペラ数) 15
ヴェネツィア民謡・Air Venetien 1   第4分冊(オペラ数) 13
総計 52   総オペラ数 48

 楽曲のジャンルの点から見ると、オペラが48曲、民謡が52曲となっている。若干民謡が多いものの、ほぼ同数となっている。注目したいことは、いわゆる器楽、例えば交響曲、協奏曲やドイツ・リートといったものの編曲は1曲も含まれていないことである。

 分冊が下るほどオペラからの割合が増える傾向にあるので、オペラからの曲の編曲より民謡の編曲の方がより初心者向きと考えられていたことが分かる。

 民謡の地域的な内訳もこの表によると、ドイツ民謡が半分くらいを占めている以外に、15もの地域・民族のものがおさめられている。ヨーロッパに限定されているものの地域的多様性に富んでいるのも特色である。

 そういえば、バイエルはこのような地域的多様性を持った外国民謡の編曲シリーズともいえる曲集を同じショット社から出版している。その代表は『祖国の歌Chants patriorique(Vaterlandlieder)』(Op番号なし)と題されたシリーズである。1900年に出版されたショット社の出版物一覧カタログで調べてみると、このシリーズは全部で70曲を数えることができる。その中にはスペイン国歌、ポルトガル国歌など国歌を編曲したものや、『メロディーブック』のように様々な地域で親しまれる民謡がおさめられていることが明らかだ。中でも注目されるのは、中国の歌、ブラジルの歌の他に、日本の『舟歌Schifflied』に基づくものも含まれていることである。これについては、すでに『ムジカノーヴァ』(2006年9月、第37巻第9号62〜65頁)でヘルマン・ゴチェフスキ氏が「バイエルって誰?死んでも作曲し続ける作曲家と謎の《日本の船乗りの歌》」として詳しく紹介しているので、興味がある方はそちらを参照して欲しい。

 こうしたことから、当時のヨーロッパでは世界中の音楽に興味を示しており、仕事の関係上かもしれないが、バイエル自身もそうした音楽を知っていたのだ。後に『バイエル』が最も多くつかわれる国になる日本の楽曲を、なによりも作曲者バイエルが知っていたことはとても興味深い事実である。

 またこのような楽譜が出版されているということは、ドイツのもののみならず他地域の楽曲をピアノで演奏して楽しむという文化がドイツにあったことをうかがわせる。あまり知られてはいないが、ベートーヴェンはリコーダーとピアノのための楽曲に民謡を編曲しているし、ハイドンもスコットランド民謡をヴァイオリンと通奏低音などのために400曲を超える編曲をしているのである。これから分かることは、いわゆるソナタなどのクラシック曲ではなく、民謡こそが広く好まれていたのである。

 『メロディーブック』はそのような文化を背景として、人々に広く好まれたオペラのアリアや民謡によって編纂された教則本併用曲集だったのである。併用曲集が弾けるようになりたいがために、バイエルでのやや無味乾燥で、一歩一歩正しい順序でのトレーニングを我慢した、ともいえる。今日の日本でも、アニメソング、ゲームソング、ミュージカルソングを集めた初心者用のピアノ併用曲集がたくさん出版されているが、それらはまさに『メロディーブック』の日本現代版であるといえよう。いつの世でも、みんなが好きなのは歌なのである。だから、ピアノも歌わなければいけなかったのである。『バイエル』だけだと歌を忘れたカナリヤである。裏の山でなくても、本棚の奥に、それでバイエルをしまいこんだ人も少なくなかったのであろう。

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267