『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐

第27回
バイエルの健康悪化がゴーストライターを用意させた?

 前回、ゴーストライター説の原点ともなったオリジナルの資料を見たことで、予想に反してゴーストライター説は否定された。しかし、まだ検討した資料は3点のみ、ゴーストライター説を匂わせる資料がまだ10点以上残っている。残りの資料で、この説に決着をつけよう。

◆バイエルの晩年と病魔との戦いの痕跡

 前回検討したものは、バイエルの晩年に書かれ、死後出版されたというケースだった。それでは、バイエルの生前最後の出版物はどんなものだったのか。そして当時のバイエルの状況はどうだったのか。作品の出版状況から探ってみよう。
 今回のミュンヘン調査で、実は一つだけ希望がかなわなかったものがあった。生前最後に出版された楽譜の自筆譜、プレート番号17214番、《オペラ『ファウスト』からの編曲Op.150》である。出版されたのはなんと亡くなる9日前。17214番とその直前4つの出版物をプレート番号順に並べたのが以下の一覧だ。ちなみに17066は前回検討したメロディーブック第2、3巻である。一番左の○は生前の出版物、●は死後の出版物、5桁数字はプレート番号、その直後の日付は一番初めの出版日を意味する。

○16767 1862年4月1日
○16929 1862年6月18日(自筆譜の日付:1862年1月22日・ヴェルディの『イル・トロヴァトーレ』からの編曲)
●17066 1864年6月18日(自筆譜の日付:1861年12月23日・メロディーブック第2・3巻)
●17074 1863年11月24日
○17214 1863年5月5日(オペラ『ファウスト』からの編曲Op.150)
(*死亡日1863年5月14日)

 生前に出版された16767番と16929番との間と、16929番と亡くなる直前の17214番との間を比べると、歴然として後者のほうが長い。亡くなる直前になると、出版していない期間が長くなっているのだ。それにはこのころのバイエルの状況が関係しているに違いない。『バイエルの謎』の最後に紹介されたバイエルの個人略伝には、亡くなる前のバイエルについてこう記されている

 「1858年になると彼の音楽生活は神経性卒中によって一時的に妨げられた。(中略)1863年2月に再発し、重い病気の床に就いた後、5月14日に亡くなった。」

 すでに、16767番のころには体調の悪化から筆が重くなっていたことは十分に考えられる。今回見られたのは16929番の自筆譜だけだが、やはりこれまで見てきたF.バイエルの自筆譜と同様に、表紙の右上に定番の「あて名書き、日付、自著」があった。ここに書かれた日付は1861年12月23日。まぎれもなくF.バイエルが書いた証拠だ。なので、ゆっくりであっても以前のような創作活動はできていたと考えられる。しかし、そこから亡くなる直前まで、出版が1年間途切れてしまう。卒中の再発もあってか、いや、もしかすると卒中の再発前からもかなりバイエルの体調は深刻だったとも考えられる。前回見たメロディーブックの第2・3巻が、出版社への送付からかなり時間がたって亡くなってから出版されたのも、このような事情があったものと思われる。
 バイエルの健康が悪化した晩年は、創作の筆も途絶えがちで、今でいうベストセラー作家であったバイエルを抱えていた出版社ショットは、ドル箱を失わない対策を講じていたに違いない。それがバイエルの代作人、ゴーストライターを用意することではなかったのか。

◆ ゴーストライター発見か!?

 いよいよ、ゴーストライター説の鍵を握るシリーズものの楽譜を見せてもらえることになった。2つのシリーズものから集中的に資料を出してもらっていたが、まずはSouvenier de Voyage pour Piano Op.126(『旅の土産』作品番号126)のシリーズから見ていった。こちらは、バイエルの晩年と、その次にバイエルの亡くなったあとに出版された物を出してもらっていた。実は、先に検討した16929番の資料(ヴェルディの『イル・トロヴァトーレ』からの編曲)は、このシリーズで第20番の番号が付けられたもので、このシリーズではバイエル生前最後の出版物である。では、その次の21番はどうだったのだろうか?
 『旅の土産』第21番は、プレート番号18556番、作曲家ムツィオの『姉妹』という楽曲の編曲だ。刊行台帳を見ると1866年3月12日にたった1回、400部印刷されただけになっている。売れっ子バイエルとしては寂しい限りだ。
 さて、出してもらった自筆譜の表紙を見た瞬間、やはり、と思った。それまでに何度も見て、印象にしっかり刻まれた、あのF.バイエル定番の「あて名書き、日付、自著」がそこにはなかったのだ。これがないとなると、この自筆譜をF.バイエルが書いたことがかなり怪しくなる。
 この手稿譜の表紙に書かれているのは、以下のような通り一遍のF.バイエル作のシリーズものの一つであることを示すタイトルだけだ。

Souveniers de Voyage(旅の土産)
Morceaux de Salon(サロンの小品)
Pour le Piano(ピアノのための)
Par Ferd. Beyer(F.バイエル作)
Op.126(作品126)
No 21 le Sorelle par E. Muzio(sic.)(第21番ムツィオ『姉妹』)

 ところが、表紙をめくって裏側を見ると、決定的な情報が書かれていた。

Souvenirs de Voyage. (旅の土産)
Ferd. Beyer(F.バイエル作)
Op.126(作品126)
No. 21 Le Sorelle par muzio(第21番ムツィオ『姉妹』)
Continue par V. Beyer(V.バイエルにより継続)

 「Continué par V. Beyer(V.バイエルにより継続)」。自筆譜には、出版譜にはないゴーストライター説の張本人、V.バイエルの痕跡が正直に刻まれていたのだ。表紙ではそっけないバイエル作品のふりをしていたが、めくったそこにはしっかりとV.バイエルの名が刻まれていた。
 表紙に続く楽譜を見ると、明らかに以前のF.バイエルの筆跡とは異なる音符がしたためられていた。
 その次のシリーズ第22番(プレート番号18557:アルディーティの『ボレロ』の編曲)も出してもらえていた。先ほどと同様、表紙の表にはそっけない「バイエル作のふりをした」記述があるのに対し、裏には

Souvenir de Voyage(『旅の土産』)
No.22 Borelo de L. Arditi(第22番アルディーティ『ボレロ』)
Continué par V.Bayer(V.バイエルにより継続)

と、全く同じV.バイエルが引き継いで継続していたことが明らかな記述があった。しかも、レイアウトはまったく同じだ。つまり同一人物が関わっていることがうかがえる。今のところ、両方に共通する人物としてはV.バイエル以外考えられない。
 となると、バイエルの仕事を継続したV.バイエルとは何者なのか? 先を急ぎたいところだが、その前にもう一つのシリーズを見てみることにしよう。

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267