『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程修了。2001年より奈良教育大学教育学部教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。専門は、19〜20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞を受賞。主な著書に、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年)、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)などがある。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
1976年生まれ。広島大学大学院博士課程修了。レーラインの鍵盤楽器教本の研究で博士(学術)を取得。DAADドイツ学術交流会奨学生(2005/06年)として、ライプツィヒ大学博士課程音楽学専攻に留学。専門は音楽学、音楽教育史。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。2016年、外国人客員研究員としてライプツィヒ大学音楽学研究所にて研究に従事。著書に、『『バイエル』原典探訪 知られざる自筆譜・初版譜の諸相』(音楽之友社、2016年)がある。日本音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽教育学会、音楽教育史学会、各会員。

小野 亮祐

第25回
未公開資料の調査とは

◆未公開資料をめぐる図書館との駆け引き

 前回は閑話休題的に調査地ミュンヘンのこと、調査に取り掛かるまでのいわば研究の裏舞台のようなものを書いた。研究者ならこの手の話題の苦労話、笑い話の一つや二つは持っているものだ。数多くある音楽書や学術書の背後には、その紙面よりも大きな裏舞台での立ち回りがあることを知っていただけたら幸いである。
 さてさて、肝心の表舞台にはいったいどんな資料が出てきたのだろうか? そして、バイエルの死後に出版された楽譜の書き手はいったい誰なのだろうか?
 前回に掲載した写真を見ていただければ分かるのだが、とにかくこういう大きな図書館は本当に(物理的に)巨大である。目的の音楽部門は2階だ。しかし、図書館の玄関にやっと着いたと思ったら、かの大階段がまた待ち構えていて、1フロア上がるだけでも一苦労。なんだか苦行を課されているようでもある(もちろんバリアフリーは徹底されていてエレベーターはある)。「王の収蔵品にお近づきになるのはそう容易なことではない」とでも言いたげであるが、実際権力の維持装置と言うのは実際そのように体で感じさせるものだったのだろう。
 さて、2階の音楽部門に到着すると、ロッカーに荷物を入れ(パソコン、筆記用具以外は持ち込み禁止)閲覧室に入るが、その扉の向かいに収蔵品が展示されている。そのなかにはいわゆるアップライト型のチェンバロであるクラヴィツィテリウム(14世紀)の復元楽器が堂々と据えられていて、ピアノの楽譜を調べに来た新来者に無言のプレッシャーを与えているかのようである。

 さて、カウンターに来て名前を告げるとだいたい話は通っている。というよりも、この図書館に限らずたいていは「この日に極東の地から研究者が一人やって来る」と待ち構えているらしく、顔を見た瞬間「来た、来た、分かってるよ」という顔で応対をしてくれる。ときには、これまでの経緯を説明しメールのやり取りとメール対応してくれた担当者の名前を告げるなど面倒な場合もあるが。
 話は通っていても、こういう貴重な資料は全ていっぺんには見せてくれない。たいていは、2〜5点ずつの事が多く、ここでは「5点ずつね」といわれ、順に5点ずつ出してもらうことになる。つまり、5点出してもらって、それらを見終えると一旦カウンターに返却し、別の5点を出してもらわなくてはいけないのだ。今回のように、いったい何が出てくるかが分からないときは本当に厄介だ。なかには、比較してみるべきものもあったりする。あちらもそういう事情は分かっているので、たいていは「どの順番で見たい?」と尋ねてくるのが通例だ。前連載でのメールのやり取りからかわかる通り、今回はいったい何が出てくるのか正確なところは分からない。というわけで、プレート番号順に出してもらうこととした。そのほうが整理をしやすいし、ご承知のようにプレート番号順がほぼ出版された年代順だからだ。

◆自筆譜を見る醍醐味

 というわけで、ここから実際の調査は5点ずつ出してもらいながら進められた。出してもらうたびにプレート番号ごとに、出版譜であれば少なくともその表紙の文言とレイアウトを書き写し、手書き史料(手稿譜)の場合は、そこに書かれている文字はもちろん、それが初めから書かれていたのか、後から書き足されたのか、削除されていたりすると削除後の文言はもちろん、削除前の文言も可能な限り拾ってゆくなど、どのように書かれているのかを細かくメモしなければならない。『バイエル・ピアノ教則本』がもともと4〜7歳の子どもを念頭においていたことが分かったのは、まさに自筆譜上で消去された痕跡を読むことができたからだった。
 本音を言うと資料を撮ったりスキャンをできれば上記のことはいっぺんに解決するのだが、今回はそれは無しでと言う約束だったのでそうするほかない。もちろん、いったん返却したものを出してもらうことは可能で、比較をしたくなったらなったで、あとからプレート番号ごとに再度出してもらえればいいことだ。なので、細かい話なのだが返却にも2種類あって、とりあえずカウンターに返して後から再度出してもらうために確保するという場合と、完全に書庫に戻してもらうという場合での返却があるのだ。そこをはっきり言わないとあとから厄介なことになる場合もある。
 もちろん本連載では出てきた順に細かく記していくほどの余裕はないし、その必要もないので、とりあえず出してもらえたものを整理したものを以下に記しておこう。なお一番左の5ケタの番号がプレート番号である。

◆今回調査できた未公開資料

●教本類
16542:40 Lektionen für Elementarunterricht
      これは、本連載第22回で『幻の教則本』として紹介したもの。
17066:Melodienbuch 2. Band Op.148および3.Band Op.148 bis.
      これは本連載第19回で紹介したメロディーブック第2、第3巻で、
      いわゆる『バイエル・ピアノ教則本』の併用曲シリーズの第2、3巻にあたる。

●シリーズもの1…Souvenier de Voyage pour Piano Op.126
『旅の土産』と題された作品番号126のシリーズもので、その中から以下の物を出してもらえた
16929:第20曲。ヴェルディのオペラ『トロヴァトーレ』からの編曲。
18556:第21曲。ムツィオの楽曲《姉妹》の編曲。
18557:ルイージ・アルディーティの楽曲《ボレロ》の編曲。

●シリーズもの2…Répertoire des jounes Pianistes, petites Fantasies instructivs sur des motifs d‘opéra favoris pour Piano Op36
『若きピアニストのレパートリー』と題された、オペラ編曲に特化されたシリーズである。そのうち、以下の物を出してもらえた。
8016:第1曲目ベッリーニのオペラ『ノルマ』からの編曲
8017:第2曲目ベッリーニのオペラ『夢遊病の女』からの編曲
8018:第3曲目ベッリーニのオペラ『ロミオとジュリエット』からの編曲
8019:第4曲目ベッリーニのオペラ『清教徒』からの編曲
    上記はこのシリーズでいちばん早くに出されたものである。
19779:第109曲目 ワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』からの編曲
20262:第110曲目 ワーグナーの楽劇『ラインの黄金』からの編曲
20449:第111曲目 ワーグナーの楽劇『ワルキューレ』からの編曲
20747:第112曲目 ワーグナーの楽劇『ジークフリート』からの編曲
21452:第113曲目 オペレッタ『ヨーネ』からの編曲
21580:第114曲目 オベールのオペラ『ラ・バヤデール』からの編曲
21735:第115曲目 ヴェルディのオペラ『アイーダ』からの編曲
21756:第116曲目 マルケッティのオペラ『ルイ・ブラス』からの編曲
21949:第117曲目 ワーグナーの楽劇『神々の黄昏』からの編曲
22374:第118曲目 グノーのオペラ『サン=マール』からの編曲
22598:第119曲目 アダンのオペラ『もし私は王であったならば』からの編曲

 全てで22点出してもらえたことになる。一番初めの希望の25点のうちからすべて出してもらえている。しかも、教本類はきっちり3点希望の物を出してもらえているし、シリーズものについても、明らかにF.バイエル生前のものと死後の物を取り混ぜて出してもらうことができた。特に作品36のシリーズものには、ワーグナーの編曲ものが含まれている。未開封の箱からこれらを探してくれたザビーネさんには本当に感謝である。
 さて、ゴーストライター疑惑のかかったV.バイエルのことがとても気になるが、はやる気持ちを押さえて(はやる気持ちが抑えられないのは、筆者の方かも知れないが)、まずは過去の連載回の補完の意味で、次回は教本類の調査から報告しよう。

ご紹介した本
バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをした。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなった。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲している。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267