『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐

第12回
ライプツィヒ時代のバイエル◆ΑΑ自覚された音楽史と無自覚の音楽史

 前回の連載では、バイエルがライプツィヒのトーマス教会聖歌隊員としてどのように日常を過ごしたのかを中心に、演奏した曲の一例として1819年のトーマス教会での演奏レパートリー見た。バイエルはこの年12歳から13歳であった。

 今回はその時代にバイエルが演奏した作曲家に注目し、ライプツィヒから定点観測を行い、これまでのよく知られている音楽史とはまた違った音楽史を探訪することにしよう。

19世紀はじめの西洋音楽史

 まずは、一般的な西洋音楽史によって1919年を描き出してみよう。この年は、教科書的に言えばちょうど古典派からロマン派へと移り変わる時期の最後にあたる。古典派の旗手モーツァルト(1756-1791)は早くにこの世を去って久しく、すでに20年以上がたち、同じく古典派のハイドン(1732-1809)も、比較的長命だったものの亡くなって10年たっていた。

 その次の世代であるベートーヴェン(1770-1827)は良く知られるとおりウィーンで活躍中だが、グラウト『新西洋音楽史』によると、3つの時期に分けられる創作時期の中でも最後の時期にたどり着き、より古典的な音楽からは離れてロマン派的な指向をする傾向にあった。具体的な楽曲としては、交響曲も第8番までを書き上げ、ピアノ・ソナタも最後の3つのソナタを残すのみというときであった。

 同じくウィーンで活躍しロマン派の扉を開く作曲家となるシューベルト(1797-1828)は、20歳を過ぎて6つ以上の交響曲を書き、リート創作にも一層熱が入っていた。

 他には、持ち前のヴァイオリンの超絶技巧で聴く者を圧倒したパガニーニ(1782-1840)は、まさにその名を各国にとどろかせ、ヴェーバー(1786-1826)やロッシーニはバロック時代以来の古いオペラから完全に決別し、次世代(ヴェルディ、ワーグナー)へと至るオペラへの扉を開こうとしていた。

 その一方で、映画「アマデウス」でモーツァルトのライバルとして描かれることで一般によく知られるようになったサリエリ(1750-1825)は、まだ存命中だった。モーツァルトより少し年上なのだが、この少し前にはシューベルトを教えていたことも知られている。その生年はバロック最後の巨人、大バッハの没年と重なり、かつてのドイツにおけるバロック・ロココの音楽の香りを知る人物が、まさに生涯の最後を迎える時期でもあったのだ。

 やがてドイツ・ロマン派の中心人物となる、メンデルスゾーン(1809-47)、シューマン(1810-56)、リスト(1811-86)、ワーグナー(1813-83)といったきら星のごとき才能はいまだ10歳前後の幼少期真っ只中であり、神童メンデルスゾーンがようやくその才能を発揮し始めるといったところだった。

なぜバイエルは音楽史に出てこないのか

 このようにおさらいしてみると、一般的な音楽史ではバイエル(1806〜1853)はどこにも位置づけられないということがわかる。そしてこのことから、バイエルは音楽史にも顔出さないようなマイナーな音楽家であったという結論を出すことはたやすいことだ。

 この結論が間違っているというわけではないが、日本人としては少し困ったことがある。何しろわれわれは、100年以上もバイエルを弾き続けているのだから。そのわれわれの経験が西洋の音楽史とつながらない、ということになる。われわれの経験と西洋音楽史との間に接点がない、ということになる。言い方を変えれば、私たちのバイエルと言う経験が、西洋の音楽史からは少しも見えてこないということを意味するのである。

 これについても、これまでよく言われているように、次のような意見が当然出てくるであろう。日本は西洋音楽の後進国であったから西洋音楽史では問題にならないような作曲家を真面目に演奏し続けて来たのだ、というもっともらしい意見である。

 しかし果たしてそうなのだろうか。そういうことで終わっていいのだろうか。私たちのバイエルによる音楽経験を西洋の音楽史と結びつけるには、これまでとは違った音楽史がいるのではないだろうか。そしてその音楽史は、実は自覚していないだけで存在しているのではないだろうか。

私たちが必要としている音楽史とは

 私たちが音楽史と思っているものは、本当に歴史という名前に値するものであろうか。取り上げられているドイツの都市はどれくらいあるのだろう。他の小さな都市の音楽生活がどういったものだったのか、そこで人々はどのような音楽を演奏し、そこで人々は毎日どのような音楽を楽しんでいたか、そのような事は少しもわからないのである。そういう人たちの音楽の歴史は西洋の音楽史に接点を持たないということでは、実は私たちの場合と同じことではないだろうか。

 私たちが知っている19世紀の西洋音楽史というものは、実は大作曲家列伝に過ぎないのではないかということは以前にも述べた。江戸時代の歴史に喩えて言うならば、歴代の将軍についてだけ述べた江戸時代史のようなものである。それも江戸時代史ではあろうが、果たしてそれだけで私たちは満足できるであろうか。果たしてそれだけで江戸時代の歴史を知ったと言えるであろうか。

 少し結論を急いで言うなら、従来の音楽史とはその頃成立したコンサートというもので商品として流通する音楽を書き、また今日のコンサートでも商品として流通する音楽を書いた作曲家だけが取り上げられたものである。いうなれば商品の説明書を綴り合わせたようなものである、と言ったら言い過ぎになるであろうか。

 音楽商品にも浮き沈みがある。今でこそコンサートピアニストの重要なレパートリーとなっているシューベルトのピアノ・ソナタであるが、やたらに長いだけで支離滅裂で退屈で眠気をもよおす、形式もなにもない劣悪な作品であるとさえ思われていた。人々がようやく理解するのは、書かれてから100年もたった20世紀をだいぶ過ぎてからのことだった。

 これまでの音楽史はコンサートの曲目解説あるいは今日であればCDの解説、そういったものの需要に応えるために存在している音楽の歴史と言っても良いのではないだろうか、と私は思っている。

 だから今日のコンサートの商品として、あるいはCDに録音されて商品として流通する音楽を書かなかったバイエルは、音楽史に登場しないのは当然と言えば当然なのである。したがってわれわれの100年に及ぶバイエルの経験が、音楽史に接点を持たないというのも当然のことなのである。

 今日、一部を除いて商品として流通していない音楽に、教会音楽がある。当時の人々が最も身近であったのは、プロテスタントかカトリックかにかかわらず教会の音楽だったのではないだろうか。そうした音楽は19世紀の西洋音楽史にはほとんど出てこないのである。例えばライプツィヒのようなドイツ文化の中心地の1つであった大都会でさえ、そこの教会でどのような音楽が演奏されていたのか、バッハを例外として音楽史にはほとんど記述されることがない。当然私たちも知らない。われわれのバイエルの100年の経験が結びつくのは実はこの音楽であり、その歴史であるにもかかわらず、である。

 このように考えてみると私たちは、これまで知られている西洋音楽史とは別の、もっと当時の人々の生活に密着した音楽の歴史といったものがあって、それを知る必要があるのではないだろうか。その音楽史をわれわれは無自覚の音楽史という名前で呼ぶことにする。

バイエルの演奏した楽曲の作曲家

 おもわず前置きが長くなってしまったが――さてわれわれは、いよいよ「バイエル」、「ライプツィヒ」、「トーマス教会」をキーワードに、無自覚な音楽史について語って行きたいと思う。

 そこでまず12歳あるいは13歳のバイエルが、どのような作曲家の楽曲を演奏したのかを見てみよう。そのバイエルの経験が、実は私たちの100年に及ぶバイエル経験に直接つながっているとみられるからである。

 未知の領域の探索の準備として、前回掲載した1819年にバイエルが演奏した楽曲の作曲家を、演奏回数の多い順に並べ替えた表を作成してみた。

 次回はこの表に基づいて、ライプツィッヒの「無自覚の音楽史」を探索することにする。

※○はバイエルのライプツィヒ時代に同地にいた人物、
  △はバイエルのライプツィヒ時代以外にライプツィヒで音楽活動を行っていた人物のことです。

曲数 作曲家 生没年 当時 ライプツィヒ・周辺とのかかわり  
1 29 ヨハン・ゴットフリート・シヒト 1753-1823 現トーマスカントール トーマスカントール
2 15 カール・ゴットロープ・ライシガー 1798-1859 ライプツィヒ大学学生 トーマス教会聖歌隊員(のちドレスデン宮廷楽長)
3 6 ヨーゼフ・ハイドン 1732-1809 なし  
4 5 アウグスト・ミューリンク 1786-1847 ノルトハウゼンのカントール トーマス教会聖歌隊員・ライプツィヒ大学学生
5 カール・フリードリヒ・ツェルナー 1800-60 トーマス教会聖歌隊 ライプツィヒ大学学生、学校音楽教師
6 4 フリードリヒ・シュナイダー 1786-1853 現トーマス教会オルガニスト のちにデッサウの宮廷楽長、音楽学校設立
7 3 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ 1685-1750 元トーマスカントール
8 ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト 1756-1791 なし(演奏ツアーで来)  
9 2 ゲオルク・ゴットフリート・ヴァーグナー 1698-1756 大バッハの弟子
10 ヨハン・ハインリヒ・ロレ 1716-1785 没(マクデブルクカントール) ライプツィヒ大学学生
11 ヨハン・フリードリヒ・アグリーコラ 1720-1774 大バッハの弟子
12 ジュゼッペ・サルティ 1729-1802 没(デンマーク、ロシア) なし  
13 フリードリヒ・ハインリヒ・ヒンメル 1765-1814 没(ベルリン宮廷楽長) なし  
14 ニコラウス・フォン・クルフト 1779-1818 没(ウィーンの宮廷役人、音楽家) なし  
15 ルイ・シュポア 1784-1859 カッセル宮廷楽長 なし(ゲヴァントハウスで演奏)  
16 1 ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ 1710-1736 没(ナポリ) なし  
17 ヨハン・フリードリヒ・ドーレス 1715-1797 元トーマスカントール
18 ヨハン・エルンスト・バッハ 1722-1777 大バッハの親戚、元トーマス教会聖歌隊
19 ヨハン・アダム・ヒラー 1728-1804 元トーマスカントール
20 ヨハン・アブラハム・ペーター・シュルツ 1747-1800 なし  
21 アウグスト・エバーハルト・ミュラー 1767-1817 元トーマスカントール
22 ゴットロープ・ビーエライ 1772-1840 ブレスラウ劇場音楽監督 ヴァインリッヒの弟子(ドレスデン)  
23 ヨハン・フィリップ・クリスティアン・シュルツ 1773-1827 ゲヴァントハウス楽長 ライプツィヒ大学音楽監督
24 アウグスト・フェルディナント・ヘーザー 1779-1844 ヴァイマール 父の世代からライプツィヒ、トーマス学校在籍
25 ヨハン・ゴットフリート・クンストマン 1779-1864 ケムニッツ(商人・音楽家) なし  
26 アントン・ディアベッリ 1781-1858 ウィーン なし  
27 カール・マリア・フォン・ヴェーバー 1786-1826 ドレスデン宮廷楽長 なし(ゲヴァントハウスでの演奏)  
28 カール・フリードリヒ・アイネルト 1798-1836 ワルシャワ・オルガニスト トーマス教会聖歌隊員・ライプツィヒ大学学生

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫しています。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをします。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなりました。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲しています。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267