『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐

第10回
バイエルのライプツイヒ時代

前回は、バイエルがなぜ編曲家になったのかに迫り、その原点がバイエルのライプツィヒ時代にあることを突き止めた。また、ライプツィヒ時代の捜索や人脈がのちの人生や、教則本『バイエル』の出版に大きく関与していることもよくわかった。それほどにバイエルにとって、トーマス教会聖歌隊員、大学生として過ごしたライプツィヒは重要な場所だったのである。今回からは、あらためて、バイエルのライプツィヒ時代を取り上げ、少年・青年バイエルがどのような環境に身を置いたのかを探ってみよう。

◆ライプツィヒとは日本人にとってどのような場所なのか?

 バイエルにとって大切な場所であることは、これまでの連載でも折に触れて述べてきたが、今の日本人でライプツィヒがいったいどんな街であるかを知っている人はどれほどいるであろうか?音楽ファンであれば、バッハがいたとか、今でも毎年のように来日するライプツイヒ・ゲヴァントハウス・オーケストラの本拠地であるとかは良く知っていても、ほかには華々しく語られることもなく、むしろ地味な印象だろう。
 現状に比べて実は戦前の日本人は、このドイツの古都のことを意外に良く知っていたのではないかと思われるエピソードを、筆者の小野はライプツィヒ留学時代にツアコンダクターから聞いた。それは、旧制高等学校を出たおじいちゃんをライプツィヒにおつれした時、長年あこがれていたこの土地に来ることができて涙を流して喜んでいた、というのだ。旧制高校といえば、戦前の日本のエリート教育機関である。非常にレベルの高い外国語教育が行われた。今ではドイツ語というと大学の第二外国語ですらその地位は危ういが、かつての高等教育機関ではその習得は当たり前のようになされていた。「ゲル(お金)、ゲバ棒(ゲヴァルト=暴力)や、メッチャン(女の子)、ドッペる(ダブること)」などの日本の往年の学生言葉にドイツ語からの引用が多くあることは、そのことを物語っている。また、かつてのライプツィヒには多くの日本人留学生が勉強しに行っており、代表的な人物には森鴎外、池田菊苗(化学者で「味の素」の発明者)、朝永振一郎(ノーベル物理学賞受賞者)、そして音楽では瀧廉太郎、そして指揮法で有名な齋藤秀雄があげられる。
 戦後は東ドイツの一都市となることで、政治体制の違いなどから日本とは縁遠い存在となってしまったようだ。また、企業や人口が西側へと流出したことで、経済的、文化的、政治的な地位が低下したことも、我々に地味な印象を与えてしまっている理由の一つかもしれない。

◆音楽文化をはぐくむバックボーンとしての交易路、大学

 それでは、この街がどのような歴史をたどり、いかなる特徴を持っているのかを見てみることにしよう。まずは、ライプツィヒがどの場所にあるか。旧東ドイツであることから東のほうであることはもちろんなのだが、ドイツにおいて「東部ドイツ」などとはいわない。むしろ「中部ドイツ」Mitteldeutschlandと大くくりに呼ばれる地方の中心都市のひとつである。バイエルが生まれたクヴェアフルトも州こそは違うが、同じ中部ドイツ地域だ。(ライプツィヒの位置図はここをクリック
 中世までのライプツィヒは、いわゆる「ドイツ人」の土地ではなかった。ロシアやチェコなどと同じスラブ系の人々が住む小さな集落だったらしい。当時いわゆる「ドイツ人」は、ケルンやフランクフルト、マインツなどの西のほうに住んでおり、中世から近代にかけ東方へとその居住地を広げてゆく。その過程でできたのがこのライプツィヒという町である。今やドイツの首都で大都市であるベルリンでさえ、その一つだ。ハート形をした葉っぱの西洋菩提樹Lipa(シューベルトの歌曲に菩提樹=Lindenbaumとあるがそれである)の茂る街というのが、町の名称ライプツィヒの由来である。
 早くからこの町を特徴づけたのは、大きな交易路が交差していたことだ。現実にはあり得ないが、日本で例えるならば東海道と中山道がクロスするところにできた街といったところだろうか。一つはヨーロッパを南北に貫くVia Imperii(皇帝の道)、もうひとつはヨーロッパを東西に貫くVia Regia(王の道)。前者は、北は北海沿岸の街スシュテッティンからベルリンを経由し、南はアルプスを越えてイタリアのヴェローナ(『ロメオとジュリエット』の舞台だ)、果てはアドリア海の真珠ヴェネツィアやローマまでつながる。後者は、西はポルトガルに始まり、パリ、マインツ、フランクフルトを経由し、東はキエフやモスクワへと、アジアへとも通じる道だ。少年バイエルも、徒歩か郵便馬車に乗ってこういった街道を通ってやって来たのだろう。また、このような道を経てやってきたエキゾチックなものや、南欧のものなど様々なものが立ち並ぶ様相に、田舎町出身のバイエルはきっと大きく刺激を受けたに違いない。このような地の利から、ライプツィヒは商業の街として栄えることになる。また、常在の宮廷の所在地となったことはなく、政治の中心として栄えたわけではなかった。やがて、見本市を開催する特許状が下りることとなり、ライプツィヒはこの地域では商業的に大いに特権的な位置につくこととなる。
 もう一つライプツィヒを特徴づけているのは大学の存在だ。バイエルも1825年から在籍していたことがわかっている。1409年、日本でいえば室町時代にプラハ大学からドイツ人学生団と教授団が追い出され、行き着いたのがライプツィヒの地であったことからライプツィヒ大学が創立された。このことは、この町を学問の一中心地としただけでなく、学問に必要な書籍出版業を興すこととなる。そこから、ドイツの出版業の中心地として世界第二次大戦まで栄えることになるが、古いドイツの書籍を見ると、ライプツィヒで出版されたものが多いし、現在も連邦図書館(日本で言う国会図書館)の一つが置かれていることはその証拠だ。


ライプツィヒ大学。建物こそモダンになったが場所は変わっていない

◆楽譜出版の中心地

 このことは、ライプツィヒが楽譜出版業の中心地となる下地を作った。ヨーロッパで楽譜出版が本格的に盛んになったのは18世紀後半から19世紀にかけてであるが、ちょうどこの時期にライプツィヒでは、今でもメジャーな楽譜出版社が生まれる。それは、「ペータース」と「ブライトコプフ&ヘルテル」である。現在でも音楽に携わる人々なら、この出版社の名前を聞いたことがあるだろうし、出版譜を買ったことがあるのではないだろうか。ライプツィヒに住んでいなかったショパン(パリ在住)や、ベートーヴェン(ウィーン在住)も、遠く離れたライプツィヒの出版社から楽譜を出版している。また、第8回の連載でバイエルがペータースと契約上のやり取りをした手紙を紹介したように、ある一定の成功を遂げたバイエルにとっても、自作の出版では無視できない場所でもあった。

◆かくれた音楽の中心地として

 商業都市で、学術都市でもあり、また楽譜出版の中心地でもあったライプツィヒは、いかなる音楽文化をはぐくんできたのだろうか。そのように問う前に、ひょっとしたらライプツィヒが音楽の地であるという認識が読者の間にないかもしれない。というのも、一般的な音楽史でライプツィヒといえば、かの大バッハがいたという程度でしか現れない。ましてや、バッハのあとに続くグルック、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスはみんなウィーンで活躍しているのだ。あたかも、バッハの死をもって終焉を迎えるバロック時代の後の近代音楽史は、ウィーンを中心に世界が回っているかのようだ。仕方がないことかもしれない。ライプツィヒに限ったことではないだろうが、ウィーン以外にも音楽文化を支えた街は多くある。それを見ずにいると多彩な音楽史の魅力のほとんどを、見過ごすことになる。

◆教育施設が支えたライプツィヒの音楽文化

 ライプツィヒで音楽を支えた存在は、なんといっても教育施設であったといってよいだろう。一つは先に紹介した大学であり、あともう一つはトーマス教会付属学校である。後者は、文字通り町の主要教会の一つトーマス教会に付属しているが、それ以上にライプツィヒの宗教音楽を一手に引き受ける存在であった、トーマス教会聖歌隊を抱えていることに大きな存在感を持っていた。


トーマス教会。かつては右の建物のところにトーマス教会付属学校があった

バイエルもその聖歌隊員の一人で、ライプツィヒ市文書館所蔵の資料によれば、1819年から1824年ごろまで在籍していたようである。この聖歌隊の指導者をトーマスカントールと呼び、かの大バッハも30代後半から亡くなるまでこの地位にあった。


トーマス教会の中

 聖歌隊の起源は古く、1212年ごろにこの教会にあった修道院が起源である。日本でいえば平安時代から続いていて、歴史的な紆余曲折はあるものの現在の宮内庁の雅楽部に匹敵する歴史を持つと言えよう(日本の宮中に楽所ができたのは948年)。ちなみに、現在この学校はギムナジウム(大学進学のための中等学校)となっており、聖歌隊は金曜日、土曜日にトーマス教会で開かれるモテッテと、日曜日や祝日の礼拝で演奏をしつつ、日本にもよく来日するなど世界中を飛び回る活躍をしている。特にモテッテでは、ゲヴァントハウス・オーケストラと共にバッハのカンタータを演奏することもあって、現地では何台もの観光バスが連なるほどの人気ぶりである。こういった学校付属の聖歌隊は、かつてはしばしば見られたようだ。宮廷のきらびやかな雰囲気で音楽が栄えるイメージからは、およそ学校が音楽の中心となることは考えられないかもしれないが、これも音楽史記述の偏重によるものといっていよいだろう。
 また、大学生も音楽文化上の大きな役割を果たした。現代の日本でもオーケストラの同好会があったりするが、当時のドイツではコレギウム・ムジクムと呼ばれる学生の音楽愛好会が大学ごとにあったようである。ことにライプツィヒのものは有名で、大バッハも常任指揮者のようにして活動を行っていたことが知られている。このような団体はただの愛好会ではなく、カフェや庭園でお金を払って聞く興業コンサートを行っていた。このような団体を母体に、商業都市ならではの市民の力も併せて生まれたのが、現在のゲヴァントハウス・オーケストラである。伝統あるオーケストラが宮廷楽団由来であることが多い中、ライプツィヒでは商業の街らしく市民の力で生まれ、現在も運営されて200年以上の伝統を有している。また、コレギウム・ムジクムは、見本市の時期において、ライプツィヒにやってくる外来者を楽しませる目玉行事の一つでもあった。それは、同様に先ほど述べたトーマス教会聖歌隊の教会での演奏もおなじであったようである。現在も、ゲヴァントハウス・オーケストラと聖歌隊が同じように観光客を呼び寄せていることを考えると、その伝統は数百年にわたって現在も続いているし、バイエルも同じ空気を吸っていた当事者なのである。

◆音楽教育の街

 また、筆者はかつて大バッハの弟子のことを調べたことがあったが、そのほとんどがライプツィヒ大学の大学生であった。学生としての学業に打ち込むことももちろんであるが、ライプツィヒで音楽を習うことも目当てにしているような節が見られる。現在のような音楽大学が確立するのは19世紀の半ばであるから、町全体が音楽教育機関のようなものだったといってもよいだろう。だから、バイエルがこの町を選んで聖歌隊に入り、大学に入り音楽の道を志したことは、何の不思議もなく、むしろその伝統の中でごく普通のことだったのだ。
  同じくライプツィヒに音楽家の夢を見てやってきた、バイエルと同世代の大作曲家がいる。シューマンである。彼は法科の大学生として学業にいそしむ傍ら、ライプツィヒでピアノ教師をしていたヴィーク(シューマン夫人クララの父)のもとで音楽修行を行っていた。
 そして本屋の息子であった彼は、書籍業のメッカ、ライプツィヒで音楽雑誌を創刊する。それは『新音楽時報』Neue Zeitschrift für Musikといい、奇しくもバイエルが編曲家として活躍し『バイエル教則本』を出版したショット社から、現在も出版され続けている。ライプツィヒにはそれ以前から『一般音楽新聞』Allgemeine musikalische Zeitschriftという音楽専門の新聞があった。残念ながらこちらは1882年に廃刊となってしまったが、当時ライプツィヒ周辺で活躍した音楽家、音楽研究者が編集し、健筆をふるった。これらの雑誌、新聞ともヨーロッパ各地に特派員を置き、各地の音楽情報を伝える重要な情報源でもあった。そのため、現在の音楽研究でもしばしば参照される重要資料ともなっている。このような音楽史の表舞台にはあまり目立っては出てこないような背景の中で、シューマンの活躍があったのである。 新聞で健筆をふるい、また演奏家として、作曲家として音楽活動を行ったシューマンは、1843年にメンデルスゾーンと共にドイツで最古の音楽大学をライプツィヒ音楽院の創設に尽力をするが、その背景にはやはり市民の力による後押しがあったという。そして創設から60年ほど後に、留学することになるのが滝廉太郎であることは先に述べたとおりだ。


ライプツィヒ音楽院(現 音楽大学)。滝廉太郎はここに通った


滝廉太郎の記念碑。留学中ここにあった建物に住んでいた

◆バイエルを育んだライプツィヒ

 こうしてライプツィヒの、その歴史や音楽文化を追ってみてくると、同じ中部ドイツ出身のバイエルがこの町にやってきて音楽を志したことは、ごく自然なことだということがよくわかる。そして、現在では無名となっても確かにこの音楽文化を支えた当時の第一線で活躍した音楽家がバイエルの周りにはいたはずである。次回からは、バイエルが在籍した聖歌隊の演奏レパートリーや、ライプツィヒにおける音楽家群像をたどりながら、今までは音楽史の小さな地味な点に過ぎなかったライプツィヒとその周辺の音楽史を大きく切り出すことにしよう。


ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫しています。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをします。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなりました。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲しています。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267