『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐

第9回
バイエルはなぜ編曲家になったのか

◆バイエルの失われた作品

  バイエルの作品番号1から作品番号27まではどんな作品なのか、実は題名すら不明である。バイエルの作品を多く出版したのはマインツのショット社のほかは、ボンのジムロック、そしてライプツィヒのブライトコプフ・ウント・ヘルテルである。この3社のカタログに掲載されたバイエルの作品番号は、いずれも重複がなく、作品28番以降はほぼこれらのカタログで網羅されている。しかし作品28番以前は3社のどのカタログにも記載されていないのである。出版された形跡がない。
 作品28番以降の出版された作品のほぼ全ては編曲物である。バイエルはなぜ作曲家を諦めて編曲家になったのか。オリジナルな作品を書いて、シューマンやワーグナーのような作曲家になるという夢は、失われた作品1番から作品27番までの27曲の中に閉じ込められているに違いない。だから、もしもそれらの1つでも発見できれば、若き日のバイエルの夢を私たちは見ることができる。

◆バイエルの習作期

 バイエルは19歳か20歳で1825年にライプツィヒ大学に入学し、学業のかたわら作曲もしていた。歌曲の他に10声部のミサ曲といった大曲にも挑戦していた。時はまさにロマン派、この時期のライプツィヒは誰もが知るような著名な音楽家の修業の場でもあった。トーマス教会の聖歌隊やライプツィヒ大学は、バッハの頃からすでに音楽を志す若き音楽家のるつぼだった。なんといっても代表格はシューマン(Robert Schumann 1810-56)とワーグナー(Richard Wagner 1813-83)だろう。
 シューマンは、バイエルに遅れること3年後の1828年にライプツィヒ大学に入学し、当初はピアニストとして、そして作曲家として、また健筆をふるう若き音楽批評家としてライプツィヒで長く活躍したことは今さら繰り返す必要はない。
 ワーグナーはライプツィヒに生まれ、同地のトーマス学校に在学し、ライプツィヒ大学に入学、バイエルと同じく、聖トーマス教会カントールであったヴァインリッヒ(Christian Theodor Weinlig 1780-1842)に音楽を学んでいる。バイエルとワーグナーは、経歴をみれば、まさに先輩と後輩にあたることが分かる。
 ライプツィヒは、まさに若きドイツ・ロマン派の雄たちが交錯し、切磋琢磨した時期であったのである。シューマンより4歳、ワーグナーより7歳年上のバイエルもまさにそんな一人だった。大作曲家になった若者と、出版社に仕える編曲家になった若者との違いはどこにあったのか。この興味からだけでもバイエルの習作が見たい。

◆バイエルの作品の全貌

 すでに述べたように、バイエルはライプツィヒ時代から盛んに創作活動を行っていた。具体的には、歌曲、ミサ曲、そしてピアノの小品を書いた。それらは失われてしまったが、現在分かっているバイエルの作品の全貌は押さえておきたい。
 バイエルの全作品を知る比較的容易な方法としては、バイエルの作品を出版した出版社の目録を紐解くことである。繰り返すと、バイエルの作品を出版した出版社は現在わかっている限り4つある。その出版社はバイエルが『バイエル・ピアノ教則本』を初め、大量の作編曲作品を出版したショット(マインツ)、ハイドン、ベートーヴェン、メンデルスゾーンによる多くの作品の初版を出版したジムロック(ボン、のちにベルリン)、1719年創立の老舗ブライトコプフ・ウント・ヘルテル(ライプツィヒ)である。そして、数はごくわずかであるがライプツイヒの音楽出版社ペータースである。ペータースをのぞくと、ジムロックのカタログは1880年に、ブライトコプフのカタログは1903年に、そしてショットのカタログは1900年にいずれも出版され、会社創立当初からカタログ発刊あたりまでの音楽出版物を網羅している。これらのカタログを見ていくと、ジムロックは作品番号32以降、ブライトコプフは作品番号50以降、そしてショット社は作品番号28以降のバイエル作品を出版していることがわかる。最初にも言った通り、3社のカタログに掲載されたバイエル作品は、いずれも重複がなく、作品28番以降はほぼこれらで網羅されている。

◆バイエルはなぜ純粋音楽の作曲家にならなかったのか

 小野の現地調査でショット社には前述のカタログ以外に、出版業務記録(Druckbuch)が残されていることがわかった。調査できた範囲では作品36の出版が1845年1月29日となっている。おそらく作品28もそれから遠くさかのぼらない時期に出版されたのではないだろうか。特にバイエルがマインツに居を移したのが1837年であったことを考えると、作品28は、それから遠くない、1830年代末か40年代初頭のものと考えられる。
 だとすると、ライプツィヒ時代に書かれた習作と、作品28との間にはかなりの隔たりがある。つまり、習作は20代前半のもので、出版された最も古いものは20代後半か30代前半だということになる。これから分ることは、バイエルがオリジナル作品を書く夢を諦めたのは30歳前後だったということである。そうなるとなおさら夢を諦める前の習作が見てみたい。

◆バイエルの幻の作品発見

 19世紀の音楽史研究にはとても便利だが日本では見かけたことのない目録に「定期刊行楽譜カタログ 1789-1830年 (Fellinger, Imogen 1986、 Periodica musicalia : 1789-1830、 Studien zur Musikgeschichte des 19. Jahrhunderts. - Regensburg : Bosse」がある。これは、1789-1830年に刊行された定期刊行物の付録楽譜や、今回のように楽譜自体が定期刊行されていたものをカタログ化したものである。
 たまたま、ライプツィヒの古本で買っていて持っていたものを偶然チェックしたら、インデックスにバイエルの名前が載っていた。この目録に注目する人もなかなかいないかもしれないし、目録を見たとしても、こう、いわゆる大作曲家にしか目が行かない。
 そんな具合で見落とされたに違いないバイエルの名前をインデックスに見つけ、該当ページをたどってみたら、『ポリュヒュムニア(Polyhymnia)』というマイセンで発行された雑誌の177ページから180ページまでに、バイエルの作品が掲載されていると記載されていた。あとはいつものようにドレスデンのザクセン州立図書館に所蔵されていないかの確認を、オンライン目録オーパック(Online Public Access Catalog)で検索するだけであった。ドイツ語雑誌なら、ベルリンとドレスデンとミュンヘン辺りを探せばほぼ間違いなく見つかる。ドレスデンをいつも最初に選ぶのは、検索のしやすさと、取り寄せる文献の複写費が安く、しかもオンラインで決済できる便利さゆえである。幸い最初のドレスデンの検索でヒットし、取り寄せたというしだいであった。

◆アレグロ・スケルツァンド

 バイエルの作品が掲載された雑誌名『ポリュヒュムニア(Polyhymnia)』は古代ギリシャ神話の文芸をつかさどる女神たちの一人に由来し、まさにその原義は「歌」である。試しにグーグルブックスで検索すると、18世紀と19世紀には同名の文芸、音楽関係の文献がしばしば見られるので、そのくらい当時はポピュラーな名称だったようだ。また副題には『ピアノのための音楽月刊誌(Eine musikalische Monatsschrift fur Piano-Forte)』とあり、ピアノに特化された雑誌であることが示されている。中身を見てみると、この雑誌は記事があって楽譜が掲載されているスタイルではなく、ピアノ曲の楽譜のみが掲載されている。ピアノに関する批評や論考を掲載するのではなく、毎月新しいピアノ用楽曲を提供する意図があったものと思われる。出版地はライプツィヒからそう遠くはない陶磁器で著名なマイセンで、1825年に創刊された。ピアノがブルジョワのお嬢さま方に普及しはじめた時代にマッチした雑誌だったのだろう。
 当該のバイエルの楽曲は1826年の第12号(月刊なのでおそらく12月号)に掲載されている。題名はアレグロ・スケルツァンド(Allegro scherzando)で、作曲者については、「フェルト・バイエルにより作曲(Comp. v. Ferd. Beyer)」と記されている。題名のアレグロ・スケルツァンドは、題名というより、単なる発想記号であり、楽曲内容を具体的に指し示すものではない。ただこの無機質なタイトルとは裏腹に、哲学を語るような純粋音楽ではなく、『バイエル・ピアノ教則本』のように親しみやすい明るいメロディを右手が奏で、左手は和音の刻みによる簡素な伴奏が基調となっているお手軽な曲に仕上がってる。バイエル程度より少し上の技術を要する、いかにも初期ロマン派の軽快な親しみやすいホモフォニックなピアノ楽曲である。二十歳(はたち)そこそこの学生の習作ということを割引いても、残念ながら、天才の片鱗を見いだすのには無理がある。




◆結婚と編曲家の道

 1826年といえば、バイエルは二十歳(はたち)である。二十歳そこそこの音楽家のたまごがどのようにして、自作の作品を雑誌出版にこぎつけたのだろうか、という別の興味がわく。若い作曲家が早くから出版業と結びつくというのも時代を感じさせてくれる。
 そのヒントは、掲載誌ポリュヒュムニアにある。この雑誌は創刊当初はドレスデンの宮廷楽団員だったクンマー(Friedrich August Kummer 1797-1789)が編集作業を行っていたが、バイエルの作品が掲載された1826年からはプレーガー(Heinrich Aloys Prager 1783-1854)が引き継いだ。このプレーガーとバイエルは不思議な縁で結ばれることになる。 プレーガーの生まれはアムステルダムなのだが、オペラ団の指揮者として活動を行う中で、1818年から1828年までライプツィヒの劇場の楽長をつとめていた。この年代がちょうどバイエルのライプツィヒ時代に重なる。つまり、バイエルはライプツィヒにやって来たプレーガーに見い出され、作品を出版するというチャンスをつかんだのに違いない。
 プレーガーとは、楽譜雑誌編集者と駆け出しの作曲家という関係だけで終らなかったようである。プレーガーはライプツィヒの劇場退任後の1829年からはハノーファーの宮廷楽長となった。この宮廷楽団には、ファゴットの超絶技巧奏者(Kammermusikus und Fagottovirtuosen)として知られたフンシュトックがいた。彼の娘のカロリーネが、バイエルの妻となった。
 バイエルは27歳で、1834年5月14日にハノーファーでカロリーネ・フンシュトックと結婚した。作品が楽譜雑誌に掲載されてから7年後である。その間に、作品1から作品27までの大部分を書いていただろう。その間に時代は、サロン用の軽いピアノ曲の需要が見込まれるようになった。今回発見されたバイエルの若き日の楽譜は、その需要にマッチしたものとなっている。バイエルは、作品27までを書くうちに自分の適正を認識し、その稼ぎによって一家を構える自信がついたのであろう。あるいは結婚によってより見込みのある、現実的な編曲家の道を進む選択を選ぶことになったのかもしれない。いずれにしても、結婚してから3年後にマインツに移っている。マインツに移住してからバイエルはショット社を拠点に大量の編曲作品を書くようになる。
 これまで、バイエルがハノーファーのファゴット奏者の娘と結婚した経緯は不明であった。通常宮廷楽団員に与えられる上位の称号である「室内奏者」フンシュトックの娘カロリーネとの結婚は、ライプツィヒからハノーファーに移ったプレーガーが仲介に入った、日本流にいえば仲人(なこうど)に入ったとも考えられ得るのである。だとすると、プレ−ガーはバイエルの人生に深く関わり、編曲家バイエルの生みの親とも言える。若いバイエルがプレ−ガーに見い出されることがなければ、『バイエル・ピアノ教則本』は生まれなかったかもしれない。そうなると日本のピアノの歴史はずいぶん違ったものになったかもしれない。

◆イギリス版『バイエル・ピアノ教則本』

 『バイエル・ピアノ教則本』に関して、プレーガーとバイエルとの奇しき縁はさらに続く。今度はプレーガーの息子である。息子はバイエルと同名のフェルディナント(Ferdinand Prager 1815-1891)といい、バイエルより9年後にライプツィヒで生まれている。彼はいくつか作品を残す一流の音楽家でもあったようだが、音楽文筆でも一仕事をなした人物である。彼はフンメルの勧めによってピアノを専門とし、1834年にロンドンへ移住してピアノ教師として非常に人気を集めたらしい。そのフェルディナント・プレーガーは『バイエル・ピアノ教則本』の、親指の指番号を0と数えるイギリス流の指使い版の編集を担当し、それがショット社のロンドン支社から1854年に出版された。
 ちなみにフェルディナントは、1842年にライプツィヒで刊行されていた音楽新報(Neue Zeitschrift fur Musik)のロンドン在住通信員となり、音楽文筆業にも進出する。音楽新報といえば、シューマンが一時期編集長を務めるなど、バイエルのライプツィヒ時代の音楽家群像がここでも交錯している。また、彼はリヒャルト・ワーグナーとも親交があったらしく、彼の著述にはワーグナーとの親密ぶりがそこかしこに描かれているが、これは随分と話に色を付けてしまっていたことが、同時代の音楽学者に暴露されている。現代流にいえば「話を盛って、同僚から総スカンを食らった」ともいうべきだろうか。

◆音楽家群像

 バイエルはプレーガー一家とは家族ぐるみと言っていいほどの付き合いがあったようで、その縁で最初期のピアノ作品を出版し、結婚もし、『バイエル・ピアノ教則本』のイギリス版も出版できた。冒頭にも記したとおり、バイエルのライプツィヒ時代は、若きシューマンやワーグナーとすれちがったかもしれない修業時代であった。インターネットのお陰でその時代の作品が見つかった。20歳の若者が書いた曲としては悪くないし、その時代のピアノ曲趣味にはよく合ったものであったに違いない。しかしシューマンやメンデルスゾーン、少し遡ってウェーバーのピアノ作品を知っている我々の目からすると、この楽譜に、シューマンがブラームスに見いだした「天才」を見ることはできない。処女作には、後の作品の要素がすべて詰め込まれているとよく言われるように、若きバイエルのピアノ曲に編曲家としての器用さ、要領のよさ、才気を読み取ることは可能であろう。
 この連載が関心を持っているのは、一握りの天才ではなく、当時の音楽界の様々の面で活躍した音楽家たちである。今回紹介したプレーガー親子は、今日では全く知られざる音楽家かもしれないが、当時は非常に大きな力をもち当時の音楽界をまさに動かしていた人物たちであった。バイエルのライプツィヒ時代の連載では、こうした彼らに光をあててゆきたいと思っている。


ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫しています。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをします。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなりました。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲しています。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267