『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐
新着記事

第8回
バイエルの現在する唯一の書簡

  今から、10年くらい前になると思うが、バイエルについて調べはじめた頃、彼の人物像を描くための情報は全くなかったと言っていい。それは、かなり居心地の悪いことであった。日本のピアノ文化に与えた影響の大きさに比べてあまりにも対照的であったからである。
 今では、彼の人となりがまずまず描けるようになった。彼の祖先、祖先から受け継いだ音楽文化、あのバッハがカントルをしていたライプツィヒの聖トーマス教会の附属トーマス学校で音楽の演奏や作曲を学び、その後、ライプツィヒ大学に入学したことが明らかになってきた。
 ではバイエルの伝記1冊が書けるほど人物に関する史料が十分に集まったかと言えば、そうでもない。ライプツィヒ大学を後にして、大作曲家になろうという夢を追いかけて、ドイツやスイスの各地を転々としていた時期、その後、夢破れて、ハノーフアーで結婚し、マインツに移住し、ショット社の専属アレンジャーになる時期、アレンジャーとして大人気を博し、経済的に恵まれた時期、これらの時期の人物像を描き出すには、日記とか書簡があればまことに好都合なのだが、日記は存在しないし、これまで発見できたバイエルの書簡はたったの1通である。それが次に示すものである。

◆バイエルの書簡

 バイエルは、1846年12月15日にマインツから、ライプツィヒの有名な音楽出版社ぺータースに宛てて手紙をしたためている。それが現存するバイエルの手紙の唯一のものである。ベルリンの国立図書館音楽部門に保管されたその手紙を見ると、注文された編曲を書き上げて、買い取り価格の交渉を記したものであった。まさに、当時のバイエルの生活を彷彿とさせてくれる内容である。作品101の『バイエルピアノ教則本』を出版する4年ほど前のことである。
 優れたピアニストとして認められ、若き日には大作曲家になることを夢みていた彼が、出版社に取り込まれて、次々に注文に応じて大量の編曲を書くようになった。そこに心の葛藤は無かったのだろうか。そんなことを考えながら、手紙を読んでみた。
 注文によって書き上げたのは、作品91の新作小品3曲である。いずれもオペラの人気のある旋律をアレンジしたものだ。1曲目は、ヴェルディのオペラ「ナブッコ(ナブッコドノソール)」(1842)、2曲目は、フランスのオペラ作曲家ジャック・アレヴィ(1799)-1862)の「王妃の仮面舞踏会」(1846)、3曲目は、ヴェルディのオペラ「エルナ一ニ」(1844)の人気のある旋律をモチーフにアレレジしたものである。
 バイエルは、手紙で締め切りに遅れたことを謝り、言い訳として、「あちこちから注文が殺到し、時間がなかった」と述べている。
 当時はブルジョワのお嬢様方にまでピアノが普及し、サロンで格好の結婚相手として見初められるために、ピアノが弾けることが必須であった。オペラのアリアは今で言うポピュラー音楽の役割をしており、それをサロンで好ましく弾いて殿方のハートを射止めていたのである。こうしたサロン・ピアノ曲の需要の高まりが、バイエルに注文の殺到として押し寄せていたことを書簡が語っている。
 当時、バイエルに注文していた出版社を拾うと、ライプツィヒではぺータースの他にホフマイスター、ブライトコプフ・ウント・ヘルテル、ボンではジムロック、そしてマインツではシヨット社である。

◆バイエルの収入
 バイエルが書簡の中で提示した作曲料は、100ターラーである。その根拠として彼は、「他の出版社がわたくしの作品に支払う作曲料に見合った」額としている。当時こうしたサロン・ピアノ音楽を書く作曲家はたくさんいたが、彼らが得ていた作曲料の情報が今、手元にないので比較のしようがないのが残念だ。が、注文が殺到し、売れ行きのよい人気流行作曲家としてそれなりの報酬を得ていたことが、自ら作曲料の額を提示できる強気な立場に現れている。
 ターラーとは、16世紀から鋳造され、ドイツ語地域に広く流通していた大型銀貨である。アメリカのドルはターラーから来た言葉である。当時ドイツは、日本の江戸時代と同じように多くの小さな国に分かれていたので、国ごとに様々なターラー銀貨が鋳造された。したがってターラー銀貨にも、時代と地域によって、大きさ、重さ、純度が異なるさまざまなものがあり、貨幣価値批較はそうとう複雑になる。そこで百年の開きがあるが、バッハの文献を漁っておおまかな比較を試みる。バッハの時代の物価は、クリストフ・ヴォルフ(Christoph Wollf )によると、散髪・外科の年収:50ターラー、牧師の年収:175ターラー、チェンバロ一台:50〜70ターラー、フォルテピアノ:100ターラー、バッハが書いたカンタータに対する報酬:50ターラー(1曲)だったというから、100ターラーというのはそれほど少い額だとは思えない。バイエルが提示した作曲料は、ざっとバッハのカンタータ2曲分であり、ピアノが1台買える額であったことになる。オペラのアリアを3曲編曲するだけで、バッハの時代の牧師の年収の半分を稼いだことになる。

◆裕福な作曲家

 バイエルがマインツに市民権の申請をしたのは、この手紙を書くおよそ半年前の4月2日のことであった。『バイエルの謎』で書いたように、申請書には、財産状況について次のように申告している。
「1846年5月24日の出版社との最も新しい精算によれば、ショット社に株で総額2500フローリン投資した。その毎年の利子は再び投資し、それ以外の節約と合わせて自分の資本を増やすつもりである。ピアノの高度で熟練した演奏技術を持っており、作曲の収入もあるので家族を十分に養ってゆける」
 バイエルが所有していたショット社の株は、2500フローリン相等であった。A・M・ハンスン『音楽都市ウィーン』によると、ベートーヴェンの交響曲第1番の作曲料は90フローリンだったそうなので、これで換算すると、交響曲およそ28曲分に相等する株を所有していたことになる。ベートーヴェンの第9は600フローリンだったと伝えられているが、ざっと想像して、ベートーヴェンが生涯に出版した9つの交響曲の作曲料の総額に相等する株をバイエルは所有していたと考えていいだろう。
 シューベルトの歌曲は、1曲あたり20フローリン前後だったとヴォルフは言うから、シューベルトが生活費以外に2500フローリンの蓄財をするには、さらに100曲以上書かなければならなかったことになる。
 ベートーヴェンの交響曲、あるいはシューベルトの歌曲とサロン用のピアノ曲とでは、美学的価値では天と地以上の差があるが、商品価値としてはたいして差がなかったということだ。むしろサロン用ピアノ曲の方が、シューベルトの「冬の旅」より商品価値はずっと高かったのである。

◆流行作曲家

 こうなるとバイエルが純粋芸術を信奉する当時の批評家からこっぴどく非難されたように、ミューズに捧げるはずの魂をターラー銀貨で悪魔に売った若き芸術家を想像してしまうのだが、壮年のバイエルはそれほど青臭くはないようである。手紙で彼は、
「同タイトル同作品番号で、しばらくの間、さらにいくつかの小品を続けることに何も不都合はないかと思われますが、このことにご意見をいただけませんでしょうか」と、ちゃっかりシリーズ物にするように要求している。 現代の売れっ子推理小説作家のシリーズ物とそっくりではないか。
 バイエルの要求した通り、作品91には、このあと3曲が追加される。いずれもオペラからの編曲で、ドニゼッティの「ラ・ファヴォリータ」と「べリサリオ」、そしてフロトーの「アレッサンドロ・ストラデッラ」である。これにも100ターラー支払われたとすると、バイエルは、作品91だけで200ターラー稼いだことになる。作品101の『バイエル』までの4年間で、ざっと計算して、1800ターラー、年収にして450ターラーの稼ぎである。悪くはない稼ぎだ。

◆出版社のドル箱

 バイエルも稼いだが、出版社はそれ以上、数倍、あるいは数十倍の利益をはじきだしたであろう。その何よりの証拠は、まさに、銀貨で魂を売った代償を払うかのように、バイエルは死んでからも書き続けなければならなかった。そのことを、音楽学者ヘルマン・ゴチェフスキ氏は、雑誌『ムジカ・ノーヴァ』に書いている。ショット社はバイエルの死後も、彼の名前で新しい曲を出版し続けている。それはただただバイエルという名前だけで売れたからである。さらには、F. バイエルをV. バイエルにして売り出した作曲家も現われるしまつであった。

◆音楽が商品となった時代

 手紙の最後でバイエルは、次のように言っている。
「もし試し刷りを校正のために6部お送りいただけますと、とてもありがたいのですが。ほかならぬ御社ではいつもながらの事とは思いますが、正確で正しい訂正へのご配慮を御社にお願いいたします」
 収入のためにただ書き飛ばすのではなく、作曲家としての誠実さの一端を見せている一文である。

 現在する1通の手紙から、油の乗りきった壮年バイエルの人物像に迫ってみた。同時代人のシューマンやワーグナーのような、純文学ならぬ純音楽を書いて大作曲家になるのは、奇跡に近いことであろう。大作曲家列伝も面白いが、バイエルのようなポピュラー作曲家を通して音楽と時代を見ることもまた面白い。ライプツィヒ大学に入学したバイエルは、純音楽の大作を書こうとしていた。その作品は残っていないのだろうか。次回は可能であれば、新たな史料を発掘して若き修行時代のバイエルに迫ることができたら、と考えている。


ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

バイエル・ピアノ教則本
New Edition 「やさしい楽典」付

バイエル・ピアノ教則本 New Edition 「やさしい楽典」付
伊藤康英 編

教師・保育士をめざす方、大人の初心者や独習者にも、ピアノを弾く基本を学べるように工夫しています。巻頭に「楽譜の読み方」の解説を設け、わかりやすく楽典の手ほどきをします。各曲はすべて版を新たに作成し、大変みやすくなりました。巻末には、併用曲を収録。童謡やマーチ、クラシックの名曲など、教育現場、保育現場でよく用いられている曲を選曲。本文と技術内容もそろえて、たのしく新鮮な響きに編曲しています。


HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267