『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐

第6回
バイエルの真価の歴史的解剖その2-番外曲のルーツを訪ねる

かの有名なエマヌエル・バッハの正しいピアノ教則本をのぞいてみる

 バイエルの「番外曲」のルーツを探るため、フンメルのピアノ教則本(1828年)からさらにさかのぼって、鍵盤楽器のための教則本の出版が本格化した18世紀半ばから考察を進めてみよう。まずは邦訳があり著名になっているものに、大バッハの次男エマヌエル・バッハ( Carl Philipp Emanuel Bach 1714-88)による『正しいクラヴィーア奏法 ”Versuch uber die wahre Art das Clavier zu spielen.”』を手にとってみる。この教則本の初版(鍵盤楽器奏法編)は1753年に出版された。それを紐解いてみると、隅から隅まで文章がひたすら立ち並ぶものであることがわかる。

【エマヌエル・バッハの教則本より 指使いの章の部分】


 教則本といえば、バイエルやチェルニーのように練習曲が立ち並ぶものだ、というのが常識である。この常識からすると、譜例なしでひたすら文章だけといった体裁には教則本とは違ったものを見るような思いがする。譜例はどこにあるかというと、原典では付録の別紙にまとめて掲載されている。読者はそれを本文中の参照指示に従って該当する譜例を見なければならない。まるで、注だらけの論文を読むようなものである。
 上に挙げた指づかいの章の本文§30をみてほしい。ドイツ語で書かれているのはもちろんだが、いかにも古めかしい文字で書かれているなかで、1行目の一番初めと最終行の末尾にそれぞれ「Tab.I. Fig.I.」、「Fig. II」という文字が見えるだろうか。これは、巻末付録の譜例のうち表1の図1と図2をそれぞれ参照することを意味している。次にその譜例を示してみる。

譜例【エマヌエル・バッハの教則本 付録譜例 表1の図1、図2(TAB:I. Fig: I、Fig: II)】


 この譜例について説明すると次のようになる。

  図1と図2は、上行の順次進行における指くぐり(現代だと、上行音階の時に親指を中指の下をくぐらせ、下行音階の時に中指が親指を飛び越えるなど、基本中の基本だ)の例を示したものである。

 まず、図1(Fig. I)も見ていただきたい(上の譜例一番左)。ト音記号ではなく、当時の慣例に従いハ音記号で書かれていてわかりづらいが、単純なハ長調の音階で、ドレミに始まり1オクターブ上のファまで記されている。一つの音符につき上と下に3つ番号が記されている。これは指番号で、音符の上の番号は右手、下の番号は左手の指使いである。3つあるのは、3通りの指使い、言い換えれば3通りの指のくぐらせ方があることを、本文と対照して分かるようになっている。

 図2(Fig: II 図1の右)では、縦の二本線(二縦線)で仕切られたものを5つ提示している。これは、図1で示された基本的な上行順次進行の指使いが、実際のフレーズやパッセージの中でどう使われているかを、本文と対照して分かるようにしめしている。

 これらの譜例は本文による説明を具体的に分かりやすくするための例示であったといってよい。巻末の譜例の役割はすべてこのようなものであって、そこには、バイエルで言う「番外曲」に類するものがどこにも含まれない。

大ベストセラーピアノ教則本に「番外曲」はあるのか

 もうひとつ同時代の鍵盤楽器教本を見ておきたい。それは、レーライン( Georg Simon Lohlein 1725-81)の『鍵盤楽器教本”Clavierschule”』である。1765年にライプツィヒで初版が出版された同教則本は、今でこそ殆ど知られていないが、前述のバッハの教則本よりも当時は発行部数が多かったとされている。それどころか、1848年まで足掛け8回改定が行われたロングセラー教則本であった。改訂と言っても原著者のレーラインは第4版の改訂が行われたところで亡くなっており、その後の改訂は当然別の手に委ねられている(その中には日本でも有名なチェルニーもいた)。

 レーラインの息がかかった初版〜第4版をみてみよう。レーラインは指使いを取り扱った章において、文章による説明のすぐ下に以下の譜例を挿入している。これは、先のエマヌエル・バッハの教則本の時と同じ内容で、いわゆる順次進行(音階的進行)について、どのような指使いをするのか、を具体的に示しているものである。

譜例【レーラインの教則本 初版より】


 これもやはりバッハの教則本と同様である。重要なのは文章による説明であり、譜例はその具体例としての意味しかもっていない。他の譜例も大同小異で、バイエルの「番外曲」に相当するものはここにもまだないことがわかる。

バイエルの「番外曲」のルーツ発見!

 これらエマヌエル・バッハやレーラインの教則本と同時代の教則本を見ても、バイエルの「番外曲」やフンメルの教則本にあった、ある一定の短い音型の指使いを執拗に反復させて指に叩き込む、という意味合いの譜例は見つからない。

 それなら、バイエルの「番外曲」と同じようなものは、いったいいつ登場するのであろうか。そこで、版を重ねて出版され続けたレーラインの教則本をもう少し見てみよう。今説明したバッハやレーラインに見られる本文の具体例として参照される譜例は、第5版まで継続される。その様相が一変するのは1804年に刊行された第6版からである。この版を改訂したのは、ミュラー ( August Eberhard Muller 1767-1817)という音楽家である。

 ミュラーは今でこそ無名の音楽家であるが、ゲッティンゲン近くの小さな町で生まれ、当時ビュッケブルクのバッハとして知られた大バッハの末から2番目の息子ヨハン・クリストフ・フリードリヒ・バッハJohann Christoph Friedrich Bach(1732-95)の弟子でもあった。つまり、大バッハの孫弟子ということになる。大バッハとのつながりはそれだけにとどまらない。1794年には大バッハゆかりのライプツィヒのオルガニストと、ゲヴァントハウス・オーケストラのフルート奏者に着任した。その後1804年には大バッハから数えて4代目のトーマス教会の音楽監督(カントール)に就任した音楽家でもあった。ミュラーがカントールに就任してから2年後にバイエルが生まれ、それから数年後にバイエルはトーマス学校の生徒となる。ミュラーは音楽監督就任の年にレーラインの鍵盤楽器教本第6版を刊行している。

 今は無名でも当時の人々からは一目置かれる音楽家であったことは間違いない。ちなみに、ミュラーの練習曲は日本の洋楽導入期に音楽取調掛が一番初めの購入した楽譜群のなかにバイエルとともに含まれている。目録には「ミュルレル、ユーブングスチュック」と記載され、「バイアル氏教科書ニ次グベキモノ、手形練習」と書き込まれている。音楽取調掛では、バイエルに次いで重要な教則本をみなしていたことが分かる。「手形練習」という面白い表現は、本稿のテーマであるバイエルの「番外曲」に通じるものがある。

 ミュラーによるレーラインの第6版は「改訂」というよりも、レーラインという大ベストセラー教則本の著作者のブランド名を借りた「新作教則本」といったほうが良いかもしれない。ミュラー自身はそのまえがきにおいてレーラインとの連続性への意識を表明している。そうした意識の中、ここで現れるのはいかにも「ハノン然」とした反復を基本原理とした練習用音形の数々である。これはそれまでのレーラインの教則本にはなかったものである。
譜例【レーライン第6版より】


 実はこれこそがバイエルの「番外曲」のルーツと見なしうるものである。短い音型を規則正しく上下に順次移動しながら、機械的反復によって、動きと形を指に覚え込ませる、ピアノのお稽古の権化のような音符群。筆者が見た範囲ではあるが、レーラインの第6版以前に同様な練習音型を掲載した教則本には未だ出会っていない。したがって、教則本に掲載されたものとしての番外曲のルーツは、1804年のミュラーによるレーラインの教則本にあるものが最初と見てほぼ間違いないだろう。
 ブルクミュラーから見ればいかにも古くさいように見えるバイエルの「番外曲」であるが、あのような短い単純な音型による反復練習によってピアノを弾く基礎を作るという考えが登場したのは、バイエルからさかのぼることたかだか50年である。それ以前のピアノ教則本にはない考えであった。そうした考えがバイエルを通じて19世紀の後半の日本に伝わった。その考えをピアノ教則本に譜例としてきちんと取り入れた最初の人物とみなされるミュラーの代表的ピアノ教則本も日本に最初からもたらされていた。こうしたことが分かってみると、ミュラーの教則本への「バイアル氏教科書ニ次グベキモノ、手形練習」という書き込みは、実に的確な書き込みであった、と見えてくるのである。「手形練習」という言葉は、ピアノ練習の本道が意外にも最初から日本にもたらされていたことを、象徴的に語っているように思えるのである。定義をすれば、ピアノの練習とは「手形練習」である。ピアノというものが日本に入ってきてから、子供たち、あるいは師範学校とかの学生たちは、ひたすら「手形練習」という苦しい体操を強いられたのかもしれない。
 そこで次回は、バイエルの「番外曲」のルーツであるミュラーの「練習音型」とバイエルの「番外曲」とを子細に比べて、両者のつながりを明らかにしてみるつもりである。


ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。


関連書籍
オルフェ・ライブラリー/バッハの四兄弟

〔オルフェ・ライブラリー〕 バッハの四兄弟
久保田慶一 著

18世紀のヨーロッパでは「バッハ」と言えば次男エマヌエルであり、次いで末息子クリスティアンであった。ヨハン・ゼバスティアンは「息子たちの父」と呼ばれていたのだ! それが逆転し、彼らが「バッハの息子たち」と呼ばれるようになったのは19世紀に入ってからのこと。本書では、兄弟とはいえ生きた時代や場所の異なる4人の、それぞれの人生、作品の特徴や、音楽史的に興味深いトピックスを描く。作品の真偽性、改訂にまつわるエピソードなど、偉大な家系ならではの複雑な様相と、それらを整理する音楽学者の視点が垣間見える点もおもしろい。冷戦を経て、旧ソ連に保管されていたバッハ関連の資料がドイツに返還されたのが1999年、以後バッハ研究は一気にヨハン・ゼバスティアンから息子およびその周辺に広がった。そして今なお、新たな資料が発見され続けている。本書はさらに、2014年のエマヌエル生誕300周年に発表された最新研究をも踏まえている。

ブルクミュラー 25の不思議

ブルクミュラー 25の不思議
飯田有抄(ぶるぐ協会)、前島美保(ぶるぐ協会) 著

『ブルクミュラー 25の練習曲』は誰もが知っている超人気ピアノ曲集だ。「アラベスク」や「貴婦人の乗馬」などは小学校の音楽室のピアノで女子が弾く定番レパートリーで、多くの人が必ずどこかで耳にしている。『バイエル』に続く教則本としてピアノ学習者なら誰しも弾く曲集であるが、その作曲者については、これまでほとんど知られず、関心ももたれてこなかった。しかし、多くの日本人の思い出の中に「ブルクミュラー」はしっかりと存在する。その不思議を考えるのが本書である。この知られざる作曲家の人物や活動、作品を紹介し、なぜ日本の多くの出版社がブルクミュラーの楽譜を出版し、なぜその多くの曲名がそれぞれ違っているのか、日本にどのように伝わり広まったか、どのように教えられ演奏されてきたか、なぜ『25の練習曲』から紙芝居やダンスが生まれたのか、そして、なぜ私たちはこれほどまでにブルクミュラーが好きなのか、を探っていく。ブルクミュラーの不思議を探ることは、私たちの音楽体験を考えることなのだ。

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267