『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐

第5回
バイエルの真価の歴史的解剖

 1850年にバイエルがドイツのショット社から出版されると、世界中で愛されるようになったのはなぜか?バイエルの真価を知るには、前回まで詳しく述べた「静かな手」の他にもう一つ、「番外曲」について知る必要がある。バイエルは、一曲一曲に名前がついていないので、番号で呼ばれる。バイエル第80番というふうに。それで、番号に注意してよく見ると、バイエルの中には番号のついていない短い曲の断片のようなものがある。普通は目に留めないで、無視されているこの番号のついてない曲こそが、教則本としてのバイエルの本体であり、これまで本体であると誰も疑わなかった番号のついた曲は実は単なる「お楽しみ曲」だった、という意外な事実がある。これをシュークリームになぞらえ、果たしてどちらがシューで、どちらがクリームなのか、二転三転の逆転劇を繰り広げたその結末は? お知りになりたい方は、どうぞ『バイエルの謎』の第11章「シュークリーム」をひもといて下さい。

バイエルとブルクミュラー
 昨年の8月のことであるが、「ブルクミュラー・フェスティバル」という、トークショーあり、コンサートあり、バレーあり、コンクールあり、レクチャーありと、ブルクミュラーで考えられる企画をすべて詰め込んだ、まさにフェスティバルとしか言いようのない催しものが音楽之友社のホ―ルであった。ピアノのお稽古の定石では、バイエルが終わればブルクミュラー、という順番だったのだが、曲の難易度を別にすれば、二つの教則本は、何が決定的に違うのかと言えば、それは、ブルクミュラーの曲には、「アラベスク」とか「澄み切った流れ」とか「貴婦人の乗馬」とか、なかなか魅力的な題名がついているのに、バイエルの曲には題名がないということである。ブルクミュラーに比べたら、バイエルは番号だけという、なんとそっけなく、無味乾燥なこと。
 この題名があるかないかが、今回のテーマである「番外曲」に関係している。たったこれだけの違いなのだが、実は単純に見えるこの違いは、二つの教則本の歴史的立ち位置の違いをよく表しているのである。バイエルさんとブルクミュラーさんとは、実はどちらも一八〇六年生まれでの同い年である。同い年の2人なのに、すぐ後で詳しく述べるように、「バイエル」は古い時代の教則本の形式を残した古い世代の教則本に属し、「ブルクミュラー」は古い形式などはかなぐり捨てて、楽しい曲を並べるという新時代の教則本に属しているのである。この違いは、二人が活躍した都市に関係があるのかもしれない。バイエルは南ドイツのマインツで活躍した。ブルクミュラーはパリで活躍した。マインツがドイツの伝統を残しているのに対して、パリは当時の最新流行で彩られていたことであろう。バイエルが古い時代の教則本に属し、ブルクミュラーが新しい時代の教則本に属しているのは、そんなところに原因があるようにも思える。
 さて、バイエルが古い時代の教則本であることを示しているのが、曲に題名がなく、ただ番号がついているだけである点。それよりもバイエルが古い時代の教則本であることを何よりも証拠立てているのが、実は、番号のついていない短い曲がところどころに挟まれていることなのである。いわゆる「番外曲」であるが、今では、これが何のためにあるのか、何の意味なのかほとんど分からなくなって、たいがいは無視されている。番外曲に対して、番号がついている曲を番号曲と呼ぶことにし、バイエルの中にある番外曲と番号曲の二種類の曲の関係を調べると、バイエルがドイツの教則本の伝統に則った教則本であることが見えてくるのである。

番外曲という不思議な存在
 古典的な楽曲の常識に照らしあわせてこの両者の違いを区別すると、番号曲がある一定の音楽的な様式感や流れのある「楽曲」であるのに対し、番外曲はあたかも楽曲のある一部分を取り出したかのような一断片である。かっこよく言えば、「動機(モチーフ)」といってよいかもしれない。
 普段あまり注意することのない番外曲についてもう少し詳しく見てみよう。番外曲には繰り返し記号がついていることに注目したい。例えば、冒頭1番の前に掲載されているたくさんの片手の練習と両手の練習を取り上げてみる(ここでは便宜的に「冒頭番外曲」と呼ぶことにしよう)。バイエルはこの冒頭番外曲に解説を付して次のように述べている。「各練習は教師がよしとするまで繰り返して練習すること」。繰り返し練習することが注目である。また、50番と51番の間にある番外曲においても、「それぞれの音形を7回(繰り返すこと) Jede Figur 7 mal」と書かれている。いずれも「繰り返し」が強調されている。つまり、番外曲は、繰り返し記号の通りに一度だけ繰り返してそれでよいものではなく、何度も繰り返し練習をするものであることがわかる。
 冒頭番外曲の最後には注釈がついていて、次のようにバイエルは述べている。「これらの練習は教師の手引きにより初めはソラで弾くこと」。初めにソラで弾くのであれば、慣れてくると鍵盤のいろんなところで、ドレとかファソとかで弾くということになる。これから分ることは、番外曲は、ひたすら指の動き・形を覚えるものであることだ。番外曲とは「音形」であり、多くの反復演奏をさせる性質のものなのである。
 こうしたことは、今日では忘れ去られ、分かったとしても今日では無味乾燥な練習として、敬遠されるべき存在であろう。番外曲には今日のバイエル読者(使用者)に対して、必須なものであることを訴えるような存在感が今ではどこにもない。どう扱ってよいのか手に余るほどのもののようである。そのせいで、まったく無視されている。

番外曲とハノンの近親性
 そうは言っても、バイエルが番外曲に要求した反復練習には、現代のピアノ学習者・演奏家であってもどこか既視感を覚えるのではないか。そう、かの『ハノン』である。ドミファソラソファミ、レファソラシラソファ・・・と鍵盤上を登ったり下がったりして、ピアノがまさに打鍵マシーンになるあの反復練習の権化のような『ハノン』である。日本ではハノン、ハノンと呼ばれている教則本の正式名称は、ハノンによる『60の練習曲によるヴィルトゥオーゾ・ピアニスト』である。ここにある60のメニューをこなせば、君はピアノの名人になれるよ、と言わんばかりの題名である。同じ位置での単純な繰り返しではなく一回ずつ手のポジションを2度ずつ上行または下行させてはいることが、バイエルの番外曲とは違っている。しかし、どちらも動機的な一つの音形をひたすら繰り返すことによって成立している練習であることで共通している。言ってみれば、バイエルの番外曲を一つずつ隣の鍵盤に移して反復するようにしたのがハノンであり、それがハノンの新しさであった。
 この練習集を作ったのはフランス人のルイ・シャルル・ハノンLouis Charle Hanon(1819-1900)である。バイエルより13歳年下のハノンがこれを出版したのは1873年であるから、『バイエル』の出版よりは20年程後にあたる。つまり時代は少し下るけれども、わたしたちは数ある教則本の中で、実は、バイエルの番外曲と同系統の教則本をはからずも使っていた、という事実にあらためて気付かされるのである。バイエルの番外曲を無視し、その代わりに、より組織的で、より効果のあるハノンを使ったと見てもいいだろう。

バイエルの番外曲のルーツ
 これまで誰からも顧みられることのなかった不幸な存在である番外曲に注意を払うと、意外なことにバイエルの番外曲とハノンとが繋がっているという事実を発見できる。そうなると、関係するのは、バイエルとハノンだけなのであろうか。バイエルからハノンへの延びる線は、過去に向かっても伸びているのではないだろうか。両者を結ぶ線は、過去に向かってどこまで伸びているのだろうか。
 バイエルは教則本をまったくの無から書いたわけではないだろう。過去の教則本を参考にしたに違いない。そうであるとするなら、一体、誰のを手本にしたのだろうか。『バイエルの謎』では、教会オルガニストの娘であった母から、またライプツィヒ・トーマス学校でバイエルが音楽を学んでいたことを明らかにした。
 『バイエルの謎』のエピローグで紹介した1863年6月1日のバイエルの訃報記事(『南ドイツ音楽週報』)の中で、バイエルはピアノ演奏についてフンメルを手本としたと書かれている。そうなら、もしかしたら、反復練習音型であるバイエルの番外曲とフンメルとの関係を見つけることができるのではないか。
 バイエルがピアノ演奏のお手本にしたというフンメルとは、ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)のことを指していると考えられる。彼は1778年にスロヴァキアの首都であるブラティスラヴァで生まれ、後ウィーンに移住し、いっときモーツァルトの住み込みの弟子になった音楽家である。今日、演奏される彼の作品はトランペット協奏曲くらいのもので、あまり有名とは言えない音楽家だが、幼いころは神童ぶりを大いに発揮し、成人してからもピアニストとしても作曲家としてもとても有名であった。ヨーロッパ各地で活躍した後、中部ドイツの街ヴァイマールの宮廷楽長として生涯を終えた。
 今日、みんなが使っている教則本の中でバイエルは最も古い時代に属する。出版されたのが1850年である。これより古い時代の教則本のほとんどは実用書ではなく、もはや古本屋に積まれる歴史資料だ。フンメルのピアノ教則本なんて見たことがないが、探してみると見つかる。それはフンメルが1828年にワイマールで著した、ピアノのための教則本『ピアノフォルテのための理論的で実践的な指南』である。「理論的」という言葉を含むタイトルからして時代をしのばせてくれる。実物を目にすると、まず驚かされるのが、まるで電話帳といったその大きさ(写真)。
ピアノフォルテのための理論的で実践的な指南


 3部で構成されたフンメルの教則本は全444ページもある大教則本である。この分厚い教則本を紐解いてみると、バイエルの番外曲とそっくりな反復練習のための動機的な音形が、しかも大量に掲載されているのである。教則本を電話帳の厚さにしている張本人が番外曲である。その一部をお見せする。
ピアノフォルテのための理論的で実践的な指南

 この例では、バイエルの番外曲よりもハノンに近い。しかしハノンのように上行か下行かの4オクターブの長い直線的な動きではなく、適度に下行し、適度に上行し、最後はオクターヴの動きを重ねて、カデンツの動きで曲として締めくくっている。指使いは、かなりアクロバティックである。いずれにしても、「ハノン」よりも、「バイエル」よりももっと早くから音形による反復練習が普通に、しかも熱心になされていたことを、フンメルの教則本が教えてくれる。
 反復練習用の音型が大量に掲載されていることからすると、ピアノを弾くためにはバイエルの番外曲と同じような動機的音形による、かなり長時間の反復練習をするのが当然というか、必然である、と考えられていたのである。
 ピアノが弾けたら楽しいね、という感じで子どもがお稽古する今の日本で、もしもフンメルの教則本を使ったら、生徒は誰も来ないだろう。通っていた生徒もみなやめてしまうに違いない。しかし19世紀の前半では、どれほど退屈であろうとも、反復練習音型がないとピアノ教則本とは言えなかった。
 ブルクミュラーには、この音型がない。19世紀前半の常識からすれば、ブルクミュラーはとてもピアノ教則本と呼べる代物ではない。厳しいレッスンに耐えた子供にご褒美にあげるお菓子のような、甘いお遊び曲である。逆に、バイエルから番外曲を除き、番号曲の通し番号の代わりに、「狐狩り」、「貴婦人のかけ足」なんていう題名を付ければ、バイエルは、たちまちブルクミュラ―に早替りする。しかし、子どもの生長に、甘いお菓子ばかりではダメで、嫌いな野菜も食べさせなければいけない。肉も必要。この意味でバイエルは、野菜もお肉も、そしてお菓子もバランスよく配合したメニューになっている。ここに、世界中で愛用された秘密がありそうである。
 ブルクミュラーから見れば、バイエルは古い形を残している教則本であるかもしれないが、フンメルの教則本と比べるとずいぶん新しい教則本ではないか。それにしてもバイエルは、ピアノ教則本の伝統を完全に無視することはできず、それまで必須と考えられていた反復音型練習を盲腸のように残した。それが番外曲であった。教則本のいかめしい伝統に敬意を表して、ブルクミュラーのように曲にチャ―ミングなタイトルをつけることはせずに、番号を付すに止めたという禁欲さを保っている。
 ひたすら指の動き・形を覚えるための反復練習用の音型である番外曲は、ピアノ教則本にはなくてはならなかった、という番外曲の歴史的意味が分かってくると、その起源はどこまで遡れるのだろうか、という新たな興味がわいてくる。ピアノ教則本とは何であったのか。番外曲のルーツを訪ねることで、それが分かってくるのではないか、という期待が持てる。次回はそのお話をする予定である。


ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267