『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐

第4回
「静かな手」と「ねこ踏んじゃった」の奇しき関係

  ピアノの難所を無視した「ねこ踏んじゃった」
 ピアノが弾けるためには結構な時間がかかるのは誰でも知っている。その常識に上手く乗っかって、ピアノなんて一度も触ったことのない人でも、数分もあれば見よう見まねで弾けてしまうということでは古今随一の迷曲、いやいや名曲が「ねこ踏んじゃった」である。右手は一種の「静かな手」でポジション移動がない。1箇所に固定されている。親指と小指がそれぞれ隣の鍵盤も担当するころがいわゆる「静かな手」と異なっている。これを除けば右手は完全に「静かな手」である。これに対して、左手は結構いそがしく飛び跳ねるし、あのサビの箇所では、右手と交差し、いかにもカッコいい。しかし好きな指で弾いていいし、人差し指一本でも弾けるので、覚えてしまえば楽である。「ねこ踏んじゃった」はピアノの勘所、いや難所を上手く避けて、しかも魅力的である。教則本の難しさを逆手にとったような曲である。薬指と小指が弱い、親指が強すぎて扱いに困る、という点を除けば、ピアノを弾くことを難しくしているのは、指の交差と手のポジション移動である。「ねこ踏んじゃった」はこの難所をまことしやかに無視している。
 「ねこ踏んじゃった」を通して見えることは、ピアノを弾くときの最初の難関は、指の交差と手のポジション移動だということである。であるから、その前段階の「静かな手」は初心者にはとても重要なことなのである。ピアノに慣れ、指がピアノに慣れるまで、充分に時間をかけて「静かな手」でおさらいすることが、急がば回れで、ピアノ上達のコツだといえる。だから、はじめてピアノに触るこどものためにバイエルが教則本を書いたとき、前半を徹頭徹尾「静かな手」に当てたのである。

「静かな手」の歴史
 しかしピアノ教則本の歴史をたどればこの当たり前過ぎるほど当たり前の思想に最初から簡単に辿り着いてわけでもなさそうなのである。ここで前回紹介したレーラインのピアノ教則本について、簡単におさらいしておきたい。
 この教則本は、1765年から1848年まで版を重ねたロングセラーの教則本であった。版を箇条書きすると次のようになる。

 初 版(1765年)
 第二版(1773年)
 第三版(1779年)
 第四版(1781年)
 第五版(1791年)
 第六版(1804年)
 第七版(1819年)
 第八版(1825年)
 第九版(1848年)

 18世紀半ばから19世紀半ばまで版を重ねているので、ピアノ教則本のおおまかな変遷を見るには実に都合のいいピアノ教則本なのである。では、「静かな手」という考えは、レーラインのピアノ教則本ではどの版から登場するのであろうか。初版と第二版、第三版、第四版はほぼ同じ、第六版と第七版もほぼ同じなので、初版、第五版、第六版、第八版、第九版だけを見ればいいことになる。そこでこの順番で「静かな手」がどのように出てくるか見てみよう。
 初版の指使いの章を見ると、そこにはポジションの移動があるかないかを考慮していない。また、五本の指が担当する範囲が五度以内か、つまり静かな手であるかについても、そんな発想はからきし見られない。
 第五版の指使いの章でも、「静かな手」は現れない。早々と指の交差に触れ、長調と短調の24の全ての音階が登場してくる。その前段階としての「静かな手」に注意をはらっている様子がない。レーラインの例では、18世紀にはまだ「静かな手」という思想が存在していないのである。1781年に亡くなったレーラインは「静かな手」を知らなかったということになる。
 1804年の第六版になってようやく「静かな手」が現れる。この版では第8章が指使いに当てられている。そこには800を越える練習曲と指の練習用の短い旋律が載っている。練習曲の分類にはじめて「静かな手」が登場してくる。

 静かな手による一声の練習
 安定した手の上下(ポジション移動あり)による一声の練習
 静かな手による二声の練習
 安定した手の上下による二声の練習
 静かな手による三声による練習
 安定した手の上下による三声の練習
 静かな手による四声、五声による練習
 安定した手の上下による四声、五声の練習

 これを見ると分かる通り、分類の第一区分肢は声部の数である。ポジション移動があるかないかは、第二区分肢である。つまり、第六版では、難易度にとって、静かな手であるかどうかよりも、まず声部の数が重要視されていたことが分かる。難易度にとっての第一区分肢は声部の数で、第二区分肢が「静かな手」である。しかしながらこの版によってようやく「静かな手」という考え方が表れてくるのである。
 では、「静かな手」が第一区分肢になるのはいつからなのだろうか。第八版は、かの有名な名チェルニーによる改訂版である。しかしこの版の指使いの分類は、第六版を受け継いでおり変化は見られない。「静かな手」が運指から見たピアノ演奏の難易度の第一区分肢となるのは、最後の第九版なのである。この版ではじめて2分冊となる。第一分冊は主に言葉による説明であり、第二分冊は練習曲集である。第一分冊でははっきりと「静かな手」の説明が出てくる。つまりポジション移動のない運指について明確に説明してある。第二分冊の練習曲集では、その第一章には、「静かな手による練習」と見出しに掲げられ、そこに「静かな手」による運指練習が集中して掲げられている。そして、それに続く第二章が音階練習である。第一章と第二章とで、「静かな手」とポジション移動が必要となる音階練習とがはっきり区別されている。
 「静かな手」という思想は、第六版から登場するのであるが、それが運指によるピアノ演奏の難易度にとって最重要であるという認識が定着するのは、レーラインの教則本では最後に第九版からだったのである。
 そうなるとバイエルの静かな手による第一教程と音階を中心とした第二教程とは、レーラインのピアノ教則本第九版第二分冊の第一章と第二章に対応する、ということが分かる。レーラインのピアノ教則本第九版が出版されたのが1848年で、バイエルが出版されたのが1850年だから、その差はわずか2年である。レーラインによって教則本史を代表させるなら、バイエルは、「静かな手」という最新の思想を実現したピアノ教則本であったということになる。

「静かな手」の起源
 ここで一端レーラインから離れて、そもそも「静かな手」は最初、いつ現れるのか探ってみたい。「静かな手」の起源がどこにあるのだろうか。
 ドイツで出版された鍵盤楽器教則本としてはかなりはやい時期のものである1749年に出版されたハルトゥンク(Philipp Chritoph Harutung)の『理論的で実践的な音楽家』を手に取ってみる。残念ながらこの本には「静かな手」という言葉が登場しない。しかし、掲載されている「練習用前奏曲」をよく見ると、それは事実上ほぼ「静かな手」で弾くように書かれているのである。ここには明らかにポジション移動を伴わずに弾ける、ということを意識していたことが見てとれる。そのことをハルトゥング自身が次のように述べている。
「初心者が指を交差させないで、指を連続で動かすだけで演奏できるように心がけて作った」

譜例:ハルトゥンクの「練習用前奏曲」

 「静かな手」という言葉こそないが、その考えは18世紀半ばのドイツのピアノ教則本にあったことが確認できる。
 19世紀になると、例えば、チェルニーは1839年のピアノ教則本で「完全に穏やかな手によって」という表現で「静かな手」を表している。同じ頃、クラマー(Johann Baptist Cramer)は「5つの鍵盤上の静かな手」と表現している。19世紀には「静かな手」は確実に定着している。
 こうして「静かな手」という文化史を見てゆくと、意外な思いが浮かびあがってくる。「静かな手」というのは、ピアノ教則本史の中の「ねこ踏んじゃった」だったのである。ピアノ運指の難所を避けて、初心者が楽々と弾けることを最優先する思考である。ピアノに慣れ、指がピアノに慣れるまで、充分に時間をかけて「静かな手」でおさらいすることが、急がば回れ式のピアノ上達のコツだったのである。それはマールプルク(Friedrich Wilhelm Marpurg)が1754年にすでに言っていたことであった。
「ほかの指の上や下を通して指を交差させる前に、まず1音ずつ順に進行する練習をさせなければならない」

「静かな手」は商売になる
 「静かな手」で指を充分に慣らすことがピアノ上達の大切な基本だったわけであるが、ドイツでも上達がだいたいこの段階で終わった学習者が多くいたのではないだろうか。そうすると「静かな手」は別の意味を持ってくることになる。つまり初学者や初学者辺りで止まった学習者が弾ける曲集、できたら「ねこ踏んじゃった」のように聴き映え、見栄えのする曲集を出したなら、きっとたくさん売れるのではないか、と出版社が商魂たくましくしたことは、充分に想像できるではないか。
 前回に、ストラビンスキーやサティーが書いた「静かな手」による曲集を紹介したが、改めて「静かな手」で書かれた曲集がないか調べてみた。その整理したものを最後に掲げてみよう。この表が語ることは、「静かな手」は「ねこ踏んじゃった」であり、もしかしたら「ねこ踏んじゃった」はこの表に掲げた「静かな手」の曲集の延長線上にある、かなりお気楽な、フランスのムーランルージュの踊り子の軽薄さをも連想させる仕上がりになった「静かな手」ではなかったか、という気がしてくるのである。

   「静かな手」による曲集一覧表

出版年 作曲・編纂者 題名 連弾
1831 A. ディアベリ 12の短い旋律的練習曲
1836 A. ディアベリ 6つの連弾用ソナチネ 連弾
1836 A. ディアベリ 連弾ワルツ 連弾
1838 A. ディアベリ 28の旋律的練習曲
1838 不明 ベッリーニ、ヘロルド、メユール、モーツァルトなどによる作品集 連弾
1842 H.エンクハウゼン 『初歩のレッスン』第1巻 連弾
1847 C. チェルニー 24の練習曲
1848 G. シュトルーヴェ 旋律的練習曲 第1巻
1848 C. イムラー やさしいワルツ
1849 H.エンクハウゼン 20の子どものための連弾曲集 連弾
1851 Th. エステン 良い打鍵のための花道(全4巻)
1852 H. エンケ 6つの旋律的練習曲
1852 C. M. v. ボックレト ピアノ演奏の初歩の授業
1853 ヒャヴァタル 18の旋律的小品
1854 (不明) 鍵盤楽器の初めの授業
1855 A. ディアベリ 熱心な若者を励ます試練の作品
1857 C. ライネッケ 連弾のための鍵盤作品 連弾
1857 A.E. ミュラー 教育的練習曲
1858 A. クラウゼ 旋律的練習曲
1859 D. クルーク テクニックの教本
1859 R. エックハルト 鍵盤楽器演奏の初めのレッスン
1861 F. フィッシャー 初心者レッスンのための体系的ピアノ教本
1861 A. トルッチェル 8つの連弾曲集 連弾
1864 F. マーゲルシュテット 『若者の喜び』 小さなメロディと演奏用曲集
1872 F. ゲルネルト 第1カドリーユ
1872 F. ゲルネルト ワルツ
1873 G. ケーニッヒ 連弾曲集 連弾
1873 J. ヴォルフ ピアノレッスンのためのやさしい作品
1874 O. ハインケ 連弾のための6つの小品 連弾
1875 J. ハントロック 12の旋律的連弾曲集 連弾
1876 D. デーリンク 14の練習曲
1877 H. リヒナー 18の連弾曲集 連弾
1877 J. フォークト 6つのやさしい連弾用作品 連弾
1877 A. ディアベリ 『若者の喜び』 連弾のための6つのソナタ 連弾
1877 L. ケーラー 30のやさしい連弾用練習曲集 連弾
1878 F. ベーアー 『矢車菊』 やさしい3つの連弾用舞曲 連弾
1878 E. ビュヒナー 24の連弾曲 連弾
1878 F. ベーアー 『モクセイソウの花』 3つのやさしい連弾用舞曲 連弾
1879 R. クラインミヒェル 連弾用の6つのソナタ 連弾
1879 A. レーシュホルン 24の旋律的連弾曲 連弾
1879 J. ヴァイス やさしく親切なピアノ演奏の学習のための実践教本
1880 L. マイヤー 子どものためのトリオ
1881 R. フックス とてもやさしい連弾曲集 連弾
1881 C. イムラー 子とものための実践的な鍵盤楽器教本 連弾
1881 R. シュミット テクニックの練習曲
1882 F. ベーアー 『バラのつぼみ』 4つのやさしい連弾用舞曲 連弾
1882 H. ニュルンベルク 12のやさしい連弾曲集 連弾
1882 J. レーウ 3つの連弾曲 連弾
1882 G. ハッセ 12の静かな手で弾ける連弾曲 連弾
1883 F. ベーアー 『雪の花』 やさしい舞曲集
1885 L. ラーマン 鍵盤楽器演奏のテクニック概要(全3部)、第1部:基礎教程
1886 R. クラインミヒェル 若者と大人のための15の発表会用連弾曲 連弾
1887 F. リスト(ヴィンターベルガー編) テクニック練習曲
1887 J. レーウ 『春の夢』 6つの旋律的レッスン用音像 連弾
1888 G. ヴォルフ やさしい連弾小曲集 連弾
1888 G. ヴォルフ G. ヴォルフ 連弾
1889 A. ディアベリ 連弾用作品 連弾
1889 F. ベーアー 『コウジンバラ』 4つのやさしい舞曲集 連弾
1889 F. ベーアー 『雪の星』 6つのやさしい舞曲集 連弾
1889 F. ベーアー 祝祭用カドリーユ 連弾
1889 A. フェルス 連弾セレナーデ 連弾
1889 A. フェルス 『ヒナギク』 ワルツ集 連弾
1890 H. エンケ 旋律的練習曲集 連弾
1890 F. ベーアー 『お誕生日のガヴォット』 連弾
1890 F. ベーアー 『アルプスの挨拶』 連弾用曲 連弾
1890 F. ベーアー 『祝祭の響き』 連弾用ワルツ 連弾
1890 F. ベーアー 『楽しいガヴォット』 連弾
1890 F. ベーアー 『愉快な士官候補生』 連弾用行進曲 連弾
1891 F. ベーアー 『おばあちゃんのお気に入りの踊り』 メヌエット 連弾
1891 A. フォーテ 12の小曲集 連弾
1892 J. レーウ 3つのレッスン用性格的作品集 連弾
1894 H. フェッター レッスンのためのテクニック練習曲集
1895 A. ディアベリ 旋律的練習曲 連弾
1896 A. ディアベリ 旋律的練習曲 連弾

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267