『バイエルの謎』その後〜無自覚な音楽史

安田 寛(やすだ・ひろし)
1948年、山口県生まれ。国立音楽大学声楽科卒、同大学院修士課程で音楽美学を専攻。山口芸術短期大学助教授、弘前大学教育学部教授を経て、2001年より奈良教育大学教育学部教授。19世紀、20世紀の環太平洋地域の音楽文化の変遷について研究中。著書に、『唱歌と十字架』(音楽之友社、1993)、『日韓唱歌の源流』(音楽之友社、1999)、『原典による近代唱歌集成』(編集代表、CD30巻+楽譜+資料、ビクターエンタテイメント、2000)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文藝春秋、2003)、『日本の唱歌と太平洋の讃美歌──唱歌誕生はなぜ奇跡だったのか』(奈良教育大学ブックレット第2号、2008)、『バイエルの謎』(音楽之友社、2012)などがある。2001年に第27回放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年に第35回日本童謡賞特別賞を受賞。奈良市在住。


安田 寛

小野 亮祐(おの・りょうすけ)
広島大学大学院博士課程修了。DAAD奨学生としてライプツィヒ大学音楽学専攻に留学。18世紀ドイツのベスト・ロングセラー教本『レーラインの鍵盤楽器教本』をめぐる博士論文により学位取得。2011年より北海道教育大学釧路校准教授。

小野 亮祐

第3回
ベストセラー著者レーラインに嫉妬したエマヌエル・バッハ

 『バイエル』は、64番までと65番からとで難易度に大きな区別があって、それぞれ第一段階、第二段階と呼ばれている。教則本らしく言えば、第一教程と第二教程である。この区別は重要なので、バイエルは第一教程の最後に「以上ほとんどすべて(の練習曲)は『静かな手』による」と注記している。つまり64番までは「静かな手」で書かれているので易しかったが、65番からはそうではない、と言っているのだ。「静かな手」とは、指の交差(指を潜らせたり、またいだりすること)や手の位置の移動を伴わない運指のことである。したがって、例えばドレミファソの5度の範囲だけを弾くことになる。その結果、手は、一度鍵盤の上に置くと、その位置から動かす必要がなくなる。それに対して、65番からは指の交差や手の位置の移動がはじまる。簡単に言えば、音階が出てくる。
 不思議なことに、バイエルが第一教程の終わりに付した、この重要な注記は、日本で訳出された『バイエル』では、たとえ原典とうたっていても、訳出されていない。それくらい日本では、ピアノ教則本の歴史にとって極めて重要な「静かな手」について興味がなかったということを示している。

ストラビンスキーのバイエル

 「静かな手」について面白いことが、ブログ「洋琴音楽雑記帖 - Forgotten Piano Music
に載っている。最近では、日常生活に必要とするさまざまな情報をネットから得ることは欠かせないが、研究についてもネットは必携である。
ブログには、
「『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』 (安田寛 著, 音楽之友社) に出てきた『静かにした手』 (定置の手; Stillstehender Hand) について調べると、興味深いピアノ2手・4手の曲が見つかったのでまとめてみました。」とあり、「静かにした手」で書かれたピアノ曲をたくさん紹介してある。これらの曲について、
「……初学者でも充実した響きを楽しめる作品となっています。」と解説してある。
 紹介されているストラビンスキーの曲、『5本指:5つの音符でできているとてもやさしい8つの旋律(Les cinq doigts: 8 Melodies tres faciles sur 5 notes )』(1921)を聴いてみると、あ、ストラビンスキーが「バイエル」を書いてる? と思わず言ってしまいそうになる。
http://www.youtube.com/watch?v=qDKfIsvqNuk
『絵のような子供らしさ より “一日のための小前奏曲”』というサティの曲もある。「静かな手」で書いても、サティはサティなんだ、と感心させられる。
http://www.youtube.com/watch?v=R5JSPXv-6yM
 いずれにしても、このブログで、バイエルの「静かな手」には続きがあったことを教えてもらった。「静かな手」という、ピアノを弾くということにとって重要な考え方は、バイエル以降も生き続けていたのだ。「静かな手」は、でも、バイエルの専売特許でも発明品でもないだろう。彼は、彼以前の教則本にあった「静かな手」を受け継いでいるのに違いない。そうだとしたら、「静かな手」は教則本の歴史の中でどのようにして生まれ、受け継がれてきたのだろうか。

日本人が知らないドイツの超ベストセラーピアノ教則本

 この問題を調べるのにうってつけのピアノ教則本がある。それがレーラインの『鍵盤楽器教程』である。この教則本は1765年に初版が出版され、『バイエル』が出版される直前の1848年まで第9版まで版を重ねている。日本ではまったく知られていないこのドイツのピアノ教則本はおよそ百年にわたってベストセラーの地位を保った教則本であった。日本人が知っているドイツの古い教則本と言えばカール・エマヌエル・バッハの『正しい鍵盤楽器演奏についての試論』である。この教則本は、レーラインのものより12年ほど早い1753年に初版が出ている。
 日本ではまったく無名のレーライン(Georg Simon Lohlein 1725-1781)、コーブルク(Coburg)の近く、ノイシュタットに生まれている。父は同地の教会音楽家兼学校教師であるというから、祖父がやはりケレダの教会音楽家兼学校教師であったバイエルと境遇がよく似ている。プロイセン軍を1757年に除隊した後、イエナ大学に入学し、学生音楽愛好家団体であるコレギウム・ムジクムで音楽監督を務めた。1763年からはライプツィヒ大学に移り、ヨハン・アダム・ヒラーが率いる演奏団体グローセス・コンツェルトの音楽監督に就任した。この演奏団体が後に有名なライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団に発展する。1811年には、この管弦楽団は、ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調Op73「皇帝」の初演を行った。ピアノ独奏をつとめたフリードリッヒ・シュナイダーはバイエルの先生であった。ライプツィヒはトーマス教会の生徒としてバイエルやワーグナーが音楽を学んだ地であり、シューマン夫妻が新婚生活を過ごした地であった。またドイツ出版業の中心地であり、ブライトコップフなど楽譜出版もこの地で発祥した。そんなライプツィヒで、演奏家、作曲家、著述家として活躍したのがレーラインであった。
 レーラインの『鍵盤楽器教程』に話をもどすと、初版(1765年)、第二版(1773年)、第三版(1779年)、第四版(1781年)まではほとんど同じ内容である。第五版(1791年)はレーラインの弟子であったヴィトハウアー(Johann Georg Witthauer 1751-1802)による改訂版である。第六版(1804年)と第七版(1819年)とはミュラー(August Eberhard Muller 1767-1817)による改訂版である。第8版(1825年)の改訂者はあのチェルニーである。最後の版となった第9版(1848年)は、バイエルと同世代のクノール(Julius Knorr 1807-1861)によって改訂された。
 このようにレーラインのピアノ教則本は、18世紀の半ばから19世紀の半ばまでの長きにわたって版を重ね、チェルニーをはじめ複数の改訂者が関わったことで、ピアノ教則本の初期の思想の変遷を見るのにはうってつけの教則本なのである。

ピアノ教則本の旧派と新派の争い

 日本人がピアノ教則本のルーツとしてまず思い浮かべるのは、エマヌエル・バッハのそれであろう。それがラーラインのものより12年前に出版されたことはすでに述べた通りであるが、エマヌエル・バッハとレーラインはお互いによく知る仲であった。そのエマヌエル・バッハはレーラインのことを「恩知らず」と罵っている。
「恩知らずなレーライン『クラヴィーア奏法』には、この上ない怒りを覚えました。ポツダムにいた頃はあれほど親切にしてやったし、友人だと思っていたのに、奴は恩を仇で返したのです。もう、おしまいです!」
 このただ事ならぬ言葉はエマヌエル・バッハがライプツィヒの出版業者シュヴィッケルトに宛てた書簡にある言葉である。日付は1783年2月18日である。エマヌエル・バッハは、この後、1787年に自身の教則本の第一部の第四版を出した。エマヌエル・バッハがレーラインに悪感情を持った背景にはピアノ教則本の出版事情が背景にあったようである。
 レーラインの教則本が出版されるまで、市場を2分していたのは、エマヌエル・バッハとマールプルクの教則本だったようである。両者の出版状況は次のようになっている。
 1750年 マールプルクa 第一部初版
 1751年 マールプルクa 第一部第二版
 1753年 バッハ 第一部初版
 1755年 マールプルクb 初版
 1759年 バッハ 第一部第二版
 1761年 マールプルクa 第二部初版
 1762年 バッハ 第二部初版
     マールプルクa 第一部第四版
 それがレーラインの初版以後の様子は次のように変化している。
 1765年 レーライン 初版
      マールプルクb 第二版
 1773年 レーライン 第二版
 1779年 レーライン 第三版
 1780年 バッハ 第一部第三版
     バッハ 第二部第二版
 1781年 レーライン 第四版
 エマヌエル・バッハの教則本は、第一部の第二版が出て、第三版が出るまで21年かかっている。第二部は初版から第二版までは、18年かかっている。その間にレーラインの教則本は、1765年から1781年の16年間に第四版まででている。バッハの第一部初版より12年後に出たレーラインの教則本がバッハのものを押しのけてどんどん印刷されたことが見て取れる。レーラインの教則本に市場を占有されたバッハは相当に苛ついたことは想像に難くない。こうした背景が、バッハに、「恩知らず」とレーラインの教則本への嫉妬を吐かせたのに違いない。発行部数を勘案すると両者の教則本の人気の違いがよりはっきりする。
 初版と第二版については不明であるが、第三版は1503部、第四版は2000部が刷られた。それに対してバッハの方は、各800部が刷られた。第三部が出版された1780年には、旧版の第一部が260部、第二部が564部も彼の手元に残っていたという。「恩知らず」という怒りは、生活に直結する怒りであったわけである。

芸術か大衆か、それが問題である

 エマヌエル・バッハとレーラインの教則本の中身の関係については、レーラインの教則本の広告に書かれている通りであろう。
「ここに書かれているすべてが、バッハ氏が熟練した読者や識者のために書いた試論の内容を、簡潔に新しく書き下ろしたものである」
 バッハが、「熟練した読者や識者のために書いた」のに対して、レーラインは初心者を念頭にして書いたという違いである。時代が求めたのは、バッハの芸術家のためのものではなく、レーラインの初心者のためのものであった。両教則本の目的の違いを最も端的に表すのが「静かな手」である。
 レーラインの練習曲を見ると、指の交差(指をくぐらせたり、またいだりすること)が第9曲まで出てこない。それに対してバッハの教則本の副読本を見ると、第一曲からいきなり指の交差と手のポジション移動が出てくる。この違いは、レーラインが初心者を意識していたのに対して、バッハが熟達した芸術家を意識していたということに発している。
 再版のスピードと発行部数の違いを見ると、18世紀後半の市場が求めていたのはレーラインの方であった。エマヌエル・バッハを含めたそれまでの教則本の内容を、初心者のために「簡潔に新しく書き下ろした」ところにレーラインの新しさがあり、それを市場が歓迎したということであろう。100年後にバイエルがしたことをレーラインがしたと見ることができる。
 初心者のために簡潔なピアノ教則本を書いたレーラインであったが、実は、その初版には、まだ「静かな手」という言葉は出てこない。練習曲の第9曲までは指の交差が無くても弾けるように配慮している。そこに「静かな手」の萌芽が見られるが、まだはっきりと「静かな手」という言葉は書かれていないし、その思想も説かれていない。では、19世紀の半ばまで版を重ねたドイツのベストセラー教則本、ロングセラー教則本であったレーラインの教則本で、いつ、どの版で「静かな手」という言葉と思想が登場するのだろうか。前置きが思いの外長くなったので、レーラインの教則本でいつ「静かな手」が出てくるかについては、次回に持ち越すことにしよう。

ご紹介した本
バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本

バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本
安田寛 著

世界的ベストセラーとして、出版されてから160年間ロングセラーを続けているバイエル・ピアノ教本。挫折した人も音大に進んだ人も、子どもの頃から慣れ親しんだ教則本だが、90年代から「バイエルを使っているのは日本だけ」等、バイエルのピアノ教則本としての信頼性が取りざたされるようになった。いきなり悪者になってしまったバイエル。しかし、いまだにピアノや音楽を超えて、教則本・入門・初歩・基礎・幼児・初学者・楽しく学べる・効果がある・自習できるといった意味を伴って使われ続けているのだ。バイエル(教則本)は、ひろく一般読者に訴える日本の文化の一つともいえる。ドイツにわたり、作者バイエル本人を探しドキュメンタリータッチで書かれた世界でも初めてのバイエル研究。

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267