21世紀のふるさとの歌を訪ねて

島添貴美子(しまぞえ・きみこ)
富山大学芸術文化学部准教授。
研究分野:民族音楽学(日本の民謡・民俗芸能)。
共著:『エイサー360度』(沖縄全島エイサーまつり実行委員会、1998年;沖縄タイムス出版文化賞受賞)、『民謡から見た世界音楽』(ミネルヴァ書房、2012 年)など。
放送:NHKラジオ第二の番組「音で訪ねる ニッポン時空旅」に出演、解説を担当。同番組は「NHKに残された日本各地の祭りや民謡の貴重な録音を堀り起こし、 音からイメージできる“ニッポンの暮らし”を語り合う」。2015年4月に放送開始、現在もレギュラー番組として放送中。

島添貴美子
新着記事

第5回
本当の民謡

 前回、『帝國文學』を中心に展開した上田敏、志田義秀らの民謡論の背景には、国楽創成があったと述べた。しかし、「国楽を作るのに民謡を使いましょう」という彼らの主張が国楽創成に与えた影響はさほど、というよりほぼなかったようにみえる。

■国楽創成と民謡

 その理由を推察すると、一つには、上田や志田が主張する二十数年前、つまり、明治十年代には、国楽の方針が決まって唱歌創作や俗曲改良が進められていた。すでに体制が整ってしまった後では「国楽創成に(日本の)民謡を」と主張しても、遅きに失したのかもしれない。
 明治十一年に伊澤修二らが「我國雅俗ノ音樂歌曲幷ニ西洋ノ音樂曲調ノ中其ノ最モ善良ナルモノヲ混和シ以テ國樂ヲ興スベキナリ」(東京芸術大学百年史刊行委員会編1987:16)と、西洋と日本の音楽を融合して国楽をつくることを主張している。その二年後の明治十三年に音楽取調掛にメーソンが着任すると唱歌が作り始められるが、伊澤の基本方針は「日本人の感性に合った外国の旋律を選び、日本語の優美かつ教育的な歌詞を当てて教材とする」(東京芸術大学百年史刊行委員会編1987:92)ことであった。そのため、民謡の旋律は取り入れられたものの、日本の民謡ではなく、スコットランドやアイルランドの五音音階の民謡であった。
 明治十七年には音楽取調掛で俗曲改良も始まっている(東京芸術大学百年史刊行委員会編1987:159-164)。俗曲改良の対象となったのは、筝曲や長唄だった。しかも、筝曲や長唄は、俗曲の中でも「弊害ノ至少ナル」(東京芸術大学百年史刊行委員会編1987:160)ために取り上げられたにすぎず、俗曲の最たるものは、三味線音楽であった。どうやら、当時の音楽取調掛では、上田や志田らが主張する「國民の内部生命を最も赤裸々に表白した抒情詩、國民性の天眞を最も率直に吐露した抒情詩曲」(志田1906=1980 :182)である「民謡」は、存在すら意識されていなかったように思われる。

■明治時代における俗楽の評価

 あるいは、明治時代初期の頃は、「民謡」の中でも、盆踊りなど踊りを伴う歌は卑俗とされたことから、国楽創成の材料にはならなかったのかもしれない。
 明治時代の幕開け早々より、卑俗な歌や芸能は、政府によって取り締まりの対象となった。明治五年四月に音楽や芸能に関わる事案の管轄が教部省に移管されると、音楽や芸能を行う者が取り締まりの対象となる1。同年八月二十三日教部省布達の「能狂言音曲歌舞弊習洗除風化ノ一助ト為サシム」という見出しにみるように、能狂言をはじめとする演劇やそれに類する遊芸は洗除風化の対象となったが、そこには明治政府がこうした俗楽が淫蕩猥芸で害が大きいと考えていたことが分かる。

教部省建言ノ趣熟議仕候処雅樂ノ衰微セシヨリ以来惟俗樂ノミ熾ンニ行ハレ其弊ヤ淫蕩猥藝ニ流レ風ヲ傷ヒ俗ヲ敗リ其世教ニ大害アル實ニ甚シ2

 この通達の前後に、全国各地で、盆踊り禁止令、芸能禁止令等々が発令され、日本中で盆踊りを踊ったり、芸能を演じたり、見たりすることが取り締まられていく3
 ところが、明治三十八年の日露戦争終戦前後より、この流れは変わる。志田は西洋文化の輸入は一時期、日本人を西洋崇拝に向かわせたが、日清・日露戦争をきっかけに、日本文化の再評価が起こったと考えた(志田1906:12)。

斯くて、一方には、國民傳説の研究が起り、一方には、國樂研究の聲が高まり、又一方には、俚諺の研究や民謠の研究なども勃興するに至つたのである。(中略)然るに、日露戦後の今日に至つて、茲に、眞正の國民全體の自覺の時期に到達して、以上の如き諸種の新研究が學者及び詩人の間に、慎重の態度を以て試みらるゝに至り、國民亦、眞面目なる態度を以て、之を歓迎し之を注視するに至つた。其結果は、文部省の民謠募集となり、又、本號の發行ともなるに至つたのである。余は、明治盛代の美學として、之を讃嘆するに躊躇せぬのである。(志田1906:12)

 たしかに、文部省が明治三十八年より全国の府県に依頼して収集し、大正三年に発刊された『俚謡集』には、明治時代初期には取り締まりの対象だった盆踊りの歌詞が堂々と掲載されている(文藝委員會編1914)。明治初期に取り締まりの対象となっていたものが、見直され再び受け入れられていく中で、「民謡」も発見され、受け入れられていったのである。
 ただし、上田や志田の思惑通りに「国楽創成」という形で民謡は受け入れられたわけではなかった。それでは、どこで「民謡」は受け入れられたのだろうか。

■民俗学と民謡

 「民謡」の受け入れ先の一つは、国楽とは別の新しい日本音楽の創作であった。新しい日本音楽を創造しようという動きが、大正時代になると新日本音楽運動、童謡運動、新民謡運動といった形で盛んになり、わらべ歌を含む「民謡」を素材とした作品が作られるようになる。
 受け入れ先の二つ目は、レコードやラジオといったメディアであった。メディアの登場で、ある地方の民謡が、スピーカーを通して声で全国の人々の耳に入ってくるようになる。これに平行して、民謡や民俗芸能を舞台で鑑賞するという催しや、歌声の優劣を競う民謡大会も盛況となる。
 そんな中で、文芸論として始まった民謡研究も引き継がれていった。大正二年に東京帝国大学で、日本民俗学会が発足し、翌年に雑誌『民俗』が創刊される。その巻頭を飾った「民俗に就いて」を書いた芳賀矢一は、志田の「日本民謠概論」に出てくる芳賀博士(志田1906=1980:385)のことと思われる。「歌謠は一般に、勞働と舞踏とに伴うて發生する」(志田1906=1980:584)という志田の民謡発生論は、学生時代に芳賀から学んだ西洋の詩歌の起源に関する研究が考察の糸口になっているという(志田1906=1980:583-584)。志田自身も同号に論考を寄せている。
 紛らわしいことに、この「日本民俗学会」は、柳田國男の「民間伝承の会」(昭和十年設立)を前身とする現在の「日本民俗学会」とは全く別の組織であった(小池2011:49)。それに、『民俗』よりわずか二か月前に、柳田國男の雑誌『郷土研究』が創刊されている。ある意味、ライバル関係だった両誌だが、『民俗』はわずか二年、五冊で廃刊し4、民俗学における民謡研究は、柳田國男の日本民俗学を中心に展開していくことになる。

■民謡と流行はやりうた

 中でも、民俗学が明治時代の文芸論から引き継いだ重要なテーマの一つは、「民謡の真正性(オーセンティシティ)」の問題であった。「何が本当の民謡なのか」という真正性の問題は、西洋でも日本でも民謡研究において長い間、付きまとってきたテーマである。
 志田のいう民謡とは、「所謂按巧クンストを用ゐないもの、言ひ換ふれば、國民の自然の技巧に一任した歌謠」(志田1906=1980:583)であり、「眞正の民謠集」(志田1906=1980:371)を作ろうとするなら、民謡と技巧歌(技謡5)を分別しなければならない(志田1906=1980:371)。この「技巧歌」とは、「俗曲(技巧クンスト、ポエジーである所の)」(志田1906=1980:181)であり、「藝術家の技巧に依つて、作爲せられたものであるから、其製作者の特殊の思想に依つて、調節せられた節が多い」(志田1906=1980:182)歌であるという。しかし、実際には「技巧歌」は俗曲、つまり三味線音楽や筝曲に限らず、今様雑曲や多くの神社歌曲、祭詞など、かなり広い範囲の歌が想定されていた(志田1906=1980:371)。
 これに対して、「技巧歌」よりも限定的な「流行はやりうた」に置き換えることで、「民謡」対「技巧歌」の構図を、「民謡」対「流行歌」に展開させたのが、柳田國男である。
 柳田によると民謡とは、「平民の自ら作り、自ら歌って居る歌」(柳田1929=1998:462)であり、「作者の無い歌、捜しても作者のわかる筈の無い歌」(柳田1940=1998:12)である。これに対して、流行歌とは「その根源にさかのぼって見れば、多くは何れかの地方の民謡であつて、作者と第一次の聴衆の群と、境目のはつきりとせぬのを常」(柳田1929=1998:480)とする歌で、その多くは都市で生まれ、三味線の伴奏で魅力が加わり、遠く田舎へと運ばれて、全国各地で歌われるようになった歌である(柳田1929=1998:480-481)。柳田は、流行歌以外にも、作詞家と作曲家によって作られた民謡(=新民謡)や童謡どうようも除くことで、民謡の範囲を設定した(柳田1929=1998:482-483)。その結果、柳田が提示した民謡分類案(柳田1929=1998:482-483)は、志田の分類案(前回参照)から童謡と風土唄6を削除することで、志田案よりも民謡の範囲は限定されている。

■「本当の」民謡

 柳田の民謡についての論考は、大正時代末期から昭和十年代にかけて集中している。この時代は、志田論文が書かれた明治時代後期に比べれば、ラジオや舞台で民謡を聞いたり、地方へ調査旅行に出かけたり、スタジオで民謡を録音したりすることができるようになり、収集される資料の量も質も格段に良くなっていた。そのため、柳田の民謡論は上田や志田の時代に比べれば、実証的である。
 しかし、それと同時に、柳田は「本当の」民謡の存亡も語っている。

 私は南欧羅巴の二三の国をあるいて、何度と無く静かな村々に入つて見たが只の一度山の陰で、馬に乗つた娘の歌を聴いた外に、畠でも船でも、沢山の鶴嘴が一度に動く場合でも、労作の歌といふものを耳にした記憶が無い。親爺などにはパイプを口にくはへたまゝ、働いて居る者すらあつた。つまり彼等はもう忘れてしまつて、
    歌はよいもの仕事が出来る、話や悪いもの手が留まる
といふやうな境涯を知らぬのであつた。私は斯ういふ光景に接する度毎に、すぐに必ず故郷の田植唄や麦搗唄を思ひ出して、日本だけはまだ斯んなでは無いと独語して居たのであつたが、還つて来て見れば此方でももう書物からで無いと、やはり民謡を知ることが難くなつて居た。消えたら消えたまゝで代りが出来ず、折角の代作志願者は、手を空しうして仲間で褒め合つて居るのみである。それでも僅かに町に入込んだ勇猛なる土方の夫人たちが、粗末な新作を以て普請場を賑はして居るのを見て、せめて心丈夫に感ずる位のものであつた。(柳田1929=1998:483-484)

 民謡の真正性は、たいてい、民謡の存亡の危機と表裏一体で語られる。真正性という点からみると、柳田は、余分なものを除いて「本物の」純度を上げたといえる。その代わりに、本来、民謡が歌われる場において、肝心の「本当の」民謡が見つからなくなっていくという事態が起こっている。中でも、柳田が重視した仕事歌は、仕事の機械化によって、仕事の場からどんどん消えていく。民謡の存亡の危機が叫ばれてすでに百年近く経った二十一世紀のいま、「本当の」民謡はどこへ行ったら聞くことができるのだろう。


  1. 1 明治五年四月二十七日、「音楽歌舞等本省ニテ管轄」に「雅楽ヲ始めメ能狂言其外俗楽ニ至ル迄音曲歌舞ニ属スル者教化ノ一端ニテ人心風俗ノ關係不寡ニ付夫々取締相立懲助ノ功相立候」とある。
    国立公文書館デジタルアーカイブ「音楽歌舞等本省ニテ管轄」
    https://www.digital.archives.go.jp/das/meta/M0000000000000842536
  2. 2 国立公文書館デジタルアーカイブ「能狂言音曲歌舞弊習洗除風化ノ一助ト為サシム」中の「左院意見」
    https://www.digital.archives.go.jp/das/meta/M0000000000000849110
  3. 3 明治時代における歌舞音曲の取り締まりについては、下川耿史の『盆踊り 乱交の民俗学』(下川2011)や橋本今祐『明治国家の芸能政策と地域社会―近代芸能興行史の裾野から』(橋本2011)など散見されるが、地域によっても取り締まりの程度は異なっていた。
  4. 4 東京帝国大学の「日本民俗学会」や『民俗』と『郷土研究』の関係については、小池淳一の「雑誌と民俗学史の視角:石橋臥波の『民俗』と佐々木喜善の『民間伝承』」に詳しい。
  5. 5 志田は、「日本民謠概論」の最後の連載で技巧歌を「技謠」と言い換えている(志田1906=1980:1046)。
  6. 6 志田は風土唄を「各地域特發の民謠の概稱」(志田1906=1980:594)としつつも、例として磯節、追分節、いたこ節、博多節、伊予節、伊勢音頭を挙げている(志田1906=1980:594)。これらの歌は、いずれも三味線伴奏の座興歌であり、地域を超えて伝播していることから、柳田の定義に照らし合わせると流行歌に分類できる。

[参考文献]

  • 小池淳一2011「雑誌と民俗学史の視角:石橋臥波の『民俗』と佐々木喜善の『民間伝承』」『国立歴史民俗博物館研究報告』第165集、47-62頁
  • 志田素琴(義秀)1906「日本詩學上に於ける民謠の位置」『白百合』第四巻第壱號、8-12頁
  • 志田義秀1906=1980 「日本民謠概論」『帝國文學 復刻版』東京:日本図書センター、181-195、366-378、583-597、1046-1065頁
  • 下川耿史2011『盆踊り:乱交の民俗学』東京:作品社
  • 東京芸術大学百年史刊行委員会編1987『東京芸術大学百年史 東京音楽学校篇 第一巻』東京:音楽之友社
  • 橋本今祐2011『明治国家の芸能政策と地域社会―近代芸能興行史の裾野から』東京:日本経済評論社
  • 文藝委員會編1914『俚謡集』東京:國定教科書共同販賣所
  • 柳田國男1929=1998「民謡の今と昔」『柳田國男全集 第四巻』東京:筑摩書房、457-526頁
  • 柳田國男1940=1998「民謡覚書」『柳田國男全集 第十一巻』東京:筑摩書房、1-237頁
  • 国立公文書館デジタルアーカイブ「音楽歌舞等本省ニテ管轄」
    https://www.digital.archives.go.jp/das/meta/M0000000000000842536
  • 国立公文書館デジタルアーカイブ「能狂言音曲歌舞弊習洗除風化ノ一助ト為サシム」
    https://www.digital.archives.go.jp/das/meta/M0000000000000849110

HOME