21世紀のふるさとの歌を訪ねて

島添貴美子(しまぞえ・きみこ)
富山大学芸術文化学部准教授。
研究分野:民族音楽学(日本の民謡・民俗芸能)。
共著:『エイサー360度』(沖縄全島エイサーまつり実行委員会、1998年;沖縄タイムス出版文化賞受賞)、『民謡から見た世界音楽』(ミネルヴァ書房、2012 年)など。
放送:NHKラジオ第二の番組「音で訪ねる ニッポン時空旅」に出演、解説を担当。同番組は「NHKに残された日本各地の祭りや民謡の貴重な録音を堀り起こし、 音からイメージできる“ニッポンの暮らし”を語り合う」。2015年4月に放送開始、現在もレギュラー番組として放送中。

島

添貴美子
新着記事

第11回
伝播論はどこまで実証可能か――ラッパ節・炭坑節・十九の春の伝播論その2

■歌詞からみた系譜をフシからみる

 前回取り上げたラッパ節の伝播はどこまで証明できるだろうか。小川学夫は、歌詞の詞型(七五調×四連1)と囃子言葉、歌詞の内容の三点に注目して、ラッパ節の奄美・沖縄への伝播のルートを描いている。
 小川によると、ラッパ節と与論小唄・十九の春の共通点や類似点は、歌詞の詞型(七五調×四連)と一部の歌詞の内容にあり、相違点はラッパ節にあった「トコトットット」などの囃子言葉が、与論小唄・十九の春ではなくなっているという2
 前々回で取り上げた町田の伝播論の考え方だと、近世中期以降の流行歌はやりうたの伝播を証明するには、歌詞だけでなく、フシの分析が必須である。ラッパ節は近代の流行歌はやりうたなので、町田式の伝播論で考えてもよさそうだ。それではまず、フシの分析に先立って、先行研究に沿って、ラッパ節の伝播(系譜)をつなぎ合わせてみよう。図1によると、歌詞の詞型は、「ノルマントン号沈没の歌」以降、七五調×四連の詞型で固定されている。そして、ラッパ節から炭坑節への伝播(系譜)は「囃子言葉あり」、与論・沖縄への伝播(系譜)は「囃子言葉なし」という特徴があるようにみえる。
 図1に沿って、次にフシを比較してみよう。譜例1は「抜刀隊の歌」から「ノルマントン号沈没の歌」を経由し、「ラッパ節」と「新ラッパ節」までを比較したものである3。抜刀隊の歌とノルマントン号沈没の歌とラッパ節のフシは、よく似ており、抜刀隊の歌の一部がノルマントン号沈没の歌となり(小島1982:395-396)、それがラッパ節となったと考えてよいだろう。新ラッパ節は、類似度はやや低くなるが、ラッパ節から派生したと考えてよさそうである。

■ラッパ節と北九州炭坑節

 譜例2はラッパ節と新ラッパ節、及び北九州炭坑節(筑豊地方の炭鉱と三池炭鉱の炭坑唄・炭坑節)の比較譜である。『日本民謡大観 九州篇(北部)』の解説には「選炭節の節廻しは炭坑で作りあげられたのではなくて、すでに世間一般でラッパ節から変化をみせたものが新ラッパ節の名で謡われているうち、その新ラッパ節の方が炭坑入りして選炭節となったと考える方がよさそうである。」(日本放送協会1977:67)とあるが4、比較譜でみると、ラッパ節または新ラッパ節と選炭節(譜例の採炭節5)のフシはさほど似ていない。
 他方、よく知られている音丸の炭坑節のフシは、採炭節のフシから来ているといってよい。この採炭節の歌い出しの六小節のフシは、「ヒョンコ節」や「バリバリ節」、「南蛮唄」(日本放送協会1977:71)といった、筑豊地方の炭坑唄の歌い出しと似ている。もしかしたら、戦前の九州北部の炭鉱では、歌い出しに山型のフシをもってくるのが流行していたのかもしれない。いずれにしても、ラッパ節のフシの特徴を、北九州炭坑節にみるのは難しく、ラッパ節からフシを借用したとしても、すでにラッパ節の替え歌とはいえないほど、変容している。

■ラッパ節と与論・沖縄のラッパ節系の歌

 譜例36はラッパ節、大島ラッパ節、与論ラッパ節、与論小唄と十九の春の比較譜である。ラッパ節は本土の歌(添田唖蝉坊)で、大島ラッパ節、与論ラッパ節、与論小唄は与論島で伝承されているラッパ節系の歌、そして、十九の春は沖縄で伝承されているラッパ節系の歌である。
 前回取り上げた仲宗根幸市の伝播論では、長崎の口之津や福岡の三池炭鉱で働く与論の人々によってラッパ節が与論風に替え歌され、与論ラッパ節と与論小唄となって与論島に持ち帰られたと指摘されている(仲宗根1998:205-208)。ところが、そもそも与論島には、複数のラッパ節が伝承されている。川井龍介の『「十九の春」を探して』によると、ラッパ節と名のつく歌として、「与論ラッパ節」、「島ラッパ節」、「大島ラッパ節」、「徳之島ラッパ節」、「昔ラッパ節」の五曲が挙げられている(川井2007:111)。どうも与論島のラッパ節事情はかなり複雑なようである。『歌い継ぐ奄美の島唄 与論島』7では、ラッパ節は三曲あったとして、次のように説明されている。

 戦前は、すでに3通りの曲調があったといわれる。奄美大島から流れてきた、「大島ラッパ節」と、いわゆる「与論ラッパ節」、そして「与論小唄」の原形というべき「与論ラッパ節」の3通りである。戦後になって、「与論ラッパ節」が「与論小唄」に呼び名が変わり、さらに残り2つの曲調も「大島ラッパ節」と「与論ラッパ節」に曲目が定着したということである。つまり、与論島民が「与論ラッパ節」「大島ラッパ節」「与論小唄」を、曲調によって明確に分けて認識を共有したのは昭和30年代のようである。(奄美島唄保存伝承事業実行委員会編2014:94)

 譜例3の大島ラッパ節と与論ラッパ節、与論小唄のフシを比較すると、たしかに、与論ラッパ節と与論小唄の間で、三拍子と四拍子の入れ替わり方が同じであること以外、類似点はほとんどなく、先に引用した説明の通り、フシはそれぞれの曲で明確に分けられている8。これに対して、譜例3にある与論小唄と十九の春のフシは同系統と考えてよい。
 さらに、これら与論・沖縄のラッパ節系の歌のフシとラッパ節と比較すると、かろうじて、ラッパ節と与論小唄・十九の春との間で、一~二小節、五~六小節、九~十小節のフシは若干似たところがある。歌い出しの一~二小節と音域が上がる九~十小節のフシは、ラッパ節の特徴でもあるので、その部分が若干似ているということは、北九州炭坑節よりは、与論小唄と十九の春の方がよりラッパ節に近いといえそうだ。
 ところが、むしろもっとスッキリと似ているといえるのが、与論ラッパ節と青島チンタオぶしである。青島節とは大正三年に勃発した第一次世界大戦で、占領した青島チンタオ9に駐屯した青島守備隊の兵隊たちが「奈良丸くずし」10をうたっていたところ、歌の下手な男がいて、その歌を同僚が「ナッチョラン(なっておらん)」といったところから起こったといわれる歌である(古茂田、島田、矢沢、横沢1994:60)。これが日本本土に伝わって「青島節」となったという歌で(古茂田、島田、矢沢、横沢1994:60)、添田唖蝉坊がフシを整えている11
 譜例4のように、与論ラッパ節と青島節の前半部分は酷似していることから、少なくとも現在の与論ラッパ節の前半部分は、青島節の前半部分の替え歌といえる12。青島節も、「抜刀隊系のメロディ」(小島1982:400)といわれているので、ラッパ節も青島節ももとは同じフシから派生した歌である。とはいえ、比較譜からいえることは、与論ラッパ節は添田唖蝉坊親子が歌ったラッパ節のフシではなく、添田親子が歌った青島節のフシの与論版替え歌といった方が正しい13

■伝播論の限界

 九州北部の炭坑からラッパ節の替え歌が与論に伝わり与論小唄となったという根拠は、おそらく、与論小唄の歌詞の中に、炭坑節と類似した内容の歌詞があるためと思われる。九州炭坑節として一般に知られている歌詞の中にある「あなたがその気で言うのなら 思い切ります別れます もとの娘の十八に 返してくれたら別れます」(大沼監修1979:337)14は、与論小唄や十九の春では定番の「私があなたに来たときは ちょうど十九の春でした 今さら離縁というなれば もとの十九にしておくれ」15(与論町誌編集委員会編1988:1190)と内容が類似している。もしも、これに加えて、ラッパ節または新ラッパ節とよく似たフシの炭坑節があれば16、与論小唄の元となった歌が炭坑から与論へ運ばれた可能性も高くなりそうなところだが、残念ながら今のところ分析に供する事例がない。
 ラッパ節などの流行歌は、明治から大正には演歌師17によって、昭和に入るとレコードでも全国に広がった歌である。当時であれば、日本各地で耳にしていた歌であっただろう。なので、今いえることは、一つには、与論小唄や十九の春といった奄美・沖縄のラッパ節系の歌は、誰かがどこかで、ラッパ節の一部を使って作った替え歌から始まった歌かもしれないということである。あるいは、与論ラッパ節のように、ラッパ節を冠しながら、フシは青島節からの借用という事例もあることから、ラッパ節とは別の抜刀隊系のフシをもつ歌が借用され、変容した歌が総じて「ラッパ節」と呼ばれるようになったのかもしれない、というのが現在のところの結論である。
 伝播論という物語は美しい。しかし、証明できることは限られている。


  1. 1 七五を一連とする。七五七五七五七五調で、今様風という。
  2. 2 小川は、囃子言葉のない「奈良丸くずし」と囃子言葉のある「ラッパ節」が、どちらも抜刀隊の歌からの派生であることから、二つの歌が混同された可能性を指摘している。(小川2006:130)
  3. 3 いずれも歌が出来た当時の音源は入手できなかったため、採譜資料を転用した。抜刀隊の歌とノルマントン号沈没の歌は、『世界音樂全集 第十九巻 明治・大正・昭和流行歌曲集』(昭和六年発行)から(堀内、町田編1931:31、35)、ラッパ節は『演歌の明治大正史』(添田唖蝉坊・知道著作集4)から(添田1982:124)、新ラッパ節は『日本民謡大観 九州篇(北部)』から(日本放送協会編1977:67)転用した。ただし、比較譜を作成するために適宜、転調や表記を変えている部分がある。
  4. 4 『日本民謡大観 九州篇(北部)』の解説については、町田佳聲が監修しているが、実際にこの解説を書いたのは竹内勉ではないかと推測される(日本民謡協会編1977:471)。
  5. 5 『日本民謡大観』の採譜では、選炭節と採炭節のそれぞれの採譜が掲載されているが、解説では、選炭節と採炭節のいずれの歌も「選炭節の名で謡われるようになったものと推定される」(日本放送協会編1977:67)とあるので、採炭節も選炭節とみなしてよいと判断した。
  6. 6 大島ラッパ節と与論ラッパ節は、与論民謡保存会によるCD『与論民謡全曲集』(与論民謡保存会、2003年)から筆者が採譜した。与論小唄は、『日本民謡大観(沖縄奄美)奄美諸島篇』から(日本放送協会編1993:725)の転用である。十九の春は、レコード(マルフクレコードFF-53、1972年)より筆者が採譜した。
  7. 7 平成二十五年度文化庁文化芸術振興費補助金(文化遺産を活かした地域活性化事業)によって、奄美島唄保存継承事業実行委員会が作成したCD付きの民謡集である。
  8. 8 すでに指摘されているように(川井2007:119)、沖縄の民謡歌手津波恒徳が歌う与論ラッパ節は、譜例3の大島ラッパ節のフシとほぼ同じである(津波2000)。
  9. 9 中国の山東半島にある港町。
  10. 10 添田唖蝉坊作の歌。「月が出た出た 月が出た セメント会社の上に出た~」の歌詞が北九州炭坑節に取り入れられている(古茂田、島田、矢沢、横沢1994:60)。
  11. 11 『新版日本流行歌史 上1868-1927』の青島節に「添田唖蝉坊整曲」とある(古茂田、島田、矢沢、横沢1994:219)。
  12. 12 川井龍介の『「十九の春」を探して』に、川井が与那国島できいた十九の春が、ストトン節のフシであるという証言が出てくる(川井2007:198-199)。ストトン節は、青島節が「くずれふやけたもの」(添田1982:295)で、添田さつき(知道)がフシを整えている(古茂田、島田、矢沢、横沢1994:247)。
  13. 13 ラッパ節も青島節も人によってフシが異なっていただろうと思われる。そこで、比較譜では、添田唖蝉坊・知道著作集の採譜を、添田親子が歌っていたフシであると仮定して比較した。
  14. 14 例えば、いわゆる一般向けの民謡の歌本の一つ『協楽社版 日本民謡全集:民謡をたずねて』には、九州炭坑節として「あなたがその気で言うのなら~」の歌詞が掲載されている(大沼監修1979:337)。
  15. 15 与論民俗村をつくった菊千代が集めた与論小唄の歌詞には「私があなたにきた時は 丁度十八花ざかり 今更離縁というなれば もとの十八なしてくれ」と十八バージョンの歌詞がある(菊1985:113)。
  16. 16 非常に大雑把な分析で恐縮だが、全く同じフシや、とてもよく似ているフシは、同じ系統のフシと指摘するのはたやすい。問題は、似ている度合いが低くなればなるほど、似ていると言っていいのか、違うと言い切っていいのか、判断に迷うことである。似ているか違うかの判断は人によって異なるし、類似点も相違点もみようと思えば、どちらに寄せてみることもできる。
  17. 17 昭和初期に活躍した演歌師金子潔の『演歌流生記』には、大阪から九州、鹿児島を経由して沖縄まで、あるいは戦後になっても北海道まで妻子をつれて旅をしたエピソードが書かれている(金子1987)。奄美・沖縄でもこうした演歌師たちによって歌われたラッパ節を直接、耳にすることができたと思われる。

[参考文献]

  • 奄美島唄保存伝承事業実行委員会編2014『歌い継ぐ奄美の島唄 与論島』鹿児島:奄美島唄保存伝承事業実行委員会(CD2枚付)
  • 大沼寿声監修1979『協楽社版 日本民謡全集:民謡をたずねて』東京:協楽社
  • 小川学夫2006「九州、奄美、沖縄における『ラッパ節』の流れ――沖縄の『十九の春』が生まれるまで――」『鹿児島純心女子短期大学研究紀要』36、121-134頁
  • 金子潔1987『演歌流生記』東京:新日本出版社
  • 川井龍介2007『「十九の春」を探して:うたに刻まれたもう一つの戦後史』東京:講談社
  • 菊千代1985『与論方言集』与論町:与論民俗村
  • 小島美子1982「[解説]音楽史からみた唖蝉坊」添田知道『流行歌明治大正史』東京:刀水書房、389-403頁(添田唖蝉坊・知道著作集別巻)
  • 古茂田信男、島田芳文、矢沢寛、横沢千秋1994『新版日本流行歌史 上1868-1927』東京:社会思想社
  • 添田知道1982『演歌の明治大正史』東京:刀水書房(添田唖蝉坊・知道著作集4)
  • 津波恒徳2000『シンガポールグヮー』B/Cレコード、BCD-5(CD2枚、解説付)
  • 仲宗根幸市1998『「しまうた」を追いかけて』那覇:ボーダーインク
  • 日本放送協会編1977『日本民謡大観 九州篇(北部)』東京:日本放送出版協会
  • 日本放送協会編1993『日本民謡大観(沖縄奄美)奄美諸島篇』東京:日本放送出版協会
  • 堀内敬三、町田嘉章編1931『世界音樂全集 第十九巻 明治・大正・昭和流行歌曲集』東京:春秋社
  • 本竹祐助、津波洋子1972『十九の春/銃後の妻』マルフクレコード、FF-53
  • 与論町誌編集委員会編1988『与論町誌』与論町:与論町教育委員会
  • 与論民謡保存会2003『与論民謡全曲集』CD1枚、解説書付

HOME