21世紀のふるさとの歌を訪ねて

島添貴美子(しまぞえ・きみこ)
富山大学芸術文化学部准教授。
研究分野:民族音楽学(日本の民謡・民俗芸能)。
共著:『エイサー360度』(沖縄全島エイサーまつり実行委員会、1998年;沖縄タイムス出版文化賞受賞)、『民謡から見た世界音楽』(ミネルヴァ書房、2012 年)など。
放送:NHKラジオ第二の番組「音で訪ねる ニッポン時空旅」に出演、解説を担当。同番組は「NHKに残された日本各地の祭りや民謡の貴重な録音を堀り起こし、 音からイメージできる“ニッポンの暮らし”を語り合う」。2015年4月に放送開始、現在もレギュラー番組として放送中。

島添貴美子

第9回
伝播論再考

■歌のふるさと

 最近はあまり流行らないが、「歌のふるさと探し」みたいなものが一昔前の民謡番組では定番だった。歌のふるさと探し、つまり、その歌の広がりを辿っていき、最終的に発生した場所を特定するということは、言い換えれば、歌の伝播論である。伝播論の「伝播」とは、読んで字の如く「伝わり広がる」ことだが、民謡の場合、それが文字ではなく、人の口から口へと伝えていく口頭伝承の形をとる、と考えるのが基本である。
 特に、民謡の伝播論の中でも、町田佳聲とその弟子竹内勉による伝播論は、彼らが生前、テレビやラジオといったマス・メディアで民謡番組の制作・出演を担当し、多くの民謡レコード解説も手掛けていたこともあって、現在でも「民謡といえばふるさと探し1」というくらい大きな影響を与えている。
 町田が晩年にまとめた「民謡源流考」2は、追分の伝播とハイヤ・おけさの伝播を展開した壮大な伝播論である。なかでも、ハイヤ・おけさの伝播の草案は、すでに戦前から町田の頭の中にあったもの3で、草案から論考「民謡源流考」の発表まで、約三十年近くかかっている。そのことからみても、町田がどれほどこれらの伝播論を重視し、NHKの日本民謡大観事業で収集した資料をもとに分析を重ねてきたかが分かる。
 町田と竹内が展開した民謡の伝播論は、基本的には複数の歌の歌詞とフシを比較して、共通点や類似点を証明し、なぜ共通・類似しているかを、人や物の移動の歴史によって裏付けるものである。つまり、町田と竹内は、実際に、その歌がどこからどこへ伝わったのかという、伝播の瞬間を見ているわけではない。あくまで、歌のふるさと(=伝播)は一つの物語(=推論)に過ぎないのである。

■民謡の伝播のたどり方

 町田と竹内が民謡の伝播を証明するにあたって重視したのは、フシの共通点や類似点である。

 また実のところ「民謡の源流」などといっても底知れぬ深さがあり、逆にいえば源流がわからないからこそ「民謡」だともいえるのである。もちろんいちばん最初には誰かがうたいだしたものに相違ないが、唄い手に作者意識がなく、たまたまその節が面白いからといって真似る人があっても個々別々であり、さらに仲間うち、部落うちで修正され、はじめて土地の民謡として成立してゆくので、最初にうたいだした甲の節を乙が二小節ほど改め、それが丙によってさらにうたいよい節に訂正されたというようなことを記録に書き留められようはずがない。しかし甲、乙、丙、丁の唄の節が残っていれば、その節を比較検討することによって、そうしたメロディーの変化をとらえる程度のことは出来る。私達は現にこういう方法で民謡の研究に対処しており、今日までに応分の成果を上げていると確信しているのである。(町田1967:48)

 なぜ、歌詞よりもフシ(節)なのか。その理由は、「民謡源流考」に出てくる歌は、いずれも七七七五調で、「甚句じんく」であるからだ(町田1967:148)。甚句とは、民謡の種類の一つであるが、七七七五調の流行歌はやりうたという特徴以外に、つかみどころがない種類の歌である4。町田は、甚句を「一つの曲態」(町田1967:148)としてとらえられるものではないとして、以下のように甚句の成り立ちを推測している。

要するに江戸時代の初期以来、七七七五調二十六文字をもてあそぶ文人が多くなって、これがはやり唄としてうたわれ、また地方の俚謡となって全国のすみずみまでも行きわたるようになると、まず上の句下の句が同じ節でうたわれた反復型から、上と下の句が次第に形態を変えてゆくようになったと思うのであるが、旋律の骨組というものは声をあげるかさげるかでさして変化の付けようがなく、さらに歌詞を反復して繰り返すぐらいしか展開の方法がなくなった。
 また歌詞なども二十六文字に統一されたので、どんな歌詞でも節に合うところから、でたらめな替え唄や流用が行なわれるようになった。そしてそれ以上の変化といえば、骨組はそのままにしてリズムを伸ばすか縮めたりし、節廻しのユリをこまかく付けることによって自分の土地の特色をだす工夫ぐらいであった。その結果が今日のおびただしい二十六文字の唄の数かずで、これが藤沢氏の喝破した「地ン句」であり「甚句」なのであった。(町田1967:148)

 つまり、追分もハイヤもおけさもみんな、七七七五調の詞型が基本で、安易に歌詞の一部が差し替えられたり(替え歌)、他の歌から歌詞が流用されていたりするので、歌詞だけでは歌と歌の関係を特定することはできない。しかしフシ(旋律)の骨組は変わりようがない。だから、フシの共通点・類似点が重要になるというのである。
 「民謡源流考」にある採譜(譜例1)は、追分のフシの分析として、長崎県の平戸節、新潟県の松前節(合の手)5、北海道の江差追分(前唄)、山形県の最上川舟唄を並べて比較したものである。これをみると、あまりにもフシが似ていて驚かされる。このように、町田は、南は長崎県の平戸から北は北海道の江差まで広い範囲に、フシの酷似した歌が分布することを証明した上で、これに人と物の移動の歴史を重ねて、伝播のルートを推論していく。
 町田が推論する追分の伝播のルートは、以下のとおりである。
 追分のふるさとは、長野県と群馬県の境にある碓氷峠を行き来する馬子たちが歌った馬子歌6である。この馬子歌が中仙道と北国街道の分岐点である信濃の追分宿の飯盛女たちによって、三味線伴奏の座敷歌に取り入れられた。そして、この座敷歌が北国街道を行き来する旅人たちによって新潟へ運ばれて越後追分となり、さらに、北前船の船乗りたちによって、北海道まで運ばれて江差追分となった。(町田1967:82-108)
 そして、この伝播と並行して、もう一つの別の歌「エンヤラヤ」の伝播が追分に関わっているという。こちらは譜例1で証明している部分である。「エンヤラヤ」は、別名「平戸節」といい、九州北部の鯨漁で船を漕ぐときの船歌といわれる。この歌のふるさとは、長崎県の生月島の捕鯨の時の掛け声「エンヤラヤ」である。このエンヤラヤが、やはり船乗りたちによって北へ運ばれて、新潟で「松前節(合の手)」となり、北海道で「江差追分(前唄)」となった。さらに、江差追分(前唄)は船乗りたちによって南に運ばれ、山形の「最上川舟唄(本唄)」となった。(町田1967:108-116)
 簡単にいうと、長野県の馬子歌と長崎県の捕鯨の掛け声が、北前船に乗って新潟を経由し、北海道まで伝わり合体して江差追分となったという話である。
 歌の事例を分布として考えているうちは、一つひとつの歌は「点」に過ぎない。この点と点を線で結ぶ作業が伝播論である。
 そう考えると、ハイヤとおけさの伝播は、追分のルートと重なりつつも、追分よりもやや複雑なルートを描いている。簡単にルートを説明すると、以下のようになる。南九州の祝い歌「六調子」が南下して奄美大島の「六調」となる。六調は北上して、熊本県の牛深あたりで、地元の甚句と結びついて「ハイヤ」ができる。ハイヤは北前船に乗って越後で、地元の「甚句おけさ」と合流して「おけさ」となり、津軽で「アイヤ」となる。「アイヤ」は東回りの太平洋航路を南下し、三陸海岸沿いに伝わる。こちらの歌も、南は奄美大島から北は津軽まで船を使って伝わっていく。(町田1967:118-142)
 ハイヤ・おけさの分析は追分の比較譜のように、一つの比較譜に納まるほどフシが類似していないが7、終止音(町田1967:167)と歌詞の言葉「ハイヤ」や「アイヤ」(町田1967:173)に共通点や類似点があることを根拠としている。実は、ハイヤ・おけさに共通する特徴は、何よりもスイングするノリにあるのだが、五線譜ではなかなか表現しづらい。
 それでも、「民謡源流考」にみる民謡の伝播は町田の注意深い証明に裏付けされた精度の高い伝播論である。町田の伝播の図式は非常に美しい。美しい図式は分かりやすいだけでなく、説得力もある。

■伝播論の条件

 このような美しい伝播論が描けるのなら、他のいろいろな民謡のふるさともたどれるのではないか、と期待されるのだがなかなかそうもいかない。町田と竹内方式の伝播論を展開するには、少なくとも二つの条件を満たす必要がありそうだ。
 一つ目の条件は、近世中期以降の民謡であることだ。町田・竹内式の伝播の実証方法は採譜による分析が証明に欠かせない。そして、採譜には録音資料、または実演が欠かせない。しかし、町田自身は、以下に指摘しているように、民謡のフシは、録音資料として残せたとしても、せいぜい、江戸中期以降のものであると考えていた。

我が国におけるこの種の唄8で現在曲節として聞き得るものは、室町時代のものも若干はあると推せられるがその大部分は江戸時代の、それも中期以後が最も盛んで、米麦や雑穀を生産する農民の仕事唄が最も中枢をなしていた。(町田1964:2)

 民謡は口頭伝承を基本とする。口から口へと伝わっていくうちにフシが変わっていくことは免れない。町田が民謡の調査を始めたのは昭和の初期である。その当時、出会った演唱者たちは、おそらく年長者なら明治初期の生まれであると仮定すると、演唱者たちに歌を伝えた人たちが江戸中後期くらいの生まれだろう。町田が録音した歌のフシが、江戸中期以後のものと推測する根拠は、町田が出会った演唱者たちが、江戸中期のフシの痕跡をまだ持っている人たちから歌を伝えられていると考えていたからではないかと思われる。
 町田の推測に従えば、江戸中期よりも前に歌われていた民謡のフシを録音採集し採譜するのは、ほぼ不可能である。だから、江戸中期より前に成立した民謡には、町田・竹内式の伝播の実証方法は使えない、使いづらいのである。
 二つ目の条件は、先に述べたことの繰り返しであるが、替え歌がしやすく分かりやすいフシの歌=近世以降の民謡であることだ。町田は近世以降の民謡の特徴を次のように述べている。

従って私の考えとしては詞というものが重大に扱われていた場合即ち歌が祈願性、呪術性を過分に持っていた時代には、歌それぞれに決して混乱は無かったと思うが、民謡が祈願性から娯楽性へと次第に移ってゆくに及んで、曲節の面白味の方が先になり、歌詞の方はその場限りの間に合せで済ませるようになったのだと思う。これを年代的に見ると江戸時代に入って七七七五調二十六文字の詞型が確立してから替唄が仕易すくなり「じんく」のような大衆性を持つ安易な節廻しが全国的に行われるようになって一層この風を助長したと考えられる。(町田1964:3)

 町田は、あるフシ(曲節)にその場限りの間に合わせで歌詞を付ける「替え歌」が、近世以降、七七七五調の詞型の確立によってしやすくなり、さらに、甚句のような分かりやすいフシが流行することで、替え歌に拍車がかかったという。歌詞が安易にいろいろなフシに付け替えられるとなると、歌の特徴を歌詞に見出すのは困難だから、フシに特徴を見出そうという考え方である。
 そう考えると、町田・竹内式の伝播の実証方法に適した民謡は、近世中期以降の甚句のような流行歌はやりうただといえるだろう9。流行歌は、替え歌という形で広がっていく。替え歌による伝播と考えれば、追分の比較譜にみられるように、歌の名前は異なるけれども、非常に広範囲な地域で酷似したフシが分布するのも納得がいく。ハイヤ・おけさの伝播も、やはり甚句の影響がみられるという点では、追分の伝播と条件は同じである。そして、こうした広範囲の伝播を支えるのは、近世以降の交通網の発達、産業の発達、つまり、頻度・範囲ともに拡大していった人と物の往来である。民謡のふるさと探しは、そんな前提のもとに展開しているのである。


  1. 1 例えば、竹内勉の著書には『うたのふるさと』、『民謡のふるさとを行く』など、「ふるさと」がタイトルに入ったものがみられる。このように、竹内に限らず、民謡と「ふるさと」が結びついたタイトルの書籍やレコード、ラジオ・テレビ番組などが、戦後の昭和期に多く出ている。
  2. 2 「民謡源流考」は、一九六五年日本コロムビア発売のLPレコードアルバム『「江差追分」と「佐渡おけさ」――民謡源流考』の解説としてまとめられ、一九六七年に『日本の民謡と民俗芸能』(東洋音楽学会編、東洋音楽選書一)の中で「民謡源流考:『江差追分と佐渡おけさ』を再録するについて」として再編集版が出ている。
  3. 3 町田の一九三九年の採集手帳(No.2、105頁)に書き残されている。
  4. 4 とらえどころがないことから、町田はわざわざ、七七七五調の流行歌はやりうた全般を「広義の」甚句といっている(町田1967:148)。
  5. 5 松前節は新潟県の民謡だが、採譜は宮城県出身の民謡家後藤桃水の弟子赤間政夫の演唱を採用している。
  6. 6 ただ、町田は、碓氷峠の馬子唄自体もオリジナルとは考えておらず、東北地方の馬方節の影響ではないかと推測している(町田1967:91)。
  7. 7 伝播を証明するためには、伝播のルートに沿って歌を比較する作業が必要である。「民謡源流考」にある比較譜のうち、伝播のルートに沿った比較譜は、肥薩六調子と奄美六調の比較譜(町田1967:166)と越佐ハイヤとおけさの比較譜(町田1967:174)にとどまる。
  8. 8 「この種の唄」とはここでは仕事歌を意味しているが、この指摘は仕事歌に限らない。
  9. 9 近世以前より成立していると考えられる田植歌のような歌に町田と竹内方式の伝播論を適用するのは難しい。実際に、「民謡源流考」の前年に発売されたLPレコードアルバム『日本労作民謡集成』の町田による田植歌の解説には、歌詞の詞型によって歌を整理している。一つ一つの歌は点のままである。

[参考文献]

  • 竹内勉1969『うたのふるさと:日本の民謡をたずねて』東京:音楽之友社
  • 竹内勉1978『民謡のふるさとを行く:わたしの採集手帖』東京:音楽之友社
  • 町田佳聲1964「日本労作民謡集成――生きていた働く人たちの歌声――(解説書)」『第十九回芸術祭参加 日本労作民謡集成――生きていた働く人たちの歌声――』Victor, JV-158~163
  • 町田佳聲1965「『江差追分』と『佐渡おけさ』――民謡源流考(解説書)」『「江差追分」と「佐渡おけさ」――民謡源流考』Columbia, AL-5047~5050(第二十回芸術祭参加)
  • 町田佳聲1967「民謡源流考:『江差追分と佐渡おけさ』を再録するについて」、東洋音楽学会編『日本の民謡と民俗芸能』、45-185頁(東洋音楽選書1)~東京:音楽之友社

HOME