21世紀のふるさとの歌を訪ねて

島添貴美子(しまぞえ・きみこ)
富山大学芸術文化学部准教授。
研究分野:民族音楽学(日本の民謡・民俗芸能)。
共著:『エイサー360度』(沖縄全島エイサーまつり実行委員会、1998年;沖縄タイムス出版文化賞受賞)、『民謡から見た世界音楽』(ミネルヴァ書房、2012 年)など。
放送:NHKラジオ第二の番組「音で訪ねる ニッポン時空旅」に出演、解説を担当。同番組は「NHKに残された日本各地の祭りや民謡の貴重な録音を堀り起こし、 音からイメージできる“ニッポンの暮らし”を語り合う」。2015年4月に放送開始、現在もレギュラー番組として放送中。

島添貴美子

第8回
民謡・舞台・メディア

■「本当の」民謡はどんな歌か

 「本当の」民謡はどこにある(あった)のだろう。柳田は、論考「山歌のことなど」で山唄(一五七節)を例に挙げて、「山唄は即ち山に草採り茸採りに行く者の歌と、今では簡単に解せられて居るやうだが」(柳田1940=1998:59-60)といいつつ、もともとは村の若い男女が山へ山菜を採りに行く時に歌った一種の嬥歌かがい1で、おそらくは祖母曾祖母より受け継がれながらも、その時の感情を表現するような言葉に言い換えたり、その場にいる人の名を読み込んだりしてきた歌だと考えている(柳田1940=1998:60)。
 「山歌のことなど」が出版された昭和七年2当時の日本では、すでに、ラジオ放送や舞台公演、レコードで、民謡を見聞きすることができるようになっていた。中でも、大正十四年より始まった「郷土舞踊と民謡の会」は、日本青年館(東京)のこけら落とし公演だったが、翌年より年に一度の定例公演となり、戦時中の中断を経て戦後に「全国民俗芸能大会」となって現在でも続いている、日本で最も長寿な民俗芸能・民謡の舞台公演である。この公演は、日本青年館の活動の一つである「民衆娯樂の研究調査」(熊谷1928:41)の一環として「當時の流行語『民衆娯樂』といふ名前を以て、地方の舞踊や民謠を蒐集紹介」(熊谷1928:41)するもので、柳田國男、高野辰之、小寺融吉が出演者の選定や舞台演出に関わっていることがわかっている3。このことから、「郷土舞踊と民謡の会」は、柳田の考える「民謡」がどのような歌だったのか、実際に見聞きできる機会だったといえるかもしれない。
 第一回と第二回「郷土舞踊と民謡の会」の演目は、各府県に対して演目候補を挙げてもらいそこから選定している(熊谷1928:41-44)。当時、日本青年館主事として「郷土舞踊と民謡の会」の運営にあたった熊谷辰治郎は、次のように回想している。

 今まで全く地方に埋もれてゐる郷土色の濃厚な舞踊と民謠を募集し、全國的に紹介することは、相當大きな興味を以て迎へられるであらうことを、ほのかに豫想し、各府縣に對し、舞踊若くは民謠のうち、未だ廣く社會に紹介せられず、而も由緒深く、最も地方色の濃厚な、そして藝術味ゆたかな、しかも卑猥に渡らぬものにつき、選擇したいから、此の條件に適するやうな郷土舞踊及び民謠を報告して欲しい旨の通牒を發した。(熊谷1928:41)

 こうして収集された演目から、「成るべく由緒の古い、郷土色の濃厚なもので、豊な藝術味があり、而も本館の舞臺に演出され得るやうなもの」(木下編1925:23)が選ばれた。津軽や秋田のではないが、岩手の山唄4も入っている。

第一部
川越の獅子舞(埼玉縣川越市大字小久保字石原町 青年會員及び顧問)
牛追ひ唄 山唄(岩手縣九戸郡江刈村青年團員)
茶つみ唄(京都府久世郡宇治町青年團員)
江州音頭(滋賀縣犬上郡・蒲生郡青年團員)
休  憩

第二部
越中の麥屋踊(富山縣東礪波郡平村字下梨青年團員)
越後追分(新潟縣中頸城郡春日村青年會)
虚空鈴慕 番外(日本民謠普及會)
佐賀の面浮立(佐賀縣小城郡芦刈村民)5

 当時の交通の便を考えると、これだけの団体を東京へ呼ぶのにどれだけの手間と時間と費用がかかっただろうと思う。これだけの規模の公演を、当時の人々は、どのように評価したのだろう。「郷土舞踊と民謡の会」の公演記録は、雑誌『民俗芸術』のほか、『民謠詩人』といった民謡雑誌や『帝国農会時報』といった農業雑誌にも掲載されている。その点では、公演としては結構注目されていたのだろうが、肯定的な評価も否定的な評価も総じて、以下の兼常清佐が「第四回郷土舞踊と民謠の會批判」に寄せた演奏会評「赤裸々な感想」にほぼ総括されているように思える。

 拝復。何を言つてもさしつかへありませんか? 無い?――よろしい。それなら存念まつすぐに申し上げます。
 私はあれをたゞ材料として見ました。日本の民謠と踊とを研究するには正に絶好の材料だ――と、これが私の感じたる事のほとんど全體です。材料そのものは面白くも、おかしくも、何ともありません。強いて言へば、退屈千萬なものです。そして踊なんてものは、自分が踊るから面白いので、人の踊るのを見てゐるのは、ちようど人の御馳走を食ふのを拝見してゐると同じ事です。一分か二分以上見てゐるのは、かなり忍耐力がいります。しかし研究となれば話は別です。たとへば動物學者は面白くもおかしくも何ともない蛙の骨でも、ぼうふらの頭でも熱心に研究します。研究の興味と、材料そのものゝ興味とは、無理に一致しなくともいゝでせう。
 日本の民謠や踊は今亡びつゝあります。今保存しておかないと、もう五十年たつたら全然だめになるかもしれません。博物館が歴史の材料を保存する様に、日本民族が生んだこの民謠や踊は、ぜひとも學問的には保存しなければなりません。(兼常1929:32-33)

 「本当の」民謡とは、当時の知識人、研究者の間でも、娯楽としては退屈なものだが、地方の物珍しく、貴重な歌や踊りという点で興味深いものとして考えられていたと推測される。

■「民謡」の演出

 さらに、こうした「民謡」を舞台やメディアに取りあげることに対する問題も浮き彫りになってきた。折口信夫は同じ「第四回郷土舞踊と民謠の會批判」によせて、「先づ演出に對して」として次のように述べている。

 日本靑年館の此事業に對する毎年の苦勞と言ふものは實に感謝に値すると思ふ。ついでは、柳田先生、高野博士、主としては訓練のない田舎の藝術團の爲に、骨を削る様な苦勞をして下さる小寺さんの努力を、我々會員は協同にねぎらはなければならない氣がする。たゞ忌憚のない感じを申すと、あまりに小寺さんの近代的審美感から、極めて僅かではあるが、時々ショウのまゝの原形をまげて居はしまいかと恐れさせられた事である。しかし、此は東京へ持つて來ると言ふ意識の爲に、縣廳や村に於て既に大修正を施して居るものが多々あるに相違ないのだから、演出者の潔癖な整理から出て來る僅かな形のひづみぐらゐを問題にしては罰が當ると思ふ。慾を言ふなら、其演出の努力の中心を、舞臺効果に置かないで、地方人の謂はれない新意匠の混つて居る點を洞察して、出來るだけモトの姿にひき直させると言ふ點に置かれたいとだけは願はないで居られない。此はこの事業を、民俗的にするか藝術的にするかの大切な岐れ目だと思ふが、恐らく此點では、小寺さんにも迷ひがあり、尊敬する二先輩にも解決がつき切つて居ないのではないかと思うて居る。(折口1929:64-65)

 民謡を舞台にのせるにあたって、元の姿を再現しようとするか、もっと観客が面白いと思うように踏み込んだ演出をするかということは、民謡の近代化に付きまとう問題の一つである。もっとも、民謡の「本来の」場から取り出して舞台にのせた時点で、元の姿をそのまま再現することは不可能であり、大なり小なりの演出が加えられることになる。しかも、折口が指摘するように、演出が加えられるにあたって、舞台演出者だけでなく、舞台出演者も、舞台での見栄え、聴きごたえを意識して、積極的に手を加えてくる。
 レコードやラジオといったメディアにも民謡はのせられてきたが、やはり聴かせるための演出が加えられる。最上川舟唄は、今や山形を代表する民謡として全国に知られているが、もとは昭和十一年に現在のNHK仙台放送局が「最上川を下る」という番組を制作する際に作られたものである。
 最上川には、かつて、酒田船と呼ばれる川船を操る船頭たちがいて、上流から下流の酒田まで米などを運んでいた。船頭たちは歌を口ずさみながら仕事をしていたが、定まった歌はなかったらしい。しかし、「最上川を下る」の番組制作にあたって、地元左沢あてらざわの郷土史家・詩人の渡辺国俊と民謡家の後藤岩太郎が、元船頭やその家族から掛声や歌を集めてまとめたものが、現在知られている最上川舟唄である。NHK日本民謡大観の解説には最上川舟唄再編の経緯が詳しく記されている。

 下って昭和十一年、仙台放送局は「最上川を下る」という番組を企画し、再び渡辺に「木挽唄」と「最上川舟唄」の二つをうたう人を依頼してきた。そこで左沢在住の民謡家後藤岩太郎(明治二十四年生れ)に相談し二人で唄をさがした。
 昭和十一年八月十六日、西村山郡柴橋村中郷(現寒河江市)の後藤作太郎から<エーヤン エーン エーヤン エード ヨイサノマカショ シッ エイサノ マカショ>の掛声を教わり、また近所の元船頭の後藤与三郎の母親から「松前くずし」という名で「エンヤラヤ」の酒田化したものを聞いた。この唄は「追分節」の合の手になり、舟唄にも利用されており、最上川でもうたわれていたようである。岩太郎はこの「松前くずし」と「掛声」を組合わせることを考え、三後藤が実際に川に舟を浮べ二曲をまとめ、歌詞は渡辺国俊が先の『東北の民謡』の中のものを土台にして作り替えることで、今日の形にまとめなおした。こうして「最上川舟唄」は放送に登場したのである。(日本放送協会編1992:91)

ここまでくると、再編というより、創作といったほうがよいのかもしれない。
 そして、「最上川を下る」の放送から五年後の昭和十六年五月、仙台放送局が企画し、柳田國男を団長とする「東北民謡視聴団」が東北各県を視察にきた6
 気になるのは東北民謡視聴団がこのようにして「再編」された民謡をどのように考えていたかということだ。山形県西村山郡大江町のWebサイトには、後藤岩太郎の遺稿を引用しながら、後藤と東北民謡視聴団とのやり取りを以下のように紹介している。

 遺稿によると民謡視聴団の町田嘉章先生が「この舟唄は昔からあったのか。」と言われた時に、たった一言「そうだ。」と答えただけでした。
 「ただ一個の農民、野人の私が作ったなどと言ったところで、誰も認めてくれない。誰がうたい出したとなくうたって、うたい伝えていくのが本当の民謡の尊さではないでしょうか。」と・・・7

 これを読む限り、東北民謡視聴団の人々が、その当時、最上川舟唄の再編のいきさつを知る由はなく、「民謡が生活に卽して居る」(柳田、土岐、信時他1934:65)と評判が良かったらしい。
 こうしたことが重なって、この最上川舟唄には極め付きのオチがつくことになった。この時、東北民謡視聴団のメンバーの一人であった作曲家の信時潔が「ヴォルガの舟唄以上の名曲」と評したことで、この最上川舟唄は一躍有名になったのである。(日本放送協会編1992:90-91)
 これをニセモノの民謡と言ってしまうのは簡単なことだが、舟唄のような仕事歌は仕事の場を失えば消滅するしかない。そもそも最上川の舟運は、江戸時代に発達したが、明治時代以降、鉄道の開通とともに衰退している(葛西1998)。おそらく、渡辺と後藤が舟唄を探していた昭和初期には、現役で物資を運んでいた船頭はほぼおらず、舟唄自体も歌われなくなっていたと思われる。最上川舟唄は歌われる場を失った後で、発掘され、再編・創作され、メディアによって広がった歌の一例なのである。

■民謡の近代化

 仕事歌に代表される「本当の」民謡は、歌われる場の消失とともに、失われる運命にあるはずの歌であった。当然、多くの民謡は、人知れず、消失してしまったのだろうと推測される。しかし、その一方で、舞台やメディアの発達に伴い、本来、その歌が歌われる場から取り出されて、本来とは異なる場に移植されることで生き延びていった歌もある。
 これを民謡の近代化と称するなら、近代化された民謡を、柳田の分類案のように「歌われる場」によって分類することはもはや実情に合っていない。ところが、事典や学校の音楽の教科書をみると、民謡とは「民衆の生活の中で生まれ,とくに作者などは問われずに生活慣習のように歌い継がれてきた歌を指す」(小島、町田、吉川1983:2486)と定義され、仕事歌、祝い唄、踊り歌、座興歌などと分類されることになっている(小島、町田、吉川1983:2488-2489)。柳田は、「樂器が伴つたところで忽ち民謠でなくなるのでは民謠の歴史を調べる時に困る、吾々はどうして始まつたかといふことを考へればよいのです」(柳田、土岐、信時他1934:75)と考え、もともと民謡がどのような場で歌われていたかで分類案を提示している。しかし、民謡の定義と分類は、昭和初期から八十年近くもの間に、民謡の実情とどんどんかけ離れ、現在に至っている。


  1. 1  古代日本における歌垣のこと。東国では嬥歌といった。
  2. 2 「山歌のことなど」の初出は『短歌民族』季刊第一輯(昭和七年十一月十六日、アトリエ社)である(柳田1940=1998:568)
  3. 3  熊谷辰治郎「『郷土舞踊と民謡の會』の回顧――東京四月の年中行事――』(熊谷1928:42)と「郷土舞踊と民謡の会」の第1回プログラム(木下編1925)を参照した。「郷土舞踊と民謡の会」としては第10回(昭和十一年)まで開催され(館史編纂委員会・編纂作業委員会編1991:87-89)、柳田國男と高野辰之を審査顧問とし、小寺融吉を舞台監督として日本青年館が運営にあたった(木下編1925:24、土生編1926:29、土生編1928:29、)。
  4. 4  岩手県江刈村(現在の葛巻町江刈)の牛追ひ唄(牛方唄)と山唄は、昭和六年五月二十七日夜に日本青年館で、実演のもとに採譜が採られている([日本青年館編]1931:70)。その歌詞に「十七はナコリヤ、澤を登るにコリャ、笛を吹くばエヽ(以下略)」([日本青年館編]1931:70)があることから、津軽や秋田の「十五七節」と同系統の歌と思われる。
  5. 5 「郷土舞踊と民謠の会」のプログラム(木下編1925、土生編1926・1928・1929、神田編1930・1931・1933・1934・1935・1936)より演目と出演者を抽出した。
  6. 6 『日本民謡大観 東北篇』によると、東北民謡視聴団は、「由來東北地方は僻遠にして雪深く、中央の文化から遠ざかつて居た關係上、國家存立の基礎材たるべき幾多の資源が包蔵されてゐることさへ餘り知られなかった程、不遇の地位に置かれてあつた。然しこの自然の不遇は郷土の古い民謠の保存には役立つたもののやうで、由來東北地方は我が國民謠の寶庫として、又優れた演唱者も極めて多いことは、ラジオの開設以來、均しく世の認める所となつて居るが、單にこれを一地方の娯樂本位の演藝種目として取扱ふだけでなく、大和民族意識の高揚に資し、輕佻模倣の文化が生んだ頽廃的な流行歌の氾濫に兎もすれば捲込まれんとする青少年の心を救ひ、一般の民族意識を喚起し、先祖以來吾々の血管に脈打つものを現代的に生かして、新しい文化の素材たらしむることは、ラジオ事業に携はるものゝ責務であることを確信する。」(日本民謡協会編1952:174)ことを目的とし、東北各放送局の所在地で民謡大会を開催し、公開するとともに、視聴団を組織して巡回視聴を行った。企画は、仙台中央放送局(当時)の局長矢部謙次郎、放送部長國米藤吉によるもので、昭和十六年五月十三日(福島)、十四日(仙台)、十五日(盛岡)、十六日(青森)、十七日(秋田)、十八日(東根)、十九日(山形)の日程で、二十日に仙台放送局で座談会を行っている。視聴団はどの文献も二十一名とされるが、文献に挙げられている氏名を寄せ集めると、柳田國男(民俗学者・団長)、折口信夫(國學院大教授・文学博士)、土岐善麿(朝日新聞顧問・芸術評論家)、浦本政三郎(慈恵医大教授・医学博士)、田邉尚雄(音楽評論家)、西角井正慶(國學院大教授・芸能研究家)、金子洋文(劇作家)、関口次郎(劇作家)、小寺融吉、堀内敬三(音楽評論家・作曲家)、信時潔(東京音楽学校教授・作曲家)、中山晋平(作曲家)、宮原禎次(作曲家)、紙恭輔(作曲家)、藤井清水(作曲家・民謡研究家)、武田忠一郎(民謡研究家)、町田嘉章(作曲家・民謡研究家)、野島貞一郎(大政翼賛会文化部)、後藤桃水(作曲家・民謡研究家)、井上司朗(情報局情報官・歌人)、上田俊次(情報局情報官・海軍中佐)、山本彬麿(日本国民歌謡協会理事・弁護士)の二十二名になる。(日本民謡協会編1952:174、柳田國男、土岐善麿、信時潔他1934:64、竹内1974:332)研究者だけでなく、作曲家も多く参加しているほか、情報局や大政翼賛会の役人、政治家が加わっている点に当時の文化をめぐる政治的状況ががうかがえる。
  7. 7 大江町公式HP「最上川舟唄」
    http://www.town.oe.yamagata.jp/basis/S-page/008-gaiyo/syu-un.html

[参考文献]

  • 折口信夫1929「感謝すべき新東京年中行事」『民俗芸術』2(6)、64-71頁
  • 葛西大和1998「1870年代から1910年代に至る最上川舟運の変化」『地理学評論』Ser. A 71(11)、824-844頁
  • 兼常清佐1929「赤裸々な感想」『民俗芸術』2(6)、32-33頁
  • 館史編纂委員会・編纂作業委員会編1991『財団法人 日本青年館七十年史』東京:日本青年館
  • 神田海之助編1930『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第5回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 神田海之助編1931『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第6回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 神田海之助編1933『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第7回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 神田海之助編1934『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第8回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 神田海之助編1935『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第9回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 神田海之助編1936『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第10回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 木下儉二編1925『開館記念 郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第1回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 熊谷辰治郎1928「『郷土舞踊と民謠の會』の回想――東京四月の年中行事――」『民俗芸術』1(4)、41-46頁
  • 小島美子、町田嘉章、吉川英史1983「民謡」下中弘編『音楽大事典 第5巻』東京:平凡社、2486-2491頁
  • 竹内勉1974『民謡に生きる 町田佳聲八十八年の足跡』東京:ほるぷレコード
  • 土生武猷編1926『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第2回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 土生武猷編1928『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第3回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • 土生武猷編1929『郷土舞踊と民謠』東京:日本青年館(第4回郷土舞踊と民謡の会プログラム)
  • [日本青年館編]1931「牛方唄・山唄の會」『民俗芸術』4(4)、70頁
  • 日本民謡協会編1952『日本民謡大観 東北篇』東京:日本放送出版協会
  • 日本放送協会編1992『復刻 日本民謡大観 東北篇――現地録音CD解説』東京:日本放送出版協会
  • 柳田國男1940=1998「民謡覚書」『柳田國男全集 第十一巻』東京:筑摩書房、1-237頁
  • 柳田國男、土岐善麿、信時潔他1934「東北民謠視聴團座談會 上」『放送』11(7)、64-75頁
  •  
  • 大江町公式HP「最上川舟唄」
    http://www.town.oe.yamagata.jp/basis/S-page/008-gaiyo/syu-un.html

HOME