21世紀のふるさとの歌を訪ねて

島添貴美子(しまぞえ・きみこ)
富山大学芸術文化学部准教授。
研究分野:民族音楽学(日本の民謡・民俗芸能)。
共著:『エイサー360度』(沖縄全島エイサーまつり実行委員会、1998年;沖縄タイムス出版文化賞受賞)、『民謡から見た世界音楽』(ミネルヴァ書房、2012 年)など。
放送:NHKラジオ第二の番組「音で訪ねる ニッポン時空旅」に出演、解説を担当。同番組は「NHKに残された日本各地の祭りや民謡の貴重な録音を堀り起こし、 音からイメージできる“ニッポンの暮らし”を語り合う」。2015年4月に放送開始、現在もレギュラー番組として放送中。

島添貴美子

第6回
フィールドワーカーの横顔

 全国規模の民謡調査といえば、この連載の第4回に登場した前田林外の『日本民謠全集』のように、主宰する雑誌の読者に呼び掛けて、読者たちがそれぞれ自分の身近にある民謡の歌詞を書き留めて報告してきたものをまとめるにとどまっていた。連載第5回に登場した文部省による初の全国調査も全国の府県に民謡の歌詞を収集するよう依頼しているし、柳田國男も彼が主宰する「民間伝承の会」が発行する雑誌『民間伝承』で民謡の歌詞を募集することで、資料収集している1
 しかし、昭和に入ると、東京から地方へ自ら足を運んでの全国規模の民謡調査が始まった。その調査の特徴は、録音による民謡の採集である。中でも、町田しょう2(一八八八年~一九八一年)は、録音採集を基本とした民謡の全国調査を始めて行うとともに、柳田のいう「民謡」を本格的に現地で採集した人物である。

■町田嘉章と柳田國男

 町田は幼年時代より邦楽、中でも三味線音楽に親しみ、二世稀音家浄観の弟子となって長唄三味線の演奏活動をしたほか、邦楽の評論家、研究家としても数多くの著作を発表していた。こうした経験から、新日本音楽運動の中で「古曲保存会」を設立し、集めた会費で、珍しい曲や秘曲を収めたSPレコードの制作・頒布を行ったり、大正十四年の東京放送局の開局にあたって、邦楽担当プログラム編成員として、最初期の邦楽番組の制作を手掛けたりしている。また、邦楽曲や新民謡の作曲も数多く手掛け、中でも「チャッキリ節」は昭和二年の作品ながら、戦後になって大ヒットしている3。この町田が、本格的な民謡の現地調査を手掛けるようになったのは、五十歳を過ぎてのことだった4
 現地調査に先立って、町田は柳田に会いに行っている。時は昭和十四年5、町田が五十歳か五十一歳の時である。町田は、柳田の自宅へ行った時の会話をいくつかの論考で書き残している。

(前略)いまだ旅馴れてはおらずしかも一人旅というのが心細く、柳田先生にでもお目にかかつて、採集のコツというものを教えていただこうと思つたものの、誰に紹介状を書いてもらうアテもないままに、もし門前払いでも食つたら断念あきらめようと、その年の五月ころであつたか成城の邸にお伺いすると、先生は快く逢つて下すつた。そして私の年齢を聞かれたので「五十三歳です6」と申し上げると、「ホゥそれは大変だ、夏の九州は暑さがきびしいからくれぐれも健康に気をつけることです。一日仕事をしたら一日休養することです」と私の五十の手習いをかばつて下すつた。そしてまた「研究には他人の説を注意深く取り入れることはなにより必要ではあるが、それにも増して必要なことは自分自身の体験を積み重ねることです。昔式に五十といえば引退が考えられる年輩なのによく決心なさいました。それだけに体に十分気をつけて必ず無理をしないように」という御注意と厚い激励のことばをちようだいした。(町田1973;108)

 当時の町田は、柳田の民俗学に傾倒していたようである。町田は別稿で柳田邸への訪問の際、「私は主として音楽の方面から民謡の研究をやりたいと念願しておりますが、それにはどうしても先生の学問の一端を利用させていただくのでなければ実態をつかむことは不可能と思われますので、全国を旅行して資料を集めた上で比較研究をしてみたいと思います」(町田1966:25)と決意表明をしたと書いており、さらに別稿では「どうしても地方に埋没している生のままの形の唄を採集してきてこれを比較研究するより外はないと考え」(町田1977:394)たと書いている。ここから、町田が採集を目指した歌は、柳田の考える「民謡」であったことが分かる。

■民謡採集旅行

 町田は、採集手帳と称するフィールドノートを残している7。採集手帳には自身の現地調査のことを「民謡採集旅行」と呼んでいる。この旅行は、町田式写音機と呼んだポータブル録音機やマイクの他、録音するための音盤まで持参した大変な旅であった。町田は、柳田邸への訪問に先立って、昭和十四年五月に、ウォーミングアップとして、京都の丹波から福井にかけて約一週間の採集旅行に行っているが、「なにしろ蓄音機は附属器を入れて約三貫五百匁もあり、それに旅行鞄を提げているのだから、家を出る時にはよろけるばかり」(町田1966:25)であったという。録音機本体だけでも、約十三キロ(約三貫五百匁)もあり、さらに旅行鞄を持ち、鉄道やバス、船などの公共交通機関を駆使しての移動は、五十歳を過ぎた小柄な町田には非常に酷なものだったと思うが、それでも「いざ駅に行つて汽車に乗る頃になると身体の方もしやつきりとして元気になれるので、これなら一月や二月の連続旅行も大丈夫であろうという自信がついた」(町田1966:25)というのだから、採集旅行にかける町田の覚悟は並々ならぬものだったことが分かる。
 柳田から助言を得た町田は、昭和の十四年七月十二日、広島へ向けて東京駅を出発した。町田の採集手帳と論考から、民謡採集旅行の旅程をみると、この時の採集旅行は、広島県→山口県→島根県→広島県を回ったところで、写音機が故障したため七月二十四日に一旦帰宅している(町田1966:26)。写音機を修理して再び旅立ったのは八月五日で、この時の採集旅行は十月十日朝までの六十七日間8となった。六十七日間で実に九州と四国全域を回って民謡の採集を行ったのである。
 表(PDF)は、採集手帳から採集旅行の旅程の一部を翻刻したものである。町田の初期の調査9は単独のため、調査スケジュールは町田が自分で管理していた。遠方への調査は夜行列車を使うのがお決まりで、一日一か所、多いときは一日二か所で採集(収録)している。町田自身は、この時の旅を「誠に飛脚のような早い旅で一気に廻ることが出来たのは僥倖であつた」(町田1966:26)と回想しているが、今ではとても考えられないような強行軍である。

■フィールドで民謡に出会うには

 町田が採集したいと考えていた民謡は、現地では「民謡」ではなかった。町田がのちに、「地方では民謡を唄の数にいれていなかつた」(町田1966:26)として、以下の例を挙げている10

私の現地採集は特別知己の無い土地は各町村役場の御厄介になつたが、大概の土地では「民謠」と云ふ概念が「おけさ」や「伊那節」のやうに世間的に名の知られた唄にあるらしく勞作唄には殆んど氣がつかれない、従つて「何かこの土地に唄はありませんでせうか」と村長さんなり助役さんにお尋ねすると「さア當村には格別これと云ふものは……」と仰言やる、其所で當方が「アヽ左うですか」とあきらめては駄目なので、田植唄は、草取唄は、とか土搗唄のやうなものは、盆踊唄は、と根堀り葉堀り聞くと、寧ろ意外といふやうな顔で、「アヽそれなら昔こゝでもやりました」と來る、ともう占めたもので「どなたか適當な唄ひ手をお世話願ひたい」と頼み込むと「さア私等が子供の頃のことでこの二三十年間聞きませんが」と吏員の方へ相談をかけられる(町田1940:45)

 現地では、民謡とはすでに過去のもの、歌以前のもの、わざわざ録音するに値しないものであった。

或る町村の代表的歌手として役場から推選されて來てくれるやうな人は何れも聲自慢で且つ若い頃には遊藝の嗜みもある方が多いので、斯う云ふ人は必ず「淺く共」とか「伊豫節」といふやうな俗曲をやりたがるが、その場合左う云ふ種類の唄は當方には不用であつても一應は拜聴した上でそれから徐々にその土地の唄を聞くやうにしなければいかぬらしい、私は最初この手段コツが解らなかつたので越後柏崎へ採集に行つた時に桑山太市氏の戯魚堂の世話で小山きのさんの唄を聴く段取りになつてきのさんが聞かして呉れるといふ「淺く共」の端唄を断はつて短兵急に土地の唄を聞かしてくれとせがんだのでスツカリ感情を害されて仕舞ひ、氣嫌を直して貰ふのに非常に骨を折つて仕舞つた苦い経験に鑑みて以後は左う云ふ唄の類も十二分の拜聴の上、徐々と目的の唄の採集にかゝることにして大いに成功した。(町田1940:65)

 歌う方もせっかく録音するならば、ちゃんとした「歌」を歌いたいというのだが、それは町田にとっては不要な歌だった。そのため、町田はとにかく食い下がって民謡を採集していった。

この場合でも「また外に何か唄を知つていますか」と聞いたのでは駄目で、何の唄、何の唄と一つ一つ聞いていつて始めて「知つている」とか「知らぬ」と返事をしてくれる。だから村の様子を観察して麦の作附でもあれば「麦のノゲを唐竿で落す時の唄はありますか」とか「麦を臼で搗く唄はこの辺で謡われましたか」と一つ一つ具体的に問い糺して行かないと集採洩れをしてしまうのである。(町田1966:27)

 こうして初期の民謡調査で採集された民謡は、柳田の助力によって『日本民謠集成』(SPレコード三十枚、三百曲と解説本)として昭和十五年に発行された。しかし、町田にとってこれは終点ではなく、昭和十五年より約四十年間にわたって関わったNHK日本民謡大観事業の幕開けとなった。


  1. 1 こうした、デスクワークによる民謡調査は、全国各地に点在する有志たちの現地調査(フィールドワーク)に基づくものであり、そう考えると民謡の現地調査自体は江戸時代まで遡ることができる。
  2. 2 町田は幼名はなぶさだったが、就職後には通称を博三(ひろぞう)とし、その後、嘉章(よしあき、通称かしょう)と戸籍名を変え、最後に佳聲(かしょう)を通称とした(竹内1974)。最終的に「佳聲」で落ち着いたことから、本文では「佳聲」で統一する。ただし、文献や引用に出てきた場合は、原典にならう。
  3. 3 町田の活動の詳細は、竹内勉による伝記『民謡に生きる 町田佳聲八十八年の足跡』に詳しい(竹内1974)。
  4. 4 最初のフィールド調査は、昭和十二年八月二十八日夜、日中戦争の出征兵士と見送る人々でごったがえす上野駅から、藤田徳太郎とともに夜行列車に乗り込み青森へ向かっている(町田1961:62)。
  5. 5 町田の論考「私と柳田国男先生」には、柳田邸への訪問を、「昭和十四年五月中」(町田1973 :105)としており、竹内の伝記にある「昭和十四年七月はじめ」(竹内1974:188)とはずれている。町田の「私と柳田国男先生」は、1973年の出版であり、竹内の伝記は1974年の出版であることから、どちらが正しいかは新たな資料が出てこない限り判別がつかない。
  6. 6 町田が『國文学』に書いた「民謡の道」では五十歳(町田1980:60)、竹内の伝記では五十二歳(竹内1974:189)となっている。町田は六月生まれなので、柳田邸への訪問が五月なら五十歳、七月なら五十一歳、数え年なら五十二歳と答えただろうと思われる。
  7. 7 町田の採集手帳については、拙稿「『日本民謡大観』前夜」で詳述している(島添2012:123-124)。
  8. 8 採集手帳は十月七日村岡(現兵庫県ちょう)で記録が終わっているが、町田の論考では十月十日朝に東京に帰着とある(町田1966:26)ので、六十七日間の旅だったと思われる。
  9. 9 町田の民謡調査は、初期(昭和十二年~十五年)、中期(昭和十六年~二十六年)、後期(昭和二十七年~五十五年)に区分できる(島添2012:121-122)。
  10. 10 竹内の伝記によると、九月五日久木野役場での出来事であると思われる(竹内1974:233-234)。

[参考文献]

  • 島添貴美子2012「『日本民謡大観』前夜」細川周平編著『民謡からみた世界音楽─うたの地脈を探る』京都:ミネルヴァ書房、121-137頁
  • 竹内勉1974『民謡に生きる 町田佳聲八十八年の足跡』東京:ほるぷレコード
  • 町田嘉章編著1940『日本民謠集成』日本民謠レコード頒布会
  • 町田嘉章1961「地図の上に引いた一本の路線(NHKが日本民謡大観を発行するに至る経緯)」『藝能』3(1)、60-63頁
  • 町田佳声1966「民謡研究の方法(上)─民俗学的方法による総合的研究について─」『藝能』8(8)、23-27頁
  • 町田佳聲1973「私と柳田国男先生」『國文學 解釋と鑑賞』38(1)、105-109頁
  • 町田佳聲1977「民謡研究の途の多様化」『文学』45、37-39頁
  • 町田佳聲1980「民謡の道」『國文學』25(8)、58-60頁
  • 柳田國男1940=1998「民謡覚書」『柳田國男全集 第十一巻』東京:筑摩書房、1-237頁

HOME