21世紀のふるさとの歌を訪ねて

島添貴美子(しまぞえ・きみこ)
富山大学芸術文化学部准教授。
研究分野:民族音楽学(日本の民謡・民俗芸能)。
共著:『エイサー360度』(沖縄全島エイサーまつり実行委員会、1998年;沖縄タイムス出版文化賞受賞)、『民謡から見た世界音楽』(ミネルヴァ書房、2012 年)など。
放送:NHKラジオ第二の番組「音で訪ねる ニッポン時空旅」に出演、解説を担当。同番組は「NHKに残された日本各地の祭りや民謡の貴重な録音を堀り起こし、 音からイメージできる“ニッポンの暮らし”を語り合う」。2015年4月に放送開始、現在もレギュラー番組として放送中。

島添貴美子

第4回
「民謡」が民謡になるまで

 民謡という言葉が、現在、民謡と呼ばれている歌(群)を示す言葉として定着したのは、戦後のことである。戦前まで、民謡と呼ばれている歌を示す言葉はいろいろあった。前々回にも出てきた町田嘉章(佳聲)・浅野建二編『日本民謡集』(昭和三十五年)の「解説」には「明治の中期まで一般の用語としては、むしろ風俗歌・俚歌・俗歌・俚謡・俗謡・巷謡・地方唄等の称呼が普通とされた」(町田・浅野1960:401)とある。たしかに、明治三十八年1に当時の文部省が全国の府県に命じて民謡の歌詞を収集して出版した本の名前は『俚謡集』(大正三年)というし、NHKの民謡番組の名称も昭和二十二年七月三日までは「俚謡」が使われていたという(竹内1981:21)。
 ここでは、こうしていくつもある民謡と呼ばれている歌を示す言葉のなかで、漢語としてはほぼ死語だった「民謡」という言葉が明治時代になってにわかに再登場し、どのようにして現在の民謡研究に通じるような定義と範囲を獲得したのかをみてみよう。

■文学における「民謡」

 訳語としての「民謡」を定着させ、さらに、ある特徴をもった歌を表す概念として使おうという動きが出てきたのは明治三十年代以降である。
 まず、「民謡」を概念として確立させようとしたのは文学者たちであった。明治二十七年、「国民文学」の創造を掲げて帝国大学文科大学の学生、卒業生、教官が帝国文学会を組織し、機関誌『帝國文學』を創刊した。この『帝國文學』が、「民謡」という言葉を定義し、普及させるきっかけとなる2
 『帝國文學』中で「民謡」という言葉を使い始めたのは上田敏である3。上田は文筆家、評論家、英文学者、詩人、翻訳家など幅広く活躍した人物であるとともに、作詞家の乙骨三郎4の従兄であり、『帝國文學』に演奏会評を寄せるなど音楽に対する造詣も深い5。上田は民謡について以下のように述べている。

 一體、私は我邦音樂界の急務として、なるべく早く實行したいと思ふ事業がある。それは民謠樂の蒐集である。文明の普及と共に、山間僻地も自ら都會の俗惡なる諸分子を吸収して、醇朴なる氣風の消滅すると共に、古來より歌ひ傳へたる民謠も全然滅亡しさうであるから、今のうち早くこれを蒐めて保存することは、歴史家其他の人の急務であるが、私の目的は左様いふ考古上の事に止まらず、實は他日國民音樂を大成する時に、一種の尚ぶべき材料と成るであらうといふ考だ。文學の方面から見ても、俗謠を書き留めてこれを詩歌の材とするものは、極めて興味あり且つ有益なる事であるが、同時にその曲譜を作つて、永く吟詠することの出來るやうにし、又、その 變調ヹリヱイシオンを案出し、之を器樂に活用するものは、音樂者がその思想を得る一方便であらう。(上田敏1904=1985b:350-351)

 民謡といったり、俗謡といったりしている部分が気になるものの、上田にとって、民謡とは「山間僻地の醇朴なる気風をもつ歌」であり、こうした歌が消えてしまう前に収集保存し、国民音楽の材料とするべきものであるという。
 上田の次に、『帝國文學』で民謡論を展開したのは、国文学者、俳人、教育者であった志田義秀6である。志田の民謡論である「日本民謠概論」は、明治三十九年に『帝國文學』で四回にわたって連載された7

 民謠は、一種の抒情詩である。國民の内部生命を最も赤裸々に表白した抒情詩、國民性の天眞を最も率直に吐露した抒情詩曲である。勿論技巧詩といへども、國民性を離れては成立しないが、併し技巧詩は、讀んで字の如く、藝術家の技巧に依つて、作爲せられたものであるから、其製作者の特殊の思想に依つて、調節せられた節が多い。然るに民謠は、何時となく、何處となく、誰に依つてといふ事なしに、自然と國民の間に醞醸し來つたものであるから、彼の鳥の歌ひ水の流るゝ響と均しく、些の衒氣なく些の虚飾なき情緒の響であつて、從つて其詩形や詩語や音節やといふものも、全く自然の發展に委したものである。されば、人若し「 國民的ナテイオナール」といふことを、眞箇に理解しやうと思つたならば、少くとも自國の民謠を疎外することが出來ないだらうと思ふ。(志田1906=1980 :182)

 志田の「民謡」とは、「國民の内部生命を最も赤裸々に表白した抒情詩、國民性の天眞を最も率直に吐露した抒情詩曲」であり、芸術家が創作した技巧歌とは一線を画す。そして、民謡研究は「第一は、國詩革新の基礎として、第二は、國語改良の基礎として、第三は、國樂改良の基礎」(志田1906=1980 :184)として必要とするものである。この三つの基礎のうち、三番目の国楽改良は、雅楽や俗曲が国民楽としては不適当であるが、かといって、西洋音楽がそのまま国民楽にもなり得ない、ということから、民謡を国楽創成の基礎とすべし、と主張している(志田1906=1980 :187)。

■俗謡・俗曲と民謡

 上田や志田といった『帝國文學』の論者たちが提示する「民謡=国民の気持ちを表現する技巧的ではない素朴な田舎の歌」という定義は、西洋の、特にドイツの文芸論(民謡論)の影響によるものであろうことはこれまでも指摘されてきた8
 冒頭でも述べたように、現在、民謡と呼ばれる歌には、戦前まで、風俗歌・俚歌・俗歌・俚謡・巷謡・地方唄といろいろな呼び名があった。明治後期に、これらの呼び名をあえて使わずに、ほぼ死語であった「民謡」をわざわざ使うには相応の理由があったと推測される。少なくとも、その理由の一つとして考えられるのは、当時、国楽創成をめざして、西洋の文芸論を日本に適用するためには、俗曲・俗謡(歌)から「民謡なる歌」を取り出して、区別する必要があったということである。
 上田や志田は、雅楽や俗謡や俗曲はそのままでは国楽としては不適当だと考えていた。それは、雅楽は外国の音楽、あるいは一般的でない、そして、俗曲や俗謡は卑俗、あるいは技巧的すぎると考えたためである(上田1904=1985b:351-352)。この俗曲・俗謡は、どちらかといえば、流行歌はやりうたや花柳界の歌、特に三味線の伴奏がついた歌、というイメージが強かった。そこから、俗曲・俗謡=卑俗、技巧的、転じて、洋楽に太刀打ちできる国楽をつくる基礎にはならない、と考えられたのである(上田1904=1985b:353)。
 俗曲・俗謡という言葉は、確かに、三味線伴奏の流行歌のイメージが強いが、当然、「民謡なる歌」も含まれる。しかし、西洋の文芸論に倣って「よいもの」として価値づけすべき「民謡なる歌」を、卑俗な歌と同じように俗曲・俗謡というのでは誤解が生じる。つまり、上田や志田は、その当時の死語(=手垢のついていない)だった「民謡」という言葉を使うことで、俗曲・俗謡から、国楽の基礎に置くにふさわしい「民謡」を取り出してみせたのである。

■「民謡」集

 それでは、この当時、「民謡」といわれる歌の中身はどんなものだったのだろうか。

 民謠と云ふのは詰り誰が作つたのでもなく、此國に昔から行はれて居る歌と云ふ意味なのであります。それ故に其民謠と云ふものには單に感情を抒べた歌謠もあるし、或は昔の神話、即ち神様の話或は英雄豪傑の冒險談、武勇談と云ふものを語つたものもある。即ち抒情の民謠と叙事の民謠と二つあるのであります。(上田1906=1985c:138)

 上田がそういってまず挙げている例は、古事記、日本書紀、万葉集、そして琵琶法師が語る平家物語で、これを「叙事の民謠」(上田1906=1985c:138)とし、「抒情の民謠」としては『松の葉』9に出てくる「長崎節」、「サイコノ節」や「手鞠(歌)」、踊りの歌、「しゝ踊」、「菅笠の歌」(上田1906=1985c:138140-144)といったものを挙げている。これに対して、志田の方が、上田よりも明快な分類案を提示している。志田の分類案は、民謡を「労働に伴うもの」と「舞踏に伴ふもの」に二分し、さらに細分する。

志田義秀の民謡分類案(志田1906=1980:594-595)

○勞働に伴うもの(6種)
・農事唄:
  田野の勞働に伴ふもの(田草取唄、田唄、田植唄など7種)
  屋内の勞働に伴ふもの(麥搗唄、籾摺唄、籾挽唄など6種)
  農事附属の勞働に伴ふもの(絲引唄、茶煎唄、酒造唄など12種)
・漁唄(船唄、漁夫唄、御座船唄)
・樵唄(杣唄、木挽唄)
・工事唄:
  造作唄(木遣唄、石搗唄など5種)
  職工唄(工夫唄、女工唄など4種)
  土木唄
・馬士唄(馬士唄、牧唄)
・茶摘唄

○舞踏に伴ふもの(7種)
・神事唄(神唄、神楽唄、祭禮唄など8種)
・祝事唄(婚禮祝唄、新築祝唄など4種)
・盆唄(盆踊唄、盆唄)
・踊唄(草木踊唄、山伏踊唄など9種)
・兒童唄(鞠唄、羽子唄、子守唄など6種)
・童謡
・風土唄

 戦後の民謡調査で使われてきた民謡分類法では、童謡は入らないが、それを除けば、志田の分類案は意外に違和感がない。ためしに、実際に「民謡」の名のもとに収集、出版された歌の中身から、当時の「民謡」像を見てみよう。
 日本で書名に「民謡」を最初に掲げたのは、詩人前田林外りんがい 選定の『日本民謠全集([正編]・続編)』(明治四十年)である。この全集は、前田が主宰する雑誌「白百合」を通して、北は北海道から南は琉球・台湾まで、全国から収集した「民謡」の歌詞を掲載したものである。凡例に「本集の民謠は、大概は各地に散在せる雑誌「白百合」の社友、其他數百名の有志諸君及び同人等が、直接に同胞民衆の口より聴きとりて筆記せしものなり」(前田1907:i)とあり、明治時代、あるいは江戸末期くらいに実際に歌われていた、あるいは記憶または記録されていた「民謡」が掲載されていると思われる。これは、上田が急務とした、民謡の収集を実現しようとしたものといえるだろう。
 表1は『日本民謡全集[正編]』に掲載されている歌を名称ごとに集計し、現在の民謡分類法10を使って分類したものである。数が多いところだと、盆踊唄、盆唄で、そのほか臼挽唄、田植唄、船唄、馬子唄などの仕事歌や、七夕や雛祭りといった行事の歌など、比較的、現在でも民謡といえる歌が掲載されている。意外に多いのが、わらべ歌と子守歌である。四百五十九歌中二百七歌と全体の約四十五パーセントを占めている。さらに、目に付くのが掲載数の最も多い「雑謠」である(七十八歌)。歌詞を眺める限り、おそらく、決まった節(メロディー)がなく、好きな節に当てはめて歌っていた歌詞や、そもそも名称がない歌と思われる。ある意味、最も民謡らしい歌(詞)である。一方、現在の基準に照らし合わせると、入れるにはちょっとキツそうなのが、長唄とすとらいき節である。長唄は、上田が琵琶法師の語る平家を民謡にいれていることを考えると、前田も長唄を民衆の歌としてとらえていたのではないかと思われる。しかし、すとらいき節(ストライキ節)は、演歌師の添田唖蝉坊と横江鉄石が作詞し、明治後期に流行した 流行歌はやうたである。現在、作られてすでに百年経っているので、今でこそ民謡に入っていても不思議はないのだが、『日本民謡全集』が出版された当時、ストライキ節はまだ作られてほんの数年しか経っていない。現在に例えるなら、ほんの数年前に流行ったJ-POPの歌をみんなが歌っているから入れてみたような感じにもみえる。
 このように今となってみれば、ちょっと不思議なものも入っているが、明治時代後期に「民謡」として取り出された歌たちは、現在の民謡のイメージとさほど違和感がない。そう考えると、明治時代後期に成立した「民謡」の定義と範囲は、現在も根強く引き継がれているといえるのかもしれない。


  1. 1 志田義秀の「日本民謠概論」に「去秋文部省は、各府縣に令して、其地方の民謠を蒐集して提出すべきことを命じ、又文科大學に於いても、現下委員に托して、民謠の蒐集を進めつゝあるといふことである」(志田1906=1980:189)とある。「日本民謠概論」は明治三十九年に書かれているので、文部省の調査は明治三十八年に開始されたと特定できる。
     この調査成果を編集したのは、文芸委員会である。この委員会は、明治四十四年に「堅実な社会風潮を作興するため、穏健優秀な文芸的著作物の発達を奨励しよう」という目的で文部省内に設置されたものだが、ほとんど成果を挙げずに大正二年に廃止されている。
     文部科学省>白書・統計・出版物>白書>学制百年史
     「一 芸術文化の行政」
     http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317730.htm
  2. 2 『帝国文學』を主な舞台として展開された研究・評論活動を、品田悦一は「明治後期国民文学運動」と称している(品田2001:137-138, 192-209)。
  3. 3 明治二十八(一九八五)年六月十日発行『帝國文學』第六號の「樂界の消息」に「民謠」の言葉が出てくる(上田1895=1985a:239)。なお、品田の『万葉集の発明』に、『帝國文學』における「民謡」及び「俗謡」、「俚謡」の用例が整理されている(品田2001:193-194)。
  4. 4 文部省の小学唱歌編纂委員として『尋常小学唱歌』の編集に携わったほか、「浦島太郎」などの唱歌を作詞している。
  5. 5 上田敏の音楽に関する素養や民謡についての論述については、平田公子「上田敏の民謡論」(平田2001)に詳しい。
  6. 6 志田義秀の業績については、井本農一の「志田義秀先生の業績」にまとめられている(井本1951:34-36)。
  7. 7 第一回は十二巻二号(明治三十九年二月発行)、第二回は十二巻三号(同年三月発行)、第三回は十二巻五号(明治三十九年五月発行)、第四回は十二巻九号(明治三十九年九月発行)で、最終回は「未完」としている。
  8. 8 『帝國文學』ほかの当時の文芸雑誌には、西洋の民謡論の翻訳や、西洋の民謡論を使った考察がしばしば掲載されていた。なかでも、訳語としての「民謡」の原語Volksliedは、十八世紀のドイツの思想家ヘルダーJohann Gottfried von Herderの造語であり、ヘルダーの民謡論は、文芸雑誌にもヘルデルの名で引用されている。しかし、阪井葉子が指摘するようにドイツだけでなく、フランスや英語圏の民謡研究の影響も無視できず課題として残されている(阪井2005:101)。
  9. 9 江戸時代中期の歌謡集。秀松軒編。
  10. 10 文化庁が民謡緊急調査の際に使用した分類法(小島1981)。

[参考文献]

  • 井本農一1951「志田義秀先生の業績」『国文学解釈と鑑賞』16(12)、34-36頁
  • 上田敏1895=1985a「樂界の消息」上田敏全集刊行会編『定本上田敏全集 第十巻』東京:教育出版センター、239-241頁
  • 上田敏1904=1985b「樂話」上田敏全集刊行会編『定本上田敏全集 第四巻』東京:教育出版センター、349-355頁
  • 上田敏1906=1985c「民謠」上田敏全集刊行会編『定本上田敏全集 第九巻』東京:教育出版センター、137-146頁
  • 小島美子 1981「民謡の分類」『月刊文化財』216、6-10頁
  • 阪井葉子2005「明治期日本における『民謡』概念の成立」『独文学報』21、83-104頁
  • 志田義秀1906=1980 「日本民謠概論」『帝國文學 復刻版』東京:日本図書センター、181-195、366-378、583-597、1046-1065頁
  • 品田悦一2001『万葉集の発明:国民国家と文化装置としての古典』東京:新潮社
  • 竹内勉1981『民謡――その発生と変遷――』東京:角川書店
  • 平田公子2001「上田敏の民謡論――国民音楽の基礎としての民謡――」『福島大学教育学部論集 人文科学部門』71号、13-24頁
  • 文藝委員會編1914『俚謡集』東京:國定教科書共同販賣所
  • 前田林外選訂1907『日本民謡全集』東京:本郷書院
  • 前田林外選訂1907『日本民謡全集 続編』東京:本郷書院
  • 町田嘉章、浅野建二編1960『日本民謡集』東京:岩波書店(岩波文庫)

HOME