21世紀のふるさとの歌を訪ねて

島添貴美子(しまぞえ・きみこ)
富山大学芸術文化学部准教授。
研究分野:民族音楽学(日本の民謡・民俗芸能)。
共著:『エイサー360度』(沖縄全島エイサーまつり実行委員会、1998年;沖縄タイムス出版文化賞受賞)、『民謡から見た世界音楽』(ミネルヴァ書房、2012 年)など。
放送:NHKラジオ第二の番組「音で訪ねる ニッポン時空旅」に出演、解説を担当。同番組は「NHKに残された日本各地の祭りや民謡の貴重な録音を堀り起こし、 音からイメージできる“ニッポンの暮らし”を語り合う」。2015年4月に放送開始、現在もレギュラー番組として放送中。

島添貴美子

第2回
「民謡」という言葉のはじまり

 日本における「民謡」という言葉とその語が表す歌の中身は、時代とともに変遷しており、今でも変化している。「民謡」については、明治以降、いろいろな人々が様々なことを書き残している。これらの蓄積の上に構築されて現在に至る「民謡」についての基本的な見解は、ざっくりいうと以下の2点に集約できる。

 嵬瑛悄廚箸いΩ斥佞蓮漢語由来のもので、近世以前から散見されてきたが、明治中期になってドイツ語のVolksliedの訳語として使われるようになった。
∪鐐阿泙任蓮∈では民謡とはとても言えないような歌も「民謡」と言われていたと同時に、近世以前より、今では「民謡」と言われる歌は、風俗歌、俚謡、俗謡など、いろいろな言葉で呼ばれていた。これらの言葉が「民謡」に集約されるのは、戦後のことである。

 これらの見解を大きく覆す証拠は今のところ出ていないので、以下、これらの見解に沿って、まず,痢嵬瑛悄廚箸いΩ斥佞領鮖砲鯀未辰討澆茲Α

■漢語としての「民謡」

 用語としての「民謡」はどこまで遡ることができるのだろう。いろいろな人々が書き残しているわりには、未だに決着が着いたとは言えない。
 まず、「民謡」が漢語由来であることは、戦前より指摘されている。高野辰之は『日本民謡乃研究』(大正十三年)で「民謠という熟字は支那の六朝頃からある」(高野1924:2)と述べている。それでは、中国語の「民謡」はどこまで遡れるのだろうか。
 戦後出版された町田嘉章(佳聲)と浅野建二の共編『日本民謡集』(昭和三十五年)に「『民謡』という漢語は夙に中国、宋代の文献、例えば王禹偁の賀雨詩に『若有民謡起、當帝澤春』と見え」(町田、浅野編1960:401)とある。さらに、それから約二十年後、浅野が『日本民謡大事典』の「総説」の中で、「『民謡』という漢語は、すでに中国の宋代(五世紀)の文献にみえる古い語である」(浅野1983:3)とし、宋代は宋代でも王禹偁が活躍した宋代(九六〇〜一二七九年)ではなく、りくちょう時代の宋(南朝、四二〇〜四七九年)とした。
 浅野の指摘を裏付けたのは、品田悦一の『万葉集の発明』(品田2001:187)で、六朝時代に活躍した劉孝威(生年不詳〜五四九年)の詩「三日待皇太子宴」にある「二龍巡夏代 八駿馭周朝 予遊光帝側 楽飲盛民謡」が挙げられている。古文書のデータベース化が日進月歩で進んでいるので、今後、研究が進めば、もっと時代を遡ることができそうだが、現在のところ、中国語としての「民謡」は、五世紀くらいまでは遡れそうである2
 一方、日本における「民謡」の初出は、今のところ、さきの品田が指摘しているように『日本三代実録巻第三十七』中の元慶四(八八〇)年五月二十三日にある「警候不厳 民謠間發。」(品田2001:188、經濟雜誌社編1897:541)で、平安時代までは遡ることができる。しかし、漢語としての「民謡」については、ほとんどわかっておらず、戦後になっても、「わが国でも江戸時代の儒学者が二、三使用した例があると聞くが、一般には殆ど使用されなかったようである」(町田、浅野編1960:401、浅野1961:349)といわれるように、「近世以前はほとんど使われなかった漢語の一つ」という認識のまま現在に至っている。

■訳語としての「民謡」

 それほど一般には知られていなかったとされる「民謡」という言葉が、現在のようにフツウの日本語になったのは、明治時代以降のことである。高野辰之は「我等が近年使用するのはこれ(筆者注:「漢語」のこと)から出たのではなく、恐らく独逸語のDas Volkslied(國民論)あたりに導かれて出來た語であらう」(高野1924:2)と述べている。その証拠はどこにあるのだろう。
 町田、浅野編『日本民謡集』(昭和三十五年)の「解説」はまさに、明治以降の「民謡」という言葉をめぐる歴史について言及している(町田、浅野編1960:401-403)。この時点では、「民謡」がドイツ語Volkslied由来の訳語か、英語Folk Song由来の訳語か、そして初出は何なのか未詳となっている。その上で、森鴎外の『かげ草』(明治三十年)に収録された「観潮楼雑記」3が初出とする作詞家の永井はくの説と、著述家の市島いちしましゅんじょうらの小泉八雲説を挙げている。『日本民謡集』は、小泉八雲説を確証なしとし、森鴎外説を支持して、「かんちょうろうぐう」中にある短い評論「希臘ギリシアの民謡」の中で、マイエルという人が書いたGriechische Volkslieder(Volksliedの複数形)というドイツ語の本の書名を「希臘ギリシアの民謡」と訳していることを突き止めている(町田、浅野編1960:401-402)。

希臘の民謡
 グスタアフ、マイエルG. Meyer といふ人希臘の民謠を集めて公にせり。(Griechische Volkslieder, Stuttgart, 1890. F.G. Cotta.)この書を讀みてをかしとたもふは、新希臘の風俗の外の歐羅邑の國々におなじからざることなり。女子の情夫に誓ふこと葉に、酒をば絶つて飲まじといへる。また少女が家にはたおそろしきもの二つあり、老いたる父は早く死ねかし、さらばわれその飼犬に毒食はせて、少女をば我物にせむといへるなど、その南伊太利よりも粗野なる民風を観るに餘あらむ。(森1897:710-711、森1892=1995:4-5)

 森鷗外初出・ドイツ語からの訳語説はその後も支持され、ほぼ定説となっているが、問題はこの「希臘の民謠」の初出の年と出典である。
 町田、浅野編『日本民謡集』には、「管見によれば『民謡』という用語は、森鴎外が明治二十四年(一八九一)十月発行の『国民之友』第百三十三号に(以下略)」とさらりと説明されているが、この翌年に出版された浅野の『日本歌謡の研究』(昭和三十六年)には、

「民謡」の初見については、前に永井白湄氏の説を引用したが、成稿後、「観潮楼偶記その一」(明治二十四年十月「国民之友」第百三十三号掲載)に見える左の記事の方が古いことが判明したので補記して置く。(筆者注:以下、「希臘の民謡」の引用に続く)(浅野1961:366)

とわざわざ追記されている。このことから、出版こそ『日本民謡集』の翌年となっているが、浅野の『日本歌謡の研究』の方が、『日本民謡集』よりも先に脱稿し、これを元に『日本民謡集』の「解説」一部が書かれたことがわかる。つまり、この部分については、町田ではなく、浅野によって執筆されていると思われる。ところが、浅野が掲げた『国民之友』第百三十三号に「希臘の民謠」は存在せず4、品田がいうように(品田2001:191)、明治二十五年八月発行の『志がらみ草紙5』三十五号が初出なのである6。余談だが、浅野がどうして取り違えてしまったのだろうか、と思いつつも、明治二十四年説は民謡事典・辞典類をはじめ、これまでよく採用されてきたことを考えると、町田、浅野編『日本民謡集』がいかに多くの人に読まれ、引用・孫引きされてきたかが分かる。
 森鷗外の「希臘の民謡」は、「民謡」という言葉の初出ということで、これまで、たびたび紹介されてきたが、出典の間違いだけでなく、表記がまちまちなのは、参照する版の違いによるものと思われる。この際なので、「希臘の民謡」をめぐる情報を整理したい。「希臘の民謡」は、再版をくり返しており、思ったよりも面倒なことになっている。
 「希臘の民謡」が含まれる「觀潮樓偶記」は、複数の短編の評論や随筆で構成されている。「觀潮樓偶記」は、明治二十五年発行『志がらみ草紙』三十五号では、「希臘の民謡」を含む二十編の評論・随筆で構成されている。この時は署名がない。その五年後の明治三十年に「觀潮樓偶記」は森林太郎(鷗外)著作の『かげ草』に掲載される。この際、『志がらみ草紙』版にある評論・随筆の一部を削除・追加し、「希臘の民謡」を含む三十八編に拡大している。
 森鷗外の最初の全集『鷗外全集』は大正十三年、鷗外全集刊行會の発行で、「希臘の民謡」は、ここでは単独で掲載されている(森1924:266)。次の全集は昭和二十六年、岩波書店の発行で、『かげ草』に掲載された形を「觀潮樓偶記 その一」とし、『かげ草』の「觀潮樓偶記」に収められなかった八編を「觀潮樓偶記 その二」として掲載している(森1951)。「希臘の民謡」は岩波書店の全集では「觀潮樓偶記 その一」に入っていて、この形は、その次の岩波書店の『鷗外全集』にも引き継がれている(森1973)。

■「民謡」が意味するもの

 さて、民謡という言葉の由来を遡ったところで、まだまだ厄介な問題がある。ここでは、「民謡」という漢語が、どんな意味に使われていたかを資料から見てみよう。
 漢語としての「民謡」は、資料が限られすぎていて、今のところどのような歌だったのかが分かるような手掛かりはない。しかし、せいぜい民(=庶民、貴族や武士といった支配階級ではないフツウの人)が歌う歌くらいの意味で使われているようにみえる。前述の『日本三代実録巻三十七』陽成天皇元慶四年五月二十三日には次のように「民謡」という言葉が使われている。

廿にじゅう三日さんにち丙子へいし肥後ひごのかみしよう五位ごゐのじやう藤原ふぢわらの朝臣あそんふさじやう五位下ごゐのげさづけき。これよりさき西國さいごく流言りうげんあり、『新羅しらぎ凶賊きょうぞくりてしんこうせむとす』と。朝議てうぎ、左近衛さこんゑの少將せうしやう坂上さかのうへの大宿禰おほすくねたきもりもち大宰だざいの少貳せうに兼任けんにんせしめ、かれおもむききしずゐじんこのたまことかずりき。瀧守たきもり少貳せうにちつつ。りてふさもちへき。いたれるのち流聞りうぶんとゝのはず。随身ずゐじん近衛このゑおほ凌暴りょうばういたし、魁首くわいしゆ近衛こんゑの采女うねめ益繼ますつぐ狡猾かうくわいもとはなはだし。房雄ふさをこれころしき。警候けいこうきびしからず、民謠みんえうひそかおこる。ゆゑふさ肥後ひごのかみうつして、少貳せうにしょくめき。いまかいすゝむるはなぐさめしなり。(武田、佐藤2009:166-167)

 この場合の「民謡」は、益継を殺した房雄のことを歌ったちまたの歌、流行歌はやりうたという意味で使われている。
 時代は下って江戸時代、安永四(一八五七)年に儒者赤松赤城が門人に言ったという一節に、「民謡」が出てくる。

門人問ふていふ、今日行はるる小唄と、民謠と何の相違ぞ。赤城答へていふ、民謠は民の謠也。俚謠を広めてもいふ也。小唄はもと短かきを稱すれど、今三絃の唄となれり。されば小唄のうちにも民謠あり、然しながら、民謠は本来三絃の唄にあらずと。(藤澤1932:2)

 この一節は、藤澤衛彦の『日本歌謠の新研究』(昭和七年)によるものだが、出典が不明で、赤松赤城なる人物が何者なのか、そして、赤松とその門人が「民謡」という言葉を使って、本当にこんな問答したかを裏付ける証拠は、今のところ分からない。とはいえ、これが本当ならば、「民謡が『民の謡(=歌)』で、意味する歌の範囲が俚謡よりも広く、小唄と民謡の区別がつきにくいが、その違いは、本来三味線を使うのが小唄、使わないのが民謡だ」と、いちおう「民謡」を定義していたことがわかる。そうすると、現在の定説では、日本語として普及した「民謡」は、訳語としての「民謡」に由来するとされていて(高野1924:2)、訳語としての「民謡」の初出が今のところ明治二十五年とされるが、もしかしたら、江戸時代末期には、現在の「民謡」につながる萌芽がすでにあったのかもしれない。


  1. 1 日本語の「民謡」にあたる現代中国語は「民歌」であって「民謡」ではない。
  2. 2 ただ、品田も劉孝威の当該の詩を確認しているのは唐代初期の『げいもん類聚るいじゅう』(六二四年)のようで、劉孝威の詩がいつ書かれたものなのかは、今のところ確認できていない。なお、町田・浅野が挙げている王禹偁の詩や、品田が挙げている劉孝威の詩は、いずれも品田が指摘しているように『はいぶん韻府いんぷ』という清代の韻書に掲載されている(品田2001:187)。
    『佩文韻府』と『藝文類聚』の内容はそれぞれ、WEB上で検索できるようになっている。このまま資料として使うことはできないが、これを手掛かりに原書にあたることができる。
    『佩文韻府』http://www.tanomura.com/research/peiwenyunfu/
    *田野村忠温(大阪大学)による検索サイト
    『藝文類聚』https://ctext.org/yiwen-leiju/zh
    *中國哲學書電子化計劃による検索サイト
  3. 3 「観潮楼偶記」の間違いだが、永井の出典が不明なため、『日本民謡集』の誤植なのか、永井の方の誤植なのかは不明である。
  4. 4 『国民之友』第百三十三号には、鷗外漁史の署名で、随筆「詩話一則」が掲載されている(藤原編著1966:195)。
  5. 5 『文學評論しからみ草紙』、『しがらみ草紙』、『柵草紙』とも表記する。ここでは、長谷川泉による臨川書店発行の復刻版の解説にならい(長谷川1995:3-6)、『志がらみ草紙』で統一する。
  6. 6 品田の他にも、阪井葉子が同様に指摘している(阪井2005:103-104)。

[参考文献]

  • 浅野建二1961『日本歌謡の研究』東京:東京堂
  • 經濟雜誌社編(藤原時平奉勅撰)1897『国史大系第四巻 日本三代實録』東京:經濟雜誌社
  • 阪井葉子2005「明治期日本における『民謡』概念の成立」『独文学報』21、83-104頁
  • 品田悦一2001『万葉集の発明:国民国家と文化装置としての古典』東京:新曜社
  • 高野辰之1924『日本民謡乃研究』東京:春秋社
  • 武田祐吉、佐藤謙三訳2009『読み下し日本三大実録〈下巻〉』東京:戎光祥出版
  • 長谷川泉1995「解説」『復刻版 志がらみ草紙 別冊(解説・総目次・索引)』京都:臨川書店、3-25頁
  • 藤澤衛彦1932『日本歌謠の新研究』東京:金星堂
  • 藤原正人編著1966『国民之友 第9巻』東京:明治文献(複製版)
  • 町田嘉章、浅野建二編1960『日本民謡集』東京:岩波書店(岩波文庫)
  • (森鷗外)署名なし1895=1995「觀潮樓偶記」『志がらみ草紙』35、東京:新聲社、1-6頁
  • (『復刻版 志がらみ草紙』京都:臨川書店、1995年(臨川書店近代文芸雑誌複製叢書、第20次))
  • 森林太郎(鷗外)1897『かげ草』東京:春陽堂
  • 森林太郎(鷗外)1924『鷗外全集 第二巻』東京:鷗外全集刊行會
  • 森林太郎(鷗外)1951『鷗外全集 著作篇第二十巻』東京:岩波書店
  • 森林太郎(鷗外)1973『鷗外全集 第二十二巻』東京:岩波書店
  • 『藝文類聚』https://ctext.org/yiwen-leiju/zh
  • 『佩文韻府』http://www.tanomura.com/research/peiwenyunfu/

HOME