21世紀のふるさとの歌を訪ねて

島添貴美子(しまぞえ・きみこ)
富山大学芸術文化学部准教授。
研究分野:民族音楽学(日本の民謡・民俗芸能)。
共著:『エイサー360度』(沖縄全島エイサーまつり実行委員会、1998年;沖縄タイムス出版文化賞受賞)、『民謡から見た世界音楽』(ミネルヴァ書房、2012 年)など。
放送:NHKラジオ第二の番組「音で訪ねる ニッポン時空旅」に出演、解説を担当。同番組は「NHKに残された日本各地の祭りや民謡の貴重な録音を堀り起こし、 音からイメージできる“ニッポンの暮らし”を語り合う」。2015年4月に放送開始、現在もレギュラー番組として放送中。

島

添貴美子
新着記事

第15回(最終回)
民謡とは何か

 民謡とは何か。音楽事典には、「民謡とは民衆の生活の中で生まれ,とくに作者などは問われずに生活慣習のように歌い継がれてきた歌を指す。つまり民謡は民俗音楽の一部であり,その中心的な大きな部分を占めている。」(小島、町田、吉川1983:2486)とある。おそらく、この定義に異議を申し立てようという人はいないだろう。それでは、日本の民謡というと、どんな歌が挙げられ、どのように説明されているだろう。小学校から中学校、高等学校の音楽の授業では、民謡が取り上げられることになっている 。例えば、高校の教科書では、次のように解説されている。

 日本の民謡と芸能
 日本は、日本列島と6千以上の大小さまざまな島からなります。農山漁村や都市など、そこに暮らす人々の生活や信仰もさまざまで、その中で民謡や芸能が生まれ、伝承されてきました。
 民謡には、山、海、田畑、家内などで歌われた仕事歌や、婚礼などの祝い歌、盆踊りなどの踊り歌、宴席などの娯楽歌、子守歌などがあり、人々は歌うことで気持ちを合わせたり、感情を表したりしました。また、漁労歌や酒造り歌、田植え歌、木挽き歌などは、力仕事の際にタイミングを合わせたりするためにも歌われました。
 民間の風俗や習慣、信仰に根ざして行われる芸能は、豊作や豊漁などを祈願したり感謝したりする祭礼や、四季折々の行事などと結びつき発展し伝承されてきました。現在でも祭を通じて地域をつなぐ絆となっています。(新実他2017:46)

 郷土の民謡と伝統芸能
 日本各地には、昔から伝えられてきている民謡と踊り、楽器の演奏、芝居などの芸能がある。
 民謡は、労働や信仰、娯楽といった民衆の生活の中から生まれ、口伝えによって歌い継がれてきた音楽である。そのため、土地ごとに歌詞やメロディーがさまざまに変化して歌われている。
 民謡は、歌う場所や目的によって、ほぼ次のように分類されることが多い。
①仕事歌(田植歌、粉挽き歌、木挽歌、舟歌、網引き歌、茶摘み歌、馬子歌、牛追歌など。)
②祝い歌(長持歌、酒盛歌、正月歌など。)
③踊歌(盆踊歌、神楽歌など。)
④座敷歌
⑤子守歌
⑥わらべ歌
(以下略)(小原光一他2013:80)

 民謡
 民衆の生活の中で歌い継がれてきた歌。仕事をしながら歌った仕事歌、年中行事や祝儀の際に歌われた祝い歌、盆踊りなど踊りに伴って歌われる踊り歌、宴席などで歌われる座興歌、物語を語ったり、門付けで行われる語り物・祝福芸の歌がある。(中略)

 わらべ歌・子守歌
 民謡の一ジャンルともいえるが、子どもの遊び歌を「わらべ歌」、子どもを寝かしつけたりあやしたりするための歌を「子守歌」という。同じ遊び歌でも地域によって歌詞や節回しが異なることが特徴である。
 子守歌の場合、親が子どもに歌って聞かせるものだけでなく、子守に雇われた少女が、自分の辛い境遇を歌ったようなものもこれに入る。(山本他2013:112)

 ここにあげた事典や教科書に限らず、「民謡」といえばこんなふうに書かれているものがごく一般的だろう。しかし、である。今のご時世、田植えをしながら田植歌を歌っている人はいるのだろうか?そして、そんな田植歌を田んぼで聞いたことがある人はどれほどいるだろうか?家に臼がある人はどれほどいるだろうか?家に臼もないのに、いつ粉挽き歌を歌えというのか?どうすれば公園デビューできるだろうと若い母親たちが悩んでいる時代に、弟や妹をおんぶして、外で遊んでいる子供を見かけることがあるだろうか?ベビーシッターは今では大人の仕事であって、未成年の少年少女がどこかのお屋敷に子守奉公に出されることなど、すでに失われた昔の話なのである。
 NHKFMの『民謡をたずねて』は「私たちの遠い祖先が素朴な生活から生み出した数々の民謡を、地元の民謡も交えながらご紹介する番組です。」 という長寿番組である。番組の紹介文は、先に挙げた民謡についての説明に沿ったものといえるだろうが、その「民謡」の中身はどうだろう。2020年1月17日の広島県安芸高田市からの放送は、次のようなラインナップである。

1月17日金曜 NHKFM 午前5時20分~午前5時50分
▽広島県安芸高田市(1)
~安芸高田市民文化センター クリスタルアージョで収録~

「広島木遣り音頭(広島県)」(3分00秒)
(唄)稲庭淳/(三味線)笹本壽・笹本寿之/(笛)米谷智/(鳴物)荒井ふみ子・田辺三花/(はやし詞)西田美和・西田美和利

「西条酒造り唄~米洗い唄~(広島県)」(2分55秒)
(唄)塚原ゆかり/(三味線)笹本壽・笹本寿之/(尺八)米谷智/(鳴物)荒井ふみ子・田辺三花/(はやし詞)西田美和・西田美和利

「三段峡筏流し唄(広島県)」(2分55秒)
(唄)成世昌平/(尺八)米谷智

「ちゃっきり節(静岡県)」北原白秋・作詞、町田嘉章・作曲(3分28秒)
(唄)梅若晶子/(三味線)笹本壽・笹本寿之/(笛)米谷智/(鳴物)荒井ふみ子・田辺三花/(はやし詞)西田美和・西田美和利

「こきりこ節(富山県)」(2分20秒)
(唄)寺崎美幸/(三味線)笹本壽・笹本寿之/(笛)米谷智/(鳴物)荒井ふみ子・田辺三花/(はやし詞)西田美和・西田美和利

「会津松坂(福島県)」(2分51秒)
(唄)稲庭淳/(尺八)米谷智/(はやし詞)西田美和

「男なら(山口県)」(3分33秒)
(唄)木津かおり/(三味線)笹本壽・笹本寿之/(笛)米谷智/(鳴物)荒井ふみ子・田辺三花

 おそらく、現在、「民謡」としてイメージされるのは、ステージや電波にのって流れてくるこのような歌ではないかと思う。そうすると、民謡についての説明と歌われる民謡の中身との間に、いろいろな「違い」が出てくる。事典には、「とくに作者などは問われずに生活慣習のように歌い継がれてきた歌」とあるけれども、「ちゃっきり節(静岡県)」は、「北原白秋・作詞、町田嘉章・作曲」と明記されているし、「力仕事の際にタイミングを合わせたりするためにも歌われ」たとされる酒造り歌の現場で、三味線や尺八、鳴り物(太鼓や鉦)が伴奏することはないはずだ。「土地ごとに歌詞やメロディーがさまざまに変化して歌われている。」と解説されているけれども、お囃子の方々は、広島、富山、福島、静岡、山口と、地域を超えていろいろな民謡の伴奏もつとめておられる。
 前置きが長くなったが、ひとことでいうと、一般に流布している民謡についての説明が、現状と合わなくなっているのである。つまり、民謡というと、ステージで着物を着た歌い手さんが三味線や尺八や太鼓、鉦の伴奏に合わせて、マイクを使って歌う歌である。一方、「普通の人が日常生活の中で口ずさむ歌」というと、それはすでに民謡ではなく、昭和生まれなら昭和の歌謡曲や演歌、平成生まれだとJ-POPといった歌が日常生活にある歌で、これらの歌はイヤホンで聴かれるものであり、口ずさむとすれば、カラオケボックスという防音室の中でマイクを使って歌う歌である。このように、事典や教科書で書かれていることと実情とのギャップが著しいのだが、それにも関わらずそのギャップは無いかの如く扱われてきた。なぜ、このギャップはこれまで無視され続けられたのだろう。この連載の目的の一つは、その謎解きだった。

■民謡は「素朴な民の歌」のイメージ

 NHKの番組解説のように、民謡には「私たちの遠い祖先が素朴な生活から生み出した数々の民謡」といった「素朴な」、「土のにおいのする」、「ふるさとの」歌といったイメージがある。私自身、このイメージに囚われていると思う。
 そこで、まず注目したのは、明治時代から昭和時代初期にかけての「民謡」研究だった。連載第24回で述べたように、もともと漢語由来で近世以前より散見されてきた「民謡」という言葉が、明治時代にVolksliedの訳語として利用され、徐々に普及していくが、戦前まで、その中身は今ではあり得ないようないろいろな歌が含まれていた。現在のような民謡という歌の中身が定着するのは戦後に入ってからのことで、それと同時に、風俗歌、俚謡、俗謡といった近代以前より使われてきた言葉は淘汰されて「民謡」に吸収されていくことになる。
 次に、民謡のイメージ形成についてだが、これは決して明治時代になって作られたものではない。第2回に出てくる赤松赤城なる人物が弟子に語ったように「民の歌」であり、三味線伴奏の流行歌とは異なるという考え方が、すでに江戸時代にはあった。むしろ、明治時代になって輸入された西洋的「民謡の真正性(オーセンティシティ)」が、それ以前からあった「民の歌」のイメージと合致して、研究者の間でも、民謡の歌う・聞く人々の間でも受け入れられていったと思われる。

■「本当の」民謡

 この「民謡の真正性」を前提とした民謡は、やっかいな問題を抱えることになった。現在の民謡分類法の元ともいえる柳田國男の民謡分類案 は、連載第5回で述べたように、民謡の範囲を限定し、「本当の民謡」の「本物」の純度を上げている。ところが、「本物」の純度を上げれば上げるほど、現実の民謡が歌われる場において肝心の「本当の民謡」は見つからなくなり、民謡の存亡の危機が語られていくようになる。
 一方、民謡は「発見」され、舞台やメディアで紹介されるようになった(連載第8回)。柳田國男の民謡論を実証しようと民謡採集に乗り出した町田佳聲は半世紀近くにわたって民謡採集旅行を続け(連載第6回)、町田の死後、東京芸術大学民族音楽ゼミナールによって引き継がれたNHKの日本民謡大観事業によって、北は北海道から南は沖縄まで、日本の民謡地図の完成をみることができた(連載第7回)。
 その結果、現在の民謡分類法 は、柳田國男の民謡分類案の考え方を踏襲しているものの、労作歌(仕事歌)、祭り歌・祝い歌、踊り歌・舞謡、座興歌、語り物・祝福芸の歌、子守歌、わらべ歌と取り扱う範疇が広くなった。もちろん、柳田の分類案が考案された一九四〇年当時に比べれば、調査が進んで民謡についての情報がはるかに増えたことが大きな要因であるが、無視できないのは、柳田が除外した座興歌(=流行歌)が加えられていることである。
 その結果、「本当の民謡」イメージと、現在の民謡の範囲が合体すると、そこに、民謡の純度の差のようなものが現れる。つまり、「本当の民謡」に最も合致したのは仕事歌である。連載第1213回で挙げた臼歌のように、仕事歌とは仕事をしながら、あるいは仕事の合間に歌われる歌で、普通の人々が頭に浮かんだ思いを率直に表現する歌である。これに対して、明治以降の民謡分類法に出てくる祭りの歌、祝い歌は、冒頭の教科書にもあるように、民謡というより「民俗芸能」といわれる方が一般的であるし、子守歌やわらべ歌も、民謡の中には入れられてきたが、日頃、「民謡」といわれることはそうはない。これらの歌はどちらかと言えば、普段、民謡とは言わないけれども、便宜上、民謡に入れられているといった方が正しい。つまり、現在の「民謡」とは、仕事歌を核(狭義の民謡)として、流行歌や民俗芸能やわらべ歌といった歌たちがその核を包み込む(広義の民謡)ような位置づけになっているのである。

■ギャップを埋める

 そうすると一番の問題は、狭義の民謡――民謡の中の民謡である仕事歌が、すでに戦前よりすたれており、戦後の高度経済成長期を経て、二十一世紀の現在に至って、ほぼ壊滅していることである。つまり、民謡の必要条件でなければならないはずの仕事歌自体が現実には存在しないということである。これでは「民謡とは民衆の生活の中で生まれ,とくに作者などは問われずに生活慣習のように歌い継がれてきた歌」の筆頭に仕事歌を挙げられても困ってしまう。
 この事態に対して、長い間、次のような説明がされてきた。「民謡の分類はあくまで、その歌がもともと何の歌だったかによって分類されなければならない。」つまり、稗つき節や牛追い歌、馬方節など現在ではステージで歌われている歌は、もともとは仕事の中で歌われてきた歌なのだから仕事歌として分類しましょう、ということである。
 この「もともと」論はかなり説得力があるのだが、これに従ってしまうと、冒頭で述べたように、説明と現実の間にギャップが生じてしまう。なぜなら、「もともと」の民謡の姿は消滅し、現実には存在しなくなっている上に、ステージ化された仕事歌は、改良が加えられ、洗練されて「もともと」の仕事歌とは歌としてあまりにも違いすぎるからである。稗を搗いたり、牛や馬を追ったりするのに、三味線や尺八は出てこないし、こぶしを効かせたフシでは仕事のリズムが保てない。
 それでも、二十世紀の間は、ステージで歌う人たちでも、田植えをしながら田植歌を歌った経験がある人や、歌った経験がなくてもそれを見聞きした経験がある人は少なくなかった。「もともと」論は、そうした経験を記憶としてとどめている間は、実感することができた考え方なのだと思う。しかし、二十一世紀の現在、日常生活の中で、稗を搗いたり、牛や馬を追ったりしながら歌うような経験は、「普通の人」ではまずできない。言い換えれば、二十世紀の間、説明と現実の間にギャップが無いかの如く扱うことができたのは、実態がなくなっても経験が記憶としてあったからであるが、すでに、生まれた時から経験することができなければ実感することはできない。「もともと」論もここまでくると、理屈ではなく、感覚的についていけなくなるのである。
 一つ救いがあるとすれば、録音技術の発達で、録音テープを通して仕事歌を聴くことができることである。ただし、録音資料も、NHKの日本民謡大観事業の調査記録などをみると、実際に仕事をしながら歌うことは極めて限られており、大抵は、実際に仕事で歌っていた頃を思い出して歌ってもらっている。運が良ければ、仕事をしているつもりで歌ってもらうこともあるが、こうした一種の「やらせ」録音も、調査当時の感覚では、「もともと」の姿をある程度再現できていると捉えられていた。日本民謡大観の調査記録の中には、「富山の網ひきの唄では、感じが出ないといって柱に綱をつけて、皆で引っ張りながらうたい、鹿児島の胴搗きでは、室内に石を持ち込んで、本当に丸太を落としながらうたって、録音する側が柱や床の心配をした」(NHK「日本民謡大観」制作スタッフ編1995:151)というエピソードがある 。このように当時(八十年代以前)は実際にその仕事を経験した人たちがまだ生きていたからこそ、「もともと」の姿が再現可能であったわけであって、二十一世紀の今となってはこうした「やらせ」すら不可能になっている。現在、こうした録音音源は、アーカイブズという形で蓄積されるようになっている。正直にいうと民謡研究者を標榜する私も田植をしながら歌っている田植歌など見聞きしたことはない。その代わりに、こうした録音資料を通して多くの田植歌を聴いてきたのである。
 また、民謡を広義に考えると、祭りや行事の中で歌い踊られるいわゆる民俗芸能や子守歌、わらべ歌は、現在でもフィールド調査に基づく研究が行われ、その成果に基づいて文化財に指定されたり、学校の教材になったりしている。こちらは仕事歌とは事情が異なり、「もともと」の歌う場が現在でも維持されており、伝承が続いている(連載第1114回)。
 以上のような現状を鑑みると、民謡とは普通の人が生活の中で歌う歌、もしくはかつては歌っていたが現在では歌われなくなった歌、またはステージ等の別の場で歌い聞かせるようになった歌であり、その範囲は、民俗芸能や子守歌、わらべ歌を含めて広義に捉えるほかはないと思う。そして、この定義をふまえると、民謡研究もフィールド調査とともに、録音資料を調査することが要求される時代になっているのである。

■この連載をお読みいただいたあなたへ

 この連載を始めた当初、私は普段接している富山大学芸術文化学部の地域振興に携わりたい大学生や卒業生、そして東京学芸大学で小中高校の音楽の先生を志す大学生や卒業生、それから、私が解説役を担当しているNHKラジオ第2「音で訪ねるニッポン時空旅」のリスナーの方々を思い浮かべながら書いていた。そのため、書き始めは、私が学生の時から疑問に思っていたことや、経験の中で発見したことや学んだことを書いていたのだが、ほどなく、その背景にある歴史的な思想や研究者の立場を民謡研究史という形で取り上げたところ、予想以上に底が深く、掘り下げているうちにかなり専門的な、というより、通でオタクな内容に踏み込んでしまった。
 そのため、この連載は、民謡に限らず日本の伝統文化に興味のある人向けであるはずだったのだが、実際にはおそらく、このWeb連載にたどり着かれた方は民謡に興味がある方で、連載を最後までお読みいただいた方は、きっととても「意識の高い人」なのだろうと思う。もしかしたら、「時空旅」をお聞きいただいているリスナーの方の中でも、民謡教室に通う熱心な生徒さんや祭りの担い手として第一線で活躍されておられる方々が読者のなかにいらっしゃるだろうと想像している。私よりもずっと日本の民謡や自分のところの祭りのことを知っていて、思い入れのある方々だ。
 地方大学の教員で、民謡や民俗芸能を研究対象としている職業柄、私はいろいろな芸能保存会の方々によくお目にかかる。そうすると、大抵、その歌なり踊りなりが人手不足で伝承に困っている、という話になり、しまいには「どうすればいいですかね」という相談になる。保存会の方々が熱心であればあるほど、彼らの悩みは深い。
 私自身はこう思っている。その時代の人々が、かっこいい、やってみたいと共感したものが取り入れられると同時に、時代遅れとなり、つまらなくなってしまったものは、不要なものとして捨てられるのが民謡や民俗芸能の宿命だ、と。つまり、なんらかの事情で伝承が途絶えるのは致し方ないのだ。それがこれまでも繰り返されてきただろう歴史なのだから、と思ってしまうのだ。だから、滅びゆくもの、変わりゆくものの在り方を記録に残して次の世代へ送ることが、私の仕事の一つになってしまうのだろうと思っている。
 しかしそれと同時に、私はこうも思うのだ。なくなったとしても、その代わりの何かが、きっとどこかで生まれているに違いない。そして、そうやって日々、何かを捨てることを決めたり、何か新しいものを生み出したりしているのが、読者であるあなたなのだろう、と。
 かつて私の恩師の一人は「事象が常に先行するので、研究はそれを後追いするしかない」と言った。この連載では、私は、私達の先人である民謡や民俗芸能の担い手たちや研究者たちが、互いに影響を及ぼし合いながらつくりあげてきた動向(歴史)を、振り返ってきた。おそらく、現在でもこの動向は進行しているはずである。だから、私は捨てられていくものを記録するとともに、あなたがいったいどんなものを生み出すのか、それを楽しみに日々、参与観察している。


  1. 1 文部科学省の学習指導要領の「音楽」には次のように書かれている。
     『小学校学習指導要領(平成29年告示)』では、第1・2学年で「我が国及び諸外国のわらべうたや遊びうた」(文部科学省編2017a :118)、第3・4学年でも「郷土の音楽」(文部科学省編2017a :121)を鑑賞教材で取り扱うこととされている。
      小学校学習指導要領(平成29年告示)
      https://www.mext.go.jp/content/1413522_001.pdf
     『中学校学習指導要領(平成29年告示)』では、「各学年の目標及び内容」中の「鑑賞」で「我が国や郷土の伝統音楽及びアジア地域の諸民族の音楽の特徴と、その特徴から生まれる音楽の多様性」を理解すること(文部科学省編2017b :101、102)が掲げられている。
      中学校学習指導要領(平成29年告示)
      https://www.mext.go.jp/content/1413522_002.pdf
     『高等学校学習指導要領(平成30年告示)』でも、「鑑賞」で「我が国や郷土の伝統音楽の種類とそれぞれの特徴」を理解すること(音楽I、文部科学省編2018:142)、理解を深めること(音楽II、文部科学省編2018:145)が掲げられている。
     高等学校学習指導要領(平成30年告示)
     https://www.mext.go.jp/content/1384661_6_1_3.pdf
     この「我が国のわらべうたや遊びうた」、「郷土の音楽」、「郷土の伝統音楽」として、音楽の教科書では民謡(わらべ歌を含む)と民俗芸能が取り上げられている。
  2. 2 民謡をたずねて https://www4.nhk.or.jp/minyo-tazunete/
  3. 3 柳田の民謡分類案は十項目に分類される。一 田歌、二 庭歌、三 山歌、四 海歌、五 業歌、六 道歌、七 祝歌、八 祭歌、九 遊歌、十 童歌(柳田1940=1998:180-186)。一から六は仕事歌であり、七から九は年中行事や家の行事の歌、十は子守歌とわらべ歌の一部である。
  4. 4 文化庁が、昭和五十四年度から平成元年度まで文化庁による国庫補助事業として全国の都道府県で行った民謡緊急調査で考案された分類法(小島1981)が、管見の限りだが最も普及しているように思われる。
  5. 5 元NHK局員の稲田正康氏によると、鹿児島の胴搗きは、昭和三十八年九月十二日鹿児島県川内市における調査(NHK「日本民謡大観」制作スタッフ編1995:101)の時のエピソードである。

[参考文献]

  • NHK「日本民謡大観」制作スタッフ編1995『NHK民謡調査の記録 一九三九-一九九四』東京:日本放送協会放送事業局データ情報部
  • 小原光一他2013『MOUSA 1』東京:教育芸術社
  • 小島美子1981「民謡の分類」『月刊文化財』216、6-10頁
  • 小島美子、町田嘉章、吉川英史1983「民謡」下中弘編『音楽大事典』東京:平凡社、2486-2491頁
  • 新実徳英他2017『音楽I 改訂版Tutti』東京:教育出版
  • 柳田國男1940=1998「民謡覚書」『柳田國男全集 第十一巻』東京:筑摩書房、1-237頁
  • 山本文茂他2013『ON! 1』東京:音楽之友社
  • 文部科学省編2017a『小学校学習指導要領(平成29年告示)』
    https://www.mext.go.jp/content/1413522_001.pdf
  • 文部科学省編2017b『中学校学習指導要領(平成29年告示)』
    https://www.mext.go.jp/content/1413522_002.pdf
  • 文部科学省編2018『高等学校学習指導要領(平成30年告示)』
    https://www.mext.go.jp/content/1384661_6_1_3.pdf

HOME