タイトル画像

各種データ、資料をもとに大学・短期大学・高等学校・専門学校でロングラン採用をいただいている教科書・副教材を選出。さらに新学期に向けた最新刊書、楽譜を掲載!

  • ●定価には消費税が含まれています。
  • ●掲載の図書は、重版等で価格が変わる場合がありますので、ご了承ください。
  • ●ご注文は最寄の楽器店・書店・取り扱い店にお申し込みください。
  • ●本カタログへのお問い合わせ、また出版目録、採用見本のご希望がございましたら、
      下記宛ご連絡ください。(辞典類ほか高額商品は除きます)

〒162‐8716 東京都新宿区神楽坂6-30  音楽之友社営業部宛  TEL:03(3235)2151/FAX:03(3235)2148

音楽史
楽譜でわかる クラシック音楽の歴史
B5・160頁
定価2,700円

楽譜でわかる クラシック音楽の歴史 古典派・ロマン派・20世紀の音楽
広瀬大介

《内容》
前古典派(C. P. E. バッハ)から20世紀前半(新ウィーン楽派)までの楽譜を掲載し、作曲家が得意とした音楽様式上の特徴を、実際の作品から具体的に学ぶ。楽譜は、各曲1〜6頁ほどの分量を掲載し、注目すべき書法を簡潔な書き込みで示している。譜例を数多く掲載した音楽史の本は類例がなく、1章を1コマとして、大学などのテキスト(半期)に最適。主に一般大学の学部生レヴェルの初学者からを対象としている。

新 西洋音楽史(上)
菊判変・372頁
定価5,940円

グラウト/パリスカ
新 西洋音楽史(上)
グラウトパリスカ 著/戸口幸策津上英輔寺西基之

《内容》
古代ギリシャから現代ヨーロッパに至る西洋音楽の伝統を丁寧な記述で概観した『西洋音楽史』の新訂第5版。従来の記述がさらに明快で率直な表現に書き改められ、本文に関連する年表・地図・カラー図版、各時代ごとの証言などを通して西洋音楽の流れを立体的に理解できるようさまざまな配慮がなされている。とくに20世紀音楽に関しては新章を設け、詳細な記述を増補した。

新 西洋音楽史(中)
菊判変・404頁
定価7,020円

グラウト/パリスカ
新 西洋音楽史(中)
グラウトパリスカ 著/戸口幸策津上英輔寺西基之

《内容》
古代ギリシャから現代ヨーロッパに至る西洋音楽の伝統を丁寧な記述で概観した『西洋音楽史』の新訂第5版。従来の記述がさらに明快で率直な表現に書き改められ、本文に関連する年表・地図・カラー図版、各時代ごとの証言などを通して西洋音楽の流れを立体的に理解できるようさまざまな配慮がなされている。とくに20世紀音楽に関しては新章を設け、詳細な記述を増補した。

新 西洋音楽史(下)
菊判変・448頁
定価8,208円

グラウト/パリスカ
新 西洋音楽史(下)
グラウトパリスカ 著/戸口幸策津上英輔寺西基之

《内容》
古代ギリシャから現代ヨーロッパに至る西洋音楽の伝統を丁寧な記述で概観した『西洋音楽史』の新訂第5版。従来の記述がさらに明快で率直な表現に書き改められ、本文に関連する年表・地図・カラー図版、各時代ごとの証言などを通して西洋音楽の流れを立体的に理解できるようさまざまな配慮がなされている。とくに20世紀音楽に関しては新章を設け、詳細な記述を増補した。

新 名曲が語る音楽史
A5・212頁
定価2,376円

アナリーゼで解き明かす
新 名曲が語る音楽史 グレゴリオ聖歌からポピュラー音楽まで
田村和紀夫

《内容》
好評の『名曲が語る音楽史』の改訂版。改訂版は副題どおり「グレゴリオ聖歌からポピュラー音楽まで」の西洋音楽史を、いっそう俯瞰的に網羅することになり、音楽史を考えるための主要テキストとして更に充実した。本書の大きな特色である名曲から具体的に「アナリーゼで解き明かす」アプローチは、改訂でも一貫している。

文化としての西洋音楽の歩み
A5・216頁
定価2,592円

文化としての西洋音楽の歩み わたし探しの音楽美学の旅
田村和紀夫

《内容》
音楽史を学ぶことの意味が本書で明らかに!
『音楽史17の視座』の全面改訂新版。時系列に沿い、古代から現代への順で記述。思想の流れと音楽の歩みの関係を解き明かす、音楽美学の観点が強調されている。

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267