音楽大学学校案内

音楽大学 学校案内

2017 B5判
[詳細・購入]

音楽大学・学校案内 2017

 斯界唯一の音大・音高受験ガイド。近年、私立大学を中心に、試験日程の複数化が著しいことを勘案し、AO入試や公募推薦の情報を整理して、実技課題を一般入試に集約させて提示する。毎年変わらない音階譜例なども省略して、課題部分の圧縮を図った。好評の中学紹介は今年、1校増えて7校に。学校提供の正確な情報にもとづく、教授陣などを含む当年度現況を、本書独自の編集方法によって、各校の特長をわかりやすく的確に伝え、各校間の比較対照を容易にした。

 以下は、本書および姉妹編の『音楽大学・短大高校音楽科入試問題集』(下記参照)の付録の一部、「1.専攻別大学・短大一覧2.私立大学試験科目一覧表」「3.全国音楽関係大学・短期大学一覧 付・各種講習会等日程」「4.全国音楽関係高等学校一覧付・各種講習会等日程」、および「5.入試問題集掲載例・聴音楽典など」をPDFファイル形式でご覧いただくものです。1.は受験生が自分の学びたい事柄から志望校を選択する際の目安として、特色ある専攻を分類して逆引きを可能にしたものです。2.は一般入試に課される専攻別音楽関係科目を一覧の形にまとめました。併願校の選択に役立つでしょう。3.、4.は各校の問合せ先、電話番号、URLのほか、各種講習会やオープンキャンパスなどの日程を盛り込み、志望校を絞り込んだ受験生の便宜を図ります。音大や音高を受験しようと志す人は、ぜひ一度本書を手に取ってご覧下さい。


●音楽大学・短大・高校の過去の入試問題集

音楽大学・短大・高校の過去の入試問題集

2017 B5判
[詳細・購入]

音楽大学・短大・高校音楽科入試問題集 2017

 全国の国公立大学33校、私立大学31校、短期大学12校、高等学校42校、大学院1校で実施された2016年度の入試問題を一挙掲載。2016年度入試に出題され、公表された問題を、音楽関係科目を中心に編集・掲載する。今年から東京藝術大学大学院の問題を追加した。難関校については国語・英語・小論文などの科目についても、一定範囲で掲載する。楽典、邦楽楽典、英語については、学校解答がある場合はそれを掲載し、ない場合は弊社が解答例を作成、そのすべてについて解説を付している。おもな掲載科目は聴音、コールユーブンゲン、新曲視唱、初見視奏、和声、作曲、即興課題、楽典、国語、英語、小論文など。10月下旬刊行の『音楽大学・学校案内2017』に掲載できなかった難関校の2017年度課題曲も本書で網羅。巻頭には各校所在地・照会先、URL、各種講習会・説明会の日程を一覧にまとめ、より一層の便宜を図った。

 また、巻頭口絵「入試の疑問、不安を解消します! ここが知りたい! 音大入試Q&A」は、作曲専攻を特集。東京音大、フェリス女学院大(ピアノ)、日大芸術学部、武蔵野音大、国立音大、桐朋学園大、上野学園大(サクソフォーン)、東邦音大、昭和音大の9校(以上掲載順)で、実際に実技試験の試験官を務めている先生方へインタビュー取材を行った。実技試験での審査の視点といった貴重なお話はもちろんのこと、入試担当者や在学生へのアンケートもあわせて掲載。受験校や専攻にかかわらず、試験本番に役立つこと間違いなしの貴重な情報をお届けする。


●音楽大学・学校案内2017年度の巻頭口絵から

音大受験の第一歩――オープンキャンパスへ行こう!

◎特別取材◎
■国立音楽大学
■洗足学園音楽大学
■上野学園大学

 音楽大学を目指す受験生の皆さんは、実際に音大で学ぶ自分の姿をイメージできているだろうか?
 オープンキャンパスとは、大学が授業や学生の様子を公開し、来場者が見学・体験できる行事である。大学説明会も行われ、入試に関する情報を得ることもできる。音大では3〜5月と早めの時期から開催する学校も多く、各大学の雰囲気や個性を見ることのできる絶好のチャンスだ。

  今年の特別取材では、音大ピアノ科出身のライターとともに、私立音大3校(国立音楽大学、洗足学園音楽大学、上野学園大学)のオープンキャンパスを取材した。
 来場者は親子連れが多く、両親と共に来校する中高生も。個別相談会や保護者対象説明会など、保護者の不安を取りのぞくような取り組みも行われていた。
 体験レッスンでは、受講生の音や声がみるみる変わっていくのを目の当たりにした。「憧れの先生に習えて嬉しい」「音楽が楽しい!」という表情が印象的であった。「色々な大学を見たけれどここが一番しっくりくる」と話す受講生も。複数校を訪れてこそ、わかるものがあると感じた。
 大学によって年間開催日数・時間やプログラムはそれぞれ異なり、なかには一日中歩きまわって足が遊園地に行ったように疲れた日も……。各大学の魅力を様々な方面から一挙に吸収でき、盛りだくさんの充実した日であった。
 良い音楽をつくろう、とする時に、大切なのは自分の中にある“イメージ”である。入学後の自分をはっきりとイメージできるよう、この記事を読んだ後は、是非自分の目で、耳で、音大を体感しに行ってほしい。(編集部)

◎取材・文: 荒木淑子 ◎写真: 西原樹里
取材日: 国立音楽大学(5 月22 日)
洗足学園音楽大学(5 月29 日)
上野学園大学(6 月19 日)以上、取材順
オントモ・ヴィレッジにて取材動画公開中!

HOME