音楽之友社出版物に関する公開講座 講座内容のご案内

♪山本美芽公開講座♪

もっと知りたい!ピアノ教本 〜 どの指から導入しますか?

【講座内容】

全国のピアノの先生方にお悩みを聞くと、多くの方が「手がふにゃふにゃで不器用、家でも練習してこないお子さんが増えている」とおっしゃいます。でも、そんな生徒さんにも良い手の形で美しい音を出せるようになって、音楽を楽しんでほしい!そう考える熱心な先生のお力になりたいと思います。今回は、「限られたレッスン時間のなかで、美しい音の出せる良いテクニックを身につけるための指導」についての考え方と教材についてご紹介します。

◆3の指またはグーで導入する教本◆
 ロシア奏法《はじめの一歩》や《Miyoshi ピアノ・メソード》では白鍵3の指から、アメリカの《ペース》《バスティン》《ピアノアドベンチャー》では黒鍵やクラスター、握りこぶしから導入しているのをご存知ですか?その背景には、19世紀ヨーロッパで生まれた「脱力奏法」が、ロシアから20世紀のアメリカに渡った歴史があります。導入の指が違うことで、どのような効果があるのか。テクニックを育てるうえで生まれるメリットとは。教本を読み解きます。
◆音階とスケールを早期に導入する◆
 コンクールで成果をあげている先生方の多くは、全調のスケールとアルペジオを早い段階から取り入れています。優秀な生徒だけでなく、譜読みが苦手で練習しない子どもたちにも効果的なワケは?3の指の導入からスケール・アルペジオにつなげていくまでの橋渡し教材も含めて、具体的にどのように取り入れるのかお話しします。

山本美芽

教材
講師

山本美芽

参考教材
詳細 もっと知りたい!ピアノ教本 〜 どの指から導入しますか?
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267