音楽之友社出版物に関する公開講座 講座内容のご案内

♪樹原涼子ピアノセミナー♪

耳を開く 聴きとり術

コード編

【講座内容】

 ピアノ歴が長く、毎日多くの和音を弾いていたはずの方でも、「コードや機能を感じて弾くことが難しい」と仰るのはなぜでしょう?
 それは、コードを意味のある塊として捉える習慣がないままピアノを弾いていたからかもしれません。つまり“指が鍵盤を正しく押さえることを第一の目的として音符を音に変換してきた”のではないでしょうか。
 私は、作曲家が書いた音楽のストーリーを理解するには、コードと機能の理解が必要と考えます。音を発する前に、そこにどんなコードや機能が生み出されて音楽の流れを作っていくか、脳内再生する、という習慣をつけることが大切です。
 それらを意識して学び、意識して教えることで耳を開く“聴きとり術”を始めてみませんか?

●子供の頃から、コードが聴こえる耳作りを始めましょう!
 幼児が母国語を覚えるように和音の魅力に触れ、響きと名前を同時に覚えていくと、瞬く間にコードが識別できて違いがわかる耳が育ちます。短期間にカデンツ(ドミナントモーション)の種類を聴きわけることもできるようになります。これまでになかった手法で開発された『耳を開く 聴きとり術 コード編』を取り入れ、毎レッスンの数分間で脳のシナプスを刺激、ピアノレッスンに必要不可欠なコードが聴こえる耳作りをスタートしましょう!
●大人でも耳を開いていけば、コードが聴こえる耳になります!
 コードを習って来なかった先生方も、“聴きとり術”を指導しながらコードをマスターしていくことができます。近年開催しているコード塾、“聴きとり術”勉強会で学んだ先生方はそれ以前と異なる耳を得て、表現力豊かな生徒を育て、作曲する子供達もどんどん増えています。

◆発売以来、大きな成果を上げつづけている 『耳を開く 聴きとり術 コード編』 の指導法◆
1 C を根音とした12 種類のコードを、密集形でも転回形でも聴きわけられるようにする指導法
2 どんなコードも一目瞭然、“コードのお団子図”で、聴く力を補完する
3 お辞儀をしたくなるカデンツ(ドミナントモーション)12 種類を耳で覚える
4 “聴きとり術”を成功させる、考え方、指導のコツ、習慣にする方法

樹原涼子

教材
講師

樹原涼子

参考教材
これまでの開催記録
  • 2016/5/13 ヤマハミュージックリテイリング郡山店
  • 2015/4/24 カワイ梅田
  • 2015/4/23 カワイミュージックショップ広島 開催レポート
  • 2014/11/26 カワイ名古屋
  • 2014/10/22 カワイ表参道
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267