Stereo 2018年6月号
今月号

Stereo 2018年6月号

FM聴こうぜ

特別付録:創刊55周年記念 本誌創刊号完全復刻版

【特別定価】¥1,350 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年5月
【商品コード】051806
購入する

【Stereo 2018年6月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

■「アナログオーディオフェア2018」のご案内

 アナログ再生をテーマにしたオーディオイベント「アナログオーディオフェア2018」が、本年も秋葉原・損保会館にて開催される。
 温かみがあり、良い音を奏でるアナログレコードの魅力を多くの人に知ってもらいたい!! レコード回帰を一過性のブームに終わらせたくない!! そんな思いで始まった本イベントも、いよいよ第4回の開催。今回は61社が出展し、各ブランドのブースでアナログサウンドを存分に体感できるほか、小誌を含む協賛出版社によるセミナーも行なわれる。
<イベント名>「アナログオーディオフェア2018」
<日時> 2018年6月9日(土)12時〜19時、10日(日)10時〜18時
<会場> 秋葉原・損保会館(千代田区神田淡路町2‐9)【入場無料】
<ホームページ> http://analog-audio-fair.com

■ファイナル “Eシリーズ”イヤフォンリケーブル対応モデル

 S'NEXT蠅蓮同社のオーディオブランド“final(ファイナル)”より、ダイナミック型イヤフォン「E5000」「E4000」を、2018年5月10日(木)より発売した。
 本製品は、累計10万本以上の売上を記録した“Eシリーズ”初となるMMCX型リケーブルモデル。筐体は、「E5000」がステンレス鏡面仕上げ、「E4000」はアルミニウム黒アルマイト仕上げを採用し、不要な振動を抑制。また、「E5000」には、高純度OFCシルバーコートケーブルを採用する。
 ドライバー背面の内部筐体には音響レジスターを搭載しており、音質の骨格を決める中低域の特性をコントロール。その先に、低域チューニングの要となるL字に折れ曲がった空間、アコースティックチャンバーを置くことで、低域の量感とクリアなサウンド再生を両立している。
 従来のEシリーズ製品同様、最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえ、強調した音域を作らないことで、マスキングされる帯域を作らず高い解像度を実現。音圧も低めの設計で、その繊細さを感じながら音圧を徐々に上げていくことにより、心地良く試聴することが可能だ。
<商品名> ダイナミック型イヤフォン「E5000」
<価格> オープン(※公式直販サイト価格:29,800円)
<商品名> ダイナミック型イヤフォン「E4000」
<価格> オープン(※公式直販サイト価格:15,800円)
<発売日> 2018年5月10日(木)
<問い合わせ> S'NEXT サポートフォーム http://snext-final.com/contact/
<ホームページ> http://snext-final.com/products/eseries/

■オーディオハート 11.2ch椅子型スピーカー

 オーディオハート蠅蓮14基のスピーカーを内蔵し、映画やゲーム、VRを、圧倒的な音量とサラウンドで楽しめる椅子型スピーカー「VRS‐1」を、2018年5月より、完全受注生産にて発売した。
 本製品は、Dolby Atmosの再生に必要な11.2チャンネルのスピーカー(計14基)を理想的な配置で内蔵した、ユニークなフォルムの椅子型スピーカーシステム。遮音性の高いシェルと内面の吸音材により内部の音が漏れにくく、外部の騒音も低減するため、臨場感あふれるサラウンドサウンドはもちろん、ゲームやVRも、その世界に没入できる。
 音質面では、超低共振周波数設計のサブウーファー、広いダイナミックレンジのアルミコーンウーファー、ボイスコイル直結振動板によりハイレゾ帯域も楽にカバーするトゥイーターなど、本製品のために新たに開発したスピーカーネットワークにより、16Hz〜55kHz(−10dB)という広帯域再生を実現する。
 なお、スピーカーは全てパッシブタイプのため、視聴にはAVアンプとサブウーファー用アンプが必要となるのでご注意いただきたい。
 今回、先着100名は10年間保証付き(外観除く)。さらに、先着20名は搬送・設置費も無料となる。
<商品名> 11.2ch チェアスタイルスピーカー「VRS‐1」
<価格> 980,000円+税(受注生産)※搬送・設置費が別途必要です。
<発売日> 2018年5月
<問い合わせ> オーディオハート蝓´04‐7193‐2608
<ホームページ> http://www.audio-heart.co.jp

■ALO audio ヘッドフォン交換ケーブル

 ミックスウェーブ蠅蓮∧ALO audioより、新作ヘッドフォン交換ケーブル「Litz Wire Headphone Cable」計2モデルを、2018年5月2日(水)より発売した。
 本製品は、同社が手掛ける特別な極低温熱処理(クライオ処理)済みの高純度銀メッキ銅導体4本を使用したヘッドフォン用アップグレードケーブル。布製ジャケットの採用により、耐久性やマイクロフォニックノイズ対策を向上させている。
 今回は、出力側がCASCADE/HD800に対応、入力側は3.5mmステレオミニ/4.4mm5極を備えた各モデルをラインアップする。
<商品名>「Litz Wire Headphone Cable」(CASCADE‐3.5mm)
<価格> オープン(※メーカー希望小売価格:20,000円+税)
<商品名>「Litz Wire Headphone Cable」(CASCADE‐4.4mm)
<価格> オープン(※メーカー希望小売価格:21,300円+税)
<発売日> 2018年5月2日(水)
<問い合わせ> ミックスウェーブ蝓´03‐6804‐1681
<ホームページ> http://www.mixwave.co.jp

■エミライ MYTEK Digital製品取扱い移管のご案内

 螢┘潺薀い蓮∧胴颪頬楜鬚鮃修┐MYTEK Digital社製コンシューマー向けオーディオ製品について、2018年5月1日(火)より、国内輸入代理業務を今井商事蠅ら引き継ぎ、取扱いを開始した。
 これに伴い、購入後のユーザーサポートや保証対応、修理に関する問い合わせを含め、全ての業務がエミライへ移管されたほか、一部USB DAC製品の発売も発表された。
 なお、MYTEK Digital社のプロフェッショナル・オーディオ製品は、引き続き今井商事にて取扱う。
<対象製品> MYTEK Digital社製コンシューマー・オーディオ製品
<新代理店> 株式会社エミライ
<移管日> 2018年5月1日(火)
<新規取扱い> ※USB DAC  Manhattan DAC II」/◆Brooklyn DAC+」/「Liberty DAC」
<問い合わせ> 螢┘潺薀ぁ´03‐6206‐4710
<ホームページ> https://www.mytekdigital.jp

■クリプトン 「DEEZER HiFi」3ヶ月無料キャンペーン

 螢リプトンでは、高音質ロスレス・ストリーミング配信を全世界展開し、音楽ファンから高い評価を得ている「Deezer HiFi」とタイアップを開始。クリプトン製スピーカー全オーナーを対象に、同サービスが誇る5300万曲という高音質音源が、3ヶ月間無料で聴き放題となるキャンペーンを開催中だ。
<名称> クリプトン「Deezer HiFi 3ヶ月無料キャンペーン」
<期間> 2018年4月27日(金)〜10月26日(金)まで
<対象> クリプトン製スピーカー全オーナー(既存/新規を問わず)
<内容> 期間中、アンケートにお答えいただき、併せてお持ちのスピーカー製造番号の写真をメール送付していただいた方に、5300万曲が聴き放題となる「Deezer HiFi」を3ヶ月無料で楽しめるプロモーション・コードを進呈します。非圧縮ロスレスによる高音質を、この機会にぜひ存分にお試しください。
<応募方法> ^焚爾離▲鵐院璽肇汽ぅ箸砲董∪潴笋砲寛鹽ください。
◇アンケート=https://questant.jp/q/kripton_deezerhifi
▲▲鵐院璽判了後に遷移するページで表示されるID番号をコピー。
1募メールを作成し、以下の内容を記載して送付してください。
◇応募先=info@kripton.co.jp
【メールタイトル】「Deezer キャンペーン申し込み」
【本文】・△ID番号を転記 ・応募者のお名前とご住所 ・ご使用のスピーカーの機種名 ・スピーカーの製造番号(背面に記載)の写真をメールに添付
※クリプトン直販サイトで購入の方は、注文番号でも応募可能です。
<問い合わせ> 螢リプトン 03‐3353‐4411
<ホームページ> http://www.kripton.jp

■OPPO USB DAコンバーター アップデートのご案内

 OPPOデジタルジャパンは、同社のUSB DAC「Sonica DAC」について、さらなる品質向上を目的として最新ファームウェアを公開、アップデートを開始した。
<対象製品> ネットワーク対応USB DAC「Sonica DAC」
<主なアップデート内容> ◎デジタルオーディオ信号を入力した際、フロントディスプレイ上のサンプリング周波数が正しく表示されないことがある問題を解決
<公開日> 2018年4月10日(火)
<問い合わせ> OPPOデジタルジャパン 0570‐050260
<ホームページ> http://www.oppodigital.jp

■ネイン 音声通知アプリ対応ワイヤレスイヤフォン

 螢優ぅ鵑蓮音声ユーザーインタフェースによりスマートフォン生活を革新する、音声通知アプリ対応ワイヤレスイヤフォン「Zeeny」を、Amazon.co.jpにて、2018年4月24日(火)より予約販売を開始。実店舗では、5月下旬より二子玉川 蔦屋家電ほかにて発売する。
 本製品は、日常的にメッセージのやりとりが多いスマートフォンユーザーが、通勤・通学の移動中、勉強や仕事のデスクワーク中などに、独自アプリにより、届いたメッセージ通知を音声で読み上げることができるワイヤレスイヤフォン。Android 端末では、受け取ったメッセージに対し、イヤフォンのマイクを使用して音声をテキスト化して返信することが可能だ。また、Siri/Googleアシスタント等にも対応する。
 音質も追求しており、高音質化技術AACやaptX、HD Voiceなどにより、音楽に加えて通話、通知の読み上げの高音質化を実現したほか、10mmドライバーと高精度DSPを組み合わせることで、豊かな低音と伸びやかな高音を獲得した。さらに、3種類のサウンド・フィルタからお好みの音質を選択できる、音質調整機能「Spicetone」を搭載する。
 デザイン面では、ガールズアワードが運営するクラウドファンディングサービス『ガールズエール』を通じて、SNS世代をリードする池田菜々、大塚愛里、北澤舞悠の3氏とコラボレーション。彼女たちの意見も反映し、ファッションに合わせやすい、シックさと華やかさを兼ね備えたイヤフォンに仕上げられた。
 本体カラーは、ブラック&レッド、ホワイト&ターコイズ、ブラック&ゴールド、ホワイト&ローズレッドの全4色展開となっている。
<商品名> 音声通知アプリ対応ワイヤレスイヤフォン「Zeeny」
<価格> 13,000円+税
<発売日> 2018年4月24日(火)※実店舗では5月下旬より発売
<問い合わせ> 螢優ぅ鵝´03‐6805‐0991
<ホームページ> http://www.nain.jp/ja/zeeny/

■Pro-Ject マストアイテム3種プレゼントキャンペーン

 螢妊ーアンドエムホールディングスは、オーストリア・Pro-Ject製プレーヤー「The CLASSIC」をご成約され、ご応募いただいた方を対象に、もれなくマストアイテム3種(Ortofon カートリッジ、デジタル針圧計、ONZOW Lab スタイラスチップクリーナー)をプレゼントするキャンペーンを開催中だ。
<名称>「Pro-Ject The CLASSICプレーヤー マストアイテム3種プレゼントキャンペーン」
<期間> 2018年4月16日(月)〜6月15日(金)ご購入分
※応募締切り:2018年7月10日までの消印有効となります。
<対象製品> Pro-Ject アナログプレーヤー「The CLASSIC」
<プレゼント品> ※セットで進呈
・Ortofon カートリッジ「OM5e」 ・SIGNSTEK「デジタル針圧計」 ・ONZOW Lab「ゼロダスト スタイラスチップクリーナー」
<応募方法> .ャンペーン期間内に購入された対象製品の保証書のコピー、△換愼時の領収書またはレシートのコピー、プレゼント品の送付先(名前/郵便番号/住所/電話番号)を明記したものを、封書にて以下宛先までお送りください。
※対象製品ご購入につき1回の応募とさせていただきます。
◇応募先…〒210‐8569 神奈川県川崎市川崎区日進町2‐1 D&Mビル3F 株式会社ディーアンドエムホールディングス
「Pro-Ject CLASSICマストアイテムプレゼントキャンペーン」係
<問い合わせ> ディーアンドエム お客様相談センター 0570‐666‐112(受付:9時30分〜17時30分/土日祝除く)
<ホームページ> http://dm-importaudio.jp

■RHA ワイヤレスイヤフォン ホワイトカラー

 ナイコム蠅蓮英国RHA社より2017年に発売されたワイヤレスイヤフォン「MA650 Wireless」の“ホワイトカラー”モデル「MA650 Wireless White」を、2018年4月28日(土)より発売した。
 本製品は、ワイヤレスイヤフォン「MA650 Wireless」の新色として商品化された、RHA社初のホワイトカラーモデル。カラー以外の仕様は従来モデルと共通で、カスタム設計のダイナミックドライバーとエアロフォニックデザインを採用したハウジング構造により、正確で透明感のある高音質再生を実現する。
 優れた装着感をもたらすネックバンドには、トラックコントロール、通話、ボイスアシスタント等に対応するマイク付ユニバーサル3ボタンリモコンを装備。バイブレーション機能も搭載されており、音楽再生中に着信を受けると、ネックバンドが揺れることで知らせてくれる。
 Bluetoothコーデックは、SBCに加えて、aptXやAACにも対応。内蔵バッテリーは最長12時間の連続再生が可能で、1日を通してハイクオリティな音質を楽しめる。
<商品名> カナル型ワイヤレスイヤフォン「MA650 Wireless White」
<価格> 11,900円+税
<発売日> 2018年4月28日(土)
<問い合わせ> ナイコム蝓´03‐6417‐9744
<ホームページ> https://www.rha-audio.com/jp/

■Soundfort×高井工芸 箱根寄木細工スピーカー

 MJTS蠅蓮同社のオーディオブランド「Soundfort」と、伝統工芸を取り入れたスピーカーを製作する高井工芸とのコラボレーションにより、無垢の国産ケヤキ板のエンクロージュアに“箱根寄木細工”をあしらった、ハンドメイドの密閉型キューブスピーカー「SP‐H200 Limited」を、2018年4月16日(月)より数量限定にて発売した。
 本製品は、コンパクトで密閉型ならではの帯域バランスのよいナチュラルで上質な音を奏でる、高井工芸の本欅キューブスピーカー「HC‐TX102」をベースとし、伝統工芸の高級材“箱根寄木細工”をアクセントとして側面にはめ込むことで、高いインテリア性に伝統工芸品の味わいを加え、サウンドだけでなく見た目へのこだわりも追求する。
 小型デジタルアンプ「AS‐100+」を組み合わせると、横幅のサイズ感がほぼ同じになるほか、さらにUSB DAC「DS‐200/100+」を重ねて設置すると、高さもほぼピッタリとなり、見た目の一体感とともに、デスクトップや書斎などに設置しても、圧迫感のないインテリアとして楽しめる。
 なお、スピーカーは1台ずつハンドメイドされ、Soundfort直販サイトにて数量限定販売。スピーカーのみのほか、デジタルアンプとのセットも、特別価格で用意される。
<商品名> 密閉型キューブスピーカー「SP‐H200 Limited」
<価格> 42,800円(税込)
<商品名> 密閉型キューブスピーカー「SP‐H200 Limited」+デジタルアンプ「AS‐100+」
<価格> 54,800円(税込)
<発売日> 2018年4月16日(月)
<問い合わせ> Soundfort サポートフォーム http://www.soundfort.jp/inquiry/
<ホームページ> http://www.soundfort.jp/products/sp-h200/

■タワーレコード藤沢オーパ店 4月27日オープン!

 タワーレコード蠅蓮⊃斉狎遏ζB駅前の“藤沢オーパ”6Fに、県内6店舗目となる「タワーレコード藤沢オーパ店」を、2018年4月27日(金)にオープンした。
 今回、タワーレコードが出店したファッション施設“藤沢オーパ”は、JR・小田急、江ノ島電鉄を有する湘南エリアの中心地・藤沢駅の南口から徒歩1分という好立地。オーパへの出店は約2年半ぶり(前店舗は2015年11月に閉店)で、復活を強く望んでいた地元からの声に応えるべく、期待の再出店となった。
 同店は店舗面積約95坪、在庫枚数約21,000枚。J‐POPでは、新譜や最新の話題盤、ロングセラーをはじめ、人気のジャニーズ、アイドル、アニメコーナーからK‐POP、洋楽、JAZZ、クラシックなども含むタワーレコードならではの幅広い品揃えを提案する。加えて、旧藤沢店時代に人気だったハワイアン・コーナーにも力を入れる。
 また、湘南を地元とするアーティストや企業とのコラボレーションを積極的に行ない、様々なジャンルのアーティストを直に見られるインストア・イベントを開催するほか、アパレルやグッズなどオリジナル商品も充実させ、人々が新たな音楽や周辺文化と出会う場所として楽しめる“湘南カルチャーの発信地”として魅力ある店作りを目指していく。
<店舗名>「タワーレコード藤沢オーパ店」(県内6店舗目)
<所在地> 神奈川県藤沢市南藤沢22‐3 藤沢オーパ6F
<営業時間> 10時〜21時
<休業日> 藤沢オーパに準ずる
<在庫枚数> 約21,000枚
<開店日> 2018年4月27日(金)
<問い合わせ> 藤沢オーパ店 0466‐23‐5221
<ホームページ> http://tower.jp/store/kanto/fujisawa_opa

■ラトックシステム Raspberry Pi用アナログ入力ボード

 ラトックシステム蠅蓮▲轡鵐哀襯棔璽疋灰鵐團紂璽 Raspberry Pi(ラズパイ)と接続し、アナログ信号を入力・デジタル変換することが可能な拡張ボード「RPi‐GP40T/GP40M」を、2018年4月下旬より発売した。
 本製品は、Raspberry Piに接続して使用することで、センサーデバイスからの1次情報を入力し、デジタル信号へ変換できるアナログ入力ボード。CM3キャリアボードへ導入することで、温度や湿度、圧力や磁気、pH、加速度、変位といったアナログ情報を収集する通信インターフェースとしても使用できる。
 HATボードサイズで、結線が容易な端子台タイプと、ハーネスの抜けに耐性の強いMILコネクタタイプを用意。それぞれ8chのアナログ入力、1chのデジタル出力を搭載しており、MILコネクタモデルはデジタル入力にも対応する。入力分解能は12bit/500kSPSで、電圧の入力レンジも変更が可能だ。
 さらに、Raspberry Piの初心者でも手軽に使えるよう、セットアップに必要な操作手順ガイドや制御するためのサンプルコードは、本製品専用のページを用意している。
<商品名> Raspberry Pi用 絶縁型アナログ入力ボード「RPi‐GP40T」(端子台モデル)
<価格> 26,800円+税
<商品名> Raspberry Pi用 絶縁型アナログ入力ボード「RPi‐GP40M」(MILコネクタモデル)
<価格> 26,800円+税
<発売日> 2018年4月下旬
<問い合わせ> ラトックシステム サポートセンター 06‐6633‐6741
<ホームページ> http://www.ratocsystems.com

■鎌倉FM「ピュアサウンドナウミュージック」

 鎌倉FM(周波数82.8MHz)にて毎週水曜日PM9時(再放送:日曜日PM3時)より放送されている『ピュアサウンドナウミュージック』は、地元在住の本誌評論家・須藤一郎氏がプロデュースを受け持った、音と音楽のためのプログラムで、今期のパーソナリティは、同じく地元鎌倉に在住の児玉昭義さん。
 LPを最新デジタル技術で録音・再生するコーナーは必聴の『ピュアサウンドナウミュージック』。FM放送は鎌倉市を中心とした一部地域のみの受信となるが、聴取が可能な方はぜひ一度チェックしていただきたい。また、J:COM鎌倉ケーブルテレビ経由(周波数79.4MHz)、もしくは鎌倉FMのホームページ(http://www.kamakurafm.co.jp)あるいはスマホ対応のTuneIn Radioよりインターネットでも聴くことができる。
<放送時間> 毎週水曜日PM9時〜10時(再放送:日曜日PM3時〜4時)
<問い合わせ> 鎌倉FM 0467‐25‐7000

HOME