stereo 2019年6月号
今月号

stereo 2019年6月号

オーディオ100のギモン

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年5月
【商品コード】051906
購入する

【stereo 2019年6月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

■小川理子LPアルバム 発売記念イベント

 ホーム商会は、ウルトラアートレコードよりリリースされた初のLPアルバム、小川理子『Balluchon』の発売記念イベントを、2019年5月25日(土)に開催する。
 当日は、レーベル主宰者である潮 晴男氏と麻倉怜士氏も登場。両氏の解説を交えながら、こだわりのアナログレコードをじっくりとご試聴いただける。なお、本LPの詳細は、P172でもご紹介している。
<日時> 2019年5月25日(土) 15時〜17時
<会場> ホーム商会 試聴室(東京都目黒区鷹番3‐21‐21)
<使用機材> プレーヤー:ラックスマン PD‐171AL、プリメインアンプ:ブルメスター 032、フォノイコライザー:パス XP‐27、スピーカー:マジコ A3
※着席しての参加をご希望の方は、事前のご予約をお願いします。
<予約・問い合わせ> 螢曄璽狆Σ顱´03‐3711‐0600 Eメール:info@homeshokai.jp

■オーディオデザイン 15周年記念イベント開催

 オーディオ製品の自社製造販売を手がける襯ーディオデザインは、アンプなど同社の製品を満喫できる試聴会を兼ねた創立15周年記念イベントを、2019年7月6日(土)、東京・二子玉川のオーキッドミュージックサロンにて開催する。
 第一部として、小林 貢/井上千岳の両氏を迎えてデモ講演を実施するほか、第二部では、同社代表・大藤氏による製品解説を交えた試聴デモに加え、会社の近況、今後の製品展開や長期ビジョンなどについての説明も行なわれる。同社製品の導入を考えている方、最良の状態でその音を聴いてみたい方はもちろん、オーディオショップ運営者、業界関係者の参加も歓迎したいという。
 なお、参加は無料だが事前登録が必要となる。詳細は、同社の公式サイトにてご確認いただきたい。
<名称>「オーディオデザイン15周年記念イベント」
<日時> 2019年7月6日(土) 13時30分〜17時30分
<会場> オーキッドミュージックサロン(世田谷区玉川2‐2‐1 二子玉川ライズ バーズモールB1)
<定員> 80名
<参加費> 無料(事前登録制)
<主なタイムスケジュール>
◎13時30分〜15時「オーディオデザインの魅力と実力を探る(仮題)」〔講師/小林 貢氏、井上千岳氏〕
◎15時〜15時30分 休憩・ご歓談
◎15時30分〜17時 今後の製品展開と長期ビジョン、製品の試聴デモ〔オーディオデザイン代表 大藤氏〕
◎17時〜17時30分 フリータイム(持ち込みCD試聴、商談等)
<使用機材> プリアンプ:DCP‐240、パワーアンプ:DCPW‐240、フォノアンプ:DCEQ‐1000、プリメインアンプ:DCPMA‐100、DAコンバーター:DCDAC‐200 ほか
<問い合わせ> 襯ーディオデザイン 03‐5498‐0734
<イベント詳細HP> https://audiodesign.co.jp/topic/archives/26

■トランスペアレント パワーアイソレーター価格改定のご案内

 アクシス蠅蓮∧胴顱Ε肇薀鵐好撻▲譽鵐伴劼離僖錙璽▲ぅ愁譟璽拭疾宿福RPI」について、2019年5月1日(水)受注分より国内における販売価格改定を実施した。
 本国メーカーの販売・輸出価格が改定されたことに伴い、やむなく今般の価格改定に至ったとのこと。
<商品名> リファレンス パワーアイソレーター「RPI」
<改定価格> 860,000円+税
<改定日> 2019年5月1日(水)
<問い合わせ> アクシス蝓´03‐5410‐0071
<ホームページ> http://www.axiss.co.jp

■ナイコム Stealth Sonics製品取扱い開始のご案内

 ナイコム蠅蓮▲轡鵐ポールのイヤフォンブランド・Stealth Sonics製品の取扱いを開始。その第1弾にあたるユニバーサルイヤフォン3モデルを、e☆イヤホン各店舗およびフジヤエービックにて、2019年4月24日(水)より発売した。
 2018年設立の同ブランドは、母体となる企業が聴覚関連事業をシンガポールで幅広く運営。ユーザーの耳腔内の干渉を抑えて最適なアイソレーションを実現する「SonicFlo Acoustics」、取り外し可能なフェイスプレートにより低音域を調整する「Stealth Damping」などの独自技術により、自然な音を再現する。
 「U2」は、中低域にダイナミック型、高域にBA型ドライバー各1基を搭載。温かく音楽的なディテールを提供し、カジュアルに音を楽しみたい方向けのモデル。「U4」は、低域、中域、高域、超高域にBA型ドライバー各1基を搭載し、パンチの効いたベース、滑らかな中域、クリアな高域までバランスよく再現する。さらに「U9」は、低域にダイナミック型1基、中域と高域にBA型各2基、超高域にBA型4基の計9ドライバー構成。臨場感あふれるナチュラルサウンドが特長だ。
<商品名> Stealth Sonics「U2」
<価格> 29,800円+税
<商品名> Stealth Sonics「U4」
<価格> 57,800円+税
<商品名> Stealth Sonics「U9」
<価格> 110,800円+税
<発売日> 2019年4月24日(水)
<問い合わせ> ナイコム蝓´03‐6417‐9744
<ホームページ> https://www.stealthsonics.com/jp/home

■アンダンテラルゴ 高性能スパイクマウント“Xシリーズ”発売

 アンダンテラルゴ蠅蓮幅広い音域をより柔らかく明確に表現できるスパイクマウント「サイレントマウント」“Xシリーズ”を、2019年3月中旬より発売した。
 本製品は、キャンセルリングによる2重構造や低重心設計などのノウハウを受け継いだスパイクマウントの最新モデル。“Xシリーズ”では、スパイクをしっかりと受け止めながら、チューニングのカギとなる溝の配置や形状も進化させている。
 ラインアップは4種類で、スパイク付きラック/コンポーネント用に、チタン製ポリッシュ仕上げのSM‐5TXとステンレス製SM‐5Xを用意。スピーカー向けには、鋭角スパイク用SM‐7Xと広角スパイク用SM‐7FXを揃えている。
<商品名> サイレントマウント「SM‐5TX/P4」(4個入)
<価格> 70,000円+税
<商品名> サイレントマウント「SM‐5X/B4」(4個入)
<価格> 33,000円+税
<商品名> サイレントマウント「SM‐7X/B4」(4個入)
<価格> 42,000円+税
<商品名> サイレントマウント「SM‐7FX/B4」(4個入)
<価格> 48,000円+税
<発売日> 2019年3月中旬
<問い合わせ> アンダンテラルゴ蝓´042‐393‐3412
<ホームページ> http://www.andante-largo.com

■トップウイング SONOREブランド取扱い開始のご案内

 トップウイングサイバーサウンドグループは、米・SONOREブランドの日本における輸入代理店業務を開始。その第1弾となるネットワークブリッジ「ultraRendu」およびUSB DDC「ultraDigital」を、2019年5月中旬に発売する。
「ultraRendu」は、USB DACをネットワーク化できる世界的にも数少ないオーディオブリッジ。LAN入力とUSB出力を備えたシンプルな筐体に、独自開発のオーディオ専用OS「Sonicorbiter」を搭載し、ROON ReadyやDLNAなどのネットワークオーディオをサポートする。PCM768kHzやDSD512などの再生も可能で、MQAはDACがレンダラー/デコーダーに対応していれば利用できる。
 また「ultraDigital」は、USB入力とS/PDIFおよびI2S出力を搭載するDDC。USBからI2Sへ変換できるコンバーターは珍しく、I2S入力(HDMI接続)対応のDAC製品へ、PCM384kHzやDSD256データを出力できる。S/PDIF出力は、PCM24bit/192kHzまで対応する。
<商品名> LAN‐USBオーディオブリッジ「ultraRendu」
<価格> 未定(近日発表)
<商品名> USB‐S/PDIF&I2S DDC「ultraDigital」
<価格> 未定(近日発表)
<発売日> 2019年5月中旬
<ホームページ> https://sonore-audio.jp

■The Chord Company価格改定のご案内

 アンダンテラルゴ蠅蓮同社取扱い英・The Chord Companyの一部ケーブル製品について、2019年6月21日(金)より価格改定を実施する。主な対象モデルと改定後の新価格(税別)は以下の通り。
◇The Chord Company
《アナログ・インターコネクト》
◎ChordMusic XLR…1,040,000円 ◎ChordMusic RCA…760,000円 ◎Sarum T XLR…580,000円 ◎Sarum T RCA…400,000円 ◎Signature Tuned Aray XLR…190,000円 ◎Signature Tuned Aray RCA…150,000円 ◎C-Line RCA…7600円〜
《デジタル・インターコネクト》
◎ChordMusic Digital[RCA/BNC/AES・EBU]…670,000円 ◎Sarum T Digital[RCA/BNC/AES・EBU]…400,000円 ◎Signature Digital Super Aray[RCA/BNC]…150,000円 ◎C-Digital RCA…6600円 ◎C-Lite Optical…8500円〜
《トーンアームケーブル》
◎ChordMusic RCA Arm Lead…830,000円 ◎ChordMusic Arm Lead Reference…950,000円 ◎Sarum T Arm Lead Reference…500,000円 ◎Signature Tuned Aray Arm Lead…150,000円
《スピーカーケーブル》
◎ChordMusic Speaker-Ohmic…640,000円 ◎ChordMusic Link-Ohmic…170,000円 ◎Sarum T Speaker-Ohmic…340,000円 ◎Sarum T Link-Ohmic…76,000円 ◎Signature Link-Ohmic…30,000円
《LANケーブル》
◎ChordMusic Streaming Lan…760,000円 ◎Sarum T Streaming Lan…400,000円
《USB/HDMIケーブル》
◎Signature Tuned ARAY USB…150,000円 ◎C-View HDMI…19,000円
※掲載以外の一部製品も価格改定を実施します。全モデルの新価格は公式サイトをご参照ください。
<改定日> 2019年6月21日(金)
<問い合わせ> アンダンテラルゴ蝓´042‐393‐3412
<ホームページ> http://www.andante-largo.com

■ステラ ARTESANIA AUDIO製品価格改定のご案内

 螢好謄蕕蓮同社取扱いスペインARTESANIA AUDIO 製品について、2019年6月1日(土)受注分より価格改定を実施する。
 世界的な金属材料高騰を背景とした本国メーカーの出荷価格上昇を受けたもので、同社では、できる限り価格の上昇を避けるべく営業努力を続けてきたが、今般やむなく価格改定に至ったとのこと。改定後の本体価格(税別)は以下の通り。
◇ARTESANIA AUDIO
◎EXOTERYC コンプリートラック(KRION製棚板付き)
 ・3段…1,035,000円 ・4段…1,280,000円 ・3段+3段…1,810,000円
◎EXOTERYC コンプリートラック(強化ガラス製棚板付き)
 ・3段…960,000円 ・4段…1,180,000円 ・3段+3段…1,660,000円
◎EXOTERYC ラックフレーム
 ・3段…780,000円 ・4段…940,000円 ・3段+3段…1,300,000円
◎ラック棚板(※1枚あたり)
 ・KRION製棚板…85,000円 ・強化ガラス製棚板…60,000円
◎ターンテーブル用プラットフォーム(テーブル付き)
 ・KRION製テーブル…490,000円 ・強化ガラス製テーブル…390,000円
<改定日> 2019年6月1日(土)
<問い合わせ> 螢好謄蕁´03‐3958‐9333
<ホームページ> http://www.stella-inc.com

■AZLA ダイナミック型イヤフォンエントリーモデル

 螢▲罅璽箸蓮韓国・AZLA社より、独自のALCテクノロジーを採用したダイナミック型イヤフォンのエントリーモデル「ORTA(オルタ)」を、同社直販サイトおよびオーディオ専門店他にて、2019年4月20日(土)より発売した。
 本製品は、音波の直進性を確保することで反射から生じる歪みを抑制する、ALC(アクティブロスコントール)テクノロジー採用のダイナミック型イヤフォン。エントリーモデルながら徹底した低歪設計を施しており、40μ厚アルミニウム振動板を搭載した8mm径ALCドライバーとの組み合わせにより、クリアで正確なサウンド再生を実現する。
 さらに、アコースティックチャンバー内部に、接着剤を使わず、共振抑制効果のあるUVコーティングでドライバーを固定。アウターハウジングとセパレートさせることで、不要な外部振動から保護し、ALCドライバーのポテンシャルを最大限に引き出している。カラーは、Shiny SilverとAbyss Blueの全2色。
 ケーブルも専用設計で、シルバーコーティングOFCと通常OFCによるハイブリッド4芯構造。各ケーブルはポリウレタンで絶縁コーティングされ、シース素材にはエラストマーを採用する。プラグは2.5mmバランスだが、3.5mm変換ケーブルも付属するので、接続するプレーヤーによって使い分けが可能だ。
 また、耳道への負担を軽減し、より快適なリスニングを可能とする新開発のイヤーチップ“SednaEarfit Light”6サイズも同梱される。
<商品名> ダイナミック型イヤフォン「ORTA(オルタ)」
<価格> オープン(※公式直販サイト価格:16,980円)
<発売日> 2019年4月20日(土)
<問い合わせ> 螢▲罅璽 サポートフォーム https://www.aiuto-jp.co.jp/support/
<ホームページ> https://www.aiuto-jp.co.jp/products/maker_53.php

■エソテリック バージョンアップサービス一部終了のお知らせ

 エソテリック蠅蓮∪宿覆鯔永く使用できるよう、エンドユーザー向けに各種バージョンアップサービスを案内しているが、SACDプレーヤー「K‐01/K‐03」を対象としたバージョンアップについて、2019年9月末日受付分をもって終了することを発表した。
◇バージョンアップ受付終了
<対象製品> SACDプレーヤー「K‐01」「K‐03」
<主なバージョンアップ内容>
◎USB入力部アップグレード(DSD2.8MHz、PCM32bit/384kHz対応)および、外部クロックシンク(10MHz)に対応
<価格> 100,000円+税
<終了日> 2019年9月末日
<問い合わせ> エソテリック AVお客様相談室 0570‐000‐701 PHS・IP電話等からは、042‐356‐9235
<ホームページ> http://www.esoteric.jp

■山野楽器「サウンドクルー吉祥寺」 リニューアルオープン

 蟷殻邀擺錣蓮楽器専門店「サウンドクルー吉祥寺」を、2019年4月27日(土)より、装いも新たにリニューアルオープンした。
 JR吉祥寺駅北口より徒歩5分。ビギナーからハイエンドユーザーまで納得のラインアップにより地域の方に支持されてきた同店が、全米ナンバーワン・ギターブランド“テイラーギター”とハワイの人気ウクレレ“コアロハ”の展示数が地域最多となる「Taylor Wall」「KoAloha Wall」を新設してリニューアル。
 さらに、フェンダーハイエンドギターを中心に、リッケンバッカー、ヘフナー、G&Lなどギター/ベースのラインアップを増強。ビギナーもプロミュージシャンも満足できるような専門店に生まれ変わった。
 また、展示数30台以上のピアノ、電子ピアノのほか、弦楽器、教育楽器、楽譜なども充実。管楽器コーナーにはトランペット、サックス、トロンボーン、クラリネット、フルートを取り揃えている。楽器は全て試奏でき、初めての方でも分かりやすく専任担当者が説明してくれる。
“音楽の街・吉祥寺”の地域ナンバーワン楽器店を目指すという「サウンドクルー吉祥寺」。ぜひお気軽に足をお運びいただきたい。
<店舗名> 銀座 山野楽器「サウンドクルー吉祥寺」
<所在地> 東京都武蔵野市吉祥寺本町2‐12‐7 吉祥寺MHビル1F
<営業時間> 11時〜20時
<開店日> 2019年4月27日(土)
<問い合わせ> 銀座 山野楽器「サウンドクルー吉祥寺」 0422‐20‐3255
<ホームページ> https://www.yamano-music.co.jp

■タワーレコード “ハロプロ”アナログ化第2弾作品リリース

 タワーレコードは、同社初となるアナログ専門店「TOWER VINYL SHINJUKU」のオープンを記念し、“ハロプロアナログ化プロジェクト”を進行中。シリーズ第2弾として、2019年5月1日(水)よりアルバム3作品をリリースした。
 今回、限定盤LPとしてリリースされたのは、松浦亜弥『ファーストKISS』、Berryz工房『1st 超ベリーズ』および『第∪長記』の3作品。全国でもタワーレコードでしか手に入らない貴重な“ハロプロアナログ盤”を、ファンならずともコレクションに加えてみよう。
<作品名> 松浦亜弥/『ファーストKISS』(限定盤LP)
<製品番号> UFWT9013〜4
<作品名> Berryz工房/『1st 超ベリーズ』(限定盤LP)
<製品番号> UFWT9015〜6
<作品名> Berryz工房/『第∪長記』(限定盤LP)
<製品番号> UFWT9017〜8
<価格> 各5,400円+税
<発売日> 2019年5月1日(水)
<ホームページ> https://tower.jp

■ウルトラアートレコード 小川理子LPアルバム『Balluchon』発売

 オーディオ評論家の潮 晴男氏と麻倉怜士氏が設立した高音質レーベル「ウルトラアートレコード」は、ジャズ・ピアニストの小川理子初となるLPアルバム『Balluchon』を180g重量盤にて、2019年4月25日(木)にリリースした。
 本作品は、昨年10月に発売されたCD『Balluchon』作成時のハイレゾ音源を元にLP化したもの。世界最高峰のデジタル・オーディオ・ワークステーション「Piramix」にてDXD(32bit/384kHz)録音された音源にミックスダウンとD/A化を施し、LP用にマスタリングとカッティングを行なった。なお、プロデュースは、A面が麻倉怜士氏、B面は潮 晴男氏が担当している。
 アナログ化にあたっては、できる限り音溝に情報を与え、最大限の音質を確保するため、先発CDの12曲から2曲を外してカッティングに余裕を持たせるなど、同レーベルならではの音づくりを追求した。
 小川理子は、高級オーディオブランド「テクニクス」復活の立役者であり、パナソニックで執行役員を務めている。と同時に、卓越したテクニックとソウルフルなマインドを持つジャズ・ピアニスト、ヴォーカリストでもある。バッハからモーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、リスト、現代音楽まで弾きこなし、タッチの明晰さ、透明度が高く混濁しない和音の美しさも特長的だ。
 本アルバムでは、昨年生誕120周年を迎えたジョージ・ガーシュインと、今年生誕120周年を迎えるデューク・エリントンの作品を中心に、コール・ポーターやビートルズなどの名曲も収録。盤石なピアノ・テクニックをベースに疾走感、グルーヴ感あふれる小川理子のストライド奏法をお楽しみいただける。
<作品名> 小川理子/『Balluchon』
<ディスク形式> LP(180g)
<製品番号> UA1003
<価格> 6,482円+税
<レーベル> Ultra Art Record
<発売日> 2019年4月25日(木)
<ホームページ> http://www.ultra-art.jp

■鎌倉FM「ピュアサウンドナウミュージック」

 鎌倉FM(周波数82.8MHz)にて毎週水曜日PM9時(再放送:日曜日PM3時)より放送されている『ピュアサウンドナウミュージック』は、地元在住の本誌評論家・須藤一郎氏がプロデュースを受け持った音と音楽のためのプログラムで、今期のパーソナリティは、同じく地元鎌倉に在住の大橋伸太郎さん。LPを最新デジタル技術で録音・再生するコーナーは必聴の『ピュアサウンドナウミュージック』。FM放送は鎌倉市を中心とした一部地域のみの受信となるが、聴取が可能な方はぜひ一度チェックしていただきたい。また、J:COM鎌倉ケーブルテレビ経由(周波数79.4MHz)、もしくは鎌倉FMのホームページ(http://www.kamakurafm.co.jp)あるいはスマホ対応のTuneIn Radioよりインターネットでも聴くことができる。
<放送時間> 毎週水曜日PM9時〜10時(再放送:日曜日PM3時〜4時)
<問い合わせ> 鎌倉FM 0467‐25‐7000

HOME