Stereo 2019年1月号
今月号

Stereo 2019年1月号

デザインするオーディオ

アナログ音質アップ大作戦

【特別定価】¥1,200 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年12月
【商品コード】051901
購入する

【Stereo 2019年1月号】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。

■パイオニア ノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドフォン

 オンキヨー&パイオニア蠅蓮▲僖ぅニアブランドより、アップル社のLightning端子とUSB‐C端子に対応し、音楽や通話が楽しめるノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドフォン“RAYZ Pro”「SE‐LTC7R‐B」を、2018年11月下旬より発売した。
 本製品は、同梱のLightning変換ケーブルとUSB‐C変換ケーブルを切り替えることで、iPhoneなどに加え、最新のMacBookでも利用が可能なインナーイヤーヘッドフォン。Lightning変換ケーブルには充電ポートが搭載され、端末を充電しながら音楽や通話を楽しめる。
 RAYZシリーズをカスタマイズするアプリ「RAYZ App」を使えば、ノイズキャンセリングやボイスアイソレーション、ボタン操作の割り当てなど、イヤフォンをより使いやすくするための各種設定が可能だ。
 使用する人の耳と周囲をスキャンすることで、個々の環境に対応したノイズキャンセリングを実現。外部の音も取り込めるHearThruモードも搭載し、本製品を外さずに周囲の音に注意をはらうことができる。
 また、自分が話す時にはマイクをオンにし、相手側が話している時には自動的にミュートできる「スマートミュート」や、周囲の雑音をカットし自身の声だけを届ける「ボイスアイソレーション」など、通話品質を向上する機能も備えている。
<商品名> ノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドフォン“RAYZ Pro”「SE‐LTC7R‐B」
<価格> オープン
<発売日> 2018年11月下旬
<問い合わせ> パイオニア お客様相談窓口 050‐3388‐9425(平日:9時30分〜18時)
<ホームページ> https://pioneer-headphones.com/japanese/rayz/

■MYTEK Digital 「Brooklyn DAC+」アップデートのご案内

 螢┘潺薀い蓮MYTEK Digital社のDAコンバーター「Brooklyn DAC+」およびコントロールソフト『Mytek Control Panel』について、機能向上を目的としたファームウェアのアップデートを公開した。
<対象モデル> USB DAコンバーター「Brooklyn DAC+」
<主なアップデート内容>
◎USB入力経由で、MQAコンテンツを自動で検知することが可能な「MQA HID」機能をサポート
◎ESS社製DACチップ用MQAカスタムFIRフィルターを追加
◎ボリューム・バイパス機能を有効にする/しないを設定する「Allow bypass」メニューを追加
◎その他、一部不具合を修正
※ファームウェアを更新するには、『Mytek Control Panel』をインストールしている必要があります。
<公開日> 2018年11月16日(金)
<問い合わせ> MYTEK Digital 問い合わせフォーム https://www.mytekdigital.jp/contact/
<ホームページ> https://www.mytekdigital.jp

■Astell & Kern オーディオプレーヤー新ファームウェア公開

 螢▲罅璽箸蓮Astell & Kernブランドが展開するオーディオプレーヤー A & ultima「SP1000」について、MQA音源の再生に対応する新ファームウェアを公開した。
<対象製品> オーディオプレーヤー A & ultima「SP1000」
<主なアップデート内容>
◎MQA音源の再生をサポート
◎その他、動作安定性の向上
<公開日> 2018年11月19日(月)
<問い合わせ> アイリバーサポートセンター 0570‐002‐220(受付:平日10時〜18時)
<ホームページ> https://www.iriver.jp

■ファイナル 自分だけの音が作れるIEM型イヤフォン

 S'NEXT蠅蓮▲罅璽供爾“自分だけの音”を作れる finalブランド初となるIEM型イヤフォン「Makeシリーズ」を、2018年11月15日(木)より一般販売を開始した。
 本製品は、 finalが長年かけて行なってきたイヤフォン組立体験会を踏まえ、ユーザー自身がチューニング作業を行なうことで“自分だけの音”を作ることができるIEM型イヤフォン。開発のための費用を確保するためクラウドファンディングを実施し、1000人超のサポーターから支援を集めて商品化した。
 筐体はいずれもステンレス製で、「Make1」は鏡面仕上げ、3ドライバー仕様。「Make2」はガンメタリック仕上げ、2ドライバー仕様。そして、「Make3」はマットブラック仕上げ、フルレンジ仕様となる。
 各モデルは、本体のネジを開け、音質を調整するフィルターを交換することで“音作り”ができる仕組みとなっており、フィルターを交換できる箇所は複数あり、同梱される密度の異なった複数のフィルターの組み合わせにより、「Make1」は77通り、「Make2」「Make3」は847通り以上の音作りを楽しめる。
 ホームページでは、チューニングの手順ごとに写真や図を駆使したマニュアルや、フィルター選びの参考となる基本のチューニングをベースに、フィルターごとの周波数特性の変化やテスターによる聴感上の変化を示したグラフなども用意され、初心者でも安心して作業することが可能だ。今後も、同梱品以外のチューニング用パーツの販売など、コンテンツも拡充させていくという。
 また、リケーブルによるチューニングも楽しめるよう、MMCXシルバーコートケーブル/ブラックケーブルも後日発売される予定だ。
<商品名> final「Make1」
<価格> 59,800円(税込)
<商品名> final「Make2」
<価格> 32,800円(税込)
<商品名> final「Make3」
<価格> 16,800円(税込)
<発売日> 2018年11月15日(木)
<問い合わせ> S'NEXT サポートフォーム http://snext-final.com/contact/
<ホームページ> http://snext-final.com/products/makeseries/

■Astell & Kern 独・beyerdynamicコラボヘッドフォン

 螢▲罅璽箸蓮Astell & Kernと独・beyerdynamicの最新コラボレーションとなる、第2世代テスラテクノロジー搭載の密閉型ヘッドフォン「AK T5p 2nd Generation」を、直販サイト他にて、2018年11月17日(土)より発売した。
 本製品は、ハイレゾオーディオブランドAstell & Kernと独・ヘッドフォンメーカーbeyerdynamicの最新コラボレーションであり、第2世代テスラテクノロジー搭載の密閉型ヘッドフォン。進化したテスラテクノロジーによる1テスラ超という強力な磁束密度は、全ての帯域において高い再現力と正確な低域再生を可能とするほか、バッフル素材の見直しにより共振を抑制している。
 今回、新たに開発された脱着式の専用ヘッドフォンケーブルは、7N OCC銅線に4N純銀をコーティングしたハイブリット構造。テスラテクノロジーのポテンシャルを一切損なうことのない、高純度伝送によるワイドレンジな再生を実現する。
 さらに、イヤーパッドとヘッドバンドは、肌触りに優れたハイグレードな合成皮革を採用。形状記憶タイプのフォームクッションによるしなやかな装着感も特長で、長時間のリスニングでも快適に楽しめる。
 なお、本製品はドイツの工場で、熟練した技術をもって、一つひとつハンドメイド生産されている。
<商品名> Astell & Kern「AK T5p 2nd Generation」
<価格> オープン(※公式直販サイト価格:149,980円)
<発売日> 2018年11月17日(土)
<問い合わせ> アイリバーサポートセンター 0570‐002‐220(受付:平日10時〜18時)
<ホームページ> https://www.iriver.jp

■D&M/ヤマハ/ハーマン オーディオ4ブランド+1コラボキャンペーン

 AVアンプやサウンドバーなどのホームシアター製品と新作映画から懐かしの名作まで取り揃えた動画配信サービスを組み合わせることで、自宅にいながら映画館のような高画質・高音質を手軽に楽しめる“新たなライフスタイル”をご提案!
 ディーアンドエム(デノン&マランツ)、ヤマハ、ハーマン(JBL)のオーディオ3社4ブランドは、対象ホームシアター製品を購入された方に、新作映画を含む21万本以上を配信する「ビデオマーケット」の視聴ポイントを、もれなくプレゼントするキャンペーンを実施中だ。
 いつもはスマホで映画を楽しんでいるあなたも、高画質・高音質な動画配信サービスを使って、気軽に迫力ある映画を楽しみませんか?
<名称>『オーディオ4ブランド+1 コラボキャンペーン』
<期間> 2018年11月15日(木)〜2019年1月31日(木)購入分
<締切り> 2019年2月7日(木)
<概要> キャンペーン期間中、対象ホームシアター製品をご購入いただき、特設WEBサイトから応募された方に、購入製品に応じて「ビデオマーケット」動画視聴ポイントをもれなくプレゼントいたします。
<プレゼント品> 動画配信サービス
「ビデオマーケット」視聴ポイント
◇Aグループ=3,000円相当の視聴ポイント(新作映画約6本分)
◇Bグループ=5,000円相当の視聴ポイント(新作映画約10本分)
◇Cグループ=10,000円相当の視聴ポイント(新作映画約20本分)
《対象製品(Aグループ)》
◎デノン「DHT‐S316」「AVR‐X550BT」
◎ヤマハ「YAS‐108」「RX‐V385」
◎JBL「SOUNDGEAR BTA/SOUNDGEAR」「BAR STUDIO」
《対象製品(Bグループ)》
◎デノン「HEOS HomeCinema」「AVR‐X1500H」「AVR‐X2500H」
◎マランツ「NR1609」
◎ヤマハ「YAS‐207」「YAS‐408」「MUSICCAST‐P306」「RX‐V485」「RX‐V585」「RX‐S602」「RX‐A780」「RX‐A880」
◎JBL「BAR 3.1」
《対象製品(Cグループ)》
◎デノン「AVR‐X4500H」「AVC‐X6500H」「AVC‐X8500H」
◎マランツ「SR8012」「AV8805」
◎ヤマハ「YSP‐2700」「YSP‐5600」「RX‐A1080」「RX‐A2080」「RX‐A3080」「CX‐A5200」「MX‐A5200」
<応募方法> 初月無料で「ビデオマーケット」に登録後、応募フォームに必要事項を記入、購入店舗名/製品名/購入日付が分かるレシートの画像を添付してご応募ください。
<問い合わせ> オーディオ4ブランド+1 コラボキャンペーン事務局 メール:info@eigakiko.com
<ホームページ> https://eigakiko.com/cp2018

■FiiO オーディオプレーヤーアップデートのご案内

 螢┘潺薀い蓮中国 FiiO社より発売中のデジタルオーディオプレーヤー「M7」について、さらなる品質向上を目的としたファームウェアのアップデートを発表した。
<対象製品> デジタルオーディオプレーヤー「M7」
<主なアップデート内容>
◎Bluetoothレシーバー機能を追加
◎USB DAC機能を追加
◎ドロップダウンメニューを追加
◎Bluetooth送信機能使用時のオーディオコーデックにHMAを追加
◎新たに3種類のDAC用デジタルフィルターを追加
◎プレーヤー内の楽曲ファイルを削除するオプションを追加
◎内蔵ストレージにUSB DACドライバーファイルを追加(「FiiO driver」として認識されます)
◎その他、一部不具合を修正
<公開日> 2018年11月9日(金)
<問い合わせ> FiiOブランド 問い合わせフォーム https://www.fiio.jp/contact/
<ホームページ> https://www.fiio.jp/products/m7/

■FiiO ヘッドフォンアンプアップデートのご案内

 螢┘潺薀い蓮中国 FiiO社より発売中のBluetoothヘッドフォンアンプ「BTR3」について、さらなる品質向上を目的としたファームウェアのアップデートを発表した。
<対象製品> Bluetoothヘッドフォンアンプ「BTR3」
<主なアップデート内容>
◎純正アプリケーション経由での設定機能を追加(「FiiO Music」アプリ上にBTR製品設定機能を追加)
◎同時接続しているBluetoothソース機器を切り替えたときに、アプリ上で表示されるコーデックが切り替わらない不具合を修正
◎「FiiO Music」アプリとの接続安定性を向上
◎その他、一部不具合を修正
<公開日> 2018年11月12日(月)
<問い合わせ> FiiOブランド 問い合わせフォーム https://www.fiio.jp/contact/
<ホームページ> https://www.fiio.jp/products/btr3/

■Astell & Kern JH AudioコラボIEM

 螢▲罅璽箸蓮Astell & KernとJH Audioのコラボとなるアルミボディ、3ウェイ・3BAのユニバーサルIEM「Diana」を、直販サイト他にて、2018年12月13日(木)より発売した。
 本製品は、ハイレゾオーディオブランドAstell & Kernと世界的IEMメーカーJerry Harvey Audioのコラボレーションとなるアルミボディ、3ウェイ・3BAのインイヤーモニター。最新BAドライバーを3ウェイ(高域/中域/低域)で搭載し、複数ドライバーの時間軸と位相を制御する独自技術「freqphaseテクノロジー」により、全ての帯域で理想的なサウンドを実現する。
 また、ノズル部にアコースティックチャンバーを設け、高域特性に最適化されたワイドレンジ再生を可能とするほか、高剛性のアルミシェルは、リファレンス・イヤフォンに相応しい最新世代のエルゴノミックデザインを採用。ユニバーサルタイプながら、カスタムに肉薄するフィット感と遮音性を獲得している。
 脱着可能なケーブルは、4N純銀と銀メッキを施した7N OCC銅のコンビによるハイブリッド導体を採用。情報量を一切スポイルすることなく、クリアな高域から沈み込む低域まで、ダイナミックレンジを損なわない高純度伝送が可能だ。
<商品名> Astell & Kern ユニバーサルIEM「Diana」
<価格> オープン(※公式直販サイト価格:94,980円)
<発売日> 2018年12月13日(木)
<問い合わせ> アイリバーサポートセンター 0570‐002‐220(受付:平日10時〜18時)
<ホームページ> https://www.iriver.jp

■デノン 「良い音で聴いてみたいレコメンド・ナンバー」

 デノンは「良い音で聴いてみたいレコメンド・ナンバー」と題し、全国の家電量販店にて、今聴いておきたいスペシャルナンバーを同社の最新ヘッドフォン/イヤフォンで楽しめるキャンペーンを実施中だ。
 第6弾となる今回は、試聴機器に新製品CDレシーバー「D‐T1」を追加し、試聴可能な店舗も大幅に拡大。ケツメイシや175R、笹川美和など11組のアーティストが参加し、この秋リリースされた最新楽曲19曲を取り揃えお待ちしている。
<名称>「良い音で聴いてみたいレコメンド・ナンバー」第6弾
<期間> 2018年11月15日(木)〜2019年1月15日(火)
<試聴可能店舗> eイヤホン/コジマ×ビックカメラ/フジヤエービック/エディオン/ノジマ/ヤマダ電機/ケーズデンキ/ビックカメラ/ヨドバシカメラ(各店舗)
◇試聴楽曲リスト
◎175R「ANNIVERSARY」/◎嘘とカメレオン「フェイトンに告ぐ」/◎lol「power of the dream」「trigger」/◎Uru「プロローグ」/◎Psalm「Shine」「By your side」/◎ケツメイシ「はじまりの予感」「カンパイの唄」/◎Sasanomaly「MUIMI」/◎amazarashi「リビングデッド」/◎笹川美和「笑い」「高鳴り」/◎フェルメール〜絵の中の音楽〜(公式タイアップCD)「モール人の踊り」「パヴァーヌ 戦い」「2台のヴァージナルのために」「カノン」、◎MAGIC OF LiFE「朝焼けとからっぽ」「寝顔」
<問い合わせ> 螢妊ーアンドエムホールディングス 国内営業本部 044‐670‐6608
<ホームページ> http://denon.jp

■ラディウス メイプルウッド採用木製イヤフォン

 ラディウス蠅蓮▲瓮ぅ廛襯Ε奪描悩爐鮑陵僂掘¬收修覆蕕任呂両緝覆焚賛Г楽しめるイヤフォン「HP‐WHF11Mx」を、2018年11月5日(月)より発売した。
 本製品は、ギターやヴァイオリンといった楽器の材料としても利用されるメイプルウッドを筐体に採用したイヤフォン。自然素材のため同じ木目の製品は二つとない上、木製ならでは自然な音の広がりや奥行きのある豊かな響きが楽しめる。
 紙とPUの2枚の振動盤を搭載したドライバーは、筐体に合わせ丁寧なチューニングが施され、温かみのある落ち着いた低音を再生。ハウジングも軽量で疲れにくく、耳への負担が少ない製品となっている。
<商品名> ウッドイヤフォン「HP‐WHF11Mx」
<価格> オープン(※公式直販サイト価格:7,538円)
<発売日> 2018年11月5日(月)
<問い合わせ> ラディウス テクニカルサポート フリーダイヤル0120‐09‐5587
<ホームページ> https://www.radius.co.jp

■ディスクユニオン 「レコードがある暮らし」vol.5 好評配布中!

 もはやブームでは収まらなくなってきたアナログ・レコード人気。その魅力にときめきながらも、どこから始めればよいのか分からない――と尻込みをするあなたに、ディスクユニオンからとっておきの朗報!
 ディスクユニオンは、2018年11月1日からフリーペーパー『レコードがある暮らし』vol.5を配布中。「『これからレコードを始めたい』はもちろん、『もう一度レコードを聴きたい』にもディスクユニオンは全力でお手伝いいたします!!」をキャッチフレーズに、楽しいコンテンツが充実のフルカラー36ページ。
 スキマスイッチ(大橋卓弥・常田真太郎)+秦 基博の巻頭インタビューに始まり、月刊ステレオで活躍中のライター田中伊佐資氏とレコ暮ら編集長 生島 昇氏が「レコード店におけるジャケ買いの心理と検証」をテーマに講師を務めたイベントのレポート、レコードプレス工場・東洋化成見学ツアー・レポートなど、読者のレコードライフに寄り添うユニークな企画記事、コラムが掲載されている。現在ディスクユニオン&オーディオユニオン各店の他、オンラインショップでも配布中。ディスクユニオンのホームページには電子書籍版もアップされている。
<名称> フリーペーパー『レコードがある暮らし』vol.5
<発行日> 2018年11月1日
<編集長> 生島 昇
<配布店舗> ディスクユニオンおよびオーディオユニオン各店、オンラインショップにて好評配布中
<問い合わせ> 螢妊スクユニオン 03‐3511‐9975
<ホームページ> https://diskunion.net/recordlife/

■CHORD Mojo専用モジュール「Poly」設定アプリ

 螢▲罅璽箸蓮英・CHORDブランドのポータブルヘッドフォンアンプ“Mojo”専用モジュール「Poly」の直感的設定を可能にするAndroidアプリ『Gofigure』を、2018年11月26日(月)より公開した。
 本アプリの導入で、Wi‐FiネットワークやBluetoothなど各種設定を直感的に行なえるようになるほか、MPDで生成されたプレイリストを「Poly」に装填したマイクロSDカードで再生できる「QuickPlay」もサポート。カード全体を含め、任意の数のプレイリスト作成が可能で、全てのリストをアプリ内に表示できる。また、「QuickPlay」による簡易プレーヤー機能も利用可能だ。
<アプリ名> CHORD「Poly」設定アプリ『Gofigure』(Android版)
<入手方法> Google Playより、無償にてダウンロード可能
※マニュアルは公式サイトを参照
<公開日> 2018年11月26日(月)
<ホームページ> http://www.aiuto-jp.co.jp

■鎌倉FM「ピュアサウンドナウミュージック」

 鎌倉FM(周波数82.8MHz)にて毎週水曜日PM9時(再放送:日曜日PM3時)より放送されている『ピュアサウンドナウミュージック』は、地元在住の本誌評論家・須藤一郎氏がプロデュースを受け持った音と音楽のためのプログラムで、今期のパーソナリティは、同じく地元鎌倉に在住の大橋伸太郎さん。
 LPを最新デジタル技術で録音・再生するコーナーは必聴の『ピュアサウンドナウミュージック』。FM放送は鎌倉市を中心とした一部地域のみの受信となるが、聴取が可能な方はぜひ一度チェックしていただきたい。また、J:COM鎌倉ケーブルテレビ経由(周波数79.4MHz)、もしくは鎌倉FMのホームページ(http://www.kamakurafm.co.jp)あるいはスマホ対応のTuneIn Radioよりインターネットでも聴くことができる。
<放送時間> 毎週水曜日PM9時〜10時(再放送:日曜日PM3時〜4時)
<問い合わせ> 鎌倉FM 0467‐25‐7000

HOME