神楽坂通信

ONTOMO MOOK「鳴らす力 聴く力」好評発売中!

ONTOMO MOOK
●鳴らす力 聴く力
二人が語るこだわりの音楽再生術
貝山知弘・青澤唯夫 共著、Stereo 編

好評発売中!

【発売日】2016年4月19日(火)
【定価】1836円(本体1700円+税)
【判型・頁数】A5・224頁

こだわりのトークセッション!
オーディオの達人 × 音楽の聴き巧者
貝山知弘 vs 青澤唯夫
理想の音楽再生とは? 楽曲“熟聴”の極意とは?

 「こだわりの音楽再生術」をテーマに、オーディオ評論家・貝山知弘氏と音楽評論家・青澤唯夫氏がそれぞれの専門知識をぶつけ合い、熱く語り合う対談集。自身の視聴室「ボワ・ノワール」にて、“進化”し続けるオーディオによって音楽再生の理想を追い求める貝山氏と、作曲や演奏の背景などあらゆる視点からクラシック音楽の魅力を探求し続ける青澤氏が、お互いのお薦め音源を聴きながら、議論を深めていく。アーティストの想いや表現、楽曲の真髄をいかに鳴らし、そしてそれをいかに聴き取っていったらよいのか。文字通り「鳴らし手」と「聴き手」が、時にはアーティストや音楽制作者をゲストに招いて意見を交換し合いながら、新しい価値の再発見を模索する。

[主要目次]
○序章
 貝山知弘の鳴らす力
 青澤唯夫の聴く力
 試聴ディスク一覧
○本編
 第1章 再生術編
 第2章 ヴァイオリン編
 第3章 ピアノ編
 第4章 オーケストラ編
 第5章 女声/女性ヴォーカル編
 第6章 室内楽編
 第7章 ジャズ&ポピュラー編
 第8章 番外編
○Inside View
 ゲスト編 アーティスト
 ゲスト編 プロデューサー/エンジニア

[著者紹介]
○貝山 知弘(かいやま・ともひろ)
早稲田大卒。1958年東宝に入社後、1965年にプロデューサーとしてデビュー。『南極物語』など16本の映画を手がけるかたわらオーディオに関する記事の執筆を始める。ミュージック・ペンクラブ・ジャパン会長も務めた。
○青澤 唯夫(あおさわ・ただお)
音楽評論家。大学ではフランス文学・ラテン語を専攻する一方、作曲・音楽理論を学び、1973年共同通信社入社。執筆活動のほかコンクールの審査員を務める。著書に『名指揮者との対話』他。ミュージック・ペン・クラブ会長も務めた。

★ ご注文はこちら

HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267