神楽坂通信

没後140 周年記念 ブルクミュラー・フェスティバルのお知らせ

 ブルクミュラー没後140 周年を記念して、日本で初めて!(世界初?)のブルクミュラーの祭典「ブルクミュラー・フェスティバル」を開催します!
ブルクミュラー 25 の不思議」の著者 飯田有抄&前島美保と「標準版ピアノ楽譜 ブルクミュラー25 の練習曲」の解説執筆者春畑セロリがナビゲーターとなり、豪華ゲスト陣とともにブルクミュラーをめぐる不思議や魅力をさまざまに語り、聴き、考え、演じ、演奏するフェスティバルです。
今や私たちの暮らしの中に浸透しているブルクミュラーに、このフェスでは思いっきり光をあてて盛り上げます!

※ この催しは終了致しました。沢山のご参加ありがとうございました。

ブルクくん

●会場 : 音楽の友ホール(東京メトロ東西線、神楽坂駅徒歩1 分)

●8月1日(金)

一日券 : 4,000円 8月1日に行われる全てのイベントにご参加いただけます

eplus

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

14:00 - 16:45 ブルクミュラー・トークショー
・出演 : 春畑セロリ、飯田有抄、前島美保
・ゲスト : 小原孝、樹原涼子、佐々木邦雄 他

春畑セロリ 飯田有抄 前島美保

入場料 : 1,500円/小学生以下無料

eplus

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

19:00 - 21:00 ブルクミュラー・コンサート
・曲目 : 「25 の練習曲」「18 の練習曲」「12 の練習曲」
・演奏 : 黒田亜樹

黒田亜樹

入場料 : 3,500円/小学生以下1,000円

eplus

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●8 月2 日(土)

一日券 : 4,000円 8月2日に行われる全てのイベントにご参加いただけます

eplus

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

10:00 - 11:30 春畑セロリのブルクミュラー講座「こうすればあなたもブルクミュラー」
・講師 : 春畑セロリ 特別ゲスト : 石野由香里

春畑セロリ 石野由香里

受講料 : 2,000円/小学生以下無料

eplus

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

13:30 - 14:15 ブルクミュラーでバレエ
・出演 : 河邉こずえ、礒山久理

河邉こずえ 礒山久理

入場料 : 1,500円/小学生以下無料

eplus

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

14:30 - 16:30 みんなのブルクミュラー大会
・コメンテーター : 春畑セロリ、飯田有抄、前島美保

春畑セロリ 飯田有抄 前島美保

入場料 : 無料
出演希望の方 参加費 : 8,000円

♪応募要項、申込用紙はコチラ

みなさまからのご参加をお待ちしております!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

17:00 - 17:40 
ピアノと語りでつづる音楽紙芝居 〜「音楽鳥図鑑」「月夜のナイチンゲール」

・出演 : 音の台所(茂木淳子) 、川津直子

音の台所(茂木淳子) 川津直子

入場料 : 1,000円/小学生以下無料

eplus

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

18:00 - 18:30 みんなのブルクミュラー大会表彰式

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

その他、「ブルクミュラー25の不思議」Facebookページでも随時情報更新いたします。
ぜひ一度ご覧ください!

フェスティバル全体のお問い合わせは
蟆山敘畦Ъ辧―佝派内「ブルクミュラー・フェスティバル」係
Mail : burgmuller2014@ongakunotomo.co.jp

 

【関連書籍のご案内】

ブルクミュラー 25の不思議
なぜこんなにも愛されるのか
●ブルクミュラー 25の不思議 なぜこんなにも愛されるのか
飯田有抄(ぶるぐ協会)、前島美保(ぶるぐ協会) 著

『ブルクミュラー 25の練習曲』は誰もが知っている超人気ピアノ曲集だ。「アラベスク」や「貴婦人の乗馬」などは小学校の音楽室のピアノで女子が弾く定番レパートリーで、多くの人が必ずどこかで耳にしている。『バイエル』に続く教則本としてピアノ学習者なら誰しも弾く曲集であるが、その作曲者については、これまでほとんど知られず、関心ももたれてこなかった。しかし、多くの日本人の思い出の中に「ブルクミュラー」はしっかりと存在する。その不思議を考えるのが本書である。この知られざる作曲家の人物や活動、作品を紹介し、なぜ日本の多くの出版社がブルクミュラーの楽譜を出版し、なぜその多くの曲名がそれぞれ違っているのか、日本にどのように伝わり広まったか、どのように教えられ演奏されてきたか、なぜ『25の練習曲』から紙芝居やダンスが生まれたのか、そして、なぜ私たちはこれほどまでにブルクミュラーが好きなのか、を探っていく。ブルクミュラーの不思議を探ることは、私たちの音楽体験を考えることなのだ。
〔標準版ピアノ楽譜〕   ●ブルクミュラー 25の練習曲 New Edition 解説付
〔標準版ピアノ楽譜〕 ●ブルクミュラー 25の練習曲 New Edition 解説付
春畑セロリ 解説/江崎光世 協力

ピアノ学習者憧れの教材の新版。「バイエル」などの導入期メソードが終わった後、基礎を定着させるために取り上げられるこの曲集は、残念なことに音楽的な意図や魅力が理解されないまま、指だけは動くようになったものの、表現力が十分に育っていないままに、指導が終わってしまうケースが多い。音楽的な表現力をいかに育てるか? この難問を解決するために、この曲集では、楽曲に対するさまざまなアプローチを紹介。曲のしくみや演奏上のポイントを楽しく理解するためのヒントや、指導のアイデアを紹介し、学習者の自発的な音楽表現を引き出すさまざまな工夫をこらした。生徒ひとりひとりの豊かな音楽性を育てる曲集である。
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267