音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

〔ミニチュア・スコア〕
OGT-0257
●バルトーク 弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽
Sz.106,BB114

  • 【定価】 2,592 円 ( 本体2,400 円)
  • 【判型・頁数】 A5・160頁
  • 【発行年月】 2015年10月
  • 【ISBNコード】 9784276921795
  • 【商品コード】 480257
立ち読み
購入する

【バルトーク 弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 曲目一覧
内容紹介20世紀の同時代音楽に多大な功績(資金提供/作品委嘱/初演)をなしたパウル・ザッハーのプロデュースになる秀曲のひとつ。ザッハーが主宰するバーゼル室内管弦楽団の創立10周年記念演奏会のために委嘱され、新作初演された(1937年1月21日)。約半年という短い作曲期間に対応するため、すでに書き始められていた弦楽合奏の草稿に、第2楽章から打楽器や鍵盤楽器が加えられた、と考えられている。リハーサルに立ち会ったバルトークは妻に宛てて「指揮者もオーケストラも、僕との練習に大変な情熱と献身を示してくれていて、皆この作品に熱狂している(僕も!)」と書き送った。解説者によれば、音楽様式史的に見ると、バロック的な発想による第1楽章、ウィーン古典派をモデルとする第2楽章、作曲家自家薬籠中の「ブリッジ形式」、そして無時間的・民俗的ロンドの第4楽章、と見ることができるいっぽう、音楽語法の観点からは、シェーンベルク楽派の第1楽章、新古典主義の第2楽章、印象主義の第3楽章、民俗主義の第4楽章と捉えることもできる、という。初演は大成功を収め、第4楽章がアンコールとして繰り返された、と伝えられている。
曲目一覧
  • 1 バルトーク 弦楽器,打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106,BB114 【スコア】
    作曲:バルトーク
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267