音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

●ヘルベルト・フォン・カラヤン 僕は奇跡なんかじゃなかった
その伝説と実像

  • 【定価】 1,998 円 ( 本体1,850 円)
  • 【判型・頁数】 4-6・184頁
  • 【発行年月】 2017年3月
  • 【ISBNコード】 9784276203792
  • 【商品コード】 203790
立ち読み
購入する

【ヘルベルト・フォン・カラヤン 僕は奇跡なんかじゃなかった】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介オーストリア音楽批評界の重鎮、カール・レーブルによる最後の著書。27歳でアーヘン歌劇場の音楽総監督に就任し、ついには楽壇を支配するまでに上り詰め、そして生前の華々しい成功からは想像できないほど簡素な墓に葬られる日まで、クラシック音楽界の未来を見据えて生き続けたカラヤン。著者自身の思い出、カラヤンと同時代を生きた人々の賛嘆や反感の声、当時の記録や資料等をもとに、本書は伝説と実像を区別しつつ、20世紀最大の指揮者の知られざる素顔、本質を描き出している。長年にわたり新聞や雑誌、テレビ等で人気を博した著者が、冷静ながらも温かな眼差しで綴った文章は読みやすく、指揮者の代名詞的存在であるカラヤンを知る第一歩としても最適な内容。またカラヤンを通して表層には出づらい当時のクラシック音楽業界の裏側なども垣間見ることができる。クラシック音楽ファン以外にも、彼をリアルタイムで知らない若い世代にもオススメの1冊。
目次神様
彼はナチではなかった
偉大な彗星
フルトヴェングラーの嫉妬
ヨーロッパの音楽総監督
ボスのための新しいハコ
テレビ戦争
最初のウィーンからの逃走
ユダのキス
ジュネーブがザルツブルクになる
誰がヴォータンだ?
スターが言ったこと
カラヤン、カラヤンを演じる
レッドカーペットの汚れ
ザビーネ・マイヤー事件
晩年
指揮者としてのカラヤン
演出家としてのカラヤン
人物像
側近
最後の日々
関連書籍
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
マエストロ・バッティストーニの ぼくたちのクラシック音楽

アンドレア・バッティストーニ 著/加藤浩子 監訳/入江珠代 訳

ハイドンの音符たち

池辺晋一郎 著

カルロス・クライバー 下

ヴェルナー 著/喜多尾道冬、広瀬大介 訳

関連書籍
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267