音楽之友社 商品検索

$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

〔音楽講座シリーズ 供
●明解 和声法 上巻
音楽を志す人々のために

  • 【定価】 3,456 円 ( 本体3,200 円)
  • 【判型・頁数】 B5・216頁
  • 【発行年月】 2006年4月
  • 【ISBNコード】 9784276102378
  • 【商品コード】 102370
立ち読み
購入する

【明解 和声法 上巻】ご購入の方法について

全国の書店、もしくは以下のネットショッピングよりご購入いただけます。
オンラインで購入される場合は、下記リンクから各ショップの購入ページにお進みください。

楽天ブックスで購入 セブンネットで購入 ヤマハWeb Shopで購入

※ショッピングサイトによって、在庫の無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※同一ショッピングサイトのカートにまとめて、複数の商品を同時に購入することも可能です
※詳しい購入方法は、各ショッピングサイトにてご確認ください。


  • 内容紹介
  • 目次
内容紹介大阪音楽大学の作曲、および和声法担当教員の、長年にわたる初学者への指導経験によって生まれた、懇切な和声法テキスト。
「本書は、バロック・古典派からロマン派の音楽で用いられた和声法を、和音連結の実習を通して学ぶことを目的として書かれている。本書の特徴は、指導者の説明が不可欠な従来のテキストと異なり、学習者が進度に応じて興味をもって自習できるように工夫したこと、またそのことにより、音楽的表現の問題にも時間を配分できるようにしたことにある。そのため、和音の連結における各構成音の取り扱い方と各声部の進行とを懇切に解説すること、また誤りやすい点に注意を喚起させること、さらに課題の実施の方法とその音楽的な考え方を明らかにすること、等に重点が置かれている。和音の連結は、主要三和音から始まり、その範囲を徐々に広げていくが、各段階を無理なく学習できるよう、数多くの譜例をあげた。また、実際の音楽が和声にもとづいていることへの理解を得るために、実作例を各所に配している。本書の構想は、もともと音楽大学における、副科のクラス授業を想定して立てられたものであるが、和声法を独習しようとする人たちにも役立つようにと配慮されている。ややくどいとも思われる記述はそのためである。」(本書まえがきより)
目次はじめに 

序章 和声法実習にあたって  
 1.和声法学習にあたっての基礎知識  
  1)三和音  
  2)四声体の各声部の名称  
  3)四声体の各声部の音域  
  4)四声体の各声部間の音程 
  5)四声体の配置  
   (1)密集配置  
   (2)開離配置  
   (3)オクターブ配置  
 2.四声体実習にあたっての基礎知識  
  1)声部の進行  
  2)和音の機能  
   (1)トニック
   (2)ドミナント
   (3)サブドミナント  
  3)和音の機能進行  
  4)和音の進行型  
  5)移動ドについて 

第1章 三和音の基本型  
 1.三和音の基本型の響きと機能  
 2.主要三和音(機Ν検Ν后砲隆靄楫拭 
  1)気力族察 
  2)犬力族察 
  3)垢力族察 
 3.主要三和音(機Ν検Ν后砲力結  
  1)上三声中に共通音がある連結  
  2)上三声に共通音がない連結  
 4.副三和音(供Ν此砲隆靄楫拭 
  1)兇力族察 
  2)困力族察 
 5.供Ν困力族擦魎泙猩結  
  1)上三声中に共通音がある連結  
  2)上三声中に共通音がない連結 
 禁則  
  1)連続8度・1度・5度  
  2)並達8度・5度・1度  
  3)跳越進行  
  4)限定進行音 
  5)増音程進行 

第2章 三和音の第1転回型  
 1.三和音の第1転回型の響きと機能  
 2.主要三和音の第1転回型  
  1)主要三和音の第1転回型の配置  
  2)主要三和音の第1転回型を含む連結     
 3.兇力族擦梁1転回型  
  1)兇力族擦梁1転回型の配置  
  2)兇力族擦梁1転回型を含む連結    
 4.外声間の音程とよく用いられる外声の進行  
     
第3章 三和音の第2転回型       
 1.主要三和音の第2転回型の響きと性質    
 2.主要三和音の第2転回型の用法と機能   
  1)終止的用法  
  2)経過的用法  
  3)同一バス音上での修飾的用法  
 3.主要三和音の第2転回型を含む連結   
 ◎終止  
 1.正格終止  
  1)完全終止  
  2)不完全終止 
 2.変格終止   
 3,半終止  
 4.偽終止  

第4章 7・6の和音  
 ◎7の和音  
 1.七の和音  
 2.7の和音  
 3.7の和音の響きと機能  
 4.7の和音の配置     
 5.7の和音を含む連結  
  1)7の和音からトニック諸和音への連結     
  ◎七の和音の根音と第7音による並達8度(禁則)
  2)既習和音から7の和音への連結     
 ◎7の根音省略形としての6の和音  
 1.6の和音の響きと機能  
 2.6の和音の配置と連結      

第5章 ソプラノ課題  
 1.ソプラノ課題の和音設定   
 2.バスの旋律線   
 3.ソプラノ課題の解き方      

第6章 9・7の和音  
 ◎9の和音  
 1.9の和音の響きと機能  
 2.9の和音の配置と連結  
 ◎9の根音省略形としての7の和音  
 1.7の和音の響きと機能  
 2.7の和音の限定進行音  
 3.7の和音の配置  
 4.7の和音の連結  
     
第7章 7の和音   
 1.7の和音の響きと機能 
 2.7の和音を含む連結  
  1)既習和音から7の和音への連結  
  2)7の和音からドミナント諸和音への連結  
   
第8章 Molldurの和音    
 1.Molldurの和音の響きと機能   
 2.Molldurの和音の配置  
3.Molldurの和音を含む連結
 ◎対斜(禁則)  

和音記号対照表  

索引付
関連書籍
この商品に興味がある方は、こちらもおすすめです。
〔音楽講座シリーズ〕明解 和声法 下巻

植野正敏、久保洋子、鈴木英明、永田孝信、水谷一郎、武藤好男 著

和声 理論と実習 

島岡譲 執筆責任/他 著

新版 実用和声学

中田喜直 著

関連書籍
検索トップへ戻る
HOME
JASRAC
JASRAC許諾番号:
9013065002Y38029
JASRAC
JASRAC許諾番号:
S1009152267